◆函館2歳ステークス2011予想⇒ナイスヘイロー⇒自己利益のためのウソはつかない



【ナイスヘイロー】

○Nice Halo
○馬名 意味由来⇒ 素晴らしい+父名の一部
○2歳 男性
○父キングヘイロー
○デビュー戦は大外枠から押してハナに立ち、そのまま逃げ切り
○前走は内枠で一緒に出遅れた隣の馬に、豪快に体当たり。コース外まではね飛ばす
○その後、道中で強引に押して先行し、2着に粘るもレッドカードでビリ
○能力高い。が、気性が難しいので、テン乗りの池添Jがどう乗るか



◆自己利益のためのウソはつかない



≪ファミレスにて≫



レッドディザイア
「ホントに最近、パチンコで負けてないんでしょうね? 怒」


オウケンブルースリ
「ホ、ホントだって!汗 最近は練習が忙しくて、パチンコなんかやってるヒマないっつーの!汗」


レッドディザイア
「ふーん」



ウィーン



店員
「いらっしゃいませ」


ナイスヘイロー
「子供ひとりでちゅ」



店員
「申し訳ございません。ただいま満席でして 汗」


ナイスヘイロー
「えー! 泣」



レッドディザイア
「・・・いつの間にか、混んできたわね」


オウケンブルースリ
「そうだなー」



ドンッ!!



オウケンブルースリ
「ぐわぁー!!汗」


ナイスヘイロー
「よし!このおじちゃんが詰めてくれたから、座る席ができたでちゅ♪」



オウケンブルースリ
「な、なんだオマエ? 汗」


ナイスヘイロー
「ボクはナイスヘイローでちゅ♪2歳でちゅ♪」



レッドディザイア
「え~♪カワイイ~♪」


ナイスヘイロー
「てへ♪」



オウケンブルースリ
「つ、つーかガキ!なんで体当たりしてきたんだコラ! 怒」


ナイスヘイロー
「・・・・」



オウケンブルースリ
「あぁ!?怒 ガキだからって許さんぞコラ!!怒」


ナイスヘイロー
「・・・ご、ごめんなちゃい・・・席が空いてなくて仕方なく・・・グスッ 泣」



レッドディザイア
「ちょっとオウケンくん!やめなよ!こんな小さい子供相手に! 怒」


オウケンブルースリ
「ぬ」



ナイスヘイロー
「エーン! 泣」


レッドディザイア
「はいはい。泣かないでね。ごめんね。このオジサン怖かったねえ 微笑」


ナイスヘイロー
「・・・グスッ。・・・お姉ちゃん、優しいでちゅ・・・喜」



レッドディザイア
「え、えへ 照 じゃあナイス君は、この席でお姉ちゃんたちと一緒に座ろっか」


ナイスヘイロー
「うん!!喜」



オウケンブルースリ
「・・・ケッ。なんでオレがこんなガキと・・・」


ナイスヘイロー
「・・・(ニヤリ)」



オウケンブルースリ
「ハッ!!汗 レ、レッド!今、そのガキがニヤリと笑ったぞ!!汗」


レッドディザイア
「は?何言ってんの?オウケンくん。子供なんだからニコニコするでしょうが 怒」



オウケンブルースリ
「い、いやそうじゃなくて・・・悪い顔で・・・ニヤリ・・・って 汗」


レッドディザイア
「はぁー・・・ごめんねナイス君。このオッサン、キモイけどガマンしてね?」


オウケンブルースリ
「キ、キモイて! 汗」



ナイスヘイロー
「うん!ボク大丈夫!」


レッドディザイア
「えらいねー」



ナイスヘイロー
「うん!お姉ちゃん!だっこー!」


レッドディザイア
「あらあら 微笑 甘えん坊さんねえ。じゃあ、だっこしよっか。よいしょ!」



ナイスヘイロー
「うわぁ~い♪」


オウケンブルースリ
「・・・ケッ」



レッドディザイア
「はーいよしよし♪ヘイロー君はまだ子供だから、だっこが好きなんでしゅね♪