◆弥生賞2011予想⇒オールアズワン⇒みんなが分けあって生きる世界を目指して



【オールアズワン】

○3歳 男子
○父ネオユニヴァース
○馬名 意味由来⇒ 『すべてはひとつ』
○デビュー戦1500は僅かの差で2着も、勝ち馬は後の2歳チャンプ、グランプリボス。距離も少し短かったか。3着以下は4馬身後方
○2戦目 1800に伸ばし余裕の勝ち上がり
○3戦目 札幌2歳Sで早くも重賞制覇。完成度高い
○4戦目 ラジオNIKKEI杯は馬群で折り合って抜け出す安定したレースぶり。惜しくも2着
○ここまで連対率100%
○札幌の洋芝と、時計の遅いラジオNIKKEIしか走ってないので、スピード勝負は未知数
○最近、鞍上が直線でキョロキョロしてるのが気になるが、前走の乗り方は中山2000には合う感じ
○調教は悪し。でもいつも調教悪し。だから大丈夫?



◆みんなが分けあって生きる世界を目指して



≪放課後の教室にて≫



ホエールキャプチャ
「むむー!金八の野郎!アタシはか弱いレディーよっ!怒」



『私語の罰として、この大量の資料を職員室まで届けろ、このバカチンがぁー!』



ホエールキャプチャ
「・・・なんて言いやがって・・・あーあ・・・ディソールも帰っちゃうし、アタシはなんで青春の1ページにこんなことやってんだろ・・・いい男はいないしさぁ・・・ブツブツ」



バサバサ



ホエールキャプチャ
「しょうがない。やるしかないな。・・・どっこいしょーー!!汗」



ヨタヨタ



ホエールキャプチャ
「ホエー!汗 お、重いッス・・・汗 しかも前が見えん!汗 職員室はどっちだっけ?汗 こっちか?」



ドーーン!!



ホエールキャプチャ
「キャッ!」


男子生徒
「イテッ!」



バサバサ~~



ホエールキャプチャ
「ああー!泣 金八の資料がっ!泣 散乱してしまった~!泣」


オールアズワン
「ご、ごめんな!大丈夫か?」



ホエールキャプチャ
「あ・・・ワン?」


オールアズワン
「おお、ホエールか。よかった、ホエールで」



ホエールキャプチャ
「な、なんだそりゃー!怒」


オールアズワン
「頑丈そうだしな 笑」



ホエールキャプチャ
「・・・チッ。こういうときは素敵な美男子とぶつかるのが普通でしょーが・・・なんでよりによってワンなのよ・・・ブツブツ」


オールアズワン
「ところでオマエ、なに運んでんの?」


ホエールキャプチャ
「いや、金八の資料を・・・」



オールアズワン
「大きい荷物を運んでる姿が、アリさんみたいでおもしろいな 笑」


ホエールキャプチャ
「くっ・・・なんでアタシの周りには、こんな男しかいないんだ・・・怒」



オールアズワン
「・・・貸せよ」


ホエールキャプチャ
「え?」



オールアズワン
「いくらホエールって言ったって、女の子がそんな重いもの持っちゃダメだろ」


ホエールキャプチャ
「・・・・」



オールアズワン
「よし。貸せ。オレが運んでやる。・・・よいしょっ!!」


ホエールキャプチャ
(・・・結構やさしいじゃん・・・)



