◆オークス2011予想⇒アカンサス⇒批判する前にいったん受け入れる



【アカンサス】

○3歳 女子
○父フジキセキ
○馬名 意味由来⇒ 花の名前。花言葉は”美術”(母センスオブアートより連想)
○スイートピーSでは出遅れながらも、豪快な末脚33.6でオークスの権利獲得
○血統的には2400はアカンが、東京向きの末脚を生かせれば。



◆批判する前にいったん受け入れる



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「うーん。やはりオークスも2強と見るべきかなぁ・・・どう思います?シゲさん」


焼き鳥屋店主シゲ
「フッ。勝負は時の運だぜ」


オウケンブルースリ
「まあそうっすよね。ギャンブラーオウケン君の予想をオークスでバシッと決めたいところ・・・」



ガラガラッ



焼き鳥屋店主シゲ
「ヘイ!らっしゃい!」


アカンサス
「コンニチワ~」



焼き鳥屋店主シゲ
「ほう。今日はかわいらしいお客だぜ」


オウケンブルースリ
「お。チミはオークスに出走予定の子じゃないか」



アカンサス
「はじめまして。アカンサスでス」


オウケンブルースリ
「おう。こっちに座りなよ」



アカンサス
「ではお言葉にアマエテ」


オウケンブルースリ
「な、なぜ微妙にカタコト? 汗」



アカンサス
「オークスはがんばりまス」


オウケンブルースリ
「おお!強気だな!でもマルセリーナとホエールは強いぜ」


アカンサス
「わかっとりまス」



オウケンブルースリ
「アカンサスちゃんは、若干、力が劣る分、2強より前で勝負して粘り込むのがいいんじゃないか?」


アカンサス
「・・・・」



オウケンブルースリ
「な?先行粘りこみでさ」


アカンサス
「・・・アカン・・・」


オウケンブルースリ
「え?」



アカンサス
「アカン!差す!!」


オウケンブルースリ
「い、いや気持ちはわかるけど、自分より強い馬を負かすには、先行した方がいいんだって! 汗」


アカンサス
「アカン!差す!!」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



焼き鳥屋店主シゲ
「・・・アカンサスさん。何か飲みますか?」


アカンサス
「じゃあオレンジジュースを」


焼き鳥屋店主シゲ
「あいよ」



オウケンブルースリ
「へへっ。そのへんはやっぱ子供だな 笑」


アカンサス
「・・・ミカン・・・」



オウケンブルースリ
「おお!マイみかんを持ってきているっ!!汗 それをジュースにしてくれってことだな?!驚」


アカンサス
「ミカントス!!」


オウケンブルースリ
「おおっ!!驚 シゲさんにみかんをトスしたっ!!驚」



パシッ



焼き鳥屋店主シゲ
「了解したぜ。アカンサスさん」


アカンサス
「お願いしマス」



オウケンブルースリ
「・・・おお~!なんかチミは、独特の雰囲気があるな! 汗」


アカンサス
「・・・そうすカ?」



オウケンブルースリ
「うん。それにカワイイし! 喜」


アカンサス
「・・・・」



オウケンブルースリ
「やっぱその美貌は、お母さんからの遺伝なのかな? 照」


アカンサス
「・・・オカン・・・」


オウケンブルースリ
「ん?」



アカンサス
「オカンブス!!」


オウケンブルースリ
「お、お母さんに失礼だろうが!!汗 そういうこと言うなよ!!汗」



焼き鳥屋店主シゲ
「生搾りオレンジジュースお待ち」


アカンサス
「どーもデス」



オウケンブルースリ
「あ、シゲさん、オレ焼き鳥ね。タレで」


焼き鳥屋店主シゲ
「あいよ」


アカンサス
「アカン!!」


オウケンブルースリ
「え? 汗」



アカンサス
「馬は草食動物!焼き鳥くったらアカン!!」


