◆小倉記念2011予想⇒ナリタクリスタル⇒困ったお客に帰っていただく方法



【ナリタクリスタル】

○Narita Crystal
○馬名 意味由来⇒ 冠名+水晶
○5歳 男性
○父スペシャルウィーク
○芝2000m 4-1-2-4
○小倉    2-0-0-2
○小倉2000は2走前に中京記念を圧勝した舞台
○とは言ってもそんときは56キロ。今回57.5キロ
○なぜか連勝はしないタイプで、前走凡走してるから今回は・・・?



◆困ったお客に帰っていただく方法



【前回までのあらすじ】

オウケンとエスポは、イタメシ屋でシェフをホメ殺しにして、ラーメンを作らせるのだった



≪イタリアンレストラン・ガンダーラにて≫



オウケンブルースリ
「・・・くっくっく・・・吉田栄作ばりのイケメンシェフと言えど、こんなもんよ」


エスポワールシチー
「おぬしも悪よのう・・・」



オウケンブルースリ
「天才オウケン君の心理マジックよ ニヤリ」


エスポワールシチー
「フッ。オレにはよくわからんぜ」



シェフ川越
「お待たせしました。お二人様」


オウケンブルースリ
「おお!来た来た!!喜」



シェフ川越
「こちら冷やし中華とネギ味噌ラーメンでございます」


オウケンブルースリ
「お~!うまそ~!!喜」


エスポワールシチー
「オ、オレは味噌バターラーメンを注文したんだが 汗」



オウケンブルースリ
「まあいいじゃんかエスポ。バターもネギも大して変わんねえって」


エスポワールシチー
「・・・オ、オレはネギは嫌いなのだ 汗」



オウケンブルースリ
「オレは希望の冷やし中華でモーマンタイだぜっ!!喜 では!いただきま・・・」


シェフ川越
「あ!」


オウケンブルースリ
「え?」



シェフ川越
「その冷やし中華はまだ完成形ではございません」


オウケンブルースリ
「は?」



シェフ川越
「ちょい足しします」


オウケンブルースリ
「な、なんだそれ? 汗」



シェフ川越
「調味料をちょい足しして、味を整えます」


オウケンブルースリ
「い、いや別にオレはこのままでいいんだけど 汗」


シェフ川越
「ダメです」



オウケンブルースリ
「う、うーんまあシェフがそう言うなら・・・」


シェフ川越
「おまかせください」


オウケンブルースリ
「・・・・」



シェフ川越
「・・・これを入れます」


オウケンブルースリ
「ん?からし?」



シェフ川越
「ご名答。チューブのからしでございます」


オウケンブルースリ
「ふむ。まあ冷やし中華には入れるよな」



シェフ川越
「はい。これをちょい足しします」


オウケンブルースリ
「うん。じゃあ頼むわ」



ギュイーン



オウケンブルースリ
「!!」


シェフ川越
「・・・(プルプル)」



オウケンブルースリ
「おいおいおいおい!!汗 ちょっと!栄作! 汗 なんでチューブ1本全部入れるんだよ!!汗」


シェフ川越
「・・・(プルプル)」



オウケンブルースリ
「も、もういいって!!プルプルしてんじゃんか!!汗」


シェフ川越
「・・・ふぅー。ちょい足し完了です ニコッ」


オウケンブルースリ
「・・・た、足しすぎだろ 汗」



シェフ川越
「さあ、お召し上がりください ニコッ」


オウケンブルースリ
「お、お召し上がりって・・・汗」



エスポワールシチー
「ぷっ 笑 オウケン。気にするな。からしが入っていようと、入っていまいと、大して変わらんぜ 笑」


オウケンブルースリ
「くっ・・・」



エスポワールシチー
「こうなってくると、オレのネギ味噌ラーメンの方が、まだマシだったな 笑」


オウケンブルースリ
「むむ・・・」



エスポワールシチー
「ではオレはネギ味噌ラーメンを頂くとしよう。オレはネギが嫌いだからネギだけ、よけて食えばいいのだ。ふっふっふ 喜」


シェフ川越
「あ!」


エスポワールシチー
「ん?」



シェフ川越
「そのネギ味噌ラーメンはまだ完成形ではございません」


エスポワールシチー
「え? 汗」


オウケンブルースリ
「プッ 笑」



シェフ川越
「・・・ちょい足しします」


エスポワールシチー
「い、いやいらん 汗」



シェフ川越
「ダメです」


エスポワールシチー
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「・・・そうだぞ。ダメだぞエスポ。この店ではシェフのちょい足しを拒否ることはできんのだ 喜」


