◆NHKマイルカップ2011予想⇒ダンスファンタジア⇒真の自信は、準備の積み重ねから生まれる



【ダンスファンタジア】

○3歳 女子
○馬名 意味由来⇒ ダンス幻想曲
○父ファルブラヴ、母ダンスインザムードの超お嬢さま。気むずかしい娘
○デビュー2連勝の内容は圧巻。ちぎり捨てた2着馬は、その後FR快勝のフレンチカクタス
○阪神JFは2番人気に押されるも、出遅れ&大外暴走で終了
○仕切り直しのフェアリーSでは、内枠でなんとか折り合い、楽勝
○クイーンCは、気性の悪さがモロに出て、全く力を発揮できず6着
○桜花賞は先行馬不利の流れに泣く
○東京マイルは、母ダンスインザムードがジーワンを勝った舞台
○能力は激高。前走の敗因が距離なら、巻き返す可能性も。



◆真の自信は、準備の積み重ねから生まれる



≪ダンス一族 豪邸にて≫



ダンスファンタジア
「やなぎだぁぁぁぁーーーー!!!怒怒」


執事 柳田
「お、お嬢さまっ!!汗 屋敷中の使用人のメガネにヒビが入って入っておりますっ!汗 大声を出さないでくださいっ!汗」



ダンスファンタジア
「アタシの携帯どこやったぁぁぁーーー!!怒怒」


執事 柳田
「そ、それはわたくしにはわかりかねます 汗」



ダンスファンタジア
「ウソつくなぁぁぁーーー!!怒 おまえ盗んだだろコラァーー!!怒」


執事 柳田
「そ、そんなバカな! 汗」


ダンスファンタジア
「出せやぁぁーー!!怒」



執事 柳田
「わ、わかりましたお嬢さま!では今からわたくしの携帯から、お嬢さまの携帯を呼び出してみましょう! 汗」


ダンスファンタジア
「早く鳴らせやぁぁーー!!怒」



執事 柳田
「はい。では・・・ピッピッピ・・・」



ピリリリリ・・・



執事 柳田
「お、お嬢さま!携帯はお嬢さまの胸ポケットに!」


ダンスファンタジア
「あ」


執事 柳田
「ふふっ 笑」



ダンスファンタジア
「・・・やなぎだぁ・・・」


執事 柳田
「はい? ニコニコ」



ダンスファンタジア
「・・・なに笑っとんじゃコラ・・・怒」


執事 柳田
「い、いえ!汗 笑ってなどおりませんっ!!汗」



ダンスファンタジア
「今、笑っただろうがぁぁぁぁーーーー!!怒」


執事 柳田
「わ、笑っておりませんっ!!汗」



ダンスファンタジア
「・・・・」


執事 柳田
「・・・・汗」



ダンスファンタジア
「・・・はぁー・・・落」


執事 柳田
「ど、どうなさいましたお嬢さま?!汗 どこか具合でも・・・?!汗」



ダンスファンタジア
「・・・NHKマイルカップ・・・」


執事 柳田
「はいっ!!喜 お嬢様は6番!いい枠でございます! 喜」



ダンスファンタジア
「・・・ムリだよ・・・」


執事 柳田
「え? 汗」



ダンスファンタジア
「アタシさ、ここ3戦、掲示板に載ることさえできてないのよ? 落」


執事 柳田
「・・・・」



ダンスファンタジア
「しかも牝馬限定戦でよ?それが牡馬も混じる今回、好走できるワケないじゃん・・・落」


執事 柳田
「・・・・」



