◆マイラーズカップ2011予想⇒アパパネ⇒大切な物を守ってあげたかっただけ



【アパパネ】

○4歳 女性
○父キングカメハメハ
○馬名 意味由来⇒ ハワイに生息する赤い鳥の名前
○JFから、牝馬クラシック全制覇の歴史的名牝
○勝ち方は地味だが、並んだら抜かせないド根性娘
○一叩きのステップレースでは本気を出さないクレバーな女性
○3冠後の調整の難しさから、古馬初対戦となったエリ女は3着まで
○今回、歴戦のオッサンマイラー相手にどこまでやれるか



◆大切な物を守ってあげたかっただけ



≪喫茶店にて≫



メイショウベルーガ
「アンタは、まだキングダム君と付き合ってないわけ?」


アパパネ
「う・・・汗」



メイショウベルーガ
「進展しないねーアンタら 苦笑」


アパパネ
「め、面目ないっす 汗」



メイショウベルーガ
「半年前くらいにキングダム君の家に行ってたよね?」


アパパネ
「う、うん・・・でもいいところで、番犬にジャマされて 汗」



メイショウベルーガ
「女は度胸よ。がんばんなよ」


アパパネ
「は、はい!本日リトライしてみますっ!!」



≪キングダム家にて≫



アパパネ
「ア、アタシは3冠牝馬アパパネ!根性見せますっ!!汗」



ピンポーン



ローズキングダム
「はいよー。お、アパじゃん。どした?」


アパパネ
「あ、あの~!汗 ちょっと近くを通ったからさ!ピンポン押してみたの~!汗」



ローズキングダム
「そっか。まあ入れよ」


アパパネ
「お、おじゃましまーす 汗」



ローズキングダム
「コーヒーでいいか?」


アパパネ
「う、うん!お構いなく! 汗」



ワンワンッ!



