◆七夕賞2011予想⇒タッチミーノット⇒自分への評価は常に甘くなりがち



【タッチミーノット】

○Touch Me Not
○馬名 意味由来⇒ 私に触らないで。ホウセンカの英語名
○5歳 男性
○父ダンスインザダーク
○中山2000m 1-0-1-0
○3歳デビューで素質は高かったものの、1度も勝てず、地方競馬へ
○地方で4連勝を決め、中央へ復帰。
○500万下から地道かつ、スムーズにステップアップ。
○重賞初挑戦となった大阪杯では、最強メンバー相手に差のない6着。キャプテントゥーレとはクビ差!
○前走は後ろすぎ。55キロなら先行できれば。



◆自分への評価は常に甘くなりがち



≪焼き鳥シゲにて≫



ダンッ!!



レッドディザイア
「オウケンくん!!なんなの昨日のツタヤのネタは!!怒」


オウケンブルースリ
「レ、レッド 汗 ビールジョッキを叩きつけちゃダメだって! 汗」



レッドディザイア
「アンタが出てくると、どうして話が下品になるわけ!? 怒」


オウケンブルースリ
「レ、レッド 汗 飲み過ぎじゃないかな 汗」



レッドディザイア
「もう恥ずかしくってしょうがない!!怒 なんなのアンタは!!怒」


オウケンブルースリ
「シ、シゲさん!汗 助けて! 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。やっぱりお二人は、お似合いでさあ」


レッドディザイア
「ハァ!?ちょっとシゲさん!!どこがお似合いなんですかっ!!怒」


オウケンブルースリ
「シ、シゲさんに絡むな 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「レッドさんも、そろそろ復帰ですかい?」


レッドディザイア
「あ。そーなんですぅー。順調なら北海道に行って、札幌記念で復帰したいなーって。えへ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。応援してますぜ」



オウケンブルースリ
「・・・ふふふ。札幌か・・・ならば夜はススキノのキャバクラで・・・うひひ 喜」


レッドディザイア
「・・・なんでアンタもついてこようとしてんの? 怒」



オウケンブルースリ
「え?だってそりゃー相方として・・・」


レッドディザイア
「アンタを連れていったら、カニ代が倍になるでしょ。バカ」



オウケンブルースリ
「あー!おまえ一人で、カニ三昧しようとしてやがるなー! 汗」


レッドディザイア
「アタシはお仕事で行くんです」


オウケンブルースリ
「くっ・・・」



レッドディザイア
「悔しかったらアンタも札幌記念に出てみろ。ダメオヤジ」


オウケンブルースリ
「うう・・・ 泣」



ガラガラッ



焼き鳥屋 店主シゲ
「ヘイ!らっしゃい!」


タッチミーノット
「こんちわー」



レッドディザイア
「あー!タッチ君だぁ~♪」


タッチミーノット
「ども 照」


オウケンブルースリ
「オ、オレんときと態度が違うぞ 汗」



レッドディザイア
「いらっしゃ~い♪こっち座りなよ~♪」


タッチミーノット
「あ。じゃあお言葉に甘えて 照」



レッドディザイア
「タッチ君、ビールでい~い?」


タッチミーノット
「はい 照」



オウケンブルースリ
「あ、じゃあオレもビールで! 喜」


レッドディザイア
「・・・自分で注文しろ。ハゲ」


オウケンブルースリ
「ハ、ハゲてないんですけど 汗」



レッドディザイア
「タッチ君はアタシと同期なんですよぉ~。シゲさん♪」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですかい」



タッチミーノット
「で、でもボクはレッドちゃんと違って、エリートじゃないので 照」


レッドディザイア
「えー。そんなことないよぉ~♪てへっ♪」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



