予想結果~ エリザベス女王杯(2020)ほか



==========
◆予想累計(2010~2020)
本線   1769回
その他  1923回
抜け    788回
==========



ドリームジャーニー
「さて、ゴッホさん。エリザベス女王杯は、マツリダ予想の◎ラッキーライラックちゃんの連覇となりましたね」


マツリダゴッホ
「うむ。大外枠が嫌われて、1番人気にしては、あまり馬券は売れていなかったが、ルメールはさすがでしたマツリダ」



ドリームジャーニー
「展開的にはどうでしたか?」


マツリダゴッホ
「うむ。平均ペースぐらい。ラッキーライラックが早めにマクった分、先行馬は厳しくなり、差し決着となりマツリダ」


ドリームジャーニー
「ふむ」



マツリダゴッホ
「ラッキーライラックは、過去のレースを見てもわかる通り、先行したり、早めに動いたりすると止まってしまう馬」


ドリームジャーニー
「はい」



マツリダゴッホ
「去年のエリザベス女王杯と、今年の大阪杯は、インでがっつり脚を溜めて、直線ズドンの競馬だったので、大外枠の今回、ルメールがどう乗るか、注目でしたマツリダ」


ドリームジャーニー
「はい」



マツリダゴッホ
「ルメールの選択は、なんと早めマクリ。ルメちゃんアカン!それをやると最後、甘くなるんやで!」


ドリームジャーニー
「だ、誰ですか? 汗」



マツリダゴッホ
「そろそろ止まるで!ほら!止まって・・止ま・・と・・止まらんのかいっ!」


ドリームジャーニー
「・・・・汗」



マツリダゴッホ
「3歳以降、ラッキーライラックをあの形で、早めに動いて押し切らせた騎手はいない。ルメールおそるべし」


ドリームジャーニー
「さすがでしたね。さて、2着には、▲サラキアちゃんが突っ込んできましたね」



マツリダゴッホ
「うむ。脚を余し気味の追い込み。もうワンテンポ仕掛けが早ければ、差し切っていただけに、ちょっともったいなかった印象」


ドリームジャーニー
「ふむ」



マツリダゴッホ
「3着ラヴズオンリーユーは、いいタイミングで仕掛けたが、坂で止まって終了。まだ馬が絶好調ではないのか、ミルコのスランプの呪いか、何とも言えない」


ドリームジャーニー
「むう」



マツリダゴッホ
「さあそして」


ドリームジャーニー
「はい」



マツリダゴッホ
「ツッコミどころ満載すぎて、コメントするのがめんどくさい、2番人気で16着ノームコア」


ドリームジャーニー
「・・・(笛準備)」



マツリダゴッホ
「前走の札幌記念では、中団からラッキーライラックを華麗に差し切っており、ここでも同じ競馬を期待した競馬ファンは多かったはず」


ドリームジャーニー
「はい」



マツリダゴッホ
「しかし、フタを開けてみると、なんと大逃げ!なぜだ!ノリちゃん!なぜそうなるんだ!」


ドリームジャーニー
「ふーむ」



マツリダゴッホ
「ノームコアは、距離に不安があったのに、なぜ大逃げ?!人知を超えた、謎の騎手。その名は、横山典弘」


ドリームジャーニー
「ピピッー!笛 ゴッホさん!小馬鹿にしてるので、ファウル!」



マツリダゴッホ
「横山典弘のアビリティ『悪ふざけ』が発動したなマツリダ」


ドリームジャーニー
「ピピッー!笛 ゴッホさん!ファウル!」



マツリダゴッホ
「ちなみに、悪ふざけの意味は、『人に迷惑を及ぼすほど、度を越してふざけること』・・・うむ。まさに横山典弘」


ドリームジャーニー
「ピピッー!笛 ゴッホさん!ファウル!」


マツリダゴッホ
「笛を吹くな 汗」



ドリームジャーニー
「急に逃げるのも、戦略の1つでしょ」


マツリダゴッホ
「まぁそうなんだが、それをやるなら、他に圧倒的に強い馬がいるとか、自分が人気薄の時にやるものであって、今まで逃げたことがない馬が、2番人気でアレやっちゃダメ」


ドリームジャーニー
「むう」


マツリダゴッホ
「ちなみに、レース後の横山典弘のコメント↓



■『思い描いていたレースはできた』⇒思い描いてたんかいっ

■『思い切った競馬はできた』⇒思い切りすぎ

■『ハナに行くのは、この馬の武器として考えていた』⇒もっと武器あるだろ

■『休み明けの影響があった』⇒それ以前の問題



マツリダゴッホ
「・・・珍しくレース後にしっかりコメントしたと思ったらコレ。もう脱力してしまう。脱力タイムズだなマツリダ」


ドリームジャーニー
「ピピッー!笛 ゴッホさん!イエローカード! 黄」


マツリダゴッホ
「うそーん 汗」



ドリームジャーニー
「まあ、それもノリさんの個性ですからね」


マツリダゴッホ
「うむ。横山典弘は天才型なので、時に理解不能だなマツリダ」



ドリームジャーニー
「さて、あとは注目の馬はいましたか?」


マツリダゴッホ
「うむ。センテリュオはポジション後ろすぎで脚を余して5着。GIの大舞台で、戸崎圭太のアビリティ『貧乏性』が発動したなマツリダ」


ドリームジャーニー
「むう」



マツリダゴッホ
「このように、今年のエリザベス女王杯は、有力馬に騎乗ミスが多く、勝ったルメールは、最もミスが少なかった」


ドリームジャーニー
「ふむふむ」



マツリダゴッホ
「ルメール神騎乗と書いたメディアもあったが、誰がどう見ても仕掛けが早く、他の騎手のミスや呪いに救われた部分もあったと思う」


ドリームジャーニー
「ほほう」



マツリダゴッホ
「次走以降の期待値としては、勝ったラッキーライラックよりも、負けた馬を人気落ちで狙うのが良いだろうマツリダ」


ドリームジャーニー
「なるほどですね。さて、ジャニ吉くんの大穴馬は、9番人気のウインマリリンちゃんでしたが、惜しくも4着!あと一歩でしたー」


マツリダゴッホ
「うむ。先行馬の中では、一番がんばってたなマツリダ」



ドリームジャーニー
「あとは、日曜日の阪神8R、伏兵レースの参考買い目は、単勝50倍でしたね」


マツリダゴッホ
「たまたまの偶然マツリダ」



ドリームジャーニー
「ということで、これからゴッホさんやジャーニー君と一緒に、馬券の勝ち方を学んでみたい人は、『マツリダ予想』で検索♪」


マツリダゴッホ
「うむ。一緒に勝ち組を目指しましょうマツリダ」



ドリームジャーニー
「ではゴッホさん、そろそろお時間です」


マツリダゴッホ
「うむ。今週も勝負可能レースの選別に入ろうマツリダ」


ドリームジャーニー
「お願いしますね。では皆さま、今週も競馬を楽しみましょー♪」



  - つづく –

サブコンテンツ