◆アイビスサマーダッシュ2011予想⇒サアドウゾ⇒議論に勝っても、相手の誇りを傷つけるだけ



【サアドウゾ】

○Sa Dozo
○馬名 意味由来⇒ さあどうぞ
○5歳 女性
○父ゴールドアリュール
○新潟1000m 2-0-0-0
○つい最近まで500万条件も勝てない馬でイジけてたが、新潟1000mに出てみたら2連勝しちゃった!
○直線競馬に適性があるのは間違いないが、2戦とも絶対有利な外枠だったぞい
○今回も強運で外枠引ければ、連勝の勢いで行けるかも。



◆議論に勝っても、相手の誇りを傷つけるだけ



≪オープンカフェにて≫



店員
「お待たせしました。こちらチョコレートエクレアとアイスティーでございます」


サアドウゾ
「ありがとー♪」



店員
「ごゆっくりどうぞ」


サアドウゾ
「あ」


店員
「はい?」



サアドウゾ
「このエクレアおいしそうだから~店員さんも一口どうですか?」


店員
「え? 汗 いや、ボクはバイトの店員なので、そういうことは・・・汗」



サアドウゾ
「だっておいしいものは、みんなで食べた方がいいでしょ~?」


店員
「い、いやその・・・汗」



サアドウゾ
「じゃあ食べさせてあげる♪」


店員
「え? 照」



サアドウゾ
「さあどうぞ♪」


店員
「あ・・・照」



サアドウゾ
「アーン♪」


店員
「ア、アーン・・・モグモグ 照」



サアドウゾ
「おいし?」


店員
「・・・は、はひ 照」



サアドウゾ
「よかった♪」


店員
「はひ 照」



アニメイトバイオ
「・・・なにしてんすか、サーさん 汗」


サアドウゾ
「あー!アニメちゃんだー♪」



アニメイトバイオ
「・・・アンタさあ。店員なのに何してんの?」


店員
「す、すみません!汗 失礼します!汗」



サアドウゾ
「アニメちゃん、こんにちはー♪」


アニメイトバイオ
「・・・サーさん。なんで店員にエクレア食わせてんすか」


サアドウゾ
「えー。だっておいしそうだから♪」



アニメイトバイオ
「・・・そういうことは彼氏とやってくださいよ」


サアドウゾ
「おいしいものは、みんなで食べるの♪アニメちゃんもどうぞ♪」


アニメイトバイオ
「いりません」



サアドウゾ
「さあ。どうぞ♪アーン」


アニメイトバイオ
「・・・いや、それさっきあの店員が、がじったやつですよね 汗」



サアドウゾ
「いいじゃーん♪」


アニメイトバイオ
「・・・アタシそういうの気にするタイプなんで」



サアドウゾ
「ブー。じゃあ私が食べちゃう♪モグモグ。うーん♪おーいすぃーーー!!喜」


アニメイトバイオ
「・・・お、岡村? 汗」



サアドウゾ
「おーいすぃーーー!コレ」


アニメイトバイオ
「・・・似てないっすよ」


サアドウゾ
「ふ、振るから・・・汗」



アニメイトバイオ
「・・・ところで、サーさん。アイビスサマーダッシュ。多少、人気になりそうっすね」


サアドウゾ
「そ、そうなのよー!!汗 私もビックリし・・・ブホッ!」



アニメイトバイオ
「うわっ!汗 き、汚ねえなっ!!エクレアを飛ばさないでくださいよ! 汗」


サアドウゾ
「ご、ごめーん♪ついコーフンしてしまった~♪」



アニメイトバイオ
「・・・(フキフキ) 怒」


サアドウゾ
「い、いやぁー!私の競走馬人生にこんな華々しいことが起こるなんて♪」


アニメイトバイオ
「・・・・」



サアドウゾ
「アニメちゃんも応援してネ♪」


アニメイトバイオ
「・・・新潟1000で2連勝ですか・・・」


サアドウゾ
「うん♪」



アニメイトバイオ
「・・・未勝利・500万・1000万までの連勝は、別にめずらしいことではないですよ」


サアドウゾ
「うーん。そうだねえー」



アニメイトバイオ
「・・・しかもここ2戦は、超幸運な連続外枠ですよね」


サアドウゾ
「そうなのぉ~♪私ってラッキーガール? 喜」



アニメイトバイオ
「・・・ラッキーが実力だと思われて、人気になるんですよ?」


