◆天皇賞春2011予想⇒トゥザグローリー⇒女の善良さに、飽きることはない



【トゥザグローリー】

○牡4
○父キングカメハメハ
○馬名 意味由来⇒ 『栄光に向かって』(to the glory)
○母トゥザヴィクトリーは世界最高賞金のドバイWCで2着の名牝。超お坊ちゃま
○青葉賞ではペルーサにちぎられるも、意地の追込みで2着死守
○その後しばらくグダグダだったが、3歳秋の中日新聞杯、内からマクって楽勝
○さらに有馬記念では意外な先行策で驚異の粘りを見せ、14番人気で差のない3着
○古馬になり、京都記念は池江泰郎氏へ贈る重賞制覇
○前走、日経賞は転厩初戦、鞍上外人→福永、初の58キロなど不安要素をものともせず、ペルーサ&キングダムに完勝



◆女の善良さに、飽きることはない



≪超高級料亭にて≫



料亭の若女将しほ
「お待たせ致しました。超高級あんかけ焼きそばでございます」


トゥザグローリー
「お!来た来た。ここのあんかけ焼きそばは最高だからな」



料亭の若女将しほ
「アワビとフカヒレを、ふんだんに使っております」


ルーラーシップ
「おお~!しかも素材が超良質だね! 喜」



料亭の若女将しほ
「このあんかけ焼きそば、一皿で23万円でございます」


トゥザグローリー
「俺らお坊ちゃまにとっては、格安だな」


ルーラーシップ
「激安だね」



料亭の若女将しほ
「ではごゆるりと」



パタン



ルーラーシップ
「グローリー君!ついに大一番だねっ!!」


トゥザグローリー
「ああ」



ルーラーシップ
「有馬でヴィクトワール氏・ブエナサンと差のない3着。その後、重賞2連勝だもんね!!」


トゥザグローリー
「まあな」



ルーラーシップ
「1番人気になりそうだけど、自信は?」


トゥザグローリー
「まあ相手がいることだからな」



ルーラーシップ
「おおっ!あのグローリー君が謙虚だ! 汗」


トゥザグローリー
「運が良ければ勝てるだろ」



ルーラーシップ
「そうだね!!ボクも応援に行くからね!」


トゥザグローリー
「ああ」



トントン



料亭の若女将しほ
「失礼致します。おふたかた、そろそろお帰りのお時間でございます」


トゥザグローリー
「お。もうそんな時間か。知らせてくれてサンキュー女将」



料亭の若女将しほ
「お帰りの前に・・・」


トゥザグローリー
「・・・・」



料亭の若女将しほ
「本日も、おみやを用意してございます ニヤリ」


トゥザグローリー
「うむ」


ルーラーシップ
「・・・・汗」



料亭の若女将しほ
「おまえたち。入りなさい」


ルーラーシップ
「・・・・」



料亭の若女将しほ
「本日はお好きな女の子を、お持ち帰り頂いて構いません ニヤリ」


ルーラーシップ
「・・・・汗」



料亭の若女将しほ
「左から・・・たのちんご・ほるな愛・ピン子、でございます」


ルーラーシップ
「・・・い、いやいや!!汗 女将!グローリー君は日曜日に、夢の大一番がありますからっ!!汗」



料亭の若女将しほ
「ささ、お好きな女の子を。 ニヤリ」


ルーラーシップ
「い、いやいや!!汗 まず過半数が男の子ですしっ!!汗」



料亭の若女将しほ
「さあ、ご遠慮なく ニヤリ」


ルーラーシップ
「ム、ムリムリ!!汗 グローリー君は体調管理を徹底しなければならないしっ!!汗 ね?そうでしょ?グローリー君!!汗」



トゥザグローリー
「もちろんピン子で」


ルーラーシップ
「えぇ~~!? 汗汗」



料亭の若女将しほ
「かしこまりました。ピン子はこれで3連覇でございます」


トゥザグローリー
「ああ。いい女だ」


料亭の若女将しほ
「ありがとうございます」



トゥザグローリー
「じゃあなルーラー。あとの二人は頼んだぜ」


ルーラーシップ
「ちょ、ちょっと!!待ってよグローリー君!!汗」



トゥザグローリー
「行くぞ。ピン子」


ピン子
「はい」


ルーラーシップ
「ち、ちょっと~~!!汗汗」



≪超高級シティホテルにて≫



トゥザグローリー
「ピン子。冷蔵庫の中の飲み物、テキトーに飲んでいいぞ」


ピン子
「あ、はい 汗 ・・・はぁ~値段高いだすな~ 汗」



トゥザグローリー