エスポワールシチー
「くっ・・・」



オウケンブルースリ
「で、シェフ。今回は何をちょい足しするんだ?」


シェフ川越
「これです」



エスポワールシチー
「・・・ネ、ネギ・・・汗」


オウケンブルースリ
「プププッ~ 笑」



シェフ川越
「この大量のネギをちょい足しします」


エスポワールシチー
「た、大量だったら、ちょい足しじゃないだろう? 汗」



ドサドサドサー



エスポワールシチー
「あぁ~・・・泣」


オウケンブルースリ
「ギャーハハハハ!!笑」



シェフ川越
「さらに、ネギだけよけられないように、丁寧に混ぜ込みます グルグル」


エスポワールシチー
「ま、混ぜ込むなっ! 汗」


オウケンブルースリ
「ギャーハハハハー!!笑 は、腹が痛てえよ~~! 笑笑」



シェフ川越
「ふぅ~。・・・さあ!お召し上がりください 喜」


エスポワールシチー
「・・・・泣」



シェフ川越
「さあオウケン様もお召し上がりください 喜」


オウケンブルースリ
「・・・・」



シェフ川越
「それでは私は失礼致します。ごゆっくりどうぞ ニコッ」



オウケンブルースリ
「・・・・」


エスポワールシチー
「・・・・」



オウケンブルースリ
「た、食べる?エスポ 汗」


エスポワールシチー
「・・・いや・・・汗」



オウケンブルースリ
「・・・帰ろっか 汗」


エスポワールシチー
「そうしよう 汗」



オウケンブルースリ
「栄作~。お代はここに置いていくぞ~。ごちそうさん~」



バタン



シェフ川越
「・・・ありがとうございました。またのお越しを ニコッ」


イタリアンレッド
「・・・・」



シェフ川越
「・・・・」


イタリアンレッド
「・・・お客を選んじゃダメよ?シェフ 微笑」


シェフ川越
「・・・そうですね」



イタリアンレッド
「・・・ホメ殺しには、わざと乗ったの?」


シェフ川越
「ふっ。いえ、単純に嬉しかったのですよ 苦笑」



イタリアンレッド
「ふーん」


シェフ川越
「ですがボクは・・・」


イタリアンレッド
「・・・・」



シェフ川越
「・・・人の心を小手先のテクニックで動かしたりすることは、嫌いでね」


イタリアンレッド
「・・・・」



シェフ川越
「・・・世の中に出回るのは、いつも小手先論ばかりだ・・・」


イタリアンレッド
「・・・・」



シェフ川越
「確かに心理学やテクニックを使えば、一時的に人の心を動かすことはできるだろう」


イタリアンレッド
「・・・・」



シェフ川越
「でも、長い目で見れば、そんな小手先テクは、デメリットの方が多いに違いない」


イタリアンレッド
「・・・・」



シェフ川越
「人と人は、心と心・・・」


イタリアンレッド
「・・・・」



シェフ川越
「表面的なテクでは、長期的に人から愛されはしない」


イタリアンレッド
「・・・・」



シェフ川越
「・・・た、たはっ! 照 ごめん!マジコメントしてしまった! 照 カッコ悪いな!ボク! 照」


イタリアンレッド
「・・・ううん」


シェフ川越
「・・・・」



イタリアンレッド
「・・・カッコ悪くないよ・・・シェフ・・・」


シェフ川越
「て、てへっ! 照」



– つづく? –


ナリタクリスタル
「おーい!!ちょっと待ってくれ!!怒」


筆者
「え? 汗」



ナリタクリスタル
「オレはいつ登場するんだコラー! 怒」


筆者
「い、いやその~、もう誌面がいっぱいで 汗」



ナリタクリスタル
「テメーには計画性ってもんはねえのかっ!!怒」


筆者
「い、いや、予定調和からは人を楽しませるアイデアは出ないのであり・・・」



ナリタクリスタル
「うるせえっ!!怒 とにかくオレはいつ登場できるんだっ!!怒」


筆者
「た、たぶんそのうち、登場できると思うよ 汗 わかんないけど 汗」



ナリタクリスタル
「あぁっ!? 怒」


筆者
「あ!もうこんな時間だ! 汗 それじゃ!クリスタル君!さいなら~! 逃」



ナリタクリスタル
「ま、待てやコラァーー!!怒」



– つづくかも –

サブコンテンツ