◆宝塚記念2011予想⇒ドリームジャーニー⇒時は流れ去らず。積み重なってゆく



【ドリームジャーニー】

○Dream Journey
○馬名 意味由来⇒ 夢のような旅路
○7歳 男性
○父ステイゴールド
○芝2200m  1-2-1-2
○阪神芝   4-0-1-4
○休み明け 1-2-1-4
○朝日杯FSでは、あり得ない大外一気で、2歳でいきなりジーワン制覇。鞍上蛯名はディープインパクトの武豊をなぞらえて「軽く飛びましたね」
○3歳クラシックでは結果を出せなかった
○が古馬になってからは重賞勝ちまくり
○5歳の宝塚記念でジーワン2勝目。同年の有馬記念でブエナを下し、春秋グランプリ制覇。3着以下は遙か後方
○6歳以降は重斤量にも苦しみ、1度も勝てず
○前走は太目残りで惨敗。今回ハードトレーニングで絞れるか
○奇跡の復活は競馬の醍醐味。夢の旅路よ、もう一度。



◆時は流れ去らず。積み重なってゆく



≪焼き鳥屋シゲにて≫



♪しみじみ~飲めばしみじみと~おぉぉぉ~思い出だけが行き過ぎるぅぅぅ~♪



ドリームジャーニー
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ドリームジャーニー
「・・・い、いやぁー面目ない!汗 大阪杯は馬体重442キロまで増えちゃって!汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ドリームジャーニー
「中年太りかな!汗 たはっ!汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ドリームジャーニー
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ドリームジャーニー
「・・・これで2戦連続で惨敗か・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ドリームジャーニー
「気付けば、ボクももう7歳・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ドリームジャーニー
「新しい世代のスターたちも、急成長してるし・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ドリームジャーニー
「・・・オ、オッサンはもう、お呼びでない?汗 なんつって! 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・枝豆おまち」



ドリームジャーニー
「・・・・落」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



♪涙がポロリと~こぼれたらぁ~歌いだすのさ~舟唄をぉ~♪



ドリームジャーニー
「・・・・泣」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ドリームジャーニー
「・・・時は流れていく・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ドリームジャーニー
「・・・ボクが春秋グランプリ制覇したことも、いつか流れ去っていく・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ドリームジャーニー
「・・・あ、あはっ!汗 ボクもこんなセンチなこと言うようになるってことは、もう引退っすかねえ! 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ドリームジャーニー
「センチメンタルジャーニー!なんちゃって! 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ドリームジャーニー
「や、やだなあ!汗 シゲさん!『松本伊代て!古っ!』ってツッコんでくれなきゃ! 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ドリームジャーニー
「・・・・落」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・ジャーニーさんな・・・」



ドリームジャーニー
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「アンタにこれを」



ガサガサガサ



ドリームジャーニー
「??な、なんすかコレ 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・千羽鶴だぜ」



ドリームジャーニー
「せ、千羽鶴?? 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ああ」



ドリームジャーニー
「な、なんか泥だらけなんすけど 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうだな」



ドリームジャーニー
「き、汚すぎて触りたくないっすね 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


ドリームジャーニー
「ん?よく見ると、鶴の一羽一羽に、なんか書いてある・・・」



『ジャーニー最強』
『ジャーニーカワイイ』
『ジャーニーは7歳だけど、童顔だから5歳扱い』



ドリームジャーニー
「な、なんだコレ? 汗汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・ジャーニーさん。アンタへの激励の思いを込めたものだぜ」



ドリームジャーニー
「げ、激励って・・・き、汚いんですけど 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・口止めされてんだがな・・・」



≪回想シーン ~焼き鳥シゲにて 数時間前~≫



マツリダゴッホ
「シゲ氏!言われた通り、千羽鶴、作りマツリダ!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ほう。ゴッホさん。あいかわらず、すげえ根性でさあ」



マツリダゴッホ
「大阪杯の時は、お百度参りしたけど、ジャーニー負けちゃったからマツリダ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・だから別の方法を、オレに聞きにきたんですかい?」



