◆函館記念2011予想⇒キングトップガン⇒準備を積み重ねて、恐怖を消す



【キングトップガン】

○King Top Gun
○馬名 意味由来⇒ 王様+父名の一部
○8歳 男性
○父マヤノトップガン
○2000m  0-0-0-4
○函館芝 0-0-0-2
○12戦連続ハンデ戦に出走中。今回で13戦連続
○未勝利戦から地道にクラスを上げてくるも、オープンに来てからは完全に頭打ちだった
○が、8歳の目黒記念。雨の東京2500で感動の重賞初制覇
○8歳での重賞連覇は困難だが、軽めハンデを味方に、もうひと花。



◆準備を積み重ねて、恐怖を消す



≪焼き鳥シゲにて≫



ガラガラ



オウケンブルースリ
「ちわーっす!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ヘイ!らっしゃい!」



オウケンブルースリ
「シゲさん、ビールね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ」



オウケンブルースリ
「いやー暑いっすねえ・・・ん?先客か」


キングトップガン
「・・・・」



オウケンブルースリ
「あ、どーも。ボク、オウケンと言います 照」


キングトップガン
「・・・マーベリックだ」



オウケンブルースリ
「は? 汗」


キングトップガン
「アメリカ海軍、戦闘機・F-14のパイロットだ」



オウケンブルースリ
「な、なんすかそれ 汗」


キングトップガン
「・・・む!おまえは・・・!」


オウケンブルースリ
「・・・・」



キングトップガン
「・・・アイスマン!」


オウケンブルースリ
「な、なんの話っすか? 汗」


キングトップガン
「よかった・・・無事だったか、アイスマン・・・泣」



オウケンブルースリ
「・・・シ、シゲさん、この人は一体・・・汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。トップガンさんだぜ」



オウケンブルースリ
「おお!あの目黒記念の覇者のトップガンさん!レース見ましたよ! 喜」


キングトップガン
「サンキュー。アイスマン」



オウケンブルースリ
「・・・・汗」


キングトップガン
「・・・・(ゴクゴク)」



オウケンブルースリ
「て、てゆーかさ、映画トップガンなんて、若い読者さんはわかんないと思いますよ 汗」


キングトップガン
「・・・・」



オウケンブルースリ
「20年以上前くらいの映画でしょ?」


キングトップガン
「・・・・」



オウケンブルースリ
「ねえ、トップガンさん」


キングトップガン
「・・・マーベリックだ」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



キングトップガン
「トップガンは古いが名作だから、ツタヤに行ったら借りてみろ、アイスマン」


オウケンブルースリ
「・・・アイスマンじゃねえし ボソッ」



キングトップガン
「アイスマンは最近ツタヤで、どんなDVDを借りたんだ?」


オウケンブルースリ
「えーと、7/6のネタで、『95歳の恥じらい~新しい世界~』と『深夜の法廷。大人の判決(半ケツ)』を借りたぜ! 喜」


キングトップガン
「・・・・」



オウケンブルースリ
「女弁護士モノはやめようと思ったが、結局、押さえで借りちまったぜ!ははっ!喜」


キングトップガン
「お、押さえってどういう意味だ 汗」


オウケンブルースリ
「はっは! 笑」



キングトップガン
「・・・おまえの人生はそれでいいのか、アイスマン」


オウケンブルースリ
「これで~いいのだ~♪」



キングトップガン
「・・・むう。噂にたがわぬ強靭な精神力・・・さすがアイスマンだ・・・驚」


オウケンブルースリ
「オウケン君だっちゅーのっ♪」


キングトップガン
「・・・ふっ 微笑」



オウケンブルースリ
「それはそうと、トップガンさん!」


キングトップガン
「マーベリックだ」



オウケンブルースリ
「マ、マーベリックさん 汗」


キングトップガン
「なんだ」



オウケンブルースリ
「函館記念はどうっすか?」


キングトップガン
「・・・・」



オウケンブルースリ
「前走で重賞ウイナーになって、有名になりましたよねえ!」


キングトップガン
「・・・・」



オウケンブルースリ
「8歳にして花開くっていう気分は、いいもんでしょ! 喜」


キングトップガン
「・・・・」



オウケンブルースリ
「ね?マーベリックさん!」


キングトップガン
「・・・正直なところ・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



キングトップガン
「・・・怖いんだ・・・」


オウケンブルースリ
「え」



キングトップガン
「やっと掴んだ重賞タイトル。オレもついに一流馬だ。だが・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



