◆皐月賞2011予想⇒ナカヤマナイト⇒100%自分が正しいということはない



【ナカヤマナイト】

○3歳 男子
○父ステイゴールド
○馬名 意味由来⇒ 冠名ナカヤマ+騎士より
○おもいっきり出遅れたデビュー戦以外は、連対率100%の安定感
○前走、共同通信杯は内しか伸びない芝状態で、うまくインを突いて差し切り
○ローテ的にはダービー狙いを思わせるが、東京は得意で。



◆100%自分が正しいということはない



≪通学途中にて≫



サダムパテック
「おい、ナイトよぉ。そろそろ学校行かないと、もう昼だぜ?」


ナカヤマナイト
「ハッ!!汗 正義の騎士活動に集中してて忘れてたっ!!汗」



サダムパテック
「ネコ何匹救助してんだよ 汗」


ナカヤマナイト
「傷が治ったら、また自然に返してあげナイト!」



サダムパテック
「まあいいけどさぁ。・・・ん?おい、ナイト。ちょっと顔出して行くか?ココ」


ナカヤマナイト
「ん?・・・あ・・・」



サダムパテック
「寄ってこうぜ」


ナカヤマナイト
「そうだね」



≪焼き鳥シゲにて≫



ガラガラッ



焼き鳥屋店主シゲ
「すいやせん。まだ準備中・・・・ん?」


サダムパテック
「シゲさん、ちわーっす!!」


ナカヤマナイト
「こんにちは!」



焼き鳥屋店主シゲ
「ほう。高校生が昼から、焼き鳥屋に来るとはな」


サダムパテック
「近くまで来たんで、顔見せに来たっす!」



焼き鳥屋店主シゲ
「そうか。ありがとよ。フッ」


サダムパテック
「シゲさんもお元気そうで!」


焼き鳥屋店主シゲ
「ああ。元気だぜ」



サダムパテック
「コイツも更生したでしょ? 笑」


ナカヤマナイト
「ども! 照」



焼き鳥屋店主シゲ
「フッ。あんときのヤンチャ坊主が、立派になったぜ」



≪回想シーン≫



バキッ



悪そうな学生
「ぐわっ!!」


ナカヤマナイト
「ケッ。相手にならんな。この街の正義はオレが守るぜ。パテックよ」


サダムパテック
「そ、そうだな 汗」



ナカヤマナイト
「・・・オイ。まだやるか?あ? 怒」


悪そうな学生
「ま、参りました・・・落」



ナカヤマナイト
「聞こえねえよ!!怒 バキッ!」


悪そうな学生
「うごっ!!か、勘弁してください・・・」


ナカヤマナイト
「聞こえねえっつってんだろうが!!怒」



謎の声
「・・・そのへんでやめておきなせえ」


ナカヤマナイト
「あぁ?!怒 誰だテメー!!怒」



焼き鳥屋店主シゲ
「・・・降参してる者に、手を上げちゃいけねえよ」


ナカヤマナイト
「あ?じゃあテメーが相手になるか?コラ・・・怒」


焼き鳥屋店主シゲ
「フッ。暴力反対だぜ」



ナカヤマナイト
「ケッ。腰抜け野郎が。オレはな!正義の騎士として、コンビニで大声で騒いでた奴らを成敗してたんだ!!怒」


焼き鳥屋店主シゲ
「・・・・」



ナカヤマナイト
「正義を貫いて悪いのかコラァー!!怒」


焼き鳥屋店主シゲ
「・・・・ひとりよがりの正義は、受け手の思想によっては、自己中や独裁ととられてしまうもんだぜ」


ナカヤマナイト
「あぁ?! 怒」



焼き鳥屋店主シゲ
「それは宗教的思想が強固な国ほど、戦争が多いことからも明白だぜ」


ナカヤマナイト
「なに言ってんだコラァー!!怒」



キキーーッ!!



