◆安田記念2011予想⇒ショウワモダン⇒うまくいかなくても、その努力は別のことに生きてくる



【ショウワモダン】

○7歳 男性
○父エアジハード
○馬名 意味由来⇒ 「昭和を偲んで」 昭和をしのぶ。昭和をなつかしむ。
○昨年春は、すべて人気薄で3連勝という偉業でジーワンホースに
○だがその後は8連敗中
○勝ち星はほぼすべて、中山か東京の1600か1800
○馬体重が大幅に増減しても好走する謎の馬
○安田記念を勝ってから、59~60キロの斤量に泣いてきたが、今回58で得意の東京マイル。復活なるか



◆うまくいかなくても、その努力は別のことに生きてくる



≪ショウワモダン家にて≫



ドリームジャーニー
「ええっと・・・ここでいいのかな?」


オルフェーヴル
「あ!兄ちゃん!表札に”昭和”って書いてあるよ!ここでいいんだよ!」



ドリームジャーニー
「そうだな。じゃあピンポン鳴らそうか・・・・あれ?どこだ?」


オルフェーヴル
「・・・チャ、チャイム的なものがないね。兄ちゃん 汗」


ドリームジャーニー
「うーん・・・どこだろう・・・汗」



ガラガラ



ショウワモダン
「なにしとんじゃ、オマエラ」


ドリームジャーニー
「あ!モダンさんっ!!いやー!今、ピンポンを鳴らそうと思ってたんですが、見つからなくて! 汗」



ショウワモダン
「・・・ピンポン?・・・卓球か?」


ドリームジャーニー
「い、いやそうじゃなくて、チャイムです 汗」



ショウワモダン
「そんなもんあるか。ここは昭和のおもむき重視の家なんじゃ」


ドリームジャーニー
「そ、そうでしたか 汗」



ショウワモダン
「まあ立ち話もなんだから、入れ」


ドリームジャーニー
「はい!では失礼します!」


オルフェーヴル
「おじゃましまーす!」



ショウワモダン
「・・・よう来たな」


ドリームジャーニー
「はい!あ、今日はオルの2冠祝いをモダンさんの家でやってくれるということで、わざわざありがとうございます!」



ショウワモダン
「うむ。オル君、おめでとうな」


オルフェーヴル
「ありがとう!おじさん!!喜」



ショウワモダン
「今、お茶を入れてあげよう」


ドリームジャーニー
「すみません。おかまいなく~」


ショウワモダン
「・・・・」



ドリームジャーニー
「い、いやぁ~。それにしても、古風なおうちですね!」


ショウワモダン
「うむ。昭和じゃからな。すべて手作りじゃ」



ドリームジャーニー
「い、家を自分で作ったんですか? 汗」


ショウワモダン
「当たり前じゃ。木と紙しか使っとらん」


ドリームジャーニー
「か、火災にはくれぐれも気をつけてくださいね 汗」



ショウワモダン
「お茶が入ったぞい。激熱だから気をつけなさい」


ドリームジャーニー
「ありがとうございます~。このテーブルも木でできてるんですか?」



ショウワモダン
「当たり前じゃ。ちゃぶ台じゃ。脚が折りたためるんじゃ。ワシの宝物のひとつなんじゃ」


ドリームジャーニー
「へー。ちゃぶ台かぁー。レトロでいいですねー」



ショウワモダン
「・・・レトロってなんじゃ?」


ドリームジャーニー
「あ、レトロっていうのは、レトロスペクティブの略で、古いものが好きって意味です」


ショウワモダン
「・・・・怒」


ドリームジャーニー
「ん?モダンさん?」



ガッシャーーン!!

