◆エプソムカップ2011予想⇒ダークシャドウ⇒楽天家は困難の中にチャンスを見出し、悲観論者はチャンスの中に困難を見る



【ダークシャドウ】

○4歳 男性
○父ダンスインザダーク
○馬名 意味由来⇒ 暗い+冠名シャドウ
○デビューは遅く、3歳4月末
○4歳になって1000万条件を楽勝した直後、超ハイレベルメンバーの大阪杯で勝ちに等しい2着
○最強4歳世代に、また強力な1頭出現
○1800は初めてだが、東京コースは3戦全勝。勝って宝塚へ行けるか



◆楽天家は困難の中にチャンスを見出し、悲観論者はチャンスの中に困難を見る



≪キャバクラにて≫



オウケンブルースリ
「レナたーん!今日も会いにきたどー! 喜」


No.1キャバ嬢レナ
「あ~♪オウケンたんだぁ~♪いらっしゃいませ♪」



オウケンブルースリ
「フッ。そんな他人行儀な。オレ達の仲だろ? 喜」


No.1キャバ嬢レナ
「いや~ん♪どんな仲~?」


オウケンブルースリ
「でへへ~ 喜」


No.1キャバ嬢レナ
「うふ♪・・・あれ?なんかオウケンたんの影に、ピッタリ重なってる人がいるような 汗」



ダークシャドウ
「・・・・ 暗」


オウケンブルースリ
「ああ。コイツはダークだ。日曜のエプソムCで有力なんだぜ?」



No.1キャバ嬢レナ
「へ~♪スゴーイ♪」


ダークシャドウ
「…どうも… 暗」



オウケンブルースリ
「く、暗い 汗 ダークよぉ。ここはパラダイスなんだから、もっと楽しそうにしないとさぁ!」


ダークシャドウ
「…わかりました… 暗」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



No.1キャバ嬢レナ
「とにかくお二人さん♪座って~♪」


オウケンブルースリ
「イエーイ! 喜」


ダークシャドウ
「…おじゃまします… 暗」



No.1キャバ嬢レナ
「お二人とも、水割りでよいカナ~?」


オウケンブルースリ
「いいともー! 喜」


ダークシャドウ
「・・・・ 暗」



No.1キャバ嬢レナ
「ダークたんは~?」


ダークシャドウ
「…あ。自分。酒飲めないんで… 暗」


オウケンブルースリ
「く、暗い・・・ 汗」



No.1キャバ嬢レナ
「そっかぁ~♪じゃあレナ特製の、元気ジュースを作ってあげるね♪」


ダークシャドウ
「…どうも… 暗」



オウケンブルースリ
「えぇ~!いいなぁ!ボクたんにも作ってー!」


No.1キャバ嬢レナ
「オウケンたんは、レナ特製の水割りでしょ~♪」


オウケンブルースリ
「イエーイ! 喜」


No.1キャバ嬢レナ
「いえ~い♪」


ダークシャドウ
「…イ…エ… 暗」



No.1キャバ嬢レナ
「ところでさぁ♪ダークたんは、エプソムCは絶対勝っちゃうって感じでちゅかぁ?」


ダークシャドウ
「…いや…自分は…まだ…重賞を勝ってない…から… 暗」


オウケンブルースリ
「く、暗い・・・ 汗」



No.1キャバ嬢レナ
「でもでもでも~♪今回で重賞を勝っちゃうんだねっ♪」


ダークシャドウ
「…いえ…相手が強いから…たぶんダメでしょう… 暗」


オウケンブルースリ
「ネ、ネガティブだ・・・ 汗」



No.1キャバ嬢レナ
「よ~し♪わかったょ♪レナね、手相を見れるんだじょ~♪ダークたん、おてて見せて♪」


ダークシャドウ
「手を…ですか… 暗」



オウケンブルースリ
「あー!レナたん!オレ以外の男の手を触るのダメー!!怒」


No.1キャバ嬢レナ
「うふ♪オウケンたん、わかまま言っちゃダメだぞ♪」


オウケンブルースリ
「でへ 喜」



No.1キャバ嬢レナ
「はい♪じゃあダークたん。手相を見せてね♪」


ダークシャドウ
「…こ、こんなもんですが… 暗」



No.1キャバ嬢レナ
「ふむふむ♪・・・おおっ!!喜」


ダークシャドウ
「…どんなもんですかね… 暗」



No.1キャバ嬢レナ
「これはスゴイじょ♪ダークたんは、きっと将来、ジーワンを勝つでしょう♪♪」


オウケンブルースリ
「マ、マジ? 汗」


ダークシャドウ
「…ジーワン… 暗」



No.1キャバ嬢レナ
「レナの手相占いは当たるんだじょ~♪」


オウケンブルースリ
「むむっ!やるな!ダーク! 汗」



ダークシャドウ
「…ですが… 暗」


No.1キャバ嬢レナ
「ん~?」



ダークシャドウ
「…手相というのは…歳とともに変わっていくものであり…」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ダークシャドウ
「…だから自分の手相もそのうち変わって、ジーワンは勝てないに違いない…… 暗」


