◆宝塚記念2011予想⇒ルーラーシップ⇒他人の機嫌をとれば自分が弱くなる



【ルーラーシップ】

○Rulership
○馬名 意味由来⇒ 支配者の位、統治者の支配権
○4歳 男性
○父キングカメハメハ・母エアグルーヴの超お坊ちゃま
○阪神芝  3-0-0-1
○右回り  5-1-0-2
○芝2000m 3-1-0-0(2200は未経験)
○デビューから5戦、ほぼ単勝1倍台のスーパーエリートお坊ちゃま
○ダービー5着後は、ジーワン以外は全勝で、重賞3勝
○前走、金鯱賞は絶望的な大出遅れで終了かと思いきや、鬼のようにマクって完勝。恐るべし
○最強4歳世代の中でも筆頭クラスに成長。打倒ブエナなるか。



◆他人の機嫌をとれば自分が弱くなる



≪超高級料亭にて≫



ルーラーシップ
「グローリー君と戦うのは、有馬記念以来だねっ!」


トゥザグローリー
「ああ。有馬はオレが先着したが、ダービーではおまえに負けてるからな」



ルーラーシップ
「ここまで1勝1敗!グランプリで決着なんて、ロマンだよねっ!」


トゥザグローリー
「そうだな。でもおまえは1着のあと凡走する習性があるから、今回は凡走か?」



ルーラーシップ
「そ、そんなぁ~ 泣」


トゥザグローリー
「ははっ。冗談だって 笑」



トントン



料亭の若女将しほ
「失礼致します。超高級シャンパンをお持ちしました」


トゥザグローリー
「おお。来た来た。女将んとこのシャンパンが、やっぱピカイチだからな」


料亭の若女将しほ
「ありがとうございます。1杯50万円でございます」



ルーラーシップ
「僕らお坊ちゃまにとっては格安だね」


トゥザグローリー
「そうだな」


料亭の若女将しほ
「ではごゆるりと」



パタン



ルーラーシップ
「春天のダメージは抜けた?グローリー君?」


トゥザグローリー
「ああ。ダメージっつっても、あんときは前半で暴走して、後半は流したからな。大丈夫だろ」


ルーラーシップ
「そっか」



トゥザグローリー
「そういうオマエは、前走、ド派手に出遅れてたが、今回は大丈夫なのか?」


ルーラーシップ
「う・・・汗」



トゥザグローリー
「おまえはいちいちやることが派手だからな。もっと落ち着いて走れよ」


ルーラーシップ
「グ、グローリー君に言われたくないしっ! 汗」



トントン



料亭の若女将しほ
「失礼致します。おふたかた、そろそろお帰りのお時間でございます」


トゥザグローリー
「お。もうそんな時間か。知らせてくれてサンキュー女将」



料亭の若女将しほ
「お帰りの前に・・・」


トゥザグローリー
「・・・・」



料亭の若女将しほ
「本日も、おみやを用意してございます ニヤリ」


トゥザグローリー
「うむ」


ルーラーシップ
「・・・・汗」



料亭の若女将しほ
「おまえたち。入りなさい」


ルーラーシップ
「・・・・」



料亭の若女将しほ
「本日はお好きな女の子を、お持ち帰り頂いて構いません ニヤリ」


ルーラーシップ
「・・・・汗」



料亭の若女将しほ
「左から・・・チヨ・セツコ・ピン子、でございます」


トゥザグローリー
「む。このメンツは!」



料亭の女将しほ
「そう。わが料亭が誇るシルバーギャル。4ヶ月ぶりの登場。平均年齢72歳でございます」


ルーラーシップ
「シ、シルバーだったらギャルじゃないでしょ 汗」



料亭の若女将しほ
「ささ、お好きな女の子を。 ニヤリ」


ルーラーシップ
「い、いやいや!!汗 僕らは日曜日に、春の大一番のグランプリがありますからっ!!汗」



料亭の若女将しほ
「さあ、ご遠慮なく ニヤリ」


ルーラーシップ
「ム、ムリムリ!!汗 僕もグローリー君もこれから体調をベストに持っていかなきゃいけないんだ!!ね?そうでしょ?グローリー君!!」



トゥザグローリー
「準備はできたかピン子」


ピン子
「はい」


ルーラーシップ
「えぇぇ~~?! 汗汗」



トゥザグローリー
「『ピン子を持って帰れば無敗』の記録は春天で途切れたが、宝塚から新たな伝説の幕開けだ」


ピン子
「・・・・照」


ルーラーシップ
「・・・・汗」



トゥザグローリー
「じゃあなルーラー。日曜日に会おう!」


ルーラーシップ
「あ!ダメだよ!グローリーく・・・」



パタン



ルーラーシップ
「・・・・汗」


料亭の若女将しほ
「・・・・微笑」



