◆ダービー2011予想⇒オルフェーヴル⇒過去から学ばない者は、同じ苦境を何度も体験させられる



【オルフェーヴル】

○3歳 男子
○父ステイゴールド
○馬名 意味由来⇒ フランス語で「金銀細工の職人」
○ドリームジャーニーの全弟
○京王杯2歳ステークスは、まっすぐ走らず1番人気で惨敗
○シンザン記念は、差しがきかない芝状態を、ありえない脚で追い込んで2着
○きさらぎ賞も前残りの芝。33.2で追い込むも後ろすぎ3着
○スプリングSは馬群で折り合い、4角大外マクり気味に押し切り。重賞初制覇
○皐月賞は懸念された東京コースと開幕週の芝を、異次元の瞬発力で独走V
○今回のダービーも同じ東京。調子は絶好。あとは天気か



◆過去から学ばない者は、同じ苦境を何度も体験させられる



≪ガストにて≫



ドリームジャーニー
「さあ!今日も何でも好きなもの注文していいぞ、オル 喜」


オルフェーヴル
「ボク、お子様ランチ!!喜」



ドリームジャーニー
「フッ。ダービーで1番人気になろうって大器が、今でもお子様ランチか 微笑」


オルフェーヴル
「ボク、一人の時はちゃんとしてるんだよっ?」


ドリームジャーニー
「うんうん 微笑」



オルフェーヴル
「でも兄ちゃんと一緒のときは、お子様ランチなの! 喜」


ドリームジャーニー
「そうか 微笑 じゃあオルの大好きなお子様ランチ、今日も食べような」


オルフェーヴル
「うんっ! 喜」



ドリームジャーニー
「あ。すみません」


ガスト店員
「はい」



ドリームジャーニー
「お子様ランチと、エスプレッソを」


ガスト店員
「かしこまりました」



オルフェーヴル
「おおーっ!!驚 兄ちゃんスゲー!にがいコーヒー飲めるの? 驚」


ドリームジャーニー
「フッ。兄ちゃんは大人だからな」


オルフェーヴル
「カッケー!!驚」



ドリームジャーニー
「ところでオル。調子はどうだ?」


オルフェーヴル
「うん!絶好調だよ!昨日もフォゲッタブルおじさんに練習つきあってもらって、ボクの方が速かったんだ!」



ドリームジャーニー
「そうか 微笑」


オルフェーヴル
「うん!」



ドリームジャーニー
「・・・兄ちゃんもオルの事が心配で、いろいろ買ってきたんだ」


オルフェーヴル
「ん?」



ドリームジャーニー
「まず、夜ちゃんと寝れるように、耳栓と低反発まくら」


オルフェーヴル
「ありがとう!兄ちゃん! 喜」



ドリームジャーニー
「それから暇つぶしに、ipodとスマートフォン」


オルフェーヴル
「ありがとう! 喜」



ドリームジャーニー
「それから眠れない時のために、ビールとワインとブランデー。おつまみは買うの忘れたぞ」


オルフェーヴル
「あ、ありがとう! 汗」



ドリームジャーニー
「それから小腹がすいた時のために、食べるラー油」


オルフェーヴル
「ご、ごはんはないの? 汗」



ドリームジャーニー
「それから・・・」


オルフェーヴル
「ああ!汗 もういいよ!兄ちゃん!汗 そんなに持って帰れないし! 汗」



ドリームジャーニー
「そ、そうか」


オルフェーヴル
「うん」


ドリームジャーニー
「・・・・落」



オルフェーヴル
「し、心配しなくてもボクは大丈夫だからっ!!汗」


ドリームジャーニー
「そ、そうだよな! 汗」



オルフェーヴル
「・・・・」


ドリームジャーニー
「・・・・」



オルフェーヴル
「・・・・(カタカタカタ・・・震)」


ドリームジャーニー
「オ、オル・・・」



オルフェーヴル
「あ、あは!汗 ききき、緊張してんのかな!ボク! 汗」


ドリームジャーニー