キングトップガン
「この先も活躍し続けなければ、この栄光も失われてしまう・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



キングトップガン
「怖いんだ・・・また惨敗地獄の波に飲まれるんじゃないかと・・・泣」


オウケンブルースリ
「・・・・」



キングトップガン
「せっかく掴んだ栄光が、蜃気楼のように消えてしまうんじゃないかと! 泣」


オウケンブルースリ
「・・・・」



キングトップガン
「・・・怖いんだよ・・・マーベリック・・・」


オウケンブルースリ
「・・・そうか、アイスマン・・・ってマーベリックはアンタだろーが!!怒」


キングトップガン
「あ」



オウケンブルースリ
「あ。じゃねえよ。大事なシーンで名前間違ってんじゃねえ! 怒」


キングトップガン
「スマン・・・マーベリック・・・」



オウケンブルースリ
「だからマーベリックはおまえだよっ!!怒」


キングトップガン
「あ」



オウケンブルースリ
「・・・はぁー。最近絡む馬はめんどくせーなあ・・・汗」


キングトップガン
「オレがめんどくさいって言うのか!マーベリック!!」



オウケンブルースリ
「テメーがマーベリックだろうがぁぁーー!!怒」


キングトップガン
「あ」



オウケンブルースリ
「あ。じゃねえっ!!怒 オレはアイスマンだっ!!怒」


キングトップガン
「悪かった。アイスマン・・・」



オウケンブルースリ
「いいんだ。気にするな・・・って、オレはオウケン君だっ!!誰がアイスマンだコラァァーー!!怒」


キングトップガン
「お、おまえが言ったんだろう 汗」



オウケンブルースリ
「ハァハァ・・・つ、疲れた・・・シゲさん・・・ビールおかわり・・・汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ」



キングトップガン
「・・・とにかく怖いんだ・・・怖いんだよ!マーベリック!!」


オウケンブルースリ
「・・・・(無視)」



キングトップガン
「・・・またオレのせいで、仲間のグースを失うんじゃないかって・・・泣」


オウケンブルースリ
「・・・・(無視)」



キングトップガン
「・・・怖いんだ!!どうすればいいんだ!オレはチキン野郎だっ!!泣」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



キングトップガン
「ううっ・・・泣」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・恐怖は・・・」



キングトップガン
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・恐怖は、準備を積み重ねることによって、消すことができるんだぜ」


キングトップガン
「え・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「やるべきことをやっていけば、恐怖は期待に変わっていく・・・」


キングトップガン
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「自分への期待感だ」


キングトップガン
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「自分自身への期待感を持って、ワクワクして挑む状態こそ、理想的な精神状態かもしれねえな」


キングトップガン
「・・・期待感・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「競馬は相手がいることだから、がんばれば勝てるってもんじゃねえが・・・」


キングトップガン
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「でも走るときは、ワクワクした気持ちで走りてえもんだな」


キングトップガン
「・・・教官・・・泣」



オウケンブルースリ
「・・・プッ 笑 教官とか言ってますよコイツ 笑 バカですよね。ねえシゲさん」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・グッドラック。アイスマン!」


オウケンブルースリ
「えぇ~~!!汗汗」



キングトップガン
「はい!教官っ!!泣」


オウケンブルースリ
「・・・し、しかもアイスマンはオレだろ 汗」



キングトップガン
「・・・おまえはアイスマンなのか?」


オウケンブルースリ
「ああ。オレは、アイス・・・マン!・・・って誰がアイスマンじゃあーー!!コラァァーー!!怒怒」



– つづく –

サブコンテンツ