◆中山記念2011予想⇒リーチザクラウン⇒自分に有利な場面で勝負する



【リーチザクラウン】

○5歳男性
○父スペシャルウィーク
○馬名意味由来⇒ 「頂上に達する」
○デビューは伝説の新馬戦。差して2着に敗れるも、勝ち馬は後に皐月賞を勝つアンライバルド。しかも3着は女帝ブエナビスタ。先着した!
○2戦目は差しはやめて、スピードを活かして逃げてみよう!⇒なんと大差勝ち!2.1秒差!
○初重賞のラジオNIKKEI杯では単勝1.3倍に推されるも、まさかの2着。だが勝ち馬は後にダービーを制するロジユニヴァースだった
○きさらぎ賞を圧勝して挑んだ皐月賞では、大外18番枠で自分の形を作れず大敗
○人気を落とした不良馬場のダービーは、気楽に先行したら2着に粘っちゃった!
○その後はマイラーズC優勝はあるものの、本来の能力は発揮できていない
○父と同じ勝負服はカッコよかったが、オーナー変わっちゃった!服が似合わん?
○人気より着順が下にくる確率が高いカリスマホース
○今回、中山コースは実績がないが、開幕週の中山1800なら先行できれば・・・



◆自分に有利な場面で勝負する の巻



≪雀荘にて≫



リーチザクラウン
「リーチ!!」


オウケンブルースリ
「えぇ~!?汗 ま、またリーチかよっ!!汗」



リーチザクラウン
「リーチこそ麻雀の醍醐味なのです!!」


オウケンブルースリ
「そ、そうかよ 汗」



リーチザクラウン
「私はいつもテンパってますからね。フフッ」


オウケンブルースリ
「い、いいなあ 汗」



リーチザクラウン
「レースに行ってもテンパってますしね」


オウケンブルースリ
「ダ、ダメじゃん 汗」



リーチザクラウン
「テンパって暴走こそ、競馬の醍醐味なのです!!」


オウケンブルースリ
「い、いや怒られると思うぞ 汗」



リーチザクラウン
「・・・ロンッ!!」


オウケンブルースリ
「えぇ~!? 泣」



リーチザクラウン
「・・・リーチのみ! 喜」


オウケンブルースリ
「ま、またリーチのみかよー!」



リーチザクラウン
「フフッ。スピード麻雀最強なのです 喜」


オウケンブルースリ
「ケッ。セコイ手で上がるんじゃねえっつーの」



リーチザクラウン
「さてさて次のテンパイも時間の問題ですよ~ 喜」


オウケンブルースリ
「・・・・」



リーチザクラウン
「はいリーチ!!喜」


オウケンブルースリ
「くっ・・・」


リーチザクラウン
「フフッ」



オウケンブルースリ
(確かにこのスピードはハンパねぇ・・・このままでは負ける・・・)


リーチザクラウン
「フッフッフ」



オウケンブルースリ
(いや待てよ?速いとは言っても所詮はリーチのみ。放銃したところでダメージはない・・・)


リーチザクラウン
「早く切ってくださいよ~オウケンさ~ん 喜」



オウケンブルースリ
(ならば回し打ちで最小限の回避をしつつ、自分の手を進めればいいよな・・・)


リーチザクラウン
「早くぅ~♪ 喜」



オウケンブルースリ
「いいぜ。作戦は決まった。ニヤリ」


リーチザクラウン
「むむっ!・・・切る牌の傾向が変わった?」



オウケンブルースリ
「ふははー!もう大丈夫だぜっ!喜」


リーチザクラウン
「・・・・」



オウケンブルースリ
「ツモっ!!喜」


リーチザクラウン
「むっ!」



オウケンブルースリ
「・・・タンヤオのみ」


リーチザクラウン
「セ、セコい!!汗」



オウケンブルースリ
「おまえのリーチのみよりマシだろ 喜」


リーチザクラウン
「オウケンさんの方がセコいっすよ!!汗」


隣の男
「・・・・」



オウケンブルースリ
「ふははー!どっちにしろオマエはもうオレには勝てんぜ 笑」


リーチザクラウン
「ぬぬっ・・・汗」



オウケンブルースリ
(くっくっく・・・所詮リーチ麻雀なんざこの程度のもんよ・・・)


リーチザクラウン
「うぬぬー・・・」



オウケンブルースリ
(あとはテキトーにダマテンでちょこちょこ上がって逃げればいい・・・フフフッ)


隣の男
「・・・・」



リーチザクラウン
「くっそー!もっとスピードを上げるんだ!!」


オウケンブルースリ
「ムダでちゅよー 笑 そんな単純なマージャンでこのオレに勝てると思うなよ 喜」



リーチザクラウン
「くっそー!!泣」


オウケンブルースリ
「ふははー!」



隣の男
「・・・ツモ」


オウケンブルースリ
「は?」


リーチザクラウン
「え?」



隣の男
「ツモだ」


オウケンブルースリ
「・・・ほ、ほう。オッサンがんばったじゃねぇか。タンヤオのみか?」



隣の男
「・・・スーアンコー、単騎だ」


オウケンブルースリ
「ほう。スーアンコーね・・・え?・・・ススス・・・」


リーチザクラウン
「スーアンコーだとぉーーーー!!!汗汗」


隣の男
「・・・・」



オウケンブルースリ
「マ、マグレにしても、スゲーじゃねぇか 汗 だ、だがそんなマグレは続かねえぜ 汗」


リーチザクラウン
「そうっすね 汗 次行きましょう!汗」



オウケンブルースリ
(フー。さすがにビビッたぜ・・・だが所詮は単発・・・作戦は変わらねえ。このまま行くぜ)


