◆中山記念2011予想⇒ヴィクトワールピサ⇒人は守りに入ったときから失速が始まる



【ヴィクトワールピサ】

○牡4
○父ネオユニヴァース
○馬名意味由来⇒ 勝利の山+冠名ピサ
○単勝1.8倍に支持されたデビュー戦は、先行して4角先頭。楽勝かと思った瞬間ローズキングダムに一瞬で置き去りにされ2着(3着以下ははるか後方)
○しかしその後は、デビューから5戦連続単勝1倍台というカリスマぶりを発揮し、5連勝で皐月賞制覇
○ダービーは上がり32秒台じゃないとムリという特殊な展開に泣き3着
○その後のフランス遠征では結果を残せず、泣きながら帰国
○初めて人気を落としたジャパンカップでは、先行策復活で怒りの8番人気3着
○前走、有馬記念は前残りの展開とはいえ、女帝ブエナビスタをハナ差おさえてグランプリホースに
○中山コースは皐月・有馬を含めた3戦全勝
○しかし1800はデビュー戦でキングダムに完敗した舞台。後方からの競馬になったら危ない?



◆人は守りに入ったときから失速が始まる



≪居酒屋ワタミにて≫


ヴィクトワールピサ
「ううむ・・・王者として、そして世界制覇への前哨戦としてどのような勝ち方が求められるか・・・ブツブツ」



ジュッ



ヴィクトワールピサ
「あぁちぃぃぃーーー!!!泣泣」


ローズキングダム
「・・・・笑」



ヴィクトワールピサ
「キ、キングダムっ!!」


ローズキングダム
「・・・何ブツブツ言ってんだ?怖いぞ 笑」



ヴィクトワールピサ
「つ、つーかテメー!なんで首にタバコつけるんだコラァー!泣」


ローズキングダム
「いや、呼んでも気付かないから、ちょっとイラッとした 笑」



ヴィクトワールピサ
「オレは今週、大事な前哨戦があるんだよっ!!怒 ヤケドしたらどーすんだコラァー!怒」


ローズキングダム
「あ、すいませーん。まるごと凍らせ梅酒をロックで」

店員
「かしこまりました」



ヴィクトワールピサ
「き、聞けやぁーー!!怒」


ローズキングダム
「ヴィクトワール氏、飲み物は?」



ヴィクトワールピサ
「あ、オレ、プレミアムモルツの中生で」


店員
「かしこまりました」



ローズキングダム
「・・・・」


ヴィクトワールピサ
「・・・・」



ローズキングダム
「で、なんだって?」


ヴィクトワールピサ
「くっ・・・テメーが巧妙に話題をそらすから・・・怒」



ローズキングダム
「あ、そういやヴィクトワール氏、今週レースじゃなかった?」


ヴィクトワールピサ
「だ、だからさっきからそう言ってんだろうがぁぁーーー!!!怒」



ローズキングダム
「・・・なんでキレてんの? 笑」


ヴィクトワールピサ
「テ、テメーがいちいち・・・怒」



ローズキングダム
「あ、すいませーん。さっぱりトマトの甘酢和えを」


店員
「かしこまりました」


ヴィクトワールピサ
「き、聞けやぁーー!!怒」



ローズキングダム
「ヴィクトワール氏、おつまみは?」


ヴィクトワールピサ
「あ、じゃあ牛つくねと、牛サイコロステーキと、餃子とチヂミと白子の天ぷらを」


店員
「かしこまりました」



ローズキングダム
「・・・脂っこいぞ」


ヴィクトワールピサ
「ケッ。男なら普通だろーが。おまえは何だ。トマトって。オカマかっ!怒」



ローズキングダム
「ヘルシー志向だからな」


ヴィクトワールピサ
「フン。そんなこと言ってるから日経新春杯で負けるんだよ」



ローズキングダム
「・・・・」


ヴィクトワールピサ
「あ・・・汗 ご、ごめんね?汗 キングダム君?汗」



ローズキングダム
「・・・気にしてないさ」


ヴィクトワールピサ
「そ、そうか!寛大だな!キングダム君!汗」



ローズキングダム
「・・・あ、ごめんヴィクトワール氏、ちょっと醤油とってくれる?」


ヴィクトワールピサ
「おう!いいとも!えーと醤油は・・・」



ジュッ



