◆フェブラリーステークス2011予想⇒ダノンカモン⇒大事な事は、何をやらないかを決めること



【ダノンカモン】

○牡5
○父シンボリクリスエス
○馬名意味由来⇒ 冠名ダノン+真っ先にゴールに飛び込んで来ることを期待して
○デビュー2連勝は芝での差し切り(上がり33秒台)スピード十分
○3戦目の東京スポーツ杯は2番人気に推された素質馬(4着。勝ち馬はナカヤマフェスタ)
○その後、芝路線でグダグダだったので、ダートを使ってみたら圧勝。路線変更。3歳秋の転機
○しかしその後、6戦連続で1番人気に推されるも、すべて負けるという豪快な記録を樹立
○4歳秋からなぜか急に安定し、現在6連続連対中という極端さ
○東京良し。1600良し。あとは使い詰めの疲労があるかどうか?



◆大事な事は、何をやらないかを決めること



【前回までのあらすじ】
アキバ系のカモン、秋葉原に出没中



≪引き続き秋葉原にて≫


ダノンカモン
「ねぇねぇ~エルメスた~ん♪」


メイショウベルーガ
「エルメスたんじゃないから 怒」



ダノンカモン
「一緒にアキバを散策するナリ~ 喜」


メイショウベルーガ
「しねぇよ」



ダノンカモン
「なんでナリか?」


メイショウベルーガ
「・・・なんでアタシが電車くんと散策するワケ? 怒」



ダノンカモン
「だって~エルメスたん、せっしゃに会いにアキバまで来てくれたナリでしょ? 喜」


メイショウベルーガ
「なわけないでしょ? 怒」



ダノンカモン
「じゃあなんでアキバにいるナリか?」


メイショウベルーガ
「アタシは、携帯用ミスト美顔器を買いに来たのよ」


ダノンカモン
「なんじゃそりゃ?」



メイショウベルーガ
「最近テレビとかでも出てるでしょ?こんなちっちゃいやつからミストが出るのよ」


ダノンカモン
「あー!見たことあるナリ~」


メイショウベルーガ
「でしょ」



ダノンカモン
「あれって携帯電話じゃないナリか?」


メイショウベルーガ
「携帯電話じゃねえよ!怒 携帯電話からミスト出ねえだろ!怒」



ダノンカモン
「エ、エルメスたん、言葉が乱暴ナリ~ 泣」


メイショウベルーガ
「だってエルメスじゃねえもん!怒」



ダノンカモン
「・・・つーかせっしゃは忙しいんだから、余計な話はしないでくれナリ~」


メイショウベルーガ
「テ、テメーが聞いたんだろうがー!怒」



ダノンカモン
「せっしゃは本日、ジーワンの舞台ナリ~ 喜」


メイショウベルーガ
「へぇー。自信あるワケ?」



ダノンカモン
「ムズン氏と『今回も一緒にゴールしようナリ~』って約束したナリ 喜」


メイショウベルーガ
「・・・小学生のマラソン大会かっ!怒 つーかムズン氏って何? 怒」



ダノンカモン
「セイクリムズン氏ナリ~ 喜」


メイショウベルーガ
「じゃあクリムズン氏でいいでしょ? 怒」



ダノンカモン
「長いナリ~」


メイショウベルーガ
「知らねぇよ 怒」



ダノンカモン
「せっしゃは忙しいナリ!キリッ!」


メイショウベルーガ
「うん。それは聞いたからね。はいはいそうでちゅね 怒」



ダノンカモン
「ぬおっ!!その言葉づかい!萌えるナリ~ デヘヘ~ 喜」


メイショウベルーガ
「コワッ!汗 つーかアンタ、寝ぐせついてるよ 汗」



ダノンカモン
「アキバ系は寝ぐせを直さないナリ!キリッ!」


メイショウベルーガ
「あっそ。じゃあそのままテレビに映れ」



ダノンカモン
「エルメスたん、見ててね~ デレ」


メイショウベルーガ
「見ねえよ 怒」



ダノンカモン
「だから、せっしゃは忙しいナリ!キリッ!」


メイショウベルーガ
「・・・なんで忙しいの?」



ダノンカモン
「よくぞ聞いてくれたナリ!」


メイショウベルーガ
「・・・・」



ダノンカモン
「えーとまずAKBのCDを500枚買って~ 喜」


メイショウベルーガ
「・・・・汗」



ダノンカモン
「セーラームーンのフィギュアで遊んで~ 喜」


メイショウベルーガ
「・・・・汗」



ダノンカモン
「鉄道の写真撮って~ 喜」


メイショウベルーガ
「・・・ああ!もういいよ!怒」



ダノンカモン
「でへへ~」


メイショウベルーガ
「・・・電車くんさ・・・」


ダノンカモン
「でへ?」



メイショウベルーガ
「大事なことは、まず何を”やらないか”を決めることだと思うよ」


ダノンカモン
「ナリ?」



メイショウベルーガ
「やるべきことを、どんどん追加してしまうから、時間がなくて身動きが取れなくなるのよ」


ダノンカモン
「ナリ~」



メイショウベルーガ
「人生の目標を明確にして、まず何をやらないかを考えるのがいいんじゃない?」


ダノンカモン
「ぬぅ~」



メイショウベルーガ
「じゃないと些事に忙殺されて、慌ただしく日々が流れてしまうと思うよ」


ダノンカモン
「・・・・」


メイショウベルーガ
「違う?」



ダノンカモン
「・・・その通りナリ」


メイショウベルーガ
「・・・意外と素直ね 汗」



ダノンカモン
「せっしゃは決めたナリ!」


メイショウベルーガ
「うん」



ダノンカモン
「せっしゃの人生で一番大事なことは・・・」


メイショウベルーガ
「レースで勝つことでしょ?」



ダノンカモン
「・・・エルメスたんとアキバを散策することナリ~~♪♪」


メイショウベルーガ
「・・・・」



ダノンカモン
「その他のことは捨てるナリ!さあ!せっしゃと一緒に行こうナリ!キリッ!」


メイショウベルーガ
「行かねえよ」



– つづく –

サブコンテンツ