◆アーリントンカップ2011予想⇒スマートロビン⇒他人が幸せになっても、自分の幸せは減らない



【スマートロビン】

○3歳男性
○父ディープインパクト
○馬名意味由来⇒ 冠名スマート+義賊ロビンフッド
○ちなみにロビンフッドとは、イギリスの伝説上の義賊で、得意の弓で、悪代官をこらしめ貧民を救った英雄
○2勝目をあげた出世レース、エリカ賞では後に重賞で活躍するユニバーサルバンク・トーセンラー・アドマイヤセプターを抑えて逃げきり勝ち
○1番人気に支持された前走、京成杯では出遅れて最後方から。その時点でごっつやる気なくなって終了
○今回マイル戦は、いかにも危ない感じだが、阪神コースは得意なので・・・?



◆他人が幸せになっても、自分の幸せは減らない の巻



≪キャバクラにて≫



オウケンブルースリ
「だからボクたん、落ち込んでるんでちゅー 泣」


No.1キャバ嬢レナ
「うんうん♪オウケンたんは、繊細だもんね♪」



オウケンブルースリ
「うんー!レナたんだけが、ボクの苦悩を理解してくれるのー!」


No.1キャバ嬢レナ
「アタシでよければいつでも聞くょ♪」



オウケンブルースリ
「えへへー 喜 ボクたん嬉しいでちゅー 喜」


No.1キャバ嬢レナ
「うふ♪オウケンたん、ちょっと近づきすぎだじょ♪エッチ♪」


オウケンブルースリ
「でへ、でへへ~ 喜」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・ちょ、ちょっと!マジ近いじょ!こらオウケン! 汗」


オウケンブルースリ
「ぬはははー!!喜」



ヒュンッ

サクッ



オウケンブルースリ
「い、いぎゃぁーー!!泣」


No.1キャバ嬢レナ
「?」



スマートロビン
「大丈夫ですか?レナさんっ!」


No.1キャバ嬢レナ
「あー!ロビンたん!お久しぶりー♪」



スマートロビン
「フッ。私はロビンフッド。私利私欲を捨てて、弱者を救うヒーローなのです 喜」


No.1キャバ嬢レナ
「カッコイイー♪」


スマートロビン
「フッ」



オウケンブルースリ
「・・・おいコラ・・・つまようじが頭に刺さったぞコラ 怒」


スマートロビン
「フッ。ロビンフッドは弓の名手。つまようじは弓の代わりなのです 喜」



オウケンブルースリ
「つーかロビンフッドは、悪を退治するんだろーが!」


スマートロビン
「・・・だから退治したのです」



オウケンブルースリ
「オレのどこが悪じゃコラァー!!怒」


スマートロビン
「レナさんが困っていたのです」



オウケンブルースリ
「・・・フッ。レナはオレにベタぼれだからいいんだよ 喜 ねー?レナたん?」


No.1キャバ嬢レナ
「う、うん 汗」



オウケンブルースリ
「ホラ見たか!喜 レナたん、膝まくら~!喜」


No.1キャバ嬢レナ
「コ、コラコラ!汗 オウケンたんっ!汗」



ヒュンヒュンッ

サクサクッ



オウケンブルースリ
「い、いぎゃぁーー!!泣」


スマートロビン
「二連射も可能なのです」


オウケンブルースリ
「・・・い、痛い 泣」



No.1キャバ嬢レナ
「ロビンたん、スゴーイ!喜」


スマートロビン
「フッ。レナさん。今、助けたから今度デートしましょうね 喜」


No.1キャバ嬢レナ
「え? 汗」



オウケンブルースリ
「テ、テメー!ヒーローのくせに私利私欲だらけじゃねぇかっ!!怒」


スマートロビン
「ヒーローだからいいのです」


オウケンブルースリ
「く、腐れヒーローだな 汗」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・汗」



スマートロビン
「それはそうとオウケンさん。京都記念は残念でしたね」


オウケンブルースリ
「そうなんだよー。ベルーガ以外は4歳勢が上位独占でよー」


スマートロビン
「ですね」



オウケンブルースリ
「あの4歳軍団が、オレ様の幸せを奪っていくんだよぉー 泣」


スマートロビン
「わかります。私も京成杯せっかく1番人気だったのに幸せを奪われました」



オウケンブルースリ
「だよなぁ~ 落」


スマートロビン
「ですねぇ~ 落」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「ねぇねぇレナた~ん!なぐさめて~ 泣」