(ノ ̄□ ̄)ノ ~┻━┻



ドリームジャーニー
「あーちゃちゃちゃちゃーー!!熱 モ、モダンさん!なんでちゃぶ台ひっくり返してんですかっ!!泣」


ショウワモダン
「昭和男児がヨコモジなんぞ使ってんじゃあねえーー!!怒」


ドリームジャーニー
「えぇ~? 汗」



ショウワモダン
「昭和男児は日本語でしゃべらんかいっ!!怒」


ドリームジャーニー
「す、すみません 汗 昭和男児ではないけど 汗」



ショウワモダン
「お茶を入れなおしてくるぞい・・・ 怒」


ドリームジャーニー
「す、すみません 汗」



オルフェーヴル
「あ!兄ちゃん!なんか黒い円盤があるよ!!」


ドリームジャーニー
「ふふっ。オルな。これは円盤じゃなくて、レコードっていうんだぞ 微笑」


オルフェーヴル
「なにそれー?」



ショウワモダン
「音楽が聞けるんじゃ。オル君はどんな音楽が好きなんじゃ?」


オルフェーヴル
「ぼく、KARA!!喜」



ショウワモダン
「ん?なんじゃそれは?」


オルフェーヴル
「韓国の女性5人組の歌手グループだよ!」


ショウワモダン
「・・・・怒」


ドリームジャーニー
「モ、モダンさん? 汗」



ガッシャーーン!!

(ノ ̄□ ̄)ノ ~┻━┻



ドリームジャーニー
「あーちゃちゃちゃちゃーー!!熱 モ、モダンさん!宝物のちゃぶ台を粗末にしちゃダメですよっ!!汗」


ショウワモダン
「昭和男児が異国の文化に傾倒するとはなにごとじゃぁぁーー!!怒」


オルフェーヴル
「ご、ごめんなさい 汗」



ショウワモダン
「アイドルが好きでもいいが!昭和男児なら荻野目洋子じゃろうがぁぁーー!!怒」


オルフェーヴル
「だ、だれですか? 汗」



ショウワモダン
「ダンシング・ヒーローじゃぁぁーー!!怒 レコードを聞けっ!!怒」


ドリームジャーニー
「はい 汗 ゼヒ 汗」



♪今夜だけでも シンデレラ・ボーイ♪Do you wanna dance tonight♪



ドリームジャーニー
「・・・・」


オルフェーヴル
「・・・・」


ショウワモダン
「うむ。これぞ日本音楽界の至宝じゃ 喜」



ドリームジャーニー
「い、いい曲ですね! 汗」


オルフェーヴル
「うんうん 汗」



ショウワモダン
「ではお茶を入れなおしてくるぞい 喜」


ドリームジャーニー
「き、機嫌が直ってよかったです 汗」



ショウワモダン
「テレビでも見てなさい」


ドリームジャーニー
「はーい。・・・えーと・・・リモコンは・・・」



オルフェーヴル
「・・・テレビのリモコン無いね・・・兄ちゃん 汗」


ドリームジャーニー
「・・・そ、そうだな 汗 あ、あのー。モダンさん。テレビのリモコンがないんですけど~」


ショウワモダン
「・・・・怒」



ドリームジャーニー
「モ、モダンさん? 汗」



ガッシャーーン!!