マツリダゴッホ
「そうなのだマツリダ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ」



マツリダゴッホ
「しかもシゲ氏よ。この鶴には一羽一羽に、メッセージが書いてあるのだマツリダ 喜」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



マツリダゴッホ
「千羽もいると、いい加減、書くことが無くなってくるから、ヘンなのもあるかもマツリダ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「どれ。見てもいいですかい?」


マツリダゴッホ
「どうぞマツリダ」



『ジャーニー最強』
『ジャーニーきっと勝てる』
『ジャーニーのハンバーグおいしい』
『ジャーニーツッコミうまい』
『ジャーニー、ファンタオレンジ大好き』



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」


マツリダゴッホ
「千羽折って、さらに千個のコメントを書くのは、壮絶に大変だったぞマツリダ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「おう。さすがだぜ。ゴッホさん」



ガラガラッ



焼き鳥屋 店主シゲ
「ヘイ!らっしゃい!」



ガラの悪い男たち
「ウヒャー!なんだよこの大雨は!!怒」


ガラの悪い男たち
「まったくだぜ!!怒 全身、泥だらけじゃねえかっ!」


ガラの悪い男たち
「オッサン!ビール3つね!あとさあ、タオルとか貸してくんね?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ」


マツリダゴッホ
「・・・・」



ガラの悪い男たち
「あーあ。買ったばかりの靴もジーパンも、泥だらけだぜ! 怒」


ガラの悪い男たち
「イラつくよなあ!このクソ雨!!」



焼き鳥屋 店主シゲ
「ビールとタオル、おまち」


ガラの悪い男たち
「・・・おせえよ!さっさと持ってこいよ!ヒゲ! 怒」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・すいやせん」