「オル・・・」



オルフェーヴル
「いいい一番人気って、ななな慣れてないからっ! 汗」


ドリームジャーニー
「おおお落ち着けっ!汗 オオオオルッッ!!汗汗」



オルフェーヴル
「ににに兄ちゃんの方が、ききき緊張してんじゃんっ!!汗汗」


ドリームジャーニー
「どどどどーしたらいいんだぁ~!!汗汗」



ガスト店員
「・・・お子様ランチとエスプレッソをお持ちしマツリダ」


ドリームジャーニー
「あ。どーも」



オルフェーヴル
「にに兄ちゃん。とりあえず食事して落ち着こうよ! 汗」


ドリームジャーニー
「そそ、そうだな 汗」



オルフェーヴル
「・・・・」


ドリームジャーニー
「・・・・」


マツリダゴッホ
「・・・・モグモグ」



ドリームジャーニー
「・・・・汗」


オルフェーヴル
「・・・・汗」


マツリダゴッホ
「ん?」



ドリームジャーニー
「”ん?”じゃないっすよ!アンタなにしてんすか! 汗」


マツリダゴッホ
「お子様ランチを食べてマツリダ」



ドリームジャーニー
「それはオルのお子様ランチでしょうがっ!」


マツリダゴッホ
「うむ。モグモグ」



ドリームジャーニー
「”うむ”じゃないっすよ! 怒」


オルフェーヴル
「うわぁ~ん!泣 ボクのお子様ランチ~!泣」


マツリダゴッホ
「モグモグ・・・ウマし」



ドリームジャーニー
「ゴッホさん!!怒」


マツリダゴッホ
「・・・オルよ・・・」


オルフェーヴル
「え?」



マツリダゴッホ
「緊張するのはよくわかる。ワシも1番人気でダービーを制したときは、緊張したものだマツリダ」


ドリームジャーニー
「ウソつかないでください」


マツリダゴッホ
「ホントだもんっ!」



ドリームジャーニー
「完全にウソでしょー。アンタ、ダービー出てもいないでしょー」


マツリダゴッホ
「出たもんっ!!」


オルフェーヴル
「・・・・汗」



ドリームジャーニー
「はぁー。今日はゴッホさんと遊んでるような状況ではないんですよ・・・落」


マツリダゴッホ
「む」


オルフェーヴル
「・・・・落」



マツリダゴッホ
「なぜ落ち込むのだ、カマイタチ。いやオマエタチ」


ドリームジャーニー
「・・・そりゃーねえ。オルはおそらく1番人気ですよ?ダービーの1番人気なんて、重圧はマジハンパねぇんすよ」



マツリダゴッホ
「うむ。ワシもダービーを1番人気で・・・」


ドリームジャーニー
「あ、そのネタもういいです」


マツリダゴッホ
「むむっ! 汗」



ドリームジャーニー
「だから今はあまりの緊張で、ゴッホさんの冗談に付き合ってる余裕はないんですよ!」


オルフェーヴル
「・・・・落」


マツリダゴッホ
「・・・・」



ドリームジャーニー
「わかったら帰ってください!」


マツリダゴッホ
「・・・・過去から学ばぬ者は、同じ苦境を何度も体験させられることになるマツリダ」


ドリームジャーニー
「は?」



マツリダゴッホ
「失敗は向上の機会であると同時に、放置すればピンチの種をそのままにすることになるのだマツリダ」


ドリームジャーニー
「なに言ってんすか?」



マツリダゴッホ
「だが、オルはそうではないだろうマツリダ?」


オルフェーヴル
「え?」



マツリダゴッホ
「オルはデビューから完璧なエリートだったわけではないだろうマツリダ」


オルフェーヴル
「・・・・」



マツリダゴッホ
「それどころか、京王杯2歳Sで10着に負けた時は、駄馬かとも言われるくらいだったろうマツリダ」


オルフェーヴル
「・・・・」



マツリダゴッホ