オウケンブルースリ
「そ、そのへんはフィクションなんだから、シャレで流せよ 汗」



焼き鳥屋店主シゲ
「焼き鳥おまち」


オウケンブルースリ
「さーて、これ食ったらNo.1キャバ嬢レナたんに会いに行こうかなぁ~♪」


アカンサス
「アカン!!」


オウケンブルースリ
「は? 汗」



アカンサス
「神聖なる恋愛を、お金で買うようなことしたらアカン!!」


オウケンブルースリ
「・・・お、大人には自由に恋愛できない事情もあるんだよ 汗」


アカンサス
「フケツ!!」


オウケンブルースリ
「だ、誰が不潔だ! 怒」



アカンサス
「オマエ・オケツ・フケツ」


オウケンブルースリ
「だ、誰がオケツ不潔じゃあ!!コラァー!!怒」


焼き鳥屋店主シゲ
「・・・・」



アカンサス
「アカン!!」


オウケンブルースリ
「あぁ?! 怒」



アカンサス
「怒りを他人に向けたらアカン。オマエ・タンキ・アカン」


オウケンブルースリ
「くっ・・・」



アカンサス
「アカン・・・オウケンさんでは討論の相手にナラン」


オウケンブルースリ
「う、うるせーよ!!怒」



アカンサス
「アカン・・・オウケンさんの生き方そのものがアカン」


オウケンブルースリ
「オレの人生だしっ!!怒」


アカンサス
「ふぅー・・・」


オウケンブルースリ
「く、くっそー!小馬鹿にしやがってー! 泣」



アカンサス
「やることなすこと、すべてアカン」


オウケンブルースリ
「ううっ・・・泣」


アカンサス
「そうでしょ?シゲさん?」



焼き鳥屋店主シゲ
「・・・・」


アカンサス
「ね?」



焼き鳥屋店主シゲ
「・・・アカンサスさんな」


アカンサス
「はい?」



焼き鳥屋店主シゲ
「他者を否定するときは、いったん相手の主張を自分の中に受け入れてからにした方がいいんだぜ」


アカンサス
「は?」



焼き鳥屋店主シゲ
「表面だけ見て、ヒステリックに反応するだけでは、アカンサスさんの成長につながらねえ」


アカンサス
「・・・・」



焼き鳥屋店主シゲ
「”そういう考え方もあるかも”といったん受け入れてから、自分の考えとの相違点・類似点を検討するんだぜ」


アカンサス
「受け入れてから・・・」



焼き鳥屋店主シゲ
「”100%自分が正しい”というおごりは、自己の成長を妨げるばかりでなく、他者との争いも避けられねえ」


アカンサス
「・・・・」



焼き鳥屋店主シゲ
「否定はいつでもできるからよ」


アカンサス
「・・・・」



焼き鳥屋店主シゲ
「包容力は大事だ。男も女も、老いも若きも、な」


アカンサス
「はい・・・泣」



焼き鳥屋店主シゲ
「フッ。すまねえ。少しだけ気になってな。忘れてくだせえ」


アカンサス
「いえ・・・感謝します・・・泣」



オウケンブルースリ
「くっくっく・・・。アカンサス氏よ。シゲさんにも「アカン!」って言ってやんねえのか? 笑」


アカンサス
「・・・・」


オウケンブルースリ
「さあっ!!喜」



アカンサス
「・・・シゲさん、アカンくない」


オウケンブルースリ
「ふはははーー!!喜 そうだろう!!喜」



アカンサス
「デモ・オマエ・アカン」


オウケンブルースリ
「な、なんでじゃコラァーー!!怒」



アカンサス
「オマエ・チカン」


オウケンブルースリ
「だ、誰がチカンだコラァァーー!!怒」



アカンサス
「オマエ・コカン・ダス」


オウケンブルースリ
「オ、オレがいつパンツ脱いだんじゃコラァァー!!怒」


アカンサス
「コカンダス」



オウケンブルースリ
「じ、上等だコラァーー!!怒 オウケン君のバズーカを披露したろかいっ!!怒」


アカンサス
「ダレカ・コイツ・タイホ」



焼き鳥屋店主シゲ
「・・・・汗」



– つづく –

サブコンテンツ