サダムパテック
「な、なんだこの車は!? 汗」


不良学生
「いたぞ!あいつらだ!兄貴!あいつらです!」



サダムパテック
「あ!あいつ昨日、成敗したヤツじゃねえか?!ナイトよ! 汗」


ナカヤマナイト
「む」



組員
「・・・・おふたりさん・・・ちょっと事務所まで来てもらえんか」


サダムパテック
「う・・・汗 や、やべーぞ。ナイト」


ナカヤマナイト
「くっ・・・」



組員
「さあ。車に乗ってくれ」


サダムパテック
「・・・・汗」


ナカヤマナイト
「・・・・」



組員
「出発進行だな。ニヤリ」



ブロロロ・・・



焼き鳥屋店主シゲ
「・・・・」



≪佐伯組 事務所にて≫



組長 佐伯
「・・・というわけでよ。うちの組員のダチが、おまえらに成敗されたっつーことなのよ」


サダムパテック
「・・・・汗」


ナカヤマナイト
「・・・・」



組長 佐伯
「どうしよっか?なあキミタチ」


サダムパテック
「・・・ス、スミマセン 汗」



組長 佐伯
「あ?今さら謝られてもさぁ~。うちの組員も、絶対許さないって言ってるのよ~」


サダムパテック
「・・・・汗」



組長 佐伯
「残念だねぇ。ププッ 笑」


ナカヤマナイト
「・・・残念なのはテメーだろ ボソッ」


サダムパテック
「バ、バカッ 汗 ナイト!!汗」



組長 佐伯
「なんでちゅか? 怒」


ナカヤマナイト
「・・・オレは正義の騎士。だから正義を守るために行動しただけだ。何が悪いんだ」



組長 佐伯
「ほほー 笑 勇敢な騎士さんでちゅー 笑」


ナカヤマナイト
「・・・・」



組長 佐伯
「まあよ。とりあえず作業船のほうに乗って頂きまちゅね。何年か働いてくれたら開放でちゅ~ 笑」


サダムパテック
「いぃっ!?汗汗」



組長 佐伯
「あ。その前に、うちの組員が軽くお仕置きしたいって言ってるから、遊んでもらってネ♪」


ナカヤマナイト
「くっ・・・汗」



組長 佐伯
「では、その方向でヨロシクでちゅ~♪ 笑」


サダムパテック
「・・・・汗」


ナカヤマナイト
「・・・・」



ガチャッ



組員
「あぁ!?誰だテメー!!怒」


焼き鳥屋店主シゲ
「・・・そいつらちょっと知り合いなんでな。連れて帰るぜ」



組員
「はぁ?!怒 おまえバカか?コラ。ヒゲよぉ 怒」


組長 佐伯
「・・・あの男・・・」



組員
「組長!!まずこのヒゲから、お仕置きしてきますっ!!怒」


焼き鳥屋店主シゲ
「フッ。お仕置きされたくねえぜ」



組員
「では組長!あとは任せてください!!」


組長 佐伯
「・・・待て」


組員
「は?」



組長 佐伯
「・・・全員解放しろ」


組員
「はぁ!?」



組長 佐伯
「・・・・」


焼き鳥屋店主シゲ
「・・・・」



組長 佐伯
「・・・・お、お久しぶりです・・・シゲさん・・・汗汗」


焼き鳥屋店主シゲ
「フッ。元気そうでなによりだぜ。佐伯」


組員
「え?」



焼き鳥屋店主シゲ
「この子たち、連れて帰っていいかい?佐伯」


組長 佐伯
「・・・アンタが言うなら、逆らえるハズないでちゅねえ 落」



焼き鳥屋店主シゲ
「すまねえ。佐伯。おまえの顔をつぶすような形になっちまって」


組長 佐伯
「とんでもないでちゅ」



焼き鳥屋店主シゲ
「じゃあな」


組長 佐伯
「お、お疲れっす! 汗」



バタン



組員
「く、組長!!いいんですかっ!!怒」