ダンスファンタジア
「ムリムリ。ねえ柳田。このレース出るのやめようよ・・・落」


執事 柳田
「・・・お嬢さま」


ダンスファンタジア
「・・・・」



執事 柳田
「真の自信というものは、徹底した準備から生まれるものでございます」


ダンスファンタジア
「?」



執事 柳田
「自信を持て!と、よく言われますが、自信というのは、持とうと思って持てるものではございません」


ダンスファンタジア
「・・・・」



執事 柳田
「毎日の淡々とした努力の積み重ね、準備につぐ準備の積み重ねを経て、自然と醸成されていくもの・・・」


ダンスファンタジア
「・・・・」



執事 柳田
「・・・それが真の自信でございます」


ダンスファンタジア
「・・・真の自信・・・」



執事 柳田
「今できることはすべてやってきた!という満足感からの、ある種の開き直り。それが真の自信なのです」


ダンスファンタジア
「・・・開き直り・・・」



執事 柳田
「”これでダメならしょうがない”という精神領域でございます」


ダンスファンタジア
「・・・・」



執事 柳田
「お嬢さま。まだレースまで時間があります。レースの直前まであきらめず、今できることをやっていきましょう!!」


ダンスファンタジア
「柳田・・・」



執事 柳田
「お嬢様は強い。それはこの執事柳田が保証します!!」


ダンスファンタジア
「・・・・泣」



執事 柳田
「勝ちましょう!お嬢さま!!」


ダンスファンタジア
「・・・ありがとう柳田。でも・・・」


執事 柳田
「・・・・」



ダンスファンタジア
「しょせん柳田にとっては人ごと。勝ちましょうとは言っても、アタシのこと、そんなに真剣には考えてないでしょう?」


執事 柳田
「そ、そんな!!」



ダンスファンタジア
「いいの。そんなものよ。人は自分にしか興味がない・・・」


執事 柳田
「お嬢さま・・・」



ガチャ!



メイド翔子
「お嬢さま!!」


ダンスファンタジア
「・・・なに?翔子。ノックもなしに入ってこないで」



メイド翔子
「お嬢さま!!やなぽ・・・柳田さんは、お嬢様のことを真剣に考えてますっ!!」


ダンスファンタジア
「え?」



メイド翔子
「この屋敷には防犯用の、超小型高性能CCDカメラが528個設置してありますよね?」


ダンスファンタジア
「ああ」



メイド翔子
「そのうちのひとつの映像を見てくださいっ!!」


ダンスファンタジア
「・・・・」



メイド翔子
「VTR、スタート!」



≪VTR再生≫



使用人A
「NHKマイルはさあ、お嬢さまにはムリだよなー」


使用人B
「そうそう。こんなに惨敗続きじゃあなあ」



使用人A
「いい加減あきらめて、繁殖牝馬になればいいんじゃね?」


使用人B
「そうだなー。顔はカワイイし。オレもお相手して欲しいぜ~」


使用人A
「だよなぁ~」



執事 柳田
「おい!!怒」


使用人A
「ハッ!!汗 柳田さん! 汗」


執事 柳田
「おまえらはバカかぁぁーー!!怒」



バキッ!
ドカッ!



