◆安田記念2011予想⇒ダノンヨーヨー⇒条件付きの行動目標では一生達成できない



【ダノンヨーヨー】

○5歳 男性
○父ダンスインザダーク
○馬名 意味由来⇒ 冠名ダノン+洋洋たる前途が開けることを願って
○クラシックには縁がなかったが、4歳6月から本格化。怒涛の4連勝で重賞制覇
○一気のジーワン制覇を狙って、勝負をかけたマイルCSは、出遅れて後方から届かず2着まで
○東京新聞杯は、内側有利の馬場状態で、また出遅れて大外終了
○前走マイラーズCは、好位で進めるも、超前残りのレースで差が詰まらず。アパパネには先着
○今回ウチパク負傷により、代打クレイグ・ウィリアムズ
○東京マイルは富士S楽勝の舞台。悲願のジーワン制覇へチャンス



◆条件付きの行動目標では一生達成できない



≪オウケン宅にて≫



オウケンブルースリ
「ぎゃーーははは!笑 楽しんご最高!ラブ注入って~~!!笑」


レッドディザイア
「ねえ、ちょっとオウケンくん!!怒」


オウケンブルースリ
「んあ~?」



レッドディザイア
「早くごはん食べちゃってよー!片付かないでしょー! 怒」


オウケンブルースリ
「楽しんごがさぁぁ~~!!笑笑」


レッドディザイア
「・・・・怒」



オウケンブルースリ
「ぎゃーははは!笑」


レッドディザイア
「・・・・」



プチッ



オウケンブルースリ
「ああー!!汗 レッドおまえ!!なんでテレビ消すんだよー!!汗」


レッドディザイア
「・・・・はよメシ食え、言うとるやろうが・・・」



オウケンブルースリ
「はうっ!汗 わ、わかりました 汗」


レッドディザイア
「なんならキサマに、レッドカレー注入したろか? 怒」


オウケンブルースリ
「い、いえ!!汗 大丈夫ですっ!!汗」



レッドディザイア
「早くメシ食え!このダメオヤジがっ!!怒」


オウケンブルースリ
「うう・・・泣 ヒドイ・・・泣」



ピンポーン



レッドディザイア
「オウケンくん、お客さんだよ。出て」


オウケンブルースリ
「うう・・・泣」



レッドディザイア
「・・・オウケン 怒」


オウケンブルースリ
「は、はい!汗 今、出ます! 汗」



ガチャ



オウケンブルースリ
「はいよー。誰だよこんな時に・・・」


ダノンヨーヨー
「どーもです」



オウケンブルースリ
「おお、ヨーヨーか。なんか用か?」


ダノンヨーヨー
「はい!ボク、今週ジーワン安田記念なので、走り方をオウケン先輩に相談に来たんだYO!YO!」



オウケンブルースリ
「・・・汗 ま、まあ入れよ」


ダノンヨーヨー
「おじゃましますYO!YO!」



レッドディザイア
「あらー、ヨーヨー君、久しぶりー♪元気そうね」


ダノンヨーヨー
「レッドさんも、あいかわらず美人だYO!YO!」



レッドディザイア
「あらま 照 そうかしら 照」


ダノンヨーヨー
「もちろんお世辞ですYO!YO!」



レッドディザイア
「・・・・汗」


オウケンブルースリ
「ププッ 笑」



バキッ



オウケンブルースリ
「ぐはぁー!!泣」


レッドディザイア
「バカ」


オウケンブルースリ
「な、なぜオレ? 泣」



レッドディザイア
「ヨーヨー君、調子はどう?」


ダノンヨーヨー
「うん!憧れのラッパーは、ジェロですYO!YO!」



レッドディザイア
「い、いやそーゆーことじゃなくて 汗」


オウケンブルースリ
「つーかジェロはラッパーじゃねえし ボソッ」



ダノンヨーヨー
「前走マイラーズカップは、ペースが遅すぎたから、久々に先行してみたんですけど、3着だったYO!YO!」


オウケンブルースリ
「ああ、そうだな。でもあれはナイス判断だったんじゃね?」


ダノンヨーヨー
「うーん」



オウケンブルースリ
「まあ結果的には4角先頭くらいの勢いで行った方が良かったんだろうけどな」


ダノンヨーヨー
「そうかもしれませんYO!」



オウケンブルースリ
「今回も女王アパちゃんが相手になるけどどうだ?」


ダノンヨーヨー
「はい。前走ではボクが先着してますが、斤量が実質1キロ有利だったし、アパちゃんは勝ちにきてなかったYO」



オウケンブルースリ
「そうだなー。完全に前残りのレースだったからな」


ダノンヨーヨー
「そうですYO~」



オウケンブルースリ
「まあでも今回は東京コースで力比べになるからな」


ダノンヨーヨー
「ハイ」



オウケンブルースリ
「強いとは言っても、相手は女の子だ。おまえの強さを見せてやれよ」


ダノンヨーヨー
「そうだYOね!強さを見せるYO!」


オウケンブルースリ
「う、うむ 汗」



ダノンヨーヨー
「具志堅YO-KO-のような強さを見せるYO~!」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



