◆ヴィクトリアマイル2011予想⇒ワイルドラズベリー⇒欠点は隠そうとするほど目立ってしまう



【ワイルドラズベリー】

○4歳 女性
○父ファルブラヴ
○馬名 意味由来⇒ 野生のラズベリー
○3歳春はイマイチだったが、3歳秋のローズSではアパパネに先着の2着
○秋華賞はアパパネをマークして大外を回った分、内の馬に先着を許した形
○マイルCSはG1、中山牝馬Sはハンデ戦で度外視
○東京は未知数。最後方から大外一気では苦しい。乗り方次第か



◆欠点は隠そうとするほど目立ってしまう



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「シゲさんっ!もう1杯っ!!喜」


焼き鳥屋店主シゲ
「フッ。オウケンさん。飲み過ぎだぜ。というかツケが残りまくってるぜ 汗」



オウケンブルースリ
「大丈夫大丈夫!!日曜のレースでブエナちゃんの単勝にぶちこんで稼ぐからっ!!喜」


焼き鳥屋店主シゲ
「本命買いの銭失い、だぜ」



オウケンブルースリ
「ブエナちゃんなら勝ってくれるに違いないっ!!」


焼き鳥屋店主シゲ
「フッ。しょうがねえお人だぜ。ほらよ」



オウケンブルースリ
「おおー!!ビールに焼き鳥まで!!ありがとうシゲさん!ツケといてね!!喜」


焼き鳥屋店主シゲ
「・・・いや、それはオレからのおごりだぜ」



オウケンブルースリ
「・・・うう・・泣 シゲさん・・・アンタはなんというでっかい男なんだ・・・泣」


焼き鳥屋店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「モグモグ・・・う、うまい・・・泣 シゲさん!アンタ、焼き鳥屋になった方がいいよっ!!喜」


焼き鳥屋店主シゲ
「フッ。焼き鳥屋なんだぜ 汗」



オウケンブルースリ
「うんうん・・・泣 やっぱここの焼き鳥は最高だねぇ・・・泣」


焼き鳥屋店主シゲ
「・・・か、完全によっぱらってるぜ 汗」



オウケンブルースリ
「・・・あ、でもさあ。昔に比べると、やっぱ食が細くなった気がするんだよね、オレ」


焼き鳥屋店主シゲ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「やっぱ歳とってくると、そんなもんすかねぇー?」