使用人A
「ぐわぁー! 泣」


使用人B
「痛い~! 泣」



執事 柳田
「おまえらみたいなモンは、わが屋敷には必要ないっ!!怒 出てゆけっ!!怒」


使用人A
「ス、スミマセンでした!柳田さん!!泣」


使用人B
「ごめんなさい!!泣」



執事 柳田
「フン!わかればよろしいっ!!怒」



≪VTR終了≫



ダンスファンタジア
「・・・・」


メイド翔子
「どうですか!お嬢さま!やなぽ・・・柳田さんの、真剣な熱い想い!」



ダンスファンタジア
「・・・・」


メイド翔子
「お嬢さま!!」


ダンスファンタジア
「・・・わかった」



メイド翔子
「あ、ありがとうございます! 喜」


ダンスファンタジア
「・・・柳田、翔子、ありがとう」



メイド翔子
「はい!!喜」


執事 柳田
「はいっ!!喜」



ダンスファンタジア
「・・・ではVTRついでに、もうひとつの映像を見てみようか」


執事 柳田
「は?」



ダンスファンタジア
「わが屋敷には、防犯カメラをさらに監視する、”裏”防犯カメラも設置してある・・・」


執事 柳田
「え?」



ダンスファンタジア
「そのうちのひとつの映像を見てみよう」


執事 柳田
「は?」



ダンスファンタジア
「VTR2、スタート!」



≪VTR2再生≫



執事 柳田
「いいかオマエタチ。ワシの言う通りにやるんだぞ」


使用人A
「で、ですが柳田さん!こんなことがお嬢さまにバレたら・・・汗」



執事 柳田
「大丈夫だ。お嬢様は、気づかん。オバカファンタジアだから 笑」


使用人A
「・・・・汗」



執事 柳田
「さあ!ワシのシナリオ通りに演技するのだ!まずは使用人AとBの会話から。そしてワシがおまえらを殴るからな」


使用人B
「は、はぁ・・・」



執事 柳田
「おい!!怒 テンション上げんかいっ!!怒」


使用人A
「・・・あんまやりたくないっすよ。柳田さーん。バレますって~」



執事 柳田
「大丈夫だ。ワシは準備につぐ準備を積み重ねてきた。すべてはこのプランのために!」


使用人A
「・・・・」



執事 柳田
「だからワシには自信がある。自然と醸成された自信があるのだっ!!喜」


使用人A
「・・・・」


執事 柳田
「ふはははーー!!笑」



メイド翔子
「いや~ん♪さすがやなぽん♪す・て・き♪」


執事 柳田
「えへへ~。これだけ準備を重ねてきたから、これでダメだったらしょうがない!って感じだよ~しょこたーん」



メイド翔子
「おお~♪ある種の開き直りだね~♪やなぽんかっこいい~♪」


執事 柳田
「えへへ~」


メイド翔子
「うふふ~♪」



執事 柳田
「・・・翔子・・・この仕事がうまくいったら、二人でどこか遠くへ逃げよう・・・なんちゃって~!!笑」


メイド翔子
「いや~ん♪やなぽんったら、映画スターみたい~♪」



執事 柳田
「えへへ~」


メイド翔子
「うふふ~♪」



≪VTR2終了≫



執事 柳田
「・・・ア、アウアウ・・・汗汗」



ダンスファンタジア
「・・・ふむ・・・」



執事 柳田
「お、お嬢さま!違うんですっ!汗汗」



ダンスファンタジア
「すばらしいプラン。そしてすばらしい努力と準備の積み重ねだ」


執事 柳田
「あ・・あ・・・(ガクガク)」



ダンスファンタジア
「すばらしいよ・・・柳田・・・怒」


メイド翔子
「ヒイッ!!泣 お嬢さまの顔が、魔神の形相に変わっていくっ!! ガクガク・・・泣」



魔神ファンタジア
「・・・す・・ばらし・・いよ・・・やなぎ・・・だぁぁ・・・怒」


メイド翔子
「ヒイッー!!泣」


執事 柳田
「・・・・(ガクガク)・・・」



魔神ファンタジア
「せ・・選択肢は・・・3つ・・・だぁぁ・・・」


執事 柳田
「・・・(ガクガク)」



1⇒サファリパークにテントで宿泊(食料は自分で狩る)
2⇒動物園に柳田コーナーを作ってそこに住む(エサを与えないでください)
3⇒サディスティックルームへの挑戦



魔神ファンタジア
「さあ・・・お好き・・な・・コース・・を・・・」


執事 柳田
「せ、選択の余地がありませんっ!!汗 お嬢さまっ!!汗」



魔神ファンタジア
「で・・は3番・・だなぁぁ・・・」


執事 柳田
「お嬢さまっ!!それだけはっ!!泣」



魔神ファンタジア
「・・・では行こう・・・食物連鎖なき世界へ・・・」


執事 柳田
「た、たぁすけてぇぇぇーーー!!!泣泣」



– つづく –

サブコンテンツ