◆桜花賞2011予想⇒フレンチカクタス⇒失敗は取り返せるが、挑戦しなかった時間は取り返せない



【フレンチカクタス】

○3歳 女子
○父タイキシャトル
○馬名 意味由来⇒ カクテル名。テキーラ+キュラソー
○クイーンCでは先行馬不利の流れを、4着に踏ん張る
○フィリーズレビューは桜花賞を意識して、あえて先行させず。渋った馬場を大外一気の差し切り
○逃げ差し自在。重馬場歓迎。展開が向けば・・・



◆失敗は取り返せるが、挑戦しなかった時間は取り返せない



≪ファミレスにて≫



グランプリボス
「どうだ、桜花賞へ向けて体調は?」


ハブルバブル
「・・・うーん・・・連闘でフラワーCの時点ですでに-8キロだったからさ・・・」



グランプリボス
「た、確かに連闘→中1週で桜花賞ってのは、女子高生には厳しすぎだな 汗」


ハブルバブル
「まあそんなこと言ってられないからさ」



グランプリボス
「そうだな!がんばれよっ!」


ハブルバブル
「ありがと♪・・・つーかボスだって、まだ距離の不安ってのは頭にあるわけでしょ?」



グランプリボス
「そうなんだよなあ・・・。なんつってもオヤジがバクシンオーだからさあ」


ハブルバブル
「だよねー」



グランプリボス
「迷ったんだけど、皐月賞はやめることにしたよ」


ハブルバブル
「そっか」



グランプリボス
「中山2000なら行こうかと思ったけどな。今年は東京2000じゃあ、スタミナ無いとムリだろ」


ハブルバブル
「だよねー」



グランプリボス
「まずはマイルでがんばるよ」


ハブルバブル
「そだね。・・・あ、私の友達が来たみたいだから紹介するね」


グランプリボス
「ん?」



フレンチカクタス
「こんにちはー♪」


グランプリボス
「あ、ども 照」



ハブルバブル
「こちら、私のお友達の、フレンチ角田氏で~す」


フレンチカクタス
「オス!!角田です!!・・・ってコラー!!怒」



ハブルバブル
「ち、違ったっけ? 汗」


フレンチカクタス
「角田氏じゃねえっ!!カクタスだっ!!怒」



ハブルバブル
「ご、ごめん 汗 K-1統括プロデューサー&正道会館の、角田信朗氏と間違えちゃった 汗 えーと、カクタスちゃんです!」


グランプリボス
「どもー」


フレンチカクタス
「よろしく~♪」



ハブルバブル
「で、こちらが2歳チャンプの、グアテマラモカ君で~す」


グランプリボス
「どーもー。おいしいコーヒーになるようにと名付けられましたー・・・ってコラァー!!怒」


ハブルバブル
「ち、違うの? 汗」



グランプリボス
「グランプリボスだっ!!怒 2歳チャンプの名前を間違えるんじゃねえっ!!怒」


ハブルバブル
「ご、ごめんごめん 汗 グランプリボス君でーす」



フレンチカクタス
「みんなで仲良くしよーねー」


グランプリボス
「そうだな 照」



ハブルバブル
「ボス君がNZTを勝って~、私たちが桜花賞ワンツーしたら最高だねっ!!」


グランプリボス
「そうだな!!喜」



フレンチカクタス
「いいこと言うね~!さすがパズルボブルだねっ!」


ハブルバブル
「そりゃゲームだっ!!怒 私はハブルバブルだっ!!怒」


フレンチカクタス
「ご、ごめん 汗」



グランプリボス
「でもさあー、レーヴちゃんが離脱したとは言え、ホエールとかファンタとか強いのいるよなあ」


ハブルバブル
「そうなのよ~」



フレンチカクタス
「力関係的にはどう考えてる?ノブシコブシは」


ハブルバブル
「差はねえと思ってるよ!!・・・・・ノブシコブシじゃねえよっ!!怒 ハブルバブルだっ!!怒」


フレンチカクタス
「モ、モノマネしてんじゃん 汗」



ハブルバブル
「でもさあー、アンタは荒れ馬場になれば、かなりやれるんじゃない?フレンチ角田氏」


フレンチカクタス
「オスッ!・・・・だから角田氏はさっきやったし・・・疲れてきたからもういいでしょ 汗」



ハブルバブル
「フィリーズレビューの末脚は相当なものでしたよね?あとのせサクサク」


フレンチカクタス
「うーん、やっぱりこの歯ごたえがたまらない・・・・フレンチカクタスだっ!!怒」



グランプリボス
「つーか、フレンチカクタスってどーゆー意味?」


フレンチカクタス
「ふふっ。おしゃれなカクテルの名前よっ! 喜」



ハブルバブル
「・・・おしゃれな角田氏?」


グランプリボス
「確かに、角田氏はおしゃれだな」


フレンチカクタス
「か、角田氏から離れろよっ!!怒 もういいって!!怒」