ダノンヨーヨー
「YO~く考えYO~♪お金は大事だYO~♪」


オウケンブルースリ
「そ、それは今、関係ねえだろ 汗」



レッドディザイア
「あ、ヨーヨー君、なんか飲む?」


ダノンヨーヨー
「じゃあ、YO命酒を」



オウケンブルースリ
「そんなもんあるかバカ」


ダノンヨーヨー
「ねえのかYO?」



オウケンブルースリ
「キ、キサマさっきから、ちょいちょいタメグチになってないか? 汗」


ダノンヨーヨー
「なってねえYO?」



オウケンブルースリ
「なってんだろうがぁぁーー!!怒 ガスガス!!」


ダノンヨーヨー
「い、痛いYO~! 泣」



レッドディザイア
「ちょっと!オウケンくん!やめなYO!」


オウケンブルースリ
「・・・YO? 汗」



ダノンヨーヨー
「レッドちゃんは優しいYO~ 喜」


レッドディザイア
「そんなことないYO? 照」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



ダノンヨーヨー
「そういえば今回は、クレイグ・ウィリアムズ騎手に乗ってもらうんだYO~」


オウケンブルースリ
「ああ。ウッチーがケガしちゃったもんな」


ダノンヨーヨー
「そうなんだYO~」



オウケンブルースリ
「まあNHKマイルで、行きたがるグランプリボスを、ガッチリ抑えて勝たせた豪腕ウィリアムズなら文句なしだろ」


ダノンヨーヨー
「老け顔で30代前半には見えんYO~」


オウケンブルースリ
「お、おまえ 汗 失礼だろバカ野郎 汗」



ダノンヨーヨー
「外人ばっかだとおもしろくないから、北村友一サンでも良かったYO~」


オウケンブルースリ
「おお。実はオレも最初の3戦は北村友一騎手だったんだよ!」



ダノンヨーヨー
「同じ音無厩舎だからYO~」


オウケンブルースリ
「だ、だからおまえ、先輩にタメグチやめろって 汗」



ダノンヨーヨー
「今はボクがエースだYO?」


オウケンブルースリ
「くっ・・・」



ダノンヨーヨー
「違うのかYO?」


オウケンブルースリ
「黙れコラァーー!!怒 ガスガス!!」



ダノンヨーヨー
「い、痛いYO~!!泣 だ、誰か、YO心棒を呼んでくれYO~! 泣」


オウケンブルースリ
「用心棒なんか、いるかぁーー!!怒 このラッパー崩れがっ!!ガスガス!!」



レッドディザイア
「オウケンくん!!怒 やめなって! 怒」


オウケンブルースリ
「は、はい 汗 スミマセン 汗」



ダノンヨーヨー
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・ん?どうした?ヨーヨー」



ダノンヨーヨー
「・・・なんだかうらやましいYO・・・落」


オウケンブルースリ
「は?」



ダノンヨーヨー
「オウケンさんと、レッドちゃん。なかYOしだから・・・」


オウケンブルースリ
「よ、読みにくいぞ 汗 つーか、どこをどう見たら仲良しに見えるんだ? 汗」



ダノンヨーヨー
「ボ、ボクもジーワンを勝ったら、彼女を作りたいYO~ 照」


レッドディザイア
「そうだね!じゃあ安田記念をバシッと勝って、恋人つくっちゃおうよ♪ 喜」



ダノンヨーヨー
「えへへ~ 照 じゃあまずは日曜日、勝たないといけないYO~ 照」


レッドディザイア
「そうだねっ♪」



オウケンブルースリ
