◆函館記念2011予想⇒マイネルスターリー⇒目標を達成してくれる習慣を身につけるのが近道



【マイネルスターリー】

○Meiner Starry
○馬名 意味由来⇒ 冠名+星のように輝く
○6歳 男性
○父スターオブコジーン
○函館 2-0-0-0
○札幌 5-0-0-3
○ほぼすべての勝利が北海道。なまら洋芝得意っしょ。
○昨年の函館記念は3馬身以上ぶっちぎり。なまら余裕。
○前走は休み明けで、1頭だけ58キロで、なまら重かったけど快勝。
○函館記念は昨年56→今年58。なまら増量。でもなまらがんばるっしょ!



◆目標を達成してくれる習慣を身につけるのが近道



≪函館競馬場にて≫



ローズキングダム
「ぬわぁぁーー!!汗汗」


エイシンフラッシュ
「・・・・」



ローズキングダム
「ま、またハズレだぁー! 泣」


エイシンフラッシュ
「そうだね」



ローズキングダム
「なんであと5mでバテるんじゃあー!コラァー!!怒」


エイシンフラッシュ
「おお。馬券がハズれて、キレるJCホースの横顔!スクープ!カシャッ!」



ローズキングダム
「ま、まぶしい!汗 フラッシュを使うんじゃねえっ! 怒」


エイシンフラッシュ
「ボクがフラッシュを使わなければ、エイシンカメラになってしまい・・・」



ローズキングダム
「何回も聞いたわー!!怒」


エイシンフラッシュ
「そうだっけ」



ローズキングダム
「つーかよーフラッシュ。ゴッホさんに電話して、次のレースのマツリダ予想を聞いてくれよー」


エイシンフラッシュ
「自分で電話すればー?」


ローズキングダム
「大体よぉー。こんなペラペラのスポーツ新聞だけで、勝とうってのが間違ってんだろ!!怒」



エイシンフラッシュ
「まあまあ落ち着いてキングダム・・・ん?なんだアレ?レース中でもないのに、芝コースに馬がいる」


ローズキングダム
「ホントだ 汗 なんだアイツは 汗」



謎の馬
「モグモグ・・・うまし」


エイシンフラッシュ
「・・・し、芝を食べている? 汗」


ローズキングダム
「あ、あれはまさか・・・汗」



マイネルスターリー
「モグモグ・・・うん。やっぱり洋芝はおいしいなあ。・・・ん?」


ローズキングダム
「め、目を合わせるな!フラッシュ! 汗」



マイネルスターリー
「・・・オーイ!喜 キングダム君じゃないか?! 喜」


ローズキングダム
「か、隠れろ!フラッシュ! 汗」


エイシンフラッシュ
「・・・も、もう見つかってるし 汗」



マイネルスターリー
「やあやあ!キングダム君!今年もまた会ったね! 喜」


ローズキングダム
「あ、ども 汗 スターリーさん 汗 1年ぶりの登場っすね 汗」



マイネルスターリー
「そうなんだよー。今年も函館記念を圧勝しに来たよ~ 喜」


ローズキングダム
「そ、そうっすか 汗 ところでコースの中で何してたんすか? 汗」



マイネルスターリー
「ああ。洋芝を食べていたんだよ~。モグモグ」


ローズキングダム
「こ、今年も食べてたんすか 汗」



マイネルスターリー
「うん。去年はキングダム君も食べてたじゃないかぁー 喜」


ローズキングダム
「・・・ええ。まあ。ノリで 汗」



マイネルスターリー
「あれー?今年はヴィクトワール君はいないのかい?」


ローズキングダム
「ええ。ヴィクトワール氏は、世界を制してから引退するとか言って、旅立ちましたんで」



マイネルスターリー
「そうかー。彼も1年で大きく飛躍したよねえ」


ローズキングダム
「そうっすね・・・落」



エイシンフラッシュ
「それはそうと、スターリーさん。一叩きの巴賞、58キロなのに鬼強でしたね」


マイネルスターリー
「いやー 照」



エイシンフラッシュ
「さすが北海道、洋芝の鬼ですね!カシャッ!」


マイネルスターリー
「ありがとねえ 照 でもね・・・」


エイシンフラッシュ
「?」



マイネルスターリー
「ボクにも人知れず、苦悩の時期があったもんさ・・・(遠い目)」


エイシンフラッシュ
「そうなんですか?」



マイネルスターリー
「うん。若い頃はいろんな競馬場で走ったけど、どうしても勝ちきれなくて・・・」


エイシンフラッシュ
「へー」



マイネルスターリー
「なぜ勝ちきれないんだ!って悩んで、ボクは北海道に、自分探しの旅に出たのさ」


エイシンフラッシュ
「へー」



マイネルスターリー
「ふっ。聞きたいかい?ボクの強さの秘密を・・・喜」



≪回想シーン 富良野ラベンダー畑にて≫