オウケンブルースリ
「な、なんてネガティブなんだ 汗」



No.1キャバ嬢レナ
「そんなことないょ♪ダークたんは絶対に出世するじょ♪レナを信じて♪」


ダークシャドウ
「…きっとダメに違いない… 暗」


オウケンブルースリ
「く、暗い・・・ 汗」



No.1キャバ嬢レナ
「じゃあさ♪人相占いもしたげるね♪」


ダークシャドウ
「…に、人相…悪いので… 暗」



No.1キャバ嬢レナ
「はい♪ダークたん♪お顔を見せてね♪」


ダークシャドウ
「…自分…顔に自信はない…から… 暗」



No.1キャバ嬢レナ
「う~む♪これはスゴイじょ♪」


ダークシャドウ
「…」



No.1キャバ嬢レナ
「栗毛の雄大な馬体にイケメンだぁ♪今をトキメく、オル君にも負けてないじょ♪」


ダークシャドウ
「…」


オウケンブルースリ
「なぬー! 汗」



No.1キャバ嬢レナ
「ダークたんは、絶対に出世まちがいなし♪レナを信じて♪」


ダークシャドウ
「…競走馬は…見た目とか…関係ないんで… 暗」


オウケンブルースリ
「く、暗い・・・汗」



No.1キャバ嬢レナ
「どんな世界だってさ♪スーパースターになる人っていうのは、見た目が重要だょ♪」


ダークシャドウ
「…自分は…きっとダメに違いない… 暗」



オウケンブルースリ
「・・・汗 な、なんてネガティブなんだ 汗 あ。レナたん、オレちょっとトイレね」


No.1キャバ嬢レナ
「はーい♪オウケンたん、行ってらっしゃーい♪」


ダークシャドウ
「…」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



沈黙



ダークシャドウ
「…あ、あの… 暗」


No.1キャバ嬢レナ
「ん?ど~ちまちた?ダークたん♪」



ダークシャドウ
「…自分としゃべってても…つまらないですよね… 暗」


No.1キャバ嬢レナ
「どうしてぇ~?レナ、すっごく楽しいょ♪」



ダークシャドウ
「…自分なんかとしゃべっても…楽しくないに違いない… 暗」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ダークシャドウ
「…きっと…つまらない… 暗」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


ダークシャドウ
「…」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・楽天家は困難の中にチャンスを見出し・・・」


ダークシャドウ
「…」



No.1キャバ嬢レナ
「悲観論者はチャンスの中に、困難を見る」


ダークシャドウ
「…え?…」



No.1キャバ嬢レナ
「アタシね♪単純に、楽天家がいいとか、厭世家はダメだとか、そういうのはわかんないけどさ・・・」


ダークシャドウ
「…」



No.1キャバ嬢レナ
「どちらにも一長一短あって、状況によって違ってくるよね♪」


ダークシャドウ
「…」



No.1キャバ嬢レナ
「ただね・・・」


ダークシャドウ
「…」



No.1キャバ嬢レナ
「そこにチャンスがあるのに、「きっとダメに違いない」って、悪い要素ばかりを集めて、結局行動できないなら・・・」


ダークシャドウ
「…」



No.1キャバ嬢レナ
「それよりは、「どうやったらできるかな?」って考えて、行動への勇気にした方がいいと思うんだ♪」


ダークシャドウ
「…」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・「きっとダメに違いない」っていうのは、行動できない自分への言い訳なのか、失敗して傷つきたくないっていう自己防衛なのか・・・」


ダークシャドウ
「…」



No.1キャバ嬢レナ
「レナもね♪頭悪いからさ♪うまく言えないんだけど・・・」


ダークシャドウ
「…」



No.1キャバ嬢レナ
「ダークたんは出世できる♪レナにはわかるの♪」


ダークシャドウ
「…」



No.1キャバ嬢レナ
「レナの言うこと、ウソだと思うかな?」


ダークシャドウ
「…いえ…」



No.1キャバ嬢レナ
「絶対絶対、大丈夫だから・・・ね?」


ダークシャドウ
「…はい… 泣」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・泣かないの~♪ダークたんは、これからスターホースになるんでしょ?」


ダークシャドウ
「…ありがとう… 泣」


No.1キャバ嬢レナ
「うん♪」



≪そのころオウケン君≫



オウケンブルースリ
「ふぃ~。う○こが固すぎて、時間かかっちまったぜ。難産だったな。・・・さて、レナたんに膝まくらしてもらうぜっ!!喜 ・・・ん?」



ダークシャドウ
「…レナたんの…膝まくら…あったかい… 喜」


No.1キャバ嬢レナ
「うふ♪ダークたん♪カワイイ♪」



オウケンブルースリ
「ああーー!!怒 オレのレナたんの膝まくらだぞコラァァーー!!怒」


ダークシャドウ
「…オレの膝まくらに違いない… 喜」



– つづく –

サブコンテンツ