「・・・違うな・・・」


ダノンヨーヨー
「YO?」



オウケンブルースリ
「それはちょっと違うと思うぜ」


ダノンヨーヨー
「YOYO?」



オウケンブルースリ
「『もし~したら~したい』っていう目標の立て方では、いつまでたっても達成できねえ」


ダノンヨーヨー
「・・・・」



オウケンブルースリ
「人生は短い。やりたいことは今すぐやらなければならねえ」


ダノンヨーヨー
「・・・・」



オウケンブルースリ
「思い立ったが吉日だ」


ダノンヨーヨー
「・・・・」



オウケンブルースリ
「やるなら、条件がどうとか言ってないで、今すぐやった方がいい。というより迷ってる間にチャンスは流れちまう」


ダノンヨーヨー
「・・・・」



オウケンブルースリ
「過去を振り返って一番つらいのは、『あの時~しておけばよかった 泣』という後悔だぜ」


ダノンヨーヨー
「・・・・」



オウケンブルースリ
「ヨーヨー。おまえにはそうなってほしくないんだ」


ダノンヨーヨー
「・・・・」


オウケンブルースリ
「ふっ。カッコよすぎか?オレ 照」



ダノンヨーヨー
「・・・ぐごぉぉ~!ぐがぁぁ~!Zzz・・・」


オウケンブルースリ
「コ、コラァーー!!怒 テメー人がせっかくアドバイスして・・・怒 もういい!!怒 レッド!!こんな奴、つまみ出すぞっ!!」


レッドディザイア
「・・・ふごごっ!Zzz・・・」



オウケンブルースリ
「・・・(プルプル 怒) こんちくしょうがぁぁー!!怒 テメーら一生、居眠りしてろ!ボケー!!怒 ヒーン! 号泣」



バタン



ダノンヨーヨー
「・・・あれ・・・オウケンさん、出て行っちゃったYO?」


レッドディザイア
「・・・あらホントね」



ダノンヨーヨー
「・・・・」


レッドディザイア
「・・・・」



ダノンヨーヨー
「でも・・・最後の方、寝ちゃったけど、たぶんすごくイイこと言ってたYOね?」


レッドディザイア
「そうだね。あんまり聞いてなかったけど 笑」



ダノンヨーヨー
「オウケンさんには、お礼を言っといてくださいYO!」


レッドディザイア
「わかったYO!」


ダノンヨーヨー
「・・・・汗」



≪そのころオウケン君≫



オウケンブルースリ
「うわぁ~ん!泣 寂しかったよぉ~!レナた~ん! 泣」


No.1キャバ嬢レナ
「大丈夫大丈夫!オウケンたんには、アタシがついてまちゅよ~♪」



オウケンブルースリ
「みんながボクを無視するんでちゅ~ 泣」


No.1キャバ嬢レナ
「そっかー。きっとみんなには、オウケンたんの良さが、まだわからないだけなんだよ♪」



オウケンブルースリ
「うんっ! 喜」


No.1キャバ嬢レナ
「うふふ♪」



オウケンブルースリ
「ボクね!今日はレナたんに会いたいと思ったから、即決で迷わず会いにきたんだ~ 喜」


No.1キャバ嬢レナ
「いや~ん♪うれしい♪」



オウケンブルースリ
「・・・人生は短い。迷ってる時間はない。・・・・なんちゃって~!!喜」


No.1キャバ嬢レナ
「オウケンたん♪カッコいい~♪」


オウケンブルースリ
「えへへ~ 照 レナたん、だいしゅきでしゅ~ 喜」



No.1キャバ嬢レナ
「うんうん。今日もゆっくり甘えていってね♪」


オウケンブルースリ
「うん!!ひじゃまくらでちゅー!! 喜」



– つづく –

サブコンテンツ