サアドウゾ
「人気者?えへー♪」



アニメイトバイオ
「・・・能力が同じなら、人気なんか無い方がいいに決まってる」


サアドウゾ
「・・・・」


アニメイトバイオ
「・・・・」



サアドウゾ
「・・・す、すごーい♪アニメちゃん、競馬詳しいんだねー♪」


アニメイトバイオ
「・・・・汗」



サアドウゾ
「アニメちゃんの見解、もっと聞きたぁーい♪」


アニメイトバイオ
「・・・・」


サアドウゾ
「では、話の続きを♪さあどうぞ♪」



アニメイトバイオ
「・・・サーさん」


サアドウゾ
「ん♪」



アニメイトバイオ
「・・・アタシ、こんなに厳しいこと言ってんスから、反論してくれてもいいんスよ?」


サアドウゾ
「・・・・」



アニメイトバイオ
「アタシだって、自分がすべて正しいとは思ってないスから」


サアドウゾ
「・・・・」



アニメイトバイオ
「言われっぱなしでは、サーさんも気分悪いでしょ?」


サアドウゾ
「・・・・」


アニメイトバイオ
「でしょ?」



サアドウゾ
「・・・例えば・・・」


アニメイトバイオ
「・・・・」



サアドウゾ
「例えば、今ここでアニメちゃんと議論したとして・・・」


アニメイトバイオ
「・・・・」



サアドウゾ
「仮に私が、アニメちゃんを論破したとしても・・・」


アニメイトバイオ
「・・・・」



サアドウゾ
「・・・アニメちゃんの誇りを傷つけるだけのような気がするの」


アニメイトバイオ
「・・・・」



サアドウゾ
「議論に勝っても意味がない。私たちは弁護士ではない」


アニメイトバイオ
「・・・・」



サアドウゾ
「コミュニケーションの意味は、相手を言い負かすことではなくて、相手との今、この時間を、一緒に楽しむことなんじゃないかなーって♪」


アニメイトバイオ
「・・・・」



サアドウゾ
「私たちは、弁護士でも、ネゴシエーターでもないんだから♪」


アニメイトバイオ
「・・・ネゴシックス?」



サアドウゾ
「・・・モ、モノマネしにくいじゃろうがっ!」


アニメイトバイオ
「・・・似てんだか似てないんだか、わかりませんよ? 引」


サアドウゾ
「だ、だって振るから・・・汗」



アニメイトバイオ
「・・・でも・・・」


サアドウゾ
「・・・・」



アニメイトバイオ
「・・・相手との議論に勝っても意味がない・・・か」


サアドウゾ
「・・・・」



アニメイトバイオ
「・・・心に響きました。サーさん・・・」


サアドウゾ
「え、えへ♪」



アニメイトバイオ
「私たちは、ついつい自分の正当性を誇示しようとしてしまいますよね」


サアドウゾ
「うん。でも、言葉は武器じゃないと思うから♪」


アニメイトバイオ
「・・・・」



サアドウゾ
「楽しくトークできればいいんだよ♪きっと♪」


アニメイトバイオ
「・・・ふっ。そうですね 微笑」


サアドウゾ
「うん♪」



ウィーン



店員
「いらっしゃいませ」


母親
「子供と二人なんですけど」


子供
「・・・・」


店員
「あ。申し訳ありません 汗 現在、満席でして 汗」



アニメイトバイオ
「・・・あれ。いつの間にか混んできましたね。・・・ん?サーさん?どこ行った?」



サアドウゾ
「あ、あのー」


母親
「はい?」



サアドウゾ
「もしよろしければ、私の席にどうぞ♪私もう帰りますんで♪」


母親
「あらー。いいんですか?」


サアドウゾ
「さあどうぞ♪」



母親
「ではお言葉に甘えますねえ。ありがとねえ」


サアドウゾ
「いえいえ♪」


子供
「お姉ちゃん!ありがとう! 喜」



サアドウゾ
「いいのよー♪あ。そーゆーことでアニメちゃん、またね~♪バイバーイ♪」


アニメイトバイオ
「あ・・・サーさん!ちょ・・・汗」



母親
「・・・・」


アニメイトバイオ
「・・・・」


子供
「・・・・」



アニメイトバイオ
「・・・き、気まずい 汗汗 サーさんのヤツ~! 怒」



– つづく –

サブコンテンツ