スマートロビン
「レナさん、デートしてなぐさめてください」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


オウケンブルースリ
「ねぇねぇ~」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・他人が幸せになっても、自分の幸せは減らないんだょ♪」


オウケンブルースリ
「は?」



No.1キャバ嬢レナ
「そして他人が不幸になっても、自分の幸せが増したわけではないのょ♪」


オウケンブルースリ
「?」



No.1キャバ嬢レナ
「人は他人と比較して自分の幸せを確認しすぎだょね♪」


オウケンブルースリ
「・・・レナたん難しいでちゅ~」



No.1キャバ嬢レナ
「幸福感が相対比較の中にありがちなのは否めない・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「でもやっぱりアタシは、幸福感を比較から得たくないんだ♪」


オウケンブルースリ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「”他人の不幸は蜜の味”・・・そんな世の中イヤじゃない?」


オウケンブルースリ
「うんうん」



No.1キャバ嬢レナ
「他人の不幸を聞くと、自分が幸せになった気がする・・・確かにそういう面はあるよね」


オウケンブルースリ
「うん」



No.1キャバ嬢レナ
「けど自分の状況は何も変わってないよね」


オウケンブルースリ
「うん」



No.1キャバ嬢レナ
「状況が変わってないのに、幸福感が上下するって、なんだかおかしいよね♪」


オウケンブルースリ
「うんうん」



No.1キャバ嬢レナ
「幸福感は自らの努力の先にある。だからアタシは、今、お仕事をがんばりたい」


オウケンブルースリ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「てへっ♪マジコメント恥ずかしいでちゅー♪」


オウケンブルースリ
「・・・レナたん・・・泣」



No.1キャバ嬢レナ
「な、泣いてんの? 汗」


オウケンブルースリ
「心に響いたでちゅ・・・レナたん・・・泣」


スマートロビン
「私もです・・・泣」



No.1キャバ嬢レナ
「えへ♪レナのお話しで感動してくれるなんて嬉しいナ♪」


オウケンブルースリ
「・・・・泣」


スマートロビン
「・・・・泣」



No.1キャバ嬢レナ
「それにサ♪男の人は成功とか、お金がすべてじゃないと思うんだぁ♪」


オウケンブルースリ
「・・・・泣」



No.1キャバ嬢レナ
「心の優しさだょね♪」


オウケンブルースリ
「うんうん 泣」


スマートロビン
「うんうん 泣」



ガチャ



No.1キャバ嬢レナ
「いらっしゃいませー♪」


超一流企業の社長
「おお。レナ。会いに来たぞ」



No.1キャバ嬢レナ
「あぁー!!喜 社長さーん!最近ごぶさただったじゃないですかぁ~♪」


超一流企業の社長
「スマンな」



No.1キャバ嬢レナ
「レナ、ずっと待ってたの~ 泣」


超一流企業の社長
「スマンスマン」



No.1キャバ嬢レナ
「さあ社長さん♪あちらのお席へどうぞ♪」


超一流企業の社長
「ん?いいのか?接客中じゃないのか?」



No.1キャバ嬢レナ
「いいんですぅ~♪つなぎのザコ客なんで~♪」


超一流企業の社長
「そうか」



No.1キャバ嬢レナ
「やっぱ男は権力とお金がないと、接客する気にならないょ~♪」


超一流企業の社長
「フッ。じゃあ今夜はトコトン付き合ってもらおうか」



No.1キャバ嬢レナ
「ヤダー♪社長さんのエッチ♪」


超一流企業の社長
「フッ」



オウケンブルースリ
「・・・・汗」


スマートロビン
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「お、男は金じゃないって・・・レナたん・・・泣」


スマートロビン
「オウケンさん・・・女性って怖いんですね・・・泣」



オウケンブルースリ
「・・・今夜は二人で飲もう・・・ロビンよ・・・泣」


スマートロビン
「はい・・・泣」



– つづく –

サブコンテンツ