◆函館記念2011予想⇒ミッキーペトラ⇒失敗してきたから、他人の痛みがわかる



【ミッキーペトラ】

○Mikki Petra
○馬名 意味由来⇒ 冠名+母名
○5歳 男性
○父シンボリクリスエス
○2000m 2-1-1-2
○函館 1-0-0-0
○3歳時の弥生賞ではロジユニヴァースの2着
○その後、不調期突入。4歳になって若干復活
○重賞では掲示板がやっとの状況が続くが、前走、初めての函館でいきなり1着
○洋芝は悪くないので、あとはマイペース逃げに持ち込めれば。



◆失敗してきたから、他人の痛みがわかる



≪オウケン宅にて≫



オウケンブルースリ
「ああ~!暑い~!!汗汗」


レッドディザイア
「しょうがないでしょ。夏なんだから」



オウケンブルースリ
「暑いよぉ~!泣 レッドぉ~。かき氷買ってきて~」


レッドディザイア
「自分で行け。ハゲ」


オウケンブルースリ
「ハ、ハゲてないしっ! 汗」



ピンポーン



レッドディザイア
「ホラ。お客さんよ。出てよ」


オウケンブルースリ
「暑くて動けん」



レッドディザイア
「・・・はよ出えや・・・怒」


オウケンブルースリ
「は、はい 汗」



ガチャ



オウケンブルースリ
「あいよー。誰だよ、このクソ暑い中・・・」



ミッキーペトラ
「ハーイ♪ボク、ミッキー♪」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ミッキーペトラ
「ボク、ミッキーがオウケン君ちに遊びにき・・・」



バタン



オウケンブルースリ
「・・・ふー」


レッドディザイア
「あれ?オウケンくん。お客さんは?」



オウケンブルースリ
「・・・いや。ネズミのイタズラだったわ」


レッドディザイア
「そう」



オウケンブルースリ
「いやぁ~暑い!怒 レッド~。ガリガリ君、買ってきて~」


レッドディザイア
「冷蔵庫にハーゲンダッツあるよ」



オウケンブルースリ
「やだ~!暑い日にはガリガリ君だろー!!怒」


レッドディザイア
「・・・ハーゲンダッツある言うとるやろが・・・ハゲ・・・怒」


オウケンブルースリ
「ハ、ハーゲンダッツとハゲが、かかってるんですね 汗」



ガチャ



ミッキーペトラ
「ハーイ♪ボク、ミッキー♪」


オウケンブルースリ
「・・・・」


レッドディザイア
「・・・・」



ミッキーペトラ
「ドア閉められたから、勝手に入ってきたよ♪」


オウケンブルースリ
「・・・レッド~。しょうがないからハーゲンダッツで我慢するから、取って~」



レッドディザイア
「自分で取れや・・・サルオヤジがよぉ・・・怒」


オウケンブルースリ
「は、はい 汗」



ミッキーペトラ
「ねえねえ♪きみたち♪」


レッドディザイア
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・暑い日にバニラ系っていうのもなあ・・・モグモグ」



