◆フィリーズレビュー2011予想⇒アイアムアクトレス⇒最初から諦めてたら、勝てるワケがない



【アイアムアクトレス】

○3歳 女子
○父アグネスタキオン
○馬名 意味由来⇒ 冠名アイアム+女優
○名付け親は、”女優”川島なお美。そのまんま
○アイアムカミノマゴの全妹。姉もダートで勝ち上がった後、このレースで2着
○デビューから2戦は、芝を使ったが勝てず。ダートを使ってみたら8馬身差圧勝!ダートで2連勝中
○過去フィリーズレビューは、ダートを使ってきた馬の好走が多いので・・・



◆最初から諦めてたら、勝てるワケがない



≪ダンス一族 豪邸にて≫



ダンスファンタジア
「やなぎだぁぁぁぁーーーー!!!怒」


執事 柳田
「お、お嬢さまっ!!汗 屋敷中の者が震え上がっておりますっ!汗 大声を出さないでくださいっ!汗」



ダンスファンタジア
「アタシのグラサンどこやったぁぁぁーーー!!怒」


執事 柳田
「お、お嬢さま・・・汗」


ダンスファンタジア
「あぁ!?怒」



執事 柳田
「・・・サングラスは、お嬢さまの頭の上に・・・」


ダンスファンタジア
「あ」


執事 柳田
「ふふっ 笑」



ダンスファンタジア
「・・・やなぎだぁ・・・」


執事 柳田
「はい? ニコニコ」



ダンスファンタジア
「・・・なに笑っとんじゃコラ・・・怒」


執事 柳田
「い、いえ!汗 笑ってなどおりませんっ!!汗」



ダンスファンタジア
「今、笑っただろうがぁぁぁぁーーーー!!怒」


執事 柳田
「わ、笑っておりませんっ!!汗」



ダンスファンタジア
「・・・・」


執事 柳田
「・・・・」



ダンスファンタジア
「・・・わかった・・・」


執事 柳田
「わ、わかってくださいましたか!喜 ホッ」



ダンスファンタジア
「・・・柳田・・・」


執事 柳田
「はい ニコニコ」



ダンスファンタジア
「・・・この帽子をかぶれ・・・」


執事 柳田
「??ジャイアンツの野球帽・・・でございますか?」



ダンスファンタジア
「ああ。柳田は巨人ファンだろ?」


執事 柳田
「はい!喜 覚えててくださり、光栄ですっ!喜」



ダンスファンタジア
「プレゼント」


執事 柳田
「あ、ありがとうございますっ!!泣 では、遠慮なく、かぶらせて頂きますっ!喜」



カポッ



ダンスファンタジア
「・・・・」


執事 柳田
「おおっ!喜 まさにジャイアンツ!喜 嬉しいですっ!お嬢さま!喜」



ダンスファンタジア
「・・・くっくっく」


執事 柳田
「?」



ダンスファンタジア
「ギャーハハハハーー!!!笑」


執事 柳田
「お、お嬢さま? 汗」



ダンスファンタジア
「・・・アロンアルファたっぷりジャイアンツよ・・・」


執事 柳田
「は?」



ダンスファンタジア
「・・・その野球帽の裏には、たっぷりアロンアルファが塗ってあるのよ・・・」


執事 柳田
「な、なんですって・・・?汗汗」



ダンスファンタジア
「・・・大好きな巨人軍の一員になれてよかったな、柳田。ププッ 笑」


執事 柳田
「ど、どうしてそういう子供みたいなことを!!汗 お嬢さま!!汗」



ピンポーン



ダンスファンタジア
「来客だよ、柳田」


執事 柳田
「くっ・・・ちょっと見てきます・・・」



ガチャ



アイアムアクトレス
「こんにちは。うふ」


執事 柳田
「あなたはたしか・・・」



アイアムアクトレス
「川島なお美よ。うふ」


執事 柳田
「・・・・汗」



アイアムアクトレス
「夫はパティシエよ。うふ」


執事 柳田
「・・・川島さま、なにか御用ですか?」



アイアムアクトレス
「・・・ってゆーか、アナタはダレ?」


執事 柳田
「私は執事の・・・」


アイアムアクトレス
「巨人軍の選手ですか?」



執事 柳田
「こ、この帽子には深い事情があり・・・汗」


アイアムアクトレス
「あのーアタシ巨人の事情とか、どーでもいいんです」


執事 柳田
「くっ・・・」



アイアムアクトレス
「ファンタさん、います?」


執事 柳田
「・・・失礼ですが、お嬢さまにどのようなご用事が?」



アイアムアクトレス
「・・・宣戦布告です。うふ」


執事 柳田
「は?」



アイアムアクトレス
「アタシ川島は、このレースを勝って、桜花賞2着の座は頂きます!と、宣言しに来ました。うふ」


