予想結果~ ラジオNIKKEI賞・CBC賞(2021)



==========
◆予想累計(2010~2021)
本線   1877回
その他  2036回
抜け    836回
==========



ドリームジャーニー
「さてゴッホさん。ラジオNIKKEI賞は、ヴァイスメテオール君の完勝となりましたね」


マツリダゴッホ
「うむ。強かったと思いマツリダ」



ドリームジャーニー
「勝因はなんでしょう?」


マツリダゴッホ
「まあ、日曜トークでも言ったが、ヴァイスメテオールの前走・プリンシパルステークスは、完全前残りの流れの中、1頭だけ追い込んで来ての4着。能力は高いので、他の有力馬が自滅すれば、まあ勝つわなマツリダ」


ドリームジャーニー
「ふむ」



マツリダゴッホ
「前走は脚を余しまくって負けたが、今回は、道中は内々追走から、4コーナーでマクリ気味に進出と完璧」


ドリームジャーニー
「はい」



マツリダゴッホ
「丸山元気(30)は、たまに元気な好騎乗を見せるなマツリダ」


ドリームジャーニー
「いつも元気です」



マツリダゴッホ
「元気ですかーー!!叫」


ドリームジャーニー
「早く進めましょう。アントニオゴッホさん」


マツリダゴッホ
「元気があれば何でもできる。 顎」



ドリームジャーニー
「展開的にはどうでしたか?」


マツリダゴッホ
「うむ。福島の開幕週の上に、ややスローペースということで、前残り決着。4コーナーで1~5番手の馬が、1~5着独占となりマツリダ」


ドリームジャーニー
「ふむ」



マツリダゴッホ
「2~4着馬は、展開の恩恵を多分に受けており、次走以降、過剰人気になるようだと、ちょっと狙いにくいなマツリダ」


ドリームジャーニー
「ジャニ吉くんの大穴、タイソウ君は、惜しくも4着でしたー」



マツリダゴッホ
「一方で、1番人気のボーデンは、スタートで行き脚がつかず、後方に置かれた時点で終了。武藤雅(23)、初めて重賞レースで人気馬に乗るも、無念の敗退で号泣」


ドリームジャーニー
「号泣はしてません」



マツリダゴッホ
「ボーデンは、後方待機組の中では、最も上位に来ているので、馬の能力はある。スタートが決まっていれば勝負になった馬。こちらは次走以降、人気落ちで狙いましょうマツリダ」


ドリームジャーニー
「はーい。さて一方、小倉では、CCB賞がありましたね」



マツリダゴッホ
「♪だ・れ・か、ロマンティック、と・め・て♪」


ドリームジャーニー
「真面目にやってください」


マツリダゴッホ
「お前がネタ振ってきたんだろマツリダ 汗」



ドリームジャーニー
「小倉では、CBC賞がありましたね」


マツリダゴッホ
「うむ。1.06.0 という、クレイジーなレコードタイムが出たなマツリダ」



ドリームジャーニー
「とんでもないスーパー高速馬場ですね 汗」


マツリダゴッホ
「うむ。ファストフォースで1.06.0が出るんだったら、レシステンシアあたりが飛ばして逃げれば、1.03.0くらい出るんじゃないかマツリダ?なあジャニ吉。むほほ 笑」



ドリームジャーニー
「出ません(真顔)」


マツリダゴッホ
「ブッ! 吹」



ドリームジャーニー
「ファストフォース君は、マツリダ予想の指定穴馬でしたね。8番人気で激走です」


マツリダゴッホ
「うむ。休み明けだが、-18キロときっちり仕上がっており、しかも初ブリンカーと、激走の条件は揃っていたなマツリダ」


ドリームジャーニー
「ふむ」



マツリダゴッホ
「ファストフォースは、未勝利戦すら勝てず、仕方なく地方競馬で走っていた馬。それが雑草魂で中央の重賞制覇。まさに競馬のマロン」


ドリームジャーニー
「ロマンです」



マツリダゴッホ
「♪だ・れ・か、ロマンティック、と・め・て♪」


ドリームジャーニー
「CCBはもういいです 汗 若い人はわからんでしょ」



マツリダゴッホ
「以上、CCB賞の回顧でしたマツリダ」


ドリームジャーニー
「CBC賞です。ということで、土日もゴッホさんやジャーニー君と一緒に競馬を楽しんでみたい方は、『マツリダ予想』で検索♪」


マツリダゴッホ
「うむ。一緒に勝ち組を目指しましょうマツリダ」



ドリームジャーニー
「ではゴッホさん、そろそろお時間です」


マツリダゴッホ
「うむ。今週も勝負可能レースの選別に入ろうマツリダ」


ドリームジャーニー
「お願いしますね。では皆さま、今週も競馬を楽しみましょー♪」



  - つづく –

サブコンテンツ