予想結果~ NHKマイルカップ(2021)



==========
◆予想累計(2010~2021)
本線   1854回
その他  2012回
抜け    825回
==========



ドリームジャーニー
「さてゴッホさん。3歳マイル王決定戦・NHKマイルカップは、シュネルマイスター君の差し切りとなりましたね」


マツリダゴッホ
「うむ。2000mの皐月賞を捨てて、1600mのNHKマイルカップを獲りに行った陣営は、ナイス判断だったなマツリダ」



ドリームジャーニー
「シュネルマイスター君の父は、短距離に強い、ヤングマンですからね」


マツリダゴッホ
「キングマンな 汗」



ドリームジャーニー
「ボク今、何て言いました?」


マツリダゴッホ
「ヤングマンって言ったぞマツリダ 汗」



ドリームジャーニー
「なんすか、ヤングマンって」


マツリダゴッホ
「ヤングマンは、西城秀樹のY.M.C.A.だろマツリダ 汗」



ドリームジャーニー
「古いんですよ」


マツリダゴッホ
「お前がな 汗」



ドリームジャーニー
「で、NHKマイルカップですが、展開的にはどうでしたか?」


マツリダゴッホ
「うむ。ハイペース。厳しい流れで、前に行った馬は壊滅となりマツリダ」


ドリームジャーニー
「ふむ」



マツリダゴッホ
「シュネルマイスターのルメールは、先行勢から離れた中団を追走。ハイペースを考えると、絶好のポジショニング」


ドリームジャーニー
「ふむふむ」



マツリダゴッホ
「直線を向くと、ルメールは前にいたソングラインの真後ろにピッタリつけて空気抵抗を最小限にする。クリストフ・ルメールのアビリティ『スリップストリーム』が発動したなマツリダ」


ドリームジャーニー
「ほほう」



マツリダゴッホ
「最後は、ソングラインとシュネルマイスターが、ハナ差の大接戦だったことを考えると、あの勝負所でのスリップストリームが、勝利につながったと考えることもできる」


ドリームジャーニー
「ふむふむ」


マツリダゴッホ
「そういう細かいテクニックの積み重ねが、ルメールの凄さとも言えるなマツリダ」



ドリームジャーニー
「なるほどですね。さて2着の、マツリダ予想の対抗○ソングラインちゃんは、人気薄でしたが頑張りましたね」


マツリダゴッホ
「うむ。桜花賞の大敗で人気を落としていたが、あのレースはメイケイエールにぶつけられて戦意喪失しただけ。左回りでは2連勝、どちらも楽勝だったので、ここは狙い目だったなマツリダ」



ドリームジャーニー
「そして3着に、2歳王者グレナディアガーズ君ですね」


マツリダゴッホ
「うむ。グレナディアガーズの川田は、なぜかハイペースを早めに動いて、謎の4角先頭。しかも大外をブン回しての、ロスの多い4角先頭で、あれでは最後、失速するのも当然」


ドリームジャーニー
「ふむ」



マツリダゴッホ
「スタート後は、6番手に収まっていたので、そのままジッとしていれば勝てたかもしれないのに、なぜ早仕掛けだったのか。あれは騎乗ミスだなマツリダ」


ドリームジャーニー
「切れ味勝負では、分が悪いと思ったんじゃないですかね」



マツリダゴッホ
「厳しいペースで、先行した馬たちはバテたが、グレナディアガーズはあの雑な競馬でも3着に粘る。能力の高さは見せたと思いマツリダ」


ドリームジャーニー
「日曜トークで、『今回、逃げて重賞を勝ってきた馬が3頭いるので、ハイペースに巻き込まれると、グレナディアガーズピンチ』と言いましたが、見事に巻き込まれてしまいましたね」



マツリダゴッホ
「うむ。グレナディアガーズが負けるとしたら、そのパターンだと思ったが」


ドリームジャーニー
「はい」



マツリダゴッホ
「久々に、川田将雅のアビリティ『GI限定・3着前後王』が発動したなマツリダ」


ドリームジャーニー
「次回は勝ってほしいですね。そんなわけで、今年のNHKマイルカップは、我がサンデーレーシングのワン・ツー・スリーとなりましたー。パチパチパチー 拍手」


マツリダゴッホ
「うむ。社台の底力おそるべし」



ドリームジャーニー
「ということで、土日もゴッホさんやジャーニー君と一緒に競馬を楽しんでみたい方は、『マツリダ予想』で検索♪」


マツリダゴッホ
「うむ。一緒に勝ち組を目指しましょうマツリダ」



ドリームジャーニー
「ではゴッホさん、そろそろお時間です」


マツリダゴッホ
「うむ。今週も勝負可能レースの選別に入ろうマツリダ」


ドリームジャーニー
「お願いしますね。では皆さま、今週も競馬を楽しみましょー♪」



  - つづく –

サブコンテンツ