焼き鳥屋店主シゲ
「・・・そうですねえ」



オウケンブルースリ
「そーかー。歳はとりたくねえなあ」


焼き鳥屋店主シゲ
「・・・オウケンさんの隣のお客は、食欲旺盛のようだぜ」



オウケンブルースリ
「ん?・・・おおーっ!!汗 す、すごい串の数だっ!!汗」


謎の女性
「・・・モグモグ」



オウケンブルースリ
「び、美人なのに食べますねえ!汗 何本目ですか?!汗」


ワイルドラズベリー
「・・・36本目かしら」



オウケンブルースリ
「す、すげー!!汗」


ワイルドラズベリー
「串から食べるのは面倒だから、直接、素手で抜いて食べるのよ」


オウケンブルースリ
「な、なんてワイルドなんだ 汗」



ワイルドラズベリー
「・・・すみません。テキーラを」


焼き鳥屋店主シゲ
「あいよ。カクテルにしやすか?」



ワイルドラズベリー
「いえ。ストレートで」


焼き鳥屋店主シゲ
「あいよ」


オウケンブルースリ
「ワ、ワイルドだ 汗」



焼き鳥屋店主シゲ
「テキーラおまち」


ワイルドラズベリー
「どうも」



オウケンブルースリ
「あ、あのー、もしかしてアナタは、ヴィクトリアマイルに出走される、ワイルドラズベリーさんでは? 汗」


ワイルドラズベリー
「・・・そうだけど」



オウケンブルースリ
「おおー!!ワイルドな美女だったんですね!!喜」


ワイルドラズベリー
「・・・そう?」



オウケンブルースリ
「うんうん!競馬に行ってもワイルドなんですか?喜」


ワイルドラズベリー
「・・・うーん・・・本馬場入場のとき、リンゴをまるかじりしながら入ったら、怒られたことはあるわね」


オウケンブルースリ
「な、なんてワイルドなんだ 汗」



ワイルドラズベリー
「・・・あと、家の冷蔵庫はいつも開けっ放しね」


オウケンブルースリ
「ワ、ワイルドだ 汗 でも冷蔵になってないような 汗」



ワイルドラズベリー
「それから、家の窓とドアは、いつも全開で出かけるわね」


オウケンブルースリ
「ワ、ワイルドっつーか、無用心にもほどがあるような 汗」



ワイルドラズベリー
「道路を渡るときは、逆に赤信号になってから渡るわね」


オウケンブルースリ
「あ、危なっ!!汗 それはワイルドか? 汗」



ワイルドラズベリー
「スーパーのお惣菜は、レジを通す前に、その場で食べるわね」


オウケンブルースリ
「ワ、ワイルドっつーか、ただの無銭飲食じゃねえかっ!!」



ワイルドラズベリー
「コンビニに行ったら、レジの店員に銃をつきつけて、お金を借りるわね」


オウケンブルースリ
「ワイルドな強盗じゃねえかっ!!怒」



ワイルドラズベリー
「さらにその脚で、銀行に行き、銃をつきつけて大金を融資してもらうわね」


オウケンブルースリ
「それは融資じゃなくて、銀行強盗だろうがっ!!怒 しかも脚って! 汗」



ワイルドラズベリー
「しまいには爆弾を持って、国会議事堂に立てこもり、民主主義の手続きを経ることなく、自分が望む政策に変えさせるわね」


オウケンブルースリ
「恐ろしいテロリストじゃねえかっ!!怒 ワイルドすぎだろっ!!怒」



ワイルドラズベリー
「あとは・・・」


オウケンブルースリ
「ああー!!もういいよ!!汗 美女の考えることはわからんっ!!オレちょっとトイレ!」


ワイルドラズベリー
「・・・・」


焼き鳥屋店主シゲ
「・・・・」



ワイルドラズベリー
「・・・ねえシゲさん。アタシ・・女らしくないでしょ」


焼き鳥屋店主シゲ
「そんなことありやせんぜ」



ワイルドラズベリー
「ウソばっかり」


焼き鳥屋店主シゲ
「ホントでさあ」



ワイルドラズベリー
「・・・・」


焼き鳥屋店主シゲ
「・・・・」



ワイルドラズベリー
「・・・アタシね。昔から性格が男っぽくてさ。悩んでるのよ?これでも」


焼き鳥屋店主シゲ
「・・・・」



ワイルドラズベリー
「アタシたちの仕事は、人に見られる仕事だからさ。やっぱカメラの前では、女らしくしなきゃいけなくて」


焼き鳥屋店主シゲ
「・・・・」



ワイルドラズベリー
「でもね。そうやってふたつの自分を使い分けているうちに、何がホントの自分なのか、わかんなくなる時があるの」


焼き鳥屋店主シゲ
「・・・・」



ワイルドラズベリー
「ねえシゲさん・・・」


焼き鳥屋店主シゲ
「・・・・」



ワイルドラズベリー
「キャラを演じるアタシ・・・最低でしょ? 泣」


焼き鳥屋店主シゲ
「・・・・」


ワイルドラズベリー
「・・・・泣」



焼き鳥屋店主シゲ
「・・・欠点ってやつは、隠そうとするほど、目立っちまうもんだぜ」


ワイルドラズベリー
「え? 泣」



焼き鳥屋店主シゲ
「むろん、直せる欠点なら直せばいいが、どうしても直せない欠点は、それをこそキャラとして、前面に出せばいいのかもしれねえな」


ワイルドラズベリー
「欠点を・・・?」



焼き鳥屋店主シゲ
「欠点なんて、自分が気にするほど他人は気にしちゃいねえ」


ワイルドラズベリー
「・・・・」



焼き鳥屋店主シゲ
「直せない欠点なら、キャラ化してしまえば、楽に生きられるかもしれねえぜ」


ワイルドラズベリー
「・・・・」



焼き鳥屋店主シゲ
「というか・・・」


ワイルドラズベリー
「・・・・」



焼き鳥屋店主シゲ
「そもそもな。欠点ってのは、裏返せば長所なわけだからな」


ワイルドラズベリー
「・・・・」



焼き鳥屋店主シゲ
「いい面も、悪い面も、すべてひっくるめて、ラズベリーさんなわけだぜ」


ワイルドラズベリー
「・・・・」



焼き鳥屋店主シゲ
「そんなラズベリーさんを愛してくれる人が、世の中にはたくさんいるんだぜ」


ワイルドラズベリー
「・・・・泣」



焼き鳥屋店主シゲ
「だからよ・・・」


ワイルドラズベリー
「・・・・」



焼き鳥屋店主シゲ
「迷わず行けばいいんだぜ」


ワイルドラズベリー
「・・・はい・・・泣」



焼き鳥屋店主シゲ
「フッ。説教くさくなってすまねえ。忘れてくだせえ」


ワイルドラズベリー
「・・・ふふっ 泣 忘れたら意味ないじゃん 泣笑」


焼き鳥屋店主シゲ
「フッ」



ガチャ



オウケンブルースリ
「ふー。スッキリ!やっぱビール飲み過ぎると、トイレ近すぎだなー」


ワイルドラズベリー
「・・・・」


焼き鳥屋店主シゲ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「あ!!ラズベリーさん、やっぱ美人ですねぇ~!!照 改めて見ると、そのワイルドさに惹かれます~!どう?今夜オレとワイルドな夜を・・・」



ワイルドラズベリー
「・・・ねえシゲさん・・・お店しめるまで、ここにいていーい?(はぁと)」


焼き鳥屋店主シゲ
「ダメでさあ」



ワイルドラズベリー
「どうして?」


焼き鳥屋店主シゲ
「ラズベリーさんの帰りが遅くなっちまうんだぜ」



ワイルドラズベリー
「シゲさんと一緒に帰るの♪」


焼き鳥屋店主シゲ
「ダメでさあ」



ワイルドラズベリー
「どーしてー?」


焼き鳥屋店主シゲ
「・・・・」



ワイルドラズベリー
「あー。照れちゃって♪カ・ワ・イ・イ♪」


焼き鳥屋店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「う、うおおおーー!!泣 なぜいつもこうなるんだぁーー!!泣」



– つづく –

サブコンテンツ