ガラの悪い男たち
「ところでよぉ。宝塚記念は何が来ると思うよ?」


ガラの悪い男たち
「そんなもんオメー、ブエナvs4歳 ってことになるに決まってんべ?」


ガラの悪い男たち
「だよなあ!」



ガラの悪い男たち
「この、ドリームジャンヌ?ってのはどうよ?」


ガラの悪い男たち
「はぁ?なんだそれ?聞いたこともねえよ!www ジャンヌ?ジャーニー?まあどっちでもいいかぁ!笑」



ガラの悪い男たち
「7歳ってジジイじゃねえかwww 近走も惨敗ばっか! 笑」


ガラの悪い男たち
「体もちいせえし、クズ馬じゃん!ぎゃーははは! 笑」


マツリダゴッホ
「・・・・」



ガラの悪い男たち
「こんなヤツが出るから、宝塚記念の品格が下がるんだよなぁ!!笑」


ガラの悪い男たち
「そうそう!最強馬決定戦なんだから、ザコは出てくんなっつーの!!ギャーーハハハ!!笑」


マツリダゴッホ
「・・・・」



ガラの悪い男たち
「じゃあよ!パドックでこの、ジャンヌ君に石でも投げてやろうぜwww」


ガラの悪い男たち
「それケッサク~~!!ギャーーハハハ!!笑」


ガラの悪い男たち
「・・・ん?なんだオメー?」



マツリダゴッホ
「・・・ジャ、ジャーニーはクズ馬ではありマツリダ」


ガラの悪い男たち
「はぁ??テメー何言ってんだよ、コラ・・・怒」



マツリダゴッホ
「・・・ジャーニーは誰よりも苦しんで、努力しているのでありマツリダ」


ガラの悪い男たち
「・・・わけわかんねぇよ・・・怒」



ガラの悪い男たち
「オメー、ケンカ売ってんのか?怒 あ? ボカッ」


マツリダゴッホ
「い、痛いマツリダ 泣」



ガラの悪い男たち
「なんなんだよテメーは 怒 ああ!?怒」


マツリダゴッホ
「・・・ジャ、ジャーニーには、もうあとがないから、この1戦に魂を込めているのだマツリダ」



ガラの悪い男たち
「・・・なに言ってんだコラ・・・ドカッ!」


マツリダゴッホ
「い、痛い 泣 暴力反対マツリダ 汗」



ガラの悪い男たち
「・・・ん?コイツなんか持ってるぞ?・・・なんだコレ?」


ガラの悪い男たち
「鶴?もしかして千羽鶴とかいうヤツ?www」



ガラの悪い男たち
「ひょえー!!笑 気色悪い~~!!笑」


ガラの悪い男たち
「・・・オメーその千羽鶴ちょっと貸せよ」



マツリダゴッホ
「い、いやそれはジャーニーに渡すやつだからダメですマツリダ 汗」


ガラの悪い男たち
「うるせえっ!ドカッ!貸せっ!!怒」


マツリダゴッホ
「あ・・・」



ガラの悪い男たち
「なんだこりゃー!!笑 メッセージとか書いてあんぞ!コワー!!笑」


ガラの悪い男たち
「そんなもん床に叩きつけろ~~!!www」



バサッ!



マツリダゴッホ
「ああ・・・千羽鶴が・・・」


ガラの悪い男たち
「こんなもんいらねーんだよっ!!怒 ガスガス!」



ガラの悪い男たち
「オラァー!!怒 踏め踏め~~!wwww」


マツリダゴッホ
「ああ・・・ジャーニーの千羽鶴を、泥のついた靴で踏まないでくだマツリダ・・・泣」



ガラの悪い男たち
「ギャーーハハハ!!笑 泥だらけの鶴になっちまったなぁ~~!!笑」


ガラの悪い男たち
「ケッサクだぜ~~!!みんなもっと踏め~!!・・・ん?なんだヒゲ?呼んでねえぞコラ」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・お兄さんがた。もう閉店の時間でさあ」


ガラの悪い男たち
「あぁ?!怒 まだ店が開いたばっかりだろうがぁ!!怒」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・ウチはお客によって、閉店時間が違うんでさあ」


ガラの悪い男たち
「そ、そんな店あるかぁー!!怒 テメーも一緒にぶっころされてーのか!!怒 ん?・・・い!痛てててて!!泣」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ガラの悪い男たち
「ヒ、ヒゲコラ!!汗 ウデを離せコラ!汗 痛てててて!!汗汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・すみません。閉店でさあ」



ガラの悪い男たち
「・・・くっ 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


ガラの悪い男たち
「・・・わ、わかったよクソッ!汗 こんな店、二度と来ねえからな!!クソヒゲ!!怒 バーカ!!怒 いくぞ!おめーら!」



バタン



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・マツリダさん。大丈夫ですかい」


マツリダゴッホ
「シ、シゲ氏・・・助かりマツリダ・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「いえ」



マツリダゴッホ
「でも、ジャーニーの千羽鶴が・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


マツリダゴッホ
「・・・・落」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・少し、汚れちまいましたが・・・」


マツリダゴッホ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「千羽鶴に泥がついたからといって、マツリダさんの心意気に泥がついたわけじゃねえ」


マツリダゴッホ
「シゲ氏・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「この千羽鶴は、オレが必ずジャーニーさんに、届けまさあ」


マツリダゴッホ
「・・・お願いしマツリダ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ええ」



マツリダゴッホ
「・・・それと・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ん?」



マツリダゴッホ
「その千羽鶴は・・・一般のファンからのものだと・・・伝えてくだマツリダ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「マツリダさん・・・」



マツリダゴッホ
「ワ、ワシからって言ったら、またジャーニーに余計なプレッシャーを感じさせるからマツリダ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・わかりやした・・・」



マツリダゴッホ
「よ、よろしく頼みマツリダ。ワシは服が泥だらけになっちゃったので、コインランドリーで洗濯してきマツリダ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ああ。わかったぜ」