レッドディザイア
「・・・オウケンくん、アタシ、パピコ食べたい」


オウケンブルースリ
「自分で買ってこいよ~」


レッドディザイア
「暑いもん」



ミッキーペトラ
「ミッキーだよ♪」


レッドディザイア
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・モグモグ」



ミッキーペトラ
「・・・・」



バタン



レッドディザイア
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



レッドディザイア
「・・・帰ったね」


オウケンブルースリ
「・・・そうだな」



レッドディザイア
「・・・かわいそうだから、追いかけてあげれば?」


オウケンブルースリ
「・・・放置プレーでいいだろ。モグモグ」



ガチャ



ミッキーペトラ
「・・・・」


オウケンブルースリ
「お。戻ってきた」



ミッキーペトラ
「・・・ガサガサ」


オウケンブルースリ
「ん?ビニール袋から、何かを取り出している?」



ミッキーペトラ
「これ・・・」


オウケンブルースリ
「ん?」



ミッキーペトラ
「ハーイ♪ミッキーが、ガリガリ君とパピコを買ってきたよ♪」


オウケンブルースリ
「おおっ!!喜」


レッドディザイア
「ナイス!ミッキー! 喜」


ミッキーペトラ
「ハーイ♪ボク、ミッキー♪」



オウケンブルースリ
「・・・しょうがねえから、アイスに免じて話を聞いてやろう。なんか用か?・・・モグモグ」


ミッキーペトラ
「ハーイ♪ボク、日曜日に函館記念だよ♪」


オウケンブルースリ
「ああ。そうだったな」



ミッキーペトラ
「で、どう走ったらいいか、聞きにきたよ♪」


オウケンブルースリ
「・・・どうって、おまえは逃げた方がいい結果が出てるんだから、逃げだろ」



ミッキーペトラ
「うん・・・でも相手がどんな相手かわからないよ♪」


オウケンブルースリ
「ネットで調べれば?そこにパソコンあるから」



ミッキーペトラ
「・・・ボク、パソコン使えないよ♪」


オウケンブルースリ
「使えや ボソッ」



ミッキーペトラ
「新しい事にチャレンジするのは、常にリスクを伴うから、新しい事はやらないよ♪」


オウケンブルースリ
「ふーん。じゃあ過去のレースDVDがそこに積んであるから、見ていいぞ」



ミッキーペトラ
「・・・DVDデッキの使い方がわからないよ♪」


オウケンブルースリ
「・・・いや。DVDをデッキに入れて、再生するだけだろ 汗」



ミッキーペトラ
「失敗したら大変だよ♪」


オウケンブルースリ
「しねえよ ボソッ」



レッドディザイア
「ねえ、ミッキー君。今は携帯電話でもいろんなデータや情報が見れるのよ。ホラ」


ミッキーペトラ
「・・・新しいものは見ないよ♪」


レッドディザイア
「うーん」



ミッキーペトラ
「・・・新しいことへの挑戦は、失敗した時の精神的ダメージが不快だよ♪」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ミッキーペトラ
「人生は不快を避けて、いい気分になることだけでいいんだよ♪」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ミッキーペトラ
「ボク、ミッキー♪ディズニーランドは、最高の非現実ファンタジーワールドだよ♪」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ミッキーペトラ
「現実世界での、失敗や屈辱や苦悩は、人生に必要ないよ♪」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ミッキーペトラ
「そうだよね♪オウケン君♪」


オウケンブルースリ
「・・・ミッキーさあ」


ミッキーペトラ
「ん?」



オウケンブルースリ
「もちろんディズニーランドとかの、夢の世界はすばらしいクオリティだと思うよ」


ミッキーペトラ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「幸せな気持ちになれるよな」


ミッキーペトラ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「でもさ。その夢や幸福感ってのは、人から与えられたものだろ?」


ミッキーペトラ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「それが悪いわけじゃないけど、それと同時に、夢は自分で掴みにいくものでもあるんじゃね?」


ミッキーペトラ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「失敗を避けてたらさあ、いつ成長の機会があるんだよ」


ミッキーペトラ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「大きな失敗は避けなければならねえ。でも小さな失敗は、なるべく早くに経験して、これからの人生を生きるデータにした方が良くねえか?」


ミッキーペトラ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「もちろん失敗すれば、悔しいし、屈辱だし、キーッ!ってなるけど・・・」


ミッキーペトラ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「でも、自分がそういう痛みを知ってるから、他人の痛みもわかるんじゃねえのか?」


ミッキーペトラ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「自分もいっぱい失敗をしてきた、って自覚があるから、他人の失敗を許容できるんじゃねえのか?」


ミッキーペトラ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・・ふっ。すまねえ。説教くさくなっちまったな・・・ってシゲさん風に言ってみる 照 なあ!ミッキー!わかるだろ? 喜」



ミッキーペトラ
「・・・ぐごぉぉぉ~!ふごぉぉ~!Zzz・・・寝」


オウケンブルースリ
「コ、コラァァーー!!怒」



ミッキーペトラ
「ぐごぉぉぉ~!Zzz・・・寝」


オウケンブルースリ
「くっ・・・この野郎・・・もういい!怒 つまみ出すぞ!レッド! 怒」



レッドディザイア
「ぐごぉぉ~!ふごごっ!!Zzz・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・(プルプル 怒)・・・もういい!怒 おまえらなんか!うわーん!!泣走」



バタン



≪キャバクラにて≫



オウケンブルースリ
「うわ~ん!泣 レナたん~!寂しかったよぉぉ~!泣」


No.1キャバ嬢レナ
「はいはい♪オウケンたん。また仲間はずれにされたんでちゅね♪ 微笑」



オウケンブルースリ
「うん・・・誰もボクの話を聞いてくれないんでちゅ・・・泣」


No.1キャバ嬢レナ
「大丈夫♪今日はレナが聞いてあげる♪」



オウケンブルースリ
「ホントでちゅか? 喜」


No.1キャバ嬢レナ
「もちろん♪ 微笑」



オウケンブルースリ
「やったー!喜 やっぱりここは、非現実のファンタジーワールドでちゅー! 喜」


No.1キャバ嬢レナ
「うふふ♪」



オウケンブルースリ
「人から与えられた幸せって、最高でちゅー! 喜」


No.1キャバ嬢レナ
「ふふっ♪」



– つづく –

サブコンテンツ