ルーラーシップ
「・・・はぁー。いつもこのパターンだよね・・・」


料亭の若女将しほ
「・・・・」



ルーラーシップ
「僕ひとりじゃさ、なんか不安になっちゃうから、グローリー君に居てほしいんだけどな・・ 落」


料亭の若女将しほ
「・・・・」



ルーラーシップ
「・・でも宝塚はグローリー君も一緒だから、なんか安心だな! 喜」


料亭の若女将しほ
「・・・・」



ルーラーシップ
「でもグローリー君って、たまに機嫌悪いからなあ 汗」


料亭の若女将しほ
「・・・・」



ルーラーシップ
「機嫌よく、一緒に並んでゴールできたらいいなあ 喜」


料亭の若女将しほ
「・・・・」


ルーラーシップ
「ね?女将」



料亭の若女将しほ
「・・・国内最強馬の座を目指さんとするならば・・・」


ルーラーシップ
「え?」



料亭の若女将しほ
「一人で立つことを恐れてはなりませぬ・・・」


ルーラーシップ
「・・・・」



料亭の若女将しほ
「他者の機嫌をうかがえば、常に他者の言動にビクビクせざるを得なくなります」


ルーラーシップ
「・・・・」



料亭の若女将しほ
「他者の機嫌をとりながら、自らの能力を同時に伸ばすことは、非常なる困難を伴います」


ルーラーシップ
「・・・・」



料亭の若女将しほ
「ルーラー様は、国内最強馬になれる器・・・」


ルーラーシップ
「・・・・」



料亭の若女将しほ
「そのために独立自尊の精神は、必要不可欠でございます」


ルーラーシップ
「・・・・」



料亭の若女将しほ
「かの福沢諭吉翁も、”民衆一人一人が「独立自尊」の気風を確立すべし” と喝破したものでございます」


ルーラーシップ
「・・・・」



料亭の若女将しほ
「・・・すみませんルーラー様。わたくしごときが、出過ぎた事を・・」


ルーラーシップ
「いや・・・」



料亭の若女将しほ
「・・・・」


ルーラーシップ
「・・・ありがとう女将」


料亭の若女将しほ
「・・・ルーラー様・・」



ルーラーシップ
「女将の言う通りだよね」


料亭の若女将しほ
「・・・・」



ルーラーシップ
「僕も・・最強馬を、目指してみようかな・・」


料亭の若女将しほ
「はい 微笑」



ルーラーシップ
「じゃあ景気づけに、おみやを持って帰っちゃおうかなっ! 照」


料亭の若女将しほ
「そうでございますか。それではチヨとセツコが残っておりまして、ピン子がいなくなったので、平均年齢は92歳に跳ね上がりますが・・・」



ルーラーシップ
「いや・・・」


料亭の若女将しほ
「お気に入られませんか?それでは、マツコとアジャを呼んでまいります。平均体重は160キロとなって・・・」


ルーラーシップ
「そうじゃなくて」


料亭の若女将しほ
「?」



ルーラーシップ
「僕の指名は・・・」


料亭の若女将しほ
「・・・・」



ルーラーシップ
「しほで。」


料亭の若女将しほ
「・・・ルーラーさま・・・」



ルーラーシップ
「た、たはっ!!汗 ダ、ダメだよねっ! 汗」


料亭の若女将しほ
「・・・・」


ルーラーシップ
「・・・・泣」



料亭の若女将しほ
「ルーラー様は、大事なビッグレースを控えた身。わたくしなどではなく、もっと縁起の良い女性を・・・」


ルーラーシップ
「僕は、しほがいいんだっ!!泣」


料亭の若女将しほ
「・・・・」



ルーラーシップ
「・・・・泣」


料亭の若女将しほ
「・・・・」



ルーラーシップ
「・・・じ、冗談だよーん! 泣」


料亭の若女将しほ
「・・・・」



ルーラーシップ
「お、女将!そんなマジにならないで!冗談なんだからっ!!泣」


料亭の若女将しほ
「ルーラー様・・・」



ルーラーシップ
「じゃあ帰るね! 汗 女将!ごちそうさま!また来るよ!」


料亭の若女将しほ
「・・・はい」



ルーラーシップ
「・・・宝塚を勝ったら・・・」


料亭の若女将しほ
「・・・・」



ルーラーシップ
「また、しほを指名しに来るよ」


料亭の若女将しほ
「ルーラー様・・・」



ルーラーシップ
「たはっ! 照」


料亭の若女将しほ
「・・・・」


ルーラーシップ
「じゃあね!女将!必ず勝つからね!」



パタン



料亭の若女将しほ
「ふ。そうなった時には、私はもう、ルーラー様にはつり合いませんよ 微笑」



– つづく –

サブコンテンツ