組長 佐伯
「・・・ムリ」


組員
「・・・・汗」



≪焼き鳥シゲにて≫



サダムパテック
「あ、あの・・・ありがとうございました・・・落」


焼き鳥屋店主シゲ
「・・・・」



サダムパテック
「道で遭っただけのオレらを、助けてくれて・・・」


焼き鳥屋店主シゲ
「フッ。袖振り合うも多生の縁だぜ」


ナカヤマナイト
「・・・・」



焼き鳥屋店主シゲ
「人と人との関係は単なる偶然によって生ずるわけではないので、大切にしなくてはならないという思想だぜ」


ナカヤマナイト
「・・・・」



焼き鳥屋店主シゲ
「だがよ、どんな思想であっても、100%正しい考え方ってのは存在しねえんだぜ」


ナカヤマナイト
「え・・・」



焼き鳥屋店主シゲ
「100%正しいと感じるのは、自分自身の目線からしか見ていないからだ」


ナカヤマナイト
「・・・・」



焼き鳥屋店主シゲ
「人それぞれ、育った環境・現在置かれた環境・刷り込まれた思想・知識の量・・・などなど多くの要素によって、その人の思考は構成されている」


ナカヤマナイト
「・・・・」



焼き鳥屋店主シゲ
「だからよ、たとえ100%自分が正しいと思っても、20%くらいは相手の思想を受容するスキマを、自分の脳にあけておかなければならねえぜ」


ナカヤマナイト
「スキマ・・・」



焼き鳥屋店主シゲ
「相手を受容できる、その20%の余裕こそが、男の強さだと思うんだぜ」


ナカヤマナイト
「余裕が・・・強さ・・・」



焼き鳥屋店主シゲ
「・・・だがよ・・・」


ナカヤマナイト
「・・・・」



焼き鳥屋店主シゲ
「ナイトさんの、正義の騎士としての考え方は立派だ。やり方はちょっと間違ったかもしれねえが・・・」


ナカヤマナイト
「・・・・」



焼き鳥屋店主シゲ
「・・・オレは立派だと思ったんだぜ」


ナカヤマナイト
「・・・・シゲさん・・・泣」



焼き鳥屋店主シゲ
「ナイトさんな。相手の考えと、自分の考えを、両方尊重し、融合させてより良い思想を作ればいいんでさあ」


ナカヤマナイト
「・・・はい・・・泣」



焼き鳥屋店主シゲ
「違う考え方の他者であっても、敵ではないんだぜ」


ナカヤマナイト
「・・・・泣」



焼き鳥屋店主シゲ
「正義の騎士なら、強く優しい男にならナイトいけねえぜ」


サダムパテック
「・・・・汗」



ナカヤマナイト
「・・・強く優しい男にならナイト・・・」


焼き鳥屋店主シゲ
「フッ。おもしろいダジャレを言っちまったぜ」


サダムパテック
「・・・・汗」



ナカヤマナイト
「あ、ありがとうございますっ!!シゲさんっ!!泣 オレ!強く優しくならナイトいけナイト感じましたっ!!泣」


焼き鳥屋店主シゲ
「・・・・汗」



ナカヤマナイト
「これからは、自分の考えを押し付けるんじゃなく、相手の考えを尊重しナイト!って思いました!!泣」


焼き鳥屋店主シゲ
「・・・・汗」



ナカヤマナイト
「いつまでも、メソメソとナイトる場合ではナイト思いましたっ!!泣」


焼き鳥屋店主シゲ
「・・・フッ。完全にオレのおもしろいダジャレはパクられたんだぜ 汗」



ナカヤマナイト
「シゲさんっ!!シゲさんへの尊敬の証として、このダジャレ、これから使わせて頂きます!!」


焼き鳥屋店主シゲ
「フッ。オレは尊敬されるような男じゃねえぜ」



ナカヤマナイト
「ありがとうございました!!泣」



– つづく –

サブコンテンツ