タッチミーノット
「ボクは3歳の9月になっても勝てなかったから、地方競馬に左遷されたくらいですから 照」


レッドディザイア
「そこから、はい上がってくるんだから、ガッツあるよねぇ!!」


タッチミーノット
「い、いやぁー 照」



オウケンブルースリ
「まあチミも、早くこのオウケン様の位置まで上がってきたまへ!なあ! ポンポン」


タッチミーノット
「・・・私に触らないでっ!!怒怒」



オウケンブルースリ
「いぃっ!! 汗」


タッチミーノット
「・・・・怒」



オウケンブルースリ
「な、なぜ? 汗」


タッチミーノット
「・・・私の名前は、タッチミーノット。だから私に触らないで。」


オウケンブルースリ
「な、なんじゃそりゃ 汗」



タッチミーノット
「Don’t touch me!!」


オウケンブルースリ
「ベ、ベッキーみたいだな 汗」



レッドディザイア
「えー。でもさーあ、なんで、私に触らないでって名前なのぉ~? ツンツン♪」


タッチミーノット
「で、でへ 照」


オウケンブルースリ
「ツ、ツンツンしてるんだから、キレろよ 汗」



タッチミーノット
「・・・タッチミーノットというのは、ホウセンカのことなのです」


レッドディザイア
「あー。あのカワイイお花のぉ~?」



タッチミーノット
「そうです 照」


レッドディザイア
「へぇ~♪それでぇ~?」



タッチミーノット
「ホウセンカは時期が来ると、種の入った袋が自然に弾けて種を遠くへバラまくのです」


レッドディザイア
「へぇ~♪」



タッチミーノット
「でも、その前に人が触ると、袋が破れて、成熟していない種子が出てしまうので、実が熟すまでは「私に触らないで」というわけです」


レッドディザイア
「へぇ~♪すごーい♪なんかオシャレな名前なんだね~♪」


タッチミーノット
「い、いやぁー 照」



オウケンブルースリ
「・・・ふむ。ということは、ホウセンカの袋は、タマぶ○ろということか・・・」



バキッ!!



オウケンブルースリ
「ぐはぁーー!!泣」


レッドディザイア
「黙ってろっ!ダメオヤジ! 怒」


オウケンブルースリ
「す、すみません 泣」



レッドディザイア
「なんかロマンチックな名前だよねぇ♪」


タッチミーノット
「・・・・照」



オウケンブルースリ
「・・・ふむ。ホウセンカは、ちょっと触られると出てしまう・・・か」



バキッ!!



オウケンブルースリ
「ぐはぁーー!!泣 べ、別に何も言ってないじゃんか!!泣」


レッドディザイア
「アンタが言うと下品に聞こえるのよっ!!怒」


オウケンブルースリ
「うぅ・・・ヒドイ 泣」



レッドディザイア
「タッチ君。七夕賞でさ。ホウセンカが成熟するといいね♪」


タッチミーノット
「うん!サラブレッドとして成熟したいね! 喜」



オウケンブルースリ
「・・・ふむ。さらにジーワンを勝てば、種牡馬になって、成熟した種をバラまき・・・」



バキッ!!



オウケンブルースリ
「ぐはぁーー!!泣」


レッドディザイア
「・・・次なんか言ったら、”レッド”カード退場だかんね 怒」


オウケンブルースリ
「は、はい 泣」



レッドディザイア
「ねえねえタッチ君♪七夕賞、自信あるぅ?」


タッチミーノット
「い、いやぁー。相手がいることですから! 照」


オウケンブルースリ
「ふっ。オレが勝ち方を教えてやろうか? 喜」



タッチミーノット
「・・・・」


オウケンブルースリ
「ん?」



タッチミーノット
「・・・ボクはすでに、オウケンさんより上だと思ってますが?」


オウケンブルースリ
「な、なにぃ! 汗 どう考えてもオレが上だろが! 汗」



タッチミーノット
「・・・オウケンさんの得意な京都でも、ボクが勝つ自信ありますよ。ふふ」


オウケンブルースリ
「ちょ、ちょっと!シゲさん!言ってやってよ!オレの方が上ですよね?!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


オウケンブルースリ
「どう考えても、オレが上でしょ?! 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・どちらが上かは、オレはわかりませんが・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・ただ、自己評価というものは、常に甘くなりがちでさあ」


オウケンブルースリ
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・自分の方が上だと思っていても、相手も同じように、自分が上だと思っているものでさあ」


オウケンブルースリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・主観的な判断は、思いのほか、アテにならねえ」


オウケンブルースリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・だから自分の方が上だと感じても、常に謙虚さを忘れず、自己を研鑽することが大事なのかもしれねえな」


オウケンブルースリ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。説教くさくなっちまったな」


タッチミーノット
「・・・いえ・・・その通りだと思います・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



タッチミーノット
「・・・オウケンさん。失礼なこと言って、スミマセンでした!!」


オウケンブルースリ
「・・・・」



レッドディザイア
「ホラ!オウケンくんも謝んなよ!!」


オウケンブルースリ
「・・・ふむ。ということは・・・」


レッドディザイア
「?」



オウケンブルースリ
「・・・タッチよりオレの方がデカイと思っていた、タマぶ○ろの大きさも、差はないというこ・・・」



バキッ!!



オウケンブルースリ
「ぐはぁーー!!泣」


レッドディザイア
「キン○マつぶしたろかぁぁーー!!このダメオヤジがぁぁーー!!怒怒」



タッチミーノット
「レ、レッドさん!!落ち着いて!! 汗汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



– つづく –

サブコンテンツ