(ノ ̄□ ̄)ノ ~┻━┻



ドリームジャーニー
「あーちゃちゃちゃちゃーー!!熱 モ、モダンさん!大切なちゃぶ台がっ!!汗汗」


ショウワモダン
「リモコンなんざ、あるかぁぁーー!!怒」


ドリームジャーニー
「え? 汗」



ショウワモダン
「テレビは本体にすべてのボタンがついとろうがぁぁーー!!怒」


ドリームジャーニー
「ほ、本体まで行って操作するんですね 汗」



ショウワモダン
「あたりまえじゃあぁーー!!怒 チャンネルもガチャガチャ回して変えるんじゃぁーー!!ボケーー!!怒」


ドリームジャーニー
「す、すみません 汗」



ショウワモダン
「お茶を入れなおしてくるぞい 怒」


ドリームジャーニー
「も、もう入れ直さなくていいのでは 汗」


オルフェーヴル
「・・・・汗」



ショウワモダン
「・・・・」


オルフェーヴル
「・・・兄ちゃん、モダンさんって怖い人なのかな ヒソヒソ」


ドリームジャーニー
「そ、そうだな ヒソヒソ」



ショウワモダン
「お茶が入ったぞ」


ドリームジャーニー
「あ、すみません 汗」



ショウワモダン
「何度もお茶を入れさせるんじゃない。面倒じゃからな」


ドリームジャーニー
「・・・・汗」



ショウワモダン
「・・・ズズッ・・・うむ。うまい」


ドリームジャーニー
「そ、そういえばモダンさん!今週は安田記念ですね!」


ショウワモダン
「うむ」



ドリームジャーニー
「絶対に連覇してくださいね!!」


ショウワモダン
「うむ」



ドリームジャーニー
「・・・てゆうか、さっきから気になってたんですけど、モダンさん。背中に何をしょってるんですか? 汗」


ショウワモダン
「これか・・・」


ドリームジャーニー
「・・・・」



ショウワモダン
「・・・地蔵じゃ」


ドリームジャーニー
「じ、地蔵? 汗」



ショウワモダン
「ワシはここんとこ、ジーワン以外では必ず59キロ以上、ひどいときは60キロを背負わされるんじゃ」


ドリームジャーニー
「そ、そうですね 汗」



ショウワモダン
「だから重斤量に耐えられるように、いつも地蔵を背負っておるのじゃ」


ドリームジャーニー
「そ、そうだったんですか 汗」


ショウワモダン
「・・・・」



ドリームジャーニー
「で、ですがモダンさん。失礼ですが、そのお歳でいつも重い斤量で走ることは、お体に負担が・・・」


ショウワモダン
「・・・わかっておる」



ドリームジャーニー
「もうジーワンも勝っていることですし、これからは体を大切にしては・・・」


ショウワモダン
「・・・・」



ドリームジャーニー
「モダンさんのお体が心配です」


ショウワモダン
「・・・ありがとう。ジャーニー君」


ドリームジャーニー
「・・・・」



ショウワモダン
「だが・・・どんなに苦しい状況であっても、今、自分に与えられた環境の中で全力を尽くしたい。それが昭和男児の心意気じゃ」


ドリームジャーニー
「ですが・・・」



ショウワモダン
「わかっておるよ。ジャーニー君」


ドリームジャーニー
「・・・・」



ショウワモダン
「最近のワシは、人気も無ければ、着順も悪い。一体何のために走っているのかと思うこともある」


ドリームジャーニー
「・・・・」


ショウワモダン
「だがな、ワシはこう思うんじゃ」



1,がんばったけどダメだった
2,がんばらなかったからダメだった



ショウワモダン
「この2パターンは、状況的には同じじゃ」


ドリームジャーニー
「・・・・」



ショウワモダン
「じゃが、その後の未来は大きく違ってくると思うんじゃ」


ドリームジャーニー
「・・・・」



ショウワモダン
「1と2では、心の大きさが違う。それはその瞬間にはわからない部分ではあるがな」


ドリームジャーニー
「・・・・」



ショウワモダン
「ムダな努力なんて、絶対にない」


ドリームジャーニー
「・・・・」



ショウワモダン
「たとえうまくいかなくても、その努力はその先の未来で、別のことに生きてくると思うんじゃ」


ドリームジャーニー
「モダンさん・・・」



ショウワモダン
「だからワシは走ろう。みんなが笑っても、走れる間は走り続けよう。そう思うんじゃよ」


ドリームジャーニー
「・・・・泣」



ショウワモダン
「ジャーニー君。気が向いたら、こんな老馬を応援してやってくれな」


ドリームジャーニー
「はい・・・もちろんです・・・泣」


ショウワモダン
「ホッホ」



ドリームジャーニー
「では今日はありがとうございました!安田記念がんばってください!」


ショウワモダン
「うむ。気をつけて帰りなさい」


ドリームジャーニー
「はい!失礼します!」



ガラガラ



オルフェーヴル
「ふー。モダンさんって、熱いおじいちゃんなんだね!兄ちゃん! 喜」


ドリームジャーニー
「ああ。そうだな・・・」



オルフェーヴル
「ん?どしたの?兄ちゃん」


ドリームジャーニー
「ふと思ったんだが・・・」


オルフェーヴル
「・・・・」



ドリームジャーニー
「モダンさんとオレは・・・」


オルフェーヴル
「・・・・」



ドリームジャーニー
「・・・同じ歳だぞ・・・」


オルフェーヴル
「・・・・汗」



– つづく –

サブコンテンツ