◆中山牝馬ステークス2011予想⇒ヒカルアマランサス⇒相手のせいするより、変化を許容できない自分の心を見つめる



【ヒカルアマランサス】

○5歳 女性
○父アグネスタキオン
○馬名 意味由来⇒ 冠名ヒカル+アマランサスという花の名前より
○食用のアマランサスは、栄養成分が豊富で健康によいと注目されている
○クラシックには縁がなかったが、4歳の京都牝馬Sでシンガリ一気のゴボウ抜きで重賞初制覇
○ヴィクトリアマイル(G1)ではブエナ不調とはいえ、クビ差まで追い詰めた
○連覇を狙った前走、京都牝馬Sでは、大外を追い込むも2着まで
○今回、中山1800は追込み超不利だが・・先行する?
○池江郎師の定年引退により、先週厩舎を開業したばかりの新人厩舎に転厩。はたして?
○ハンデ56キロも厳しいが、他の有力馬も56なので・・・



◆相手のせいするより、変化を許容できない自分の心を見つめる



≪焼き鳥屋シゲにて≫



ヒカルアマランサス
「クラシックが近いってことで、最近は若い子の登場が多いわよねぇ」


プロヴィナージュ
「そうねえ」



ヒカルアマランサス
「熟女の魅力を知らないのよね。ケッ」


プロヴィナージュ
「そ、そうね 汗」



ヒカルアマランサス
「3歳なんて、渋柿よ。シブガキ」


プロヴィナージュ
「・・・・汗」



ヒカルアマランサス
「すいませーん!ビールおかわり~!」


焼き鳥屋店主シゲ
「あいよ」



プロヴィナージュ
「・・・ところでさあ、最近、一緒に住んでるカレがさー」


ヒカルアマランサス
「うん」



プロヴィナージュ
「アタシが、バラエティ番組見ようとしてたら、プロ野球ニュースに変えちゃうの~」


ヒカルアマランサス
「あぁ~。わかるわかる~」


プロヴィナージュ
「わかるでしょ~?」



ヒカルアマランサス
「そうそう!アタシのカレなんか、アタシが韓国ドラマを1日8時間くらい見てたら・・・」


『ちょ、ちょっとだけテレビ見てもいいかな 汗汗』



ヒカルアマランサス
「・・・とか言いやがるのよ~!!怒」


プロヴィナージュ
「そ、それは見せてあげようよ 汗」



焼き鳥屋店主シゲ
「ビールおまち」



プロヴィナージュ
「あ、それからさー、アタシのカレったら、食べたあとの食器をキッチンまで運んでくれないの~」


ヒカルアマランサス
「あぁ~。わかるわぁ~」


プロヴィナージュ
「でしょー?」



ヒカルアマランサス
「・・・アタシのカレなんて、アタシが5日くらい食器を洗わないで、台所が山のようになったとき・・・」


『そ、そろそろ食器洗おっか 汗 ボクも手伝うから 汗汗』



ヒカルアマランサス
「とか、ぬかしやがるのよ~!!怒」


プロヴィナージュ
「そ、それは洗おうね 汗」


ヒカルアマランサス
「まったくもー」



プロヴィナージュ
「あ、それからさー、こないだ、ごはんが残ったから冷凍しといたんだけど、冷凍ごはんはマズイからイヤだって言うのよ~」


ヒカルアマランサス
「あぁ~。わかる~」


プロヴィナージュ
「でしょ~?」



ヒカルアマランサス
「・・・アタシもこないだ、ごはんが余ったから、炊飯器ごと冷凍したら・・・」


『ど、どうやって解凍すればいいかな 汗汗』



ヒカルアマランサス
「とか言いやがるのよ~!!怒」


プロヴィナージュ
「ヒ、ヒカル家の冷凍庫は大きいんだね 汗」



ヒカルアマランサス
「ハァ~・・・なんで男って、一緒に住むとウザいのかしら」


プロヴィナージュ
「うーん・・・」



ヒカルアマランサス
「ねえ!オジサン!そう思うでしょ?」


焼き鳥屋店主シゲ
「・・・フッ。オレはバツイチですから。何も言えやしません」



ヒカルアマランサス
「ふーん。・・・なんで別れたの~~?」


焼き鳥屋店主シゲ
「・・・・」



ヒカルアマランサス
「・・・まあ・・・言いたくないこともあるよね~~~」


プロヴィナージュ
「ちょ、ちょっとヒカル、飲みすぎじゃない? 汗」



ヒカルアマランサス
「あぁ~~!!も~~!!」


プロヴィナージュ
「・・・・汗」



ヒカルアマランサス
「なんで男は一緒に暮らしたら、変わってしまうのぉぉ~~!!誰か教えてぇぇ~~!!」


プロヴィナージュ
「・・・・汗」


ヒカルアマランサス
「誰かぁぁ~~!!」



焼き鳥屋店主シゲ
「・・・変わるのは男ではなく、あなた自身の心の方なのかもしれねぇな・・・」


ヒカルアマランサス
「・・・は?」



焼き鳥屋店主シゲ
「・・・一緒に暮らせば、どんな完璧な相手を選んでも不満は出てくるんだぜ」


ヒカルアマランサス
「・・・・」



焼き鳥屋店主シゲ
「『憧れ』が『生活』に変われば、当然に心も変わるんだぜ」


ヒカルアマランサス
「じゃあど~すればいいのぉぉ~~?その都度、男を変えていけばいいのぉぉ~~?」



焼き鳥屋店主シゲ
「・・・相手の心を変えようとしたり、相手を別の人に変えたりするより・・・」


ヒカルアマランサス
「・・・・」



焼き鳥屋店主シゲ
「・・・変化を許容できない自分自身の心を、少しだけ変えてやる方がいいのかもしれねぇな」


ヒカルアマランサス
「・・・自分の心を・・・」



焼き鳥屋店主シゲ
「フッ。バツイチが偉そうなことを・・・スミマセン。聞かなかったことにしてくだせぇ」


ヒカルアマランサス
「・・・・」



プロヴィナージュ
「えー、でもスゴーイ!喜 シゲさんって、なんかスゴイですね!アタシ感動しました!」


焼き鳥屋店主シゲ
「・・・オレにそんな価値はないんでさぁ」



プロヴィナージュ
「そんなことないですよ!アタシたち、なんでもカレのせいにしてたんですね・・・」


焼き鳥屋店主シゲ
「・・・・」


プロヴィナージュ
「相手を変えるのではなく、変われない自分の心に気付くこと・・・感動しました!喜 ね?ヒカル!!」



ヒカルアマランサス
「・・・ねぇねぇシゲたぁ~~ん♪今日お仕事、何時までなんねすかぁ~~?」


プロヴィナージュ
「ヒ、ヒカル? 汗」



ヒカルアマランサス
「もうお仕事やめてぇ~、アタシと二次会いこぉ~よ~♪」


焼き鳥屋店主シゲ
「・・・スミマセン。まだ仕事がありますんで」



ヒカルアマランサス
「そんなのど~でもいいじゃないねすかぁ~~♪うふっ♪」


プロヴィナージュ
「・・・・汗」



ヒカルアマランサス
「アタシ~今のカレはやめて~、シゲさんと付き合うのぉ~♪うふふ♪」


焼き鳥屋店主シゲ
「フッ。さっきのオレの話の意味が、全く無いんだぜ 汗」



プロヴィナージュ
「・・・・汗」



– つづく –

サブコンテンツ