予想結果~ 天皇賞秋(2020)ほか



==========
◆予想累計(2010~2020)
本線   1762回
その他  1916回
抜け    784回
==========



ドリームジャーニー
「さて、ゴッホさん。天皇賞秋は、アーモンドアイちゃんがついに!ついに芝GI8勝の新記録を達成しましたね!」


マツリダゴッホ
「うむ。おめでたすマツリダ」



ドリームジャーニー
「あれ?なんか、あんまりテンション上がってないですね」


マツリダゴッホ
「ハイテンションですマツリダ」



ドリームジャーニー
「めちゃクールじゃないですか。とんでもない大記録なんですから、もっと盛り上がってくださいよ」


マツリダゴッホ
「うむ。とんでもない大記録だし、馬は何も悪くないんだが、なんとなーく釈然としないというか」



ドリームジャーニー
「なんでさ」


マツリダゴッホ
「なんでタメ口やねんマツリダ 汗」



ドリームジャーニー
「芝GI8勝ってことは、アーモンドアイちゃんが史上最強馬ってことでしょ?」


マツリダゴッホ
「・・・GI8勝っつっても、半分は牝馬限定戦だからなマツリダ」



ドリームジャーニー
「関係ありません」


マツリダゴッホ
「ヴィクトリアマイルと有馬記念を、同じ価値にしていいのだろうかマツリダ」



ドリームジャーニー
「いーんです!」


マツリダゴッホ
「川平 慈英 汗」



ドリームジャーニー
「シンボリルドルフより、ディープインパクトより、アーモンドアイちゃんの方が強いってことです!」


マツリダゴッホ
「そう思ってる競馬ファンは、少数派のような」



ドリームジャーニー
「今回の天皇賞秋も、完勝ですし!」


マツリダゴッホ
「・・・グランアレグリア、サリオス、サートゥルナーリアあたりはどこ行った?強そうな馬は回避させて、アーモンドアイにGI8勝目を獲らせ・・」



ドリームジャーニー
「ピピッー!笛 ゴッホさん!イエローカード! 黄」


マツリダゴッホ
「うそーん 汗」



ドリームジャーニー
「今年の天皇賞秋は、現時点で最強クラスの馬が揃ってました!」


マツリダゴッホ
「どこがやねんマツリダ 汗 見事に、東京2000mがベストではない馬が揃ってただろマツリダ 汗」



ドリームジャーニー
「ゴッホさんは、日曜の会員トークで、『アーモンドアイを勝たせるためのメンバー構成だなマツリダ』と言ってましたね」


マツリダゴッホ
「うむ。GI8勝させるための、お膳立てがハンパない」



ドリームジャーニー
「お膳立てではなく、たまたまそういうメンバー構成になっただけです」


マツリダゴッホ
「まあ、お膳立てしても、100%勝てるわけではないからな。そこをしっかり勝つのは、さすがアーモンドアイというところ」


ドリームジャーニー
「でしょ!」



マツリダゴッホ
「GI8勝はすごい記録なんだが、競馬ファンにしてみると、『スゲー!すごいんだけど・・うーん。まあ一応すごいか』という感じだろうマツリダ」


ドリームジャーニー
「微妙な感動ですね 汗」



マツリダゴッホ
「これだけ、とてつもない記録がかかっていたレースなのに、去年より売上が減少したあたりからも、競馬ファンの微妙な盛り上がりが感じられるなマツリダ」


ドリームジャーニー
「頭数が少なかったからです!」



マツリダゴッホ
「まあ、JRAとしては、牝馬3冠⇒牡馬3冠⇒GI8勝、という理想的な流れで盛り上がったので、計算通りというところだろうマツリダ」


ドリームジャーニー
「そうですね。さて、天皇賞秋の話もしておきましょう。展開的にはどうでしたか?」



マツリダゴッホ
「うむ。過去10年で最もかったるいくらいの、超スローペース。単勝1.4倍のアーモンドアイがのんびり先行してるのに、誰も潰しに行かないのは、なんでだろ~なんでだろ~~?」


ドリームジャーニー
「たまたまです。テツandトモさん」



マツリダゴッホ
「2~3着のフィエールマンとクロノジェネシスは、前半で挟まれる不利。あれで位置取りが後方になってしまい、超スローペースでは絶望的なポジションに。あの辺も、アーモンドアイに追い風となったなマツリダ」


ドリームジャーニー
「ふむ」



マツリダゴッホ
「アーモンドアイ、GI8勝おめでとう。牝馬で5歳まで高い能力を維持し、全力で走り続けるというのは、偉大なことですマツリダ」


ドリームジャーニー
「ですね」



マツリダゴッホ
「ただ、いつも言っているが、ファンあっての競馬。そして競馬の本質は、『どの馬が一番強いのか?!』という純粋な力比べにあると思う」


ドリームジャーニー
「ふむ」



マツリダゴッホ
「馬は何も悪くないのに、大人の都合でレースを使い分けられてしまうと、競馬の魅力が薄れてしまうのではないかと、そこだけちょっと心配」


ドリームジャーニー
「ふーむ」



マツリダゴッホ
「ジャパンカップで、コントレイルとデアリングタクトとアーモンドアイの、ガチンコ勝負が見たいと、すべての競馬ファンが思っているはず」


ドリームジャーニー
「見たいですね」



マツリダゴッホ
「記録や戦績も大事だが、熱い名勝負はもっと大事。競馬ファンを置き去りにしないでほしい。これからも競馬が盛り上がっていくことを願っていますマツリダ」


ドリームジャーニー
「わかりましたー。ということで、これからゴッホさんやジャーニー君と一緒に、馬券の勝ち方を学んでみたい人は、『マツリダ予想』で検索♪」


マツリダゴッホ
「うむ。一緒に勝ち組を目指しましょうマツリダ」



ドリームジャーニー
「ではゴッホさん、そろそろお時間です」


マツリダゴッホ
「うむ。今週も勝負可能レースの選別に入ろうマツリダ」


ドリームジャーニー
「お願いしますね。では皆さま、今週も競馬を楽しみましょー♪」



  - つづく –

サブコンテンツ