≪回想シーン終了≫



焼き鳥屋店主シゲ
「・・・まあ・・・そんな感じでさあ」


ドリームジャーニー
「な、なんだって・・・? 汗」



焼き鳥屋店主シゲ
「・・・そろそろ洗濯も終わる頃かと思うんだぜ」


ドリームジャーニー
「・・・ゴッホさん」



ガラガラッ



焼き鳥屋店主シゲ
「ヘイ!らっしゃ・・・」


マツリダゴッホ
「た、ただいマツリダ 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・マ、マツリダさん 汗 なんでパンツ一丁なんですかい? 汗」


マツリダゴッホ
「う、うむ。コインランドリーで全部脱いで、パンツ一丁で洗濯してたら警察を呼ばれたので、逃げてきマツリダ 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



マツリダゴッホ
「こ、こんな姿をジャーニーに見られたら、ガッツリ説教だぞマツリダ 汗」


ドリームジャーニー
「・・・そうですね・・・」



マツリダゴッホ
「とりあえずジャーニーに見つかる前に、なんとか着替えを・・・はうっ!!汗汗」


ドリームジャーニー
「・・・・」



マツリダゴッホ
「ジャジャ、ジャーニー!?汗汗 なな、なぜここにいマツリダ? 汗」


ドリームジャーニー
「いいじゃないっすか別に」



マツリダゴッホ
「い、今の話、聞いてマツリダ? 汗」


ドリームジャーニー
「なんのことですか?」


マツリダゴッホ
「よかった。ホッ」



ドリームジャーニー
「・・・つーかゴッホさん、アンタなんでパンツ一丁なんすか?」


マツリダゴッホ
「い、いやいや!!汗 あのー!そのー!汗」


ドリームジャーニー
「・・・・」



マツリダゴッホ
「こっ!子供たちと!汗 子供たちとサッカーをやってたら、泥だらけになったので!!汗」


ドリームジャーニー
「・・・こんな雨の中でサッカーを?」


マツリダゴッホ
「そうなんですマツリダ! 汗」



ドリームジャーニー
「・・・そうですか」


マツリダゴッホ
「・・・お、怒ってる? 汗」



ドリームジャーニー
「当たり前です。パンツ一丁で、恥をさらさないでください」


マツリダゴッホ
「ご、ごめんマツリダ 汗」



ドリームジャーニー
「・・・・」


マツリダゴッホ
「・・・・汗」



ドリームジャーニー
「・・・アンタはバカなんですか?」


マツリダゴッホ
「は、はい 汗 ちょっとバカかもマツリダ 汗」



ドリームジャーニー
「・・・アンタは・・・」


マツリダゴッホ
「・・・・」



ドリームジャーニー
「・・・アンタはバカすぎて・・・泣けてきますよ・・・ 涙」


マツリダゴッホ
「ご、ごめんジャーニー 汗」



ドリームジャーニー
「・・・・涙」


マツリダゴッホ
「・・・・汗汗」



ドリームジャーニー
「・・・こ、こんなバカに付き合ってらんないから・・・ボクは帰ります・・・ 涙」


マツリダゴッホ
「あ!ワシも一緒に帰りマツリダ!汗」



ドリームジャーニー
「・・・シゲさん・・・色々・・・ありがとうございました・・・涙」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・ジャーニーさんな」


ドリームジャーニー
「はい」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・流れ去っていく時間なんて、ねえんだぜ」


ドリームジャーニー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「時は流れ去っていかねえ。いつだって、積み重なっていくんだぜ」


ドリームジャーニー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「ジャーニーさんが活躍した日々も、マツリダさんとの友情も、全部、積み重なっていく」


ドリームジャーニー
「・・・・泣」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だからいつだって、今この時を、全力で生きればいいんでさあ」


ドリームジャーニー
「・・・はい・・・泣」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・勝っても負けても・・・悔いのないレースをしてきなせえ」


ドリームジャーニー
「・・・はい!泣 ありがとうございます!泣 がんばってきます!!泣」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。応援馬券、買っとくぜ」



– つづく –

サブコンテンツ