若き日のスターリー
「はぁー・・・そこそこの着順までは行くのに勝てない・・・ボクはダメな奴なんだろうか・・・落」



ポンポン



若き日のスターリー
「え?」


じゅん君
「・・・なにか・・・悩んでいるわけで?」



若き日のスターリー
「はい?汗 キ、キミは誰? 汗」


じゅん君
「ボクは・・・黒板純な・・・わけで・・・」



若き日のスターリー
「え!?あの、北の国からの純くん?! 汗」


じゅん君
「・・・その通りな・・・わけで・・・」



若き日のスターリー
「ス、スゲー!汗 さすが富良野だ!汗」


じゅん君
「・・・悩みがあるなら・・・聞くことくらいは・・・できるわけで・・・」



若き日のスターリー
「うん・・・あのね、純くん。ボク、いろんな競馬場で走ってるんだけど、勝ちきれないんだ・・・落」


じゅん君
「・・・・」



若き日のスターリー
「それで、どうしたらいいかわからなくて、自分を見つめ直そうと、富良野まで来てしまったんだ・・・」


じゅん君
「・・・・」



若き日のスターリー
「ねえ!純くん!ボク、どうしたらいいのかな! 泣」


じゅん君
「・・・・」


若き日のスターリー
「・・・うう・・・泣」



じゅん君
「・・・自分の・・・」


若き日のスターリー
「・・・・」



じゅん君
「・・・自分の目指す目標を、達成してくれるような、習慣を身につけるのが・・・」


若き日のスターリー
「・・・・」



じゅん君
「・・・近道なわけで・・・」


若き日のスターリー
「・・・習慣?」



じゅん君
「・・・熱い努力は・・・カッコイイけど・・・長続き・・・しないわけで・・・」


若き日のスターリー
「・・・・」



じゅん君
「・・・好ましい行動を・・習慣にしてしまえば・・努力が苦痛では・・なくなるわけで・・・」


若き日のスターリー
「・・・・」



じゅん君
「・・・スターリー君は・・北海道の洋芝に適性がありそうだから・・」


若き日のスターリー
「・・・・」



じゅん君
「・・・北海道で勝つべく習慣を・・身につけるのがいいかもしれないわけで・・・」


若き日のスターリー
「・・・た、例えば?」



じゅん君
「・・・まず、食事はジンギスカンなわけで・・・」


若き日のスターリー
「・・・・汗」



じゅん君
「具材は・・ラム肉と・・洋芝なわけで・・・」


若き日のスターリー
「よ、洋芝を食べるの? 汗」



じゅん君
「・・・ジンギスカンが・・おいしかった時は・・『なまらうまいっしょ!』って・・言うわけで・・・」


若き日のスターリー
「い、言わなくてよくね? 汗」



じゅん君
「・・・それから・・北の国からを・・全巻見るわけで・・・」


若き日のスターリー
「そ、その習慣はいらなくね? 汗」



じゅん君
「・・・旭山動物園は・・休日に行くと混んでるから・・平日に行くわけで・・・」


若き日のスターリー
「そ、それは習慣とかじゃなくね? 汗」



じゅん君
「・・・とにかく・・そういう北海道密着型の・・習慣を身につければ・・・」


若き日のスターリー
「・・・・」



じゅん君
「スターリー君は・・きっと・・洋芝の帝王になれるわけで・・・」


若き日のスターリー
「うん・・・泣」



じゅん君
「がんばってほしいわけで・・・」


若き日のスターリー
「わかった・・・泣 純くん・・・ボクきっと、洋芝の帝王になるからね! 泣」



じゅん君
「・・・応援してるわけで・・・」


若き日のスターリー
「うん! 泣」



≪回想シーン終了≫



マイネルスターリー
「・・・とまあ、そんな経緯を経て、ボクは昨年、函館記念を圧勝したわけなんだ 照」


ローズキングダム
「・・・・」


エイシンフラッシュ
「・・・・」



マイネルスターリー
「・・・やだなあ!二人とも!泣かないでよ!照れるじゃないか! 照」


ローズキングダム
「・・・・」


エイシンフラッシュ
「・・・・」


マイネルスターリー
「ん?」



ローズキングダム
「・・・ぬおわぁぁーー!!汗 ま、またハズレだぁぁーー!!泣」


エイシンフラッシュ
「お。馬券がハズレまくるJCホースの横顔!カシャッ!」



ローズキングダム
「なんで大外ぶん回しとんじゃぁー!このボケがぁぁーー!!怒」


エイシンフラッシュ
「おおっ!いいね!その横顔!カシャッ!!」



マイネルスターリー
「・・・だ、誰もボクの話を・・・聞いてないわけで・・・泣」



– つづく –

サブコンテンツ