◆皐月賞2011予想⇒サダムパテック⇒男だから自分の正義を貫く



【サダムパテック】

○3歳 男子
○父フジキセキ
○馬名 意味由来⇒ 冠名サダム+スイスの超高級時計パテックフィリップより
○デビュー戦は出遅れて後方からも、ただ一頭末脚伸ばして2着
○2戦目はスムーズに先行して楽勝
○3戦目、東スポ2歳Sはまた出遅れ。しかし直線向いてしびれる末脚。圧勝で重賞初制覇
○4戦目、ジーワン朝日FS。お約束になってきた出遅れ。さすがに中山1600で後方から大外ではムリ。4着
○前走、弥生賞はスタートで挟まれながらも、変に下げず先行する好騎乗で優勝
○東京コースに不安なし。今年の皐月賞が東京で行われるのは幸運



◆男だから自分の正義を貫く



≪夢の中にて≫



パテック少年
「ねえ!お父さん!遊ぼうよ! 喜」



「・・・スマン。お父さんは忙しいんだ・・・」



パテック少年
「お父さん!キャッチボールしようよ! 喜」



「・・・お父さんは仕事だからな・・・」


パテック少年
「えー・・・落」




「・・・その代わりパテックに、プレゼントを買ってきたぞ」


パテック少年
「プレゼント・・・?」




「ああ。スイスの超高級時計パテックフィリップだ」


パテック少年
「とけい・・・?」




「そうだ。定価850万円だぞ」


パテック少年
「・・・・」




「この時計をおまえにあげよう」


パテック少年
「・・・・」




「友達に自慢できるぞ」


パテック少年
「・・・・」




「ん?どうした?パテック。気に入らないか?」


パテック少年
「・・・ううん。ありがとう。お父さん・・・」



「うむ」



パテック少年
「・・・でも・・・」



「?」



パテック少年
「・・・ボクは・・・時計がほしいんじゃなくて・・・お父さんとキャッチボ・・・」



プルルル・・・




「む。携帯に電話だ。お父さんは仕事に行ってくるからな。いい子にしてるんだぞ、パテック」


パテック少年
「・・・はい・・・落」



「じゃあな」



バタン



パテック少年
「うぅ・・・泣 お父さん・・・泣 お父さん!!泣」



≪パテック部屋にて≫



サダムパテック
「うーん・・・お父さん・・・泣 ハッ!! ゆ、夢か・・・汗汗」


茶髪の女
「なーんか、うなされてたよー?」



サダムパテック
「!?お、おまえは誰だ?」


茶髪の女
「は?」



サダムパテック
「な、なぜオレの部屋にいるんだ?」


茶髪の女
「・・・・マジで言ってんの? 怒」



サダムパテック
「・・・・」


茶髪の女
「・・・サイテー。マジ最低ー。帰る! 怒怒」



バタン



サダムパテック
「・・・昨日、飲み過ぎたか・・・カチッ・・・フゥー・・・あれ。タバコがもうねぇや。買いに行くか。チッ。めんどくせーな」



≪コンビニにて≫



サダムパテック
「マイルドセブンを3つ」


店員
「あ。申し訳ありません 汗 現在、マイルドセブンは地震の影響ですべて品切れです 汗」



サダムパテック
「マジかよー 怒 ・・・じゃあラークマイルドを3つ」


店員
「も、申し訳ありません 汗 国産のタバコは、お一人様、2箱までとさせて頂いておりまして 汗」



サダムパテック
「はぁー?!・・・なんだよそれ?・・・チッ。じゃあラーク2つと、マルボロライト1つで」


店員
「かしこまりました」



サダムパテック
「・・・ハァー。大幅に値上げされた上に、今度は買うこともできねーってか・・・スモーカーには生きにくい世の中だぜ・・・」



謎の声
「おい!!怒 高校生がタバコなんか買ってんのかぁー!!このバカチンがぁー!!怒」


サダムパテック
「ハッ!!汗 ヤベ!金八かっ!?」



ナカヤマナイト
「・・・なーんちゃってー 笑」


サダムパテック
「ナ、ナイト?!・・・テメー!驚かせやがって!このバカチンがぁー!!怒 ボカッ」



ナカヤマナイト
「イ、イテテ!!泣 ごめん、パテック! 汗」


サダムパテック
「いたずら小僧かっ!!怒」



ナカヤマナイト
「・・・でもさあパテック。僕らはアスリートなんだから、タバコはやめナイトだめだよ」


サダムパテック
「・・・まあな」



ナカヤマナイト
「しかも今週は、夢のクラシック。皐月賞なんだから、ベストコンディションにもっていかナイトさあ」


サダムパテック
「オレはタバコ吸った方が、調子がいいんだよ」



ナカヤマナイト
「そんなわけナイト思うよ 汗」


サダムパテック
「ケッ。そんなわけあるんだよ」



ナカヤマナイト
「・・・さて、学校行こうか。パテック」


サダムパテック
「は?行かねえよ。めんどくせえ」



ナカヤマナイト
「だめだよっ!ちゃんと学校に行かナイト」


サダムパテック
「おまえが一人で行けよ」



ナカヤマナイト
「いつもボクが、パテックの代返してるんだよ?」


サダムパテック
「・・・うん・・・代わりに返事してくれてたのか。すまねえな。ナイト」



ナカヤマナイト
「・・・いや・・・別にいいけど」


サダムパテック
「これさ・・・」


ナカヤマナイト
「?」



サダムパテック
「ナイトにはいつも世話になってるから、この時計やるよ」


ナカヤマナイト
「えぇ!?汗 こ、これは850万円の時計! 汗」


サダムパテック
「・・・パテックフィリップだ。やるよ」



ナカヤマナイト
「そ、そんなのダメに決まってるよ!!汗 これはお父さんからもらった大切な時計だって言ってただろ?だったら大切にしナイトだめだよ!!汗」


サダムパテック
「・・・いらねえよ・・・」



ナカヤマナイト
「ダメ!!ちゃんと大切にしナイト、お父さんも悲しむよ!」


サダムパテック
「・・・悲しまねえよ・・・」



ナカヤマナイト
「とにかく!!一生大切にしナイトいけない時計だと思うよ!!」


サダムパテック
「フン。おまえはあいかわらず、正義の男だな」



ナカヤマナイト
「そりゃそうさっ!!だってボクは騎士(ナイト)なんだからっ!!」


サダムパテック
「そうだな」



ナカヤマナイト
「・・・あっ!!お金が落ちているっ!警察に届けナイト!!」


サダムパテック
「ふむ。さすが騎士だな」



ナカヤマナイト
「・・・むっ!子猫がケガをしているっ!!連れて帰らナイトっ!!」


サダムパテック
「うむ。優しく強き騎士だな」



ナカヤマナイト
「・・・ぬおっ!おばあちゃんが横断歩道を渡ろうとしているっ!手を引いてあげナイトっ!!」


サダムパテック
「・・・・ふむ。こりゃー100パー、学校は間に合わねえな 汗」



– つづく –

サブコンテンツ