ハブルバブル
「でもさあー、マジメな話、ボスは距離不安、私はローテ不安、角田氏は正道会館っていう不安要素があるじゃない?」


グランプリボス
「そうだなあ」


フレンチカクタス
「・・・(プルプル 怒)」



ガスト店員 シゲ
「失礼します。ハンバーグセット、お待たせしました」



グランプリボス
「とにかくオレは、父サクラバクシンオーってのがあるから、常に距離との戦いなんだよなー」


ハブルバブル
「私も2戦目で1400使って負けたように、マイルのスピードについて行けるかなあ」



ガスト店員 シゲ
「・・・熱いのでお気をつけください」



ハブルバブル
「角田氏も、K-1の運営に不安があるしねえ」


フレンチカクタス
「・・・(プルプル 怒)」



グランプリボス
「どうすればこの不安要素を消せるんだっ!!汗」


ハブルバブル
「ホントよね!!誰か教えて!って感じ!!汗」



ガスト店員 シゲ
「・・・自分自身にレッテルを貼ることで、可能性を狭める必要はねえぜ・・・」


グランプリボス
「は?」


ハブルバブル
「え?」



ガスト店員 シゲ
「・・・もちろん自分の長所短所を知ることは重要だ」


グランプリボス
「・・・・」


ハブルバブル
「・・・・」



ガスト店員 シゲ
「・・・だが、過度の自己へのレッテル貼りは、新しい挑戦への勇気を失うことにもなるんだぜ」


ハブルバブル
「は?なに言ってんの?このヒゲ」



グランプリボス
「あのさぁ~オッサン。ガストの店員には俺らの悩みはわかんねーと思うよ?ww」


ガスト店員 シゲ
「・・・成功というのは、失敗と反省の繰り返しの結果、掴むものだ」


ハブルバブル
「・・・・」



ガスト店員 シゲ
「・・・人生の中の失敗など、すぐに取り返せる」


ハブルバブル
「・・・・」



ガスト店員 シゲ
「だが、挑戦も失敗もせずに、ただ流れて行ってしまった時間は、どんなに後悔しても二度と取り戻せねえ」


ハブルバブル
「・・・・」



ガスト店員 シゲ
「失敗を恐れず、挑戦する勇気は、人生で最も重要なもののひとつだ」


ハブルバブル
「・・・・」



ガスト店員 シゲ
「だからアンタたちが、自己へ過度のレッテル貼りをして、勇気を減らしているのを見て、つい口出ししちまったんだぜ」


ハブルバブル
「・・・・」



ガスト店員 シゲ
「すまねえ。オレは帰るぜ。鉄板の方、熱くなってますのでお気をつけくだせえ」


グランプリボス
「・・・は、はい 汗」


ハブルバブル
「・・・あ、あのヒゲ何者? 汗」


フレンチカクタス
「・・・なんか気持ちが軽くなったような・・・」



オウケンブルースリ
「あれ~~?シゲさん?!」


ガスト店員 シゲ
「おう。オウケンさんか」



ハブルバブル
「オ、オウケンさんっ?!汗」


グランプリボス
「オウケンさん!!ちわっす!!汗」


フレンチカクタス
「オウケンさん!こんにちは! 汗」



オウケンブルースリ
「おう。つーかオマエら、オレに挨拶する前に、シゲさんに挨拶しろよ」


ハブルバブル
「シ、シゲさんて? 汗」



オウケンブルースリ
「はぁー。オマエラこの世界で生きてて、シゲさんの顔も知らねえのかよ」


ハブルバブル
「シ、シゲって・・・あのシゲさん・・・?汗汗」



ガスト店員 シゲ
「フッ。オウケンさん、今日のところは挨拶はいらねえぜ。オレが割り込んじまったんだ。すまねえお三方」


ハブルバブル
「いえ!そんな! 汗」


グランプリボス
「こちらこそすみませんでしたっ! 汗」



ガスト店員 シゲ
「フッ。応援してるぜ。がんばっておくんなせえ。じゃあな」


オウケンブルースリ
「あ、シゲさん帰るの?じゃあオレも帰るわ。じゃあなオマエラ」



ハブルバブル
「はい!オウケンさん!お疲れ様ですっ!汗」


グランプリボス
「おつかれっす! 汗」


フレンチカクタス
「お疲れ様です! 汗」



バタン



ハブルバブル
「・・・フー。なんか元気をもらったような気がするね 喜」


グランプリボス
「そうだな 喜 大先輩のオウケンさんともしゃべれたしな!!喜」


フレンチカクタス
「ホントだね 喜 光栄だよね!・・・・ん?なにこれ?」


グランプリボス
「どした?」



フレンチカクタス
「・・・伝票が置いてある・・・ステーキセット1,260円」


グランプリボス
「・・・ま、まさか 汗」



フレンチカクタス
「・・・オ、オウケンさんの伝票だ・・・泣」



– つづく –

サブコンテンツ