ドスドス



オールアズワン
「お、重いな 汗 お!職員室についたぞ!・・・ここからはオマエが持って行け」


ホエールキャプチャ
「なんで?」



オールアズワン
「だってオレが運んだって金八が知ったら、罰にならんだろーって言われるじゃん?」


ホエールキャプチャ
「・・・まあ・・・」



オールアズワン
「よし。じゃあ行って来い」


ホエールキャプチャ
「うん・・・ありがとね。ワン」



ガラガラ



ホエールキャプチャ
「武田先生、資料を持ってきましたー」


高校教師 武田
「おう。ホエール。よく一人で持ってきたな。感心です」



ホエールキャプチャ
「・・・いや・・・」


高校教師 武田
「?」



ホエールキャプチャ
「ワン君が運んでくれました」


高校教師 武田
「はぁ?!」



ホエールキャプチャ
「手伝ってくれました」


高校教師 武田
「そ、それだったら罰にならんだろーが!このバカチンがぁぁ~~!!怒」



ホエールキャプチャ
「ス、スミマセン 汗 では失礼します 汗」



ガラガラ



ホエールキャプチャ
「あら、ワン、待っててくれたの?」


オールアズワン
「バ、バカ、オマエ!なんでオレが運んだって言うんだよ!汗 そりゃー怒られるだろ 汗」



ホエールキャプチャ
「・・・だって」


オールアズワン
「・・・・」



ホエールキャプチャ
「・・・だって運んだのはワンだもん。アタシじゃないもん」


オールアズワン
「・・・・」



ホエールキャプチャ
「自分がやってもいないことを、自分の手柄にすることなんかできない」


オールアズワン
「・・・ホエール・・・おまえ・・・」



ホエールキャプチャ
「・・・・」


オールアズワン
「・・・バカだな 笑」



バキッ



オールアズワン
「ぐはぁー! 泣」


ホエールキャプチャ
「ケッ」



≪放課後の教室にて≫



ホエールキャプチャ
「はぁー。アタシの青春はどこにあるんだろ・・・落」


オールアズワン
「なんだよそれ 笑」



ホエールキャプチャ
「・・・野球部はがんばってるねぇ・・・」



野球部員
「バッチコーイ!!」


カキーン!



ホエールキャプチャ
「・・・青春だぁね・・・」


オールアズワン
「・・・・」



ホエールキャプチャ
「・・・ワンは野球とかやんないの?」


オールアズワン
「うん。オレには向いてないかな ハハッ」


ホエールキャプチャ
「なんで?」



オールアズワン
「うーん、なんつーか・・・結局、目標は都道府県を代表して戦うことにあるわけじゃん?」


ホエールキャプチャ
「うん。甲子園」



オールアズワン
「オレは闘争心がないのか、そういうの、なんかダメでさ」


ホエールキャプチャ
「・・・・」



オールアズワン
「世界はひとつ。地球はひとつ」


ホエールキャプチャ
「・・・・」



オールアズワン
「宇宙から見れば、地球なんてほんの小さい星にすぎない」


ホエールキャプチャ
「うん」



オールアズワン
「その小さい星の中で・・・」



『ここはオレの領土だ!』
『いや!オレのもんだ!』
『なにー!コロスぞ!』
『オラー!戦争だー!』



オールアズワン
「・・・っていうのも・・・なんかなー」


ホエールキャプチャ
「・・・・」



オールアズワン
「すべてはひとつ・・・みんなが分けあって、協力しあって生きるのが、人間であってほしいっつーかさ」


ホエールキャプチャ
「・・・ワン・・・」



オールアズワン
「ははっ!照 甘ちゃんの理想論!笑っちゃうだろ!照」


ホエールキャプチャ
「・・・笑わないよ」


オールアズワン
「え?」



ホエールキャプチャ
「・・・心に理想があるからこそ、夢に近づける・・・そう思うよ」


オールアズワン
「ホエール・・・」



ホエールキャプチャ
「・・・ワンは優しくて強い男だね」


オールアズワン
「・・・そうありたいと思ってる」



ホエールキャプチャ
「・・・・」


オールアズワン
「・・・・」



ホエールキャプチャ
「えへ 照」


オールアズワン
「ははっ! 照」



ホエールキャプチャ
「て、照れるからなんか言いなよ!照 ワン」


オールアズワン
「・・・すべてはひとつ・・・」


ホエールキャプチャ
「うん」



オールアズワン
「・・・そういう意味では、自他の区別さえ無くてもいいのだ」


ホエールキャプチャ
「?」



オールアズワン
「つまり!オレもオマエもひとつなのだ!」


ホエールキャプチャ
「・・・・」



オールアズワン
「だから今からオレとオマエはひとつにな・・・」



バキッ!!



オールアズワン
「ぐはぁー! 泣」



ガスガス!!



オールアズワン
「ぐわぁーー!!た、たぁすけてぇぇ~~!!泣」


ホエールキャプチャ
「土にかえって地球とひとつになれ!ボケッ!!怒」



– つづく –

サブコンテンツ