「だがオルよ。おぬしはひとつひとつの失敗を糧に、1戦1戦成長してきた」


オルフェーヴル
「・・・・」



マツリダゴッホ
「紆余曲折あったが、それゆえに、おぬしが積み重ねた努力が、最後におぬしの心を支える支柱となるだろうマツリダ」


オルフェーヴル
「・・・・」



マツリダゴッホ
「それは逆境を経験した者の強さだマツリダ」


オルフェーヴル
「ゴッホさん・・・」



マツリダゴッホ
「これまでの努力を信じて、競馬を教えてくれた騎手を信じて、調教師の先生と厩務員さんを信じて、おぬしは自分を出し切ればよいだけなのだマツリダ」


オルフェーヴル
「・・・はい・・・泣」



マツリダゴッホ
「結果を気にすれば緊張におしつぶされる。結果はあとからついてくるものなのだマツリダ」


オルフェーヴル
「・・・・泣」



マツリダゴッホ
「すまんな。キツイ言葉ばかりになってしまってマツリダ」


オルフェーヴル
「いえ・・・泣 ありがとうございます・・・泣」



マツリダゴッホ
「ちょっとトイレに行ってきマツリダ」


ドリームジャーニー
「・・・・」


オルフェーヴル
「・・・・泣」



ドリームジャーニー
「オルの緊張をほぐそうと・・・」


オルフェーヴル
「・・・兄ちゃんまで緊張してるのを見て、わざと自分が道化をよそおって・・・」



ドリームジャーニー
「・・・オル、あれがゴッホさんだ」


オルフェーヴル
「・・・うん!!やっぱりすごい人だね!!」



ドリームジャーニー
「兄ちゃんが、世界で一番尊敬してる人だからな」


オルフェーヴル
「うん!!ボクも尊敬するよっ!!喜」



ドリームジャーニー
「フッ。ダービーはゴッホさんの魂も、一緒に乗せて走ろうな、オル」


オルフェーヴル
「うん!!」



キャーッ!!!



ドリームジャーニー
「ん?なんだ?」


オルフェーヴル
「・・・・?」



女性客
「変態が女子トイレにいますっ!!怒」


マツリダゴッホ
「む?」


女性客
「だ、誰か警察を呼んでくださいっ!!怒」



警察官 野村
「どうしましたかっ!!」


マツリダゴッホ
「あ、あいかわらず警察くるの早いなマツリダ 汗」



警察官 野村
「ん?ま、またキサマかぁーー!!怒」


マツリダゴッホ
「ち、違うのだマツリダ 汗」



警察官 野村
「何が違うんだっ!どーせまた『トイレまでの通路が左回りだったため、うまく手前を替えることができず、外にふくらんで、女子トイレに入ってしまいマツリダ』とか言うんだろうがっ!!ボカッ!」


マツリダゴッホ
「い、痛い・・・泣」



警察官 野村
「キサマ!今日は家に帰さんからなっ!!怒」


マツリダゴッホ
「それは困りマツリダ。今日は家に帰ってハンバーグを食べるのだマツリダ」


警察官 野村
「知るかっ!!ボカッ!」



マツリダゴッホ
「じ、じゃあ取調室でハンバーグ定食を出してくれマツリダ」


警察官 野村
「黙れ!テメーにはお茶も出さんからなっ!!ボカッ!」


マツリダゴッホ
「い、痛い・・・泣 ジャ、ジャーニー!!汗 なんとか言ってくれマツリダ! 汗」



ドリームジャーニー
「・・・オル。目を合わせるな。同類だと思われるからな」


オルフェーヴル
「うん」



ドリームジャーニー
「絶対に、あの男の魂を背負って走っちゃダメだぞ、オル」


オルフェーヴル
「うん。わかってるよ兄ちゃん」



ドリームジャーニー
「そういえば皐月賞もこんなパターンで勝ったよな」


オルフェーヴル
「そうだね。これでダービーもいただきだね」



マツリダゴッホ
「ジャ、ジャーニー!!汗汗」



– つづく –

サブコンテンツ