執事 柳田
「か、勝つ気はないのですね 汗」



アイアムアクトレス
「勝つ?どうやって勝つんですの?あのシロクマに」


執事 柳田
「・・・・汗」



アイアムアクトレス
「桜花賞は熾烈な2着争いですのよっ!」


執事 柳田
「・・・・」



アイアムアクトレス
「だからファンタさんには負けないわ!ということを言いにきたんですの。うふ」


執事 柳田
「・・・川島さま・・・」


アイアムアクトレス
「なぁに?」



執事 柳田
「・・・川島さまは、お嬢さまには勝てません」


アイアムアクトレス
「はぁ?」



執事 柳田
「お嬢さまは、レーヴディソール様が、どんなにお強い競馬を見せても、一度たりとも、”勝てない”などと言ったことはありません」


アイアムアクトレス
「・・・・」



執事 柳田
「マスコミがどんなにレーヴディソール1強と騒ぎ立てても・・・」


アイアムアクトレス
「・・・・」



執事 柳田
「お嬢さまは、ただ一人、3冠を狙っておられるのです」


アイアムアクトレス
「さ、3冠って・・・オホホ・・・汗」



執事 柳田
「・・・誰もが笑うでしょう・・・」


アイアムアクトレス
「・・・・」



執事 柳田
「・・・ですが、私は・・・」


アイアムアクトレス
「・・・・」



執事 柳田
「そんなお嬢さまの心意気を、誇りに思うのです」


アイアムアクトレス
「・・・・」



執事 柳田
「・・・・照」


アイアムアクトレス
「・・・執事さん・・・」



執事 柳田
「ふふっ。お嬢さまの前では、恥ずかしくてこんなこと言えませんがね 照」


アイアムアクトレス
「・・・素敵なお話ですね・・・」


執事 柳田
「いえいえ 照」



アイアムアクトレス
「・・・アタシも・・・執事さんのような、素敵なアドバイザーを探して、桜花賞制覇を目指そうかな。うふ」


執事 柳田
「そうです!やるからには優勝を目指しましょう!川島さん!」


アイアムアクトレス
「そうね。うふ」



ダンスファンタジア
「・・・なんだその美談」


執事 柳田
「ビクッ!驚 お、お嬢さま!!汗 いつからそこに?!汗」



ダンスファンタジア
「つーか柳田。なんでおまえ、巨人帽かぶってんの?」


執事 柳田
「くっ・・・」



ダンスファンタジア
「・・・柳田。うちの屋敷には防犯用の、超小型高性能CCDカメラが528個設置してある」


執事 柳田
「は?」



ダンスファンタジア
「今日も、そのうちのひとつの映像を見てみよう」


執事 柳田
「え?」



ダンスファンタジア
「VTR、スタート!」



≪VTR再生≫



執事 柳田
「ねぇねぇ~しょこたん~春になったら、桜を見にいこうよぉ~ デヘ」


メイド翔子
「いや~ん♪やなぽんとだったら、どこでも行っちゃう~♪」



執事 柳田
「えへへ~」


メイド翔子
「うふふ~♪」



執事 柳田
「じゃあ決まりね~ デヘ」


メイド翔子
「でもでも~、お嬢さまの桜花賞があるよぉ~?やなぽん」



執事 柳田
「あー、そうだねー。でもどーせ優勝はできないからねぇ~」


メイド翔子
「えぇ~、そんなこと言ったら、お嬢さまがかわいそう~」



執事 柳田
「だってムリじゃ~ん。ディソールちゃん強すぎ~だもん~」


メイド翔子
「うーん」



執事 柳田
「ってことで、桜、見に行こうねっ!しょこたん!」


メイド翔子
「うん♪」



執事 柳田
「・・・その帰りに・・・どっか寄り道しちゃうぞぉ~ デヘヘ~」


メイド翔子
「いや~ん♪やなぽんのエッチ♪」


執事 柳田
「うへへ~」



≪VTR終了≫



執事 柳田
「・・・ア、アウアウ・・・汗汗」


ダンスファンタジア
「・・・ふむ・・・」


アイアムアクトレス
「・・・・汗」


執事 柳田
「お、お嬢さま!違うんですっ!汗」



ダンスファンタジア
「では言い訳を聞いてやろう・・・サディスティックルームでな・・・」


執事 柳田
「そ、それだけはご勘弁をっ!!泣」



ダンスファンタジア
「・・・さあ行こうか・・・色のない桜を見に・・・ニヤリ」


執事 柳田
「か、川島さんっ!汗 たたた、たぁすけてぇ~~!!泣」



アイアムアクトレス
「・・・・汗汗」



– つづく –

サブコンテンツ