「フッ。気にするな」


ピン子
「ビール1本2000円もするだすよ~ 汗」



トゥザグローリー
「おたくの料亭に比べりゃ、格安だろ? 笑」


ピン子
「で、ではお言葉に甘えて・・・ゴクゴク・・・ハァー。わたすみたいな女が、こんなの夢のようだす・・・」



≪回想シーン 超高級料亭にて≫



女中A
「ねえ聞いて~。あたしこないだあの社長に指名されちゃった~!」


女中B
「マジー!?あの社長、小金持ってるよねー」



女中A
「ちょろいもんよ 笑」


女中B
「悪い女だねーアンタは 笑」



ピン子
「・・・・」


女中A
「あれ?ピン子さぁ~ん。今日も指名ゼロですかぁ~?ぷぷっ 笑」


ピン子
「・・・は、はい 汗」



女中A
「わが高級料亭の恥ってやつですかぁ~?ぎゃーはははwww」


ピン子
「・・・・泣」



女中A
「ピン子さんがかわいそうだから~誰か指名してあげて~♪ってアタシのお客に言ってあげようか?ぷぷ~~www」


ピン子
「・・・・泣」



女中A
「・・・黙ってないで、なんとか言いなよ・・・怒」


ピン子
「あ・・・すいませんだす 泣」



女中A
「なまってんじゃねえよ 怒 ムカつくんだよ! 怒」


ピン子
「ご、ごめんなさいだす 泣」



女中A
「ケッ。情けねえヤツ。ばぁ~か」


女中B
「バーカwww」


ピン子
「うう・・・泣」



≪回想シーン終わり 超高級シティホテルにて≫



ピン子
「・・・・泣」


トゥザグローリー
「ん?どうした?ピン子」



ピン子
「あ・・・いや、ちょっとつらいことを思い出しただすよ 泣」


トゥザグローリー
「・・・うん。誰にでもつらいことはあるよな」



ピン子
「・・・・」


トゥザグローリー
「・・・ピン子?」



ピン子
「・・・あたすは・・・グローリー様に指名してもらえるような女じゃないだすよ・・・泣」


トゥザグローリー
「ん?」



ピン子
「お恥ずかしい話、グローリー様に指名して頂くまで、わたすはいつも、誰からも必要とされない、情けない女だったんだす・・・泣」


トゥザグローリー
「・・・・」



ピン子
「グローリー様は、どうしてわたすみたいな女を指名するだすか? 泣」


トゥザグローリー
「・・・・」


ピン子
「ねえ、どうして? 泣」



トゥザグローリー
「・・・・理由が必要なのか? 怒」


ピン子
「え?」



トゥザグローリー
「・・・オレがおまえと一緒にいたいということに、いちいち理由が必要なのか? 怒」


ピン子
「グローリー様・・・」



トゥザグローリー
「他の男から、たくさん指名される女が、いい女なのか?」


ピン子
「・・・・」



トゥザグローリー
「オレはそうは思わねえ。女の価値は多数決で決めるものじゃねえ」


ピン子
「・・・・泣」



トゥザグローリー
「・・・女の美しい顔には、飽きがくる」


ピン子
「・・・・」



トゥザグローリー
「だが、女の善良さに、飽きはこないぜ」


ピン子
「・・・・」



トゥザグローリー
「・・・おまえと一緒に過ごしたここ2戦。オレは重賞を連勝したんだぜ?」


ピン子
「・・・・」



トゥザグローリー
「それはきっと、ピン子の優しい心が、オレを落ち着かせてくれたからだと思うんだ」


ピン子
「・・・・泣」



トゥザグローリー
「だから・・・」


ピン子
「・・・・」



トゥザグローリー
「オレにとってピン子は・・・・最高の女だ」


ピン子
「・・・グローリー様・・・泣」



トゥザグローリー
「・・・さあ、もう寝ような。ピン子」


ピン子
「・・・はい・・・泣」



≪そのころルーラー≫



ほるな愛
「いや~ん♪ルーラーちゃんったらカワユイ~♪」


ルーラーシップ
「い、いや・・・あの・・・汗」



たのちんご
「ラブ注入してもいいねすかぁ~♪」


ルーラーシップ
「え、遠慮しときます! 汗」



ほるな愛
「アタシ~掘るなって名前だけど~ルーラーちゃんなら・・・いいわよ♪」


たのちんご
「ドドスコスコスコ♪」



ルーラーシップ
「たたた、たぁすけてぇぇ~~~!!!汗汗」



– つづく –

サブコンテンツ