ヴィクトワールピサ
「あぁーちゃぁーーー!!!泣泣」


ローズキングダム
「・・・・笑」



ヴィクトワールピサ
「コ、コラァーー!!怒」


ローズキングダム
「・・・フゥー・・・」



ヴィクトワールピサ
「・・・つーかよ!おまえアスリートなんだからタバコやめろって、オレずーっと言ってるだろ?怒」


ローズキングダム
「なかなかやめられなくてのぅ・・・」



ヴィクトワールピサ
「ヘ、ヘルシー志向とか言ってなかったか?汗」


ローズキングダム
「・・・フゥー・・・まあそんなことより、中山記念はどういう作戦で行くんだ?」



ヴィクトワールピサ
「そうそう!!その話だよ!テメーが余計なことしゃべるから!怒」


ローズキングダム
「で?」



ヴィクトワールピサ
「うん・・・オレは王者だからな。走り方はむずいぜ」


ローズキングダム
「・・・・」



ヴィクトワールピサ
「しかもドバイへのステップとして、次につながるレースをしなければならん」


ローズキングダム
「・・・・」



ヴィクトワールピサ
「見た人が納得する内容で勝たねばならん」


ローズキングダム
「・・・・」



ヴィクトワールピサ
「大事な前哨戦だからな」


ローズキングダム
「・・・・」



ヴィクトワールピサ
「そんなことを考えてたらさー。迷って迷って夜寝れねえよ 泣」


ローズキングダム
「・・・・」



ヴィクトワールピサ
「ハハッ。王者なのに情けねえよな 苦笑」


ローズキングダム
「・・・・」


ヴィクトワールピサ
「なあ?キングダム?」



ローズキングダム
「・・・楽しんごの前世は、今田耕司だなきっと・・・ん?ごめん、ぜんっぜん聞いてなかった 笑」


ヴィクトワールピサ
「コ、コラァーー!!怒」



ローズキングダム
「考え事してた 笑」


ヴィクトワールピサ
「どーでもいいこと考えてんじゃねえ!!怒 しかも前世っておかしいだろうがぁぁーー!!怒」



ローズキングダム
「ワリーワリー」


ヴィクトワールピサ
「ケッ」



ローズキングダム
「・・・あのさあヴィクトワール氏・・・」


ヴィクトワールピサ
「なんだよ」



ローズキングダム
「・・・王者とか前哨戦とかさ、そういう考え方って、おごりなんじゃね?」


ヴィクトワールピサ
「え?」



ローズキングダム
「ヴィクトワール氏は、JCも有馬も、挑戦者の気持ちで立ち向かったから、好走できたんじゃねえの?」


ヴィクトワールピサ
「挑戦者・・・」



ローズキングダム
「人は守りに入ったときから失速が始まる・・・」


ヴィクトワールピサ
「・・・・」



ローズキングダム
「それが王者の弊害だ」


ヴィクトワールピサ
「・・・キングダム・・・」



ローズキングダム
「長期的視野と、目の前の事に全力で挑む態度。相反するこの2つのバランスが重要だと思うぜ」


ヴィクトワールピサ
「バランス・・・か」


ローズキングダム
「フッ」



ヴィクトワールピサ
「そうだよな!!喜 わかったよ!キングダム!!喜」


ローズキングダム
「・・・・」



ヴィクトワールピサ
「オレは王者という呪縛にとらわれていたんだな!!喜」


ローズキングダム
「・・・・」



ヴィクトワールピサ
「ありがとう!キングダム!オレがんばるよ!」


ローズキングダム
「・・・・」



ヴィクトワールピサ
「日曜日、中山に応援に来てくれよなっ!!喜」


ローズキングダム
「・・・・」



ヴィクトワールピサ
「な?キングダム!」


ローズキングダム
「・・・・」



ヴィクトワールピサ
「・・・キングダム?」


ローズキングダム
「・・・白子は魚のキ●タマか・・・ん?ごめん、全くと言っていいほど聞いてなかった 笑」



ヴィクトワールピサ
「コココ、コラァァーーーー!!怒怒」



– つづく –

サブコンテンツ