リーチザクラウン
「よっしゃー!リーチ!!喜」



オウケンブルースリ
(ケッ。このリーチバカが・・・リーチ棒を献上してくれてありがとよ!くっくっく・・・)



隣の男
「ツモ」


オウケンブルースリ
「はぁ~!?」



隣の男
「ツモだ」


オウケンブルースリ
「オ、オッサン、マグレが続くな 汗 今度こそタンヤオのみか?汗」



隣の男
「・・・国士無双。十三面待ちだ」



オウケンブルースリ
「ここここここ!!!汗汗」


リーチザクラウン
「ど、どっひぇーーー!!!汗汗」


隣の男
「・・・・」



オウケンブルースリ
「オオオ、オッサン・・・アンタは一体・・・汗」


リーチザクラウン
「お、おヒゲがお似合いですね 汗 プロの方ですか?汗」


オウケンブルースリ
「ん?・・・ヒゲ?・・・あ、あのヒゲは・・・ま、まさか・・・汗」



焼き鳥屋店主シゲ
「・・・普段はグラサンかけねえからな」


オウケンブルースリ
「シ・・・!!!汗汗」



焼き鳥屋店主シゲ
「フッ」


オウケンブルースリ
「シゲさんっ!!汗」



焼き鳥屋店主シゲ
「・・・マージャンは久々なんだぜ」


オウケンブルースリ
「シ、シゲさん・・・マージャンできるんすか?汗」



焼き鳥屋店主シゲ
「・・・昔、プロ雀士だったんだぜ」


オウケンブルースリ
「えぇーーー!?汗」



焼き鳥屋店主シゲ
「・・・昔の話だぜ・・・今はただの焼き鳥屋でさぁ」


オウケンブルースリ
「そ・・・そうだったんすか・・・汗」


焼き鳥屋店主シゲ
「フッ」



オウケンブルースリ
「し、しかしなぜそんなに簡単に上がれるんですか?!」


焼き鳥屋店主シゲ
「・・・・」


オウケンブルースリ
「ご教授くださいっ!」



焼き鳥屋店主シゲ
「・・・そんな大げさなもんじゃねぇんだぜ・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



焼き鳥屋店主シゲ
「リーチさんはリーチ麻雀。オウケンさんはリーチさんに合わせた回し打ち・・・」


オウケンブルースリ
「はい・・・」



焼き鳥屋店主シゲ
「・・・限られた人数のゲームで、特定のプレイヤーの戦略の方向性がわかるなら、勝つことは容易なんだぜ」


オウケンブルースリ
「そ、そんなことが・・・」



焼き鳥屋店主シゲ
「今回は極端な例だったが・・・可能なんだぜ」


オウケンブルースリ
「・・・・」



焼き鳥屋店主シゲ
「これは人生でも同じだ」


オウケンブルースリ
「・・・・」



焼き鳥屋店主シゲ
「自分を取り囲んでいる環境。その優位性及び、劣位性・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



焼き鳥屋店主シゲ
「それらのデータを集め、総合的に判断する・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



焼き鳥屋店主シゲ
「その上で、自分の強みを最大限に生かせるステージに、努力をつぎ込めば・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



焼き鳥屋店主シゲ
「人生においても、勝ちやすくなるのかもしれねぇな」


オウケンブルースリ
「・・・人生においても・・・」


焼き鳥屋店主シゲ
「フッ」



オウケンブルースリ
「・・・シ、シゲさんっ!!さすがですっ!!参りましたっ!!汗」


焼き鳥屋店主シゲ
「・・・そんなことねぇぜ。ただ、知ってるか知らないか。それだけの話だぜ」



オウケンブルースリ
「いえ!!完敗ですっ!汗」


焼き鳥屋店主シゲ
「フッ。楽しかったぜ、お二人さん」


オウケンブルースリ
「・・・・」



焼き鳥屋店主シゲ
「じゃあオレは帰るぜ」


オウケンブルースリ
「あ・・・シゲさん、僕らの負け分は・・・」



焼き鳥屋店主シゲ
「いらねぇぜ」


オウケンブルースリ
「そ、そういうわけには!汗 ルールですから!」



焼き鳥屋店主シゲ
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



焼き鳥屋店主シゲ
「じゃあ・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



焼き鳥屋店主シゲ
「・・・また店に来ておくんなせぇ・・・」


オウケンブルースリ
「え・・・」



焼き鳥屋店主シゲ
「フッ。じゃあな」


オウケンブルースリ
「は、はいっ!!泣 ありがとうございます!!シゲさんっ!!泣」



– つづく –

サブコンテンツ