アパパネ
「むむっ!出たな!宿敵! 汗」


ローズキングダム
「そいつは、我がバラ一族の番犬、ローズイヌだ」



アパパネ
「う、うん。前回も会ってるから知ってる 汗」


ローズキングダム
「もう30歳になるんだ」



アパパネ
「へ、へぇー 汗 おじいちゃんなんだね 汗」


ローズキングダム
「ああ。何十年もバラ一族を守ってくれてるんだぜ」


アパパネ
「へ、へぇー 汗 忠犬だね! 汗」



ローズキングダム
「あ、和菓子とか食べるか?」


アパパネ
「う、うん。ありがと」



ローズイヌ
「ワンワンッ!」


アパパネ
「・・・さて・・・まずこのジャマなイヌをどうすべきか・・・」



謎の声
『ホッホッホ』


アパパネ
「?」



謎の声
『アパよ。心にゆとりなき戦略は、陽の目を見んぞよ・・・』


アパパネ
「だ、誰っ?!汗」



謎の声
『焦りはミスを生み、ミスは自信を喪失させる・・・』


アパパネ
「ど、どこから聞こえるの?!汗 この声はっ!?汗」



謎の声
『どこを見ておる・・』


アパパネ
「だ、誰なの?! 汗」



謎の声
『ここぢゃ』


アパパネ
「ここって・・・」



謎の声
『おぬしの目の前におる』


アパパネ
「・・・ま・・・まさか・・・汗」



ローズイヌ
『そう。ローズイヌぢゃ』


アパパネ
「いぃっ!? 汗汗」



ローズイヌ
『ごくまれに、ワシの声が聞こえる者がいるのぢゃ。めずらしいぞい。アパよ』


アパパネ
「い、犬がしゃべった・・・汗汗」



ローズイヌ
『どうやらおぬしは、キングダム坊ちゃんに好意があるようぢゃな』


アパパネ
「な、なぜそれを? 汗」



ローズイヌ
『フッ。馬の考えることなど、お見通しぢゃ』


アパパネ
「・・・・汗」



ローズイヌ
『馬の分際で、犬に勝とうなど、百年早いわ』


アパパネ
「・・・・汗」



ローズイヌ
『それにワシは、おぬしの応援をするつもりはない』


アパパネ
「な、なぜ? 汗」



ローズイヌ
『おぬしの事が嫌いだからぢゃ』


アパパネ
「くっ・・・」



ローズイヌ
『だからワシは、おぬしが困っても、助けるつもりは一切ないのぢゃ』


アパパネ
「ぬぬー! 汗」



ローズイヌ
『残念だったな、アパよ。この番犬がいる限り、おぬしがキングダム坊ちゃんと、付き合うことはないぢゃろう』


アパパネ
「・・・そ、そんな 汗」



ローズキングダム
「アパ、お待たせ。お菓子食っていけよ」


アパパネ
「ハッ!!汗 キングダム!!」



ローズキングダム
「なにビックリしてんの? 汗」


アパパネ
「い、いや別に! 汗」



ローズキングダム
「ひとりごとが多くないか?アパ」


アパパネ
「そ、そうかな! 汗」



ローズキングダム
「変な奴。プッ 笑」


アパパネ
「てへっ! 汗」



ローズキングダム
「・・・ん?アパ、そのペンダントは?」


アパパネ
「あ、これはね、アタシの宝物なの♪」


ローズキングダム
「へー」



アパパネ
「ママがね、勝っても負けても、無事にレースから帰ってくるように、ってお守りとして、くれたの♪」


ローズキングダム
「そっか。じゃあ大事なペンダントだな」


アパパネ
「うん♪」



ローズキングダム
「・・・・」


アパパネ
「・・・・」


ローズキングダム
「・・・・」



アパパネ
(・・・こ、これはなんだか、いい雰囲気! 喜 ラブシーン的な展開か!? 喜)



ワンワンッ!



アパパネ
「うわー!!汗 コーヒーがこぼれたっ!!汗」


ローズキングダム
「ど、どうした!ローズイヌ!急に暴れるなんて、おまえらしくないぞ? 汗」


ローズイヌ
「ワンワンワンッ!!」



アパパネ
「ハ、ハイテンションだね 汗」


ローズキングダム
「うーむ。30歳の老犬だから、普段は全く動かないんだがな」



アパパネ
「ば、番犬じゃないじゃん 汗」


ローズキングダム
「10メートルも歩いたら、息切れするしな」


アパパネ
「・・・・汗」



ローズキングダム
「ごめんなアパ。熱くなかったか?」


アパパネ
「う、うん!大丈夫! 汗」



ローズキングダム
「今日のところは解散すっか。なんかバタバタしてるし」


アパパネ
「そ、そうだね 汗 じゃあアタシは帰るね 落」



ローズキングダム
「送ってくか?」


アパパネ
「ううん。大丈夫! 汗」



ローズキングダム
「そっか。気をつけてな」


アパパネ
「うん 落」



ローズイヌ
『残念でしたー 笑 またの挑戦をお待ちしとるぞい 笑』


アパパネ
「う、うるせえっ!!怒」



ローズキングダム
「え? 汗」


アパパネ
「い、いや!ひとりごとだからっ!!汗 じゃね!キングダム! 汗」



≪帰りの駅にて≫



アパパネ
「・・・はぁー・・・ダメだぁー・・・アタシなんかダメ女だぁー 落」



ドンッ!



アパパネ
「キャッ!」


通行人
「・・・どこ見て歩いてんだ!このブスっ!!怒」



アパパネ
「ご、ごめんなさい 泣」


通行人
「ケッ」



アパパネ
「うう・・・ふんだりけったり・・・泣」



≪アパパネ家にて≫



アパパネ
「ふぅー。ようやく家に着いたよー。長き1日だった・・・ホケー」



チクタク
(時計の音)



アパパネ
「・・・あれ? 汗 無い!!汗 ママのネックレスがない!!汗汗」



チクタク
(時計の音)



アパパネ
「ま、まさか・・・さっき駅でぶつかった時に・・・落とした・・・」



チクタク
(時計の音)



アパパネ
「ど、どうしよう! 泣 もうこんな時間だから終電おわっちゃってるし 泣」



チクタク
(時計の音)



アパパネ
「走って行くにしたって、あの駅までは5キロはある・・・5,000メートルは走れないよ・・・泣」



チクタク
(時計の音)



アパパネ
「うう・・・泣 ごめんなさいママ・・・大切なネックレス・・・無くしちゃったよ・・・泣」



チクタク
(時計の音)



