◆弥生賞2011予想⇒サダムパテック⇒出遅れが必ずしもマイナスになるわけではない



【サダムパテック】

○3歳 男子
○父フジキセキ
○馬名 意味由来⇒ 冠名サダム+スイスの超高級時計パテックフィリップより
○デビュー戦は出遅れて後方からも、ただ一頭末脚伸ばして2着
○2戦目はスムーズに先行して楽勝
○3戦目、東スポ2歳Sはまた出遅れ。しかし直線向いてしびれる末脚。圧勝で重賞初制覇
○4戦目、ジーワン朝日FS。お約束になってきた出遅れ。さすがに中山1600で後方から大外ではムリ。4着
○今回、弥生賞は差し馬優勢とはいえ、中山である以上、出遅れると厳しいコース
○賞金的に無理に勝つ必要はなく、馬券的には難しい馬



◆出遅れが必ずしもマイナスになるわけではない



≪授業中≫



高校教師 武田
「え~・・・であるからして~・・・2次関数がぁ~・・・」



ホエールキャプチャ
「ふわぁぁ~・・・・退屈だぁ~・・・」


レーヴディソール
「ちょっと!ホエールちゃん!寝ちゃダメだよ?」



ホエールキャプチャ
「だって退屈なんだもん~・・・退屈な授業が、オレたちのすべて、ならばぁぁ~~!」


レーヴディソール
「・・・・汗」



ホエールキャプチャ
「・・・ハー。しっかし今年の男子って、カッコイイ人いないよねえー 泣」


レーヴディソール
「そ、そうかな 汗」



ホエールキャプチャ
「そうだよー。だって去年はさー、キングダム先輩・ヴィクトワール先輩・ペルーサ先輩・ルーラー先輩・グローリー先輩などなど、カッコイイ人いっぱいいたじゃんー」


レーヴディソール
「うん」



ホエールキャプチャ
「それにアンタのお兄さんも・・・あ・・・ゴメ・・・汗」


レーヴディソール
「・・・・泣」



ホエールキャプチャ
「と、とにかくさ!汗 今年の男はダメよっ!!ザコ揃いよっ!!」


レーヴディソール
「お、落ち着いて 汗 ホエールちゃん 汗」



高校教師 武田
「はいそこーー!!怒 私語を慎まんかいっ!怒」


ホエールキャプチャ
「ス、スミマセン 汗」



高校教師 武田
「またオマエラですかぁ~!!怒」


ホエールキャプチャ
「いえ、違います 汗」



高校教師 武田
「ウソをつくなぁ~!!怒」


ホエールキャプチャ
「ホ、ホントです 汗」



高校教師 武田
「よーしわかったぁ~。じゃあホエール!この問題を解け」



■問題⇒ 不等式asin2x+6sinx+1≧0が常に成り立つようなaの最小値を求めよ



ホエールキャプチャ
「ホエー!!汗 全くわかりませんっ!汗」


高校教師 武田
「やっぱり聞いてなかったんじゃないですかぁ~!!怒 このバカチンがぁぁ~!!怒」


ホエールキャプチャ
「ス、スミマセン 汗」



高校教師 武田
「となりのディソールも一緒に、廊下に立っとれ~!!怒」


ホエールキャプチャ
「し、しょうがないね・・・ディソール、行こ?」



レーヴディソール
「・・・この場合、f(s)=as2+6s+1(-1≦s≦1)が常に0以上であるようなaの最小値を求めればよいので・・・最小値は9です」


高校教師 武田
「え? 汗」


ホエールキャプチャ
「!!」



レーヴディソール
「長くなるので中間の証明は省略しました」


高校教師 武田
「う、うむ・・・汗 座ってよろしい 汗」



レーヴディソール
「はい。・・・よかったね、ホエールちゃん!」


ホエールキャプチャ
「・・・・汗」



おぉ~!!(歓声)



男子生徒 鈴木
「カ、カッコイー!!喜 ディソール!やっぱりオレと付き合ってくれぇ~!!」


男子生徒 佐藤
「だからオマエは昨日フラれただろうがー!ぎゃーははは!!笑」



ガラッ



サダムパテック
「オハヨウゴザイマース!!」


高校教師 武田
「ぬぬっ!!怒 パテック!キサマ毎日毎日遅刻してきおって~!!怒」


サダムパテック
「ス、スミマセン 汗 出遅れました!汗」



高校教師 武田
「毎回、出遅れてるじゃないですかぁぁ~~!!怒」


サダムパテック
「は、はい 汗」



高校教師 武田
「あなたの家には時計というものが存在しないのですかぁぁ~~!!怒」


サダムパテック
「・・・フッ。先生・・・」



高校教師 武田
「な、なんですかぁぁ~!!怒 (髪を耳にかけながら)」


サダムパテック
「・・・ボクの時計は、スイスの超高級時計パテックフィリップ・・・なんと定価850万円ですよ?」


高校教師 武田
「ほ、ほう・・・汗」



サダムパテック
「あなたの年収より高いのですよ?」


高校教師 武田
「キ、キサマ~!教師にケンカ売ってるんですかぁぁ~~!!怒」



サダムパテック
「い、いえ!そんなつもりは・・・汗」


高校教師 武田
「なんで毎日、遅刻するんですかぁぁ~~!!怒」



サダムパテック
「で、出遅れました 汗」


高校教師 武田
「その出遅れグセを、なんとかせんかい~~!!怒」



サダムパテック
「・・・フッ」


高校教師 武田
「な、なんですかぁぁ~!!怒」



サダムパテック
「・・・人生のスタートで出遅れたからといって、悲観する必要はない・・・」


高校教師 武田
「あ?」



サダムパテック
「出遅れて、遠回りしたことが、必ずしも人生のマイナスになるとは限らない」


高校教師 武田
「あぁ?」



サダムパテック
「・・・いや、むしろ遠回りした分、その人間性に深みが増すものなのです」


高校教師 武田
「何言ってるんですかぁぁ~~!!怒」



サダムパテック
「・・・先生・・・ベートーヴェンの”運命”をご存知ですか?」


高校教師 武田
「当たり前じゃぁ~!このバカチンがぁぁ~~!!怒」



サダムパテック
「ベートーヴェンの”運命”の、最初の音は『八分休符』・・・つまり無音なのです」


高校教師 武田
「だ、だからなんですかぁ~!!怒」



サダムパテック
「・・・つまりは、ベートーヴェンも最初の一歩目は、出遅れているんですっ!!キリッ!」


高校教師 武田
「は?」



サダムパテック
「三段論法で言いましょう」



○パテックは出遅れる

○ベートーヴェンも出遅れる

○ゆえに、パテックはベートーヴェンである



サダムパテック
「フッ。そういうことです。ボクはベートーヴェンなのですっ!キリッ!」


高校教師 武田
「・・・よーしわかった・・・じゃあベートーヴェンの話を聞いてやるから、オマエは放課後、職員室に来い 怒」



サダムパテック
「い、いや!今日は帰ってジャンプを読みたいのです!キリッ!」


高校教師 武田
「知るかぁぁ~~!!このバカチンがぁぁ~~!!怒」



ホエールキャプチャ
「・・・はぁ~・・・今年の男はこんなのばっかりね・・・落」


レーヴディソール
「・・・・汗」



– つづく –

サブコンテンツ