アパパネ
「うう・・・泣泣」



ピンポーン



アパパネ
「うう・・・こんな時に・・・誰よ・・・泣」



ガチャッ



アパパネ
「誰ですか・・・はっ!!」


ローズイヌ
「ゼハー!・・・ゼハー!・・・」



アパパネ
「ロ、ローズイヌ・・・あ、あなたどうしてここに・・・」


ローズイヌ
「・・・ゼハッ!・・・ハァッ!」



アパパネ
「ねえ!どうしたの?!ローズイヌ!!」


ローズイヌ
「・・・くぅーん・・・」



アパパネ
「ねえ!どうしてあなたがここに・・・・こ、これは・・・」


ローズイヌ
「・・・くぅーん・・・」



アパパネ
「・・・ママのネックレス・・・」


ローズイヌ
「・・・・(ぐったり)」



アパパネ
「あ、あなた・・・5キロ・・・走ってきたの・・・?」


ローズイヌ
「・・・くぅーん(ぐったり)・・・」



アパパネ
「・・・10メートルで息切れする老犬が・・・走ってきたの?・・・5キロも・・・」


ローズイヌ
「・・・・(ぐったり)」



アパパネ
「・・・アタシのために・・・泣」


ローズイヌ
「・・・・」



アパパネ
「ねえ!!泣 どうして?あなた言ったじゃない!アパの味方はしないって! 泣」


ローズイヌ
「・・・・」



アパパネ
「ねえ!!泣 なんとか言いなさいよ!!泣 ローズイヌ!!泣」


ローズイヌ
『お・・・おぬしの味方をするつもりはない・・・』


アパパネ
「じゃあどうして!!泣」



ローズイヌ
『た・・・大切なネックレスなんぢゃろうが・・・だったらもっと大切にせんか・・・バカモン・・・』


アパパネ
「ロ、ローズイヌ・・・泣」



ローズイヌ
「・・・くぅーん(ぐったり)・・・」


アパパネ
「ロ、ローズイヌ!!泣 ローズイヌ!!泣 ちょっとやめてよっ!!泣 ねえ!!今、病院に連れていくから!!泣」


ローズイヌ
「・・・(ぐったり)・・・」



アパパネ
「ローズイヌーーー!!!泣泣」



≪動物病院にて≫



ローズキングダム
「・・・・」


アパパネ
「・・・・泣」



ローズキングダム
「老犬のくせに、かなりの長距離を全力疾走したらしい」


アパパネ
「・・・・泣」



ローズキングダム
「ローズイヌのやつ。どうしてそんなことを・・・」


アパパネ
「・・・・泣」



ローズキングダム
「幸い、命は助かりそうだから、よかったよ」


アパパネ
「・・・・泣」



ローズキングダム
「ありがとうな、アパ。おまえが病院に運んでくれなかったら、ヤバかったよ」


アパパネ
「・・・違う・・・泣」


ローズキングダム
「ん?」



アパパネ
「・・・違うの・・・泣 ごめん・・・キングダム・・・泣」


ローズキングダム
「え?」


アパパネ
「・・・・泣」



ローズキングダム
「な、なんかよくわからんけど、ローズイヌに会ってやってくれよ。アパは命の恩人なんだからな」


アパパネ
「・・・違うの・・・泣」



≪病室にて≫



アパパネ
「・・・ローズイヌ・・・泣」


ローズイヌ
「ハァー・・・ハァー・・・」



アパパネ
「・・・ごめんね・・・ローズイヌ・・・泣 アタシのせいで・・・泣」


ローズイヌ
「ハァー・・・ハァー・・・」


アパパネ
「・・・・泣」



ローズイヌ
『よ・・・よかったのう・・・アパ・・・大切なネックレス・・・見つかって・・・』


アパパネ
「ロ、ローズイヌ・・・泣」



ローズイヌ
『レ・・・レースの勝ち負けは・・・運もある・・・ぢゃが・・・必ず無事に・・・戻ってくるんぢゃぞ・・・アパ・・・』


アパパネ
「・・・・泣」



ローズイヌ
『ネ・・・ネックレス・・・あるから・・・大丈夫ぢゃ・・・ニコッ』


アパパネ
「うん・・・泣 うん・・・泣」



ローズイヌ
『さあ・・・もう行きな・・・さい・・・』


アパパネ
「うん・・・泣 ローズイヌのために、がんばるから!!泣」



ローズイヌ
『いや・・・おぬしは・・・自分のために・・・がんばればええのぢゃ・・・わかったな・・・アパよ・・・』


アパパネ
「うん・・・泣 わかった・・・泣」



ローズイヌ
『・・・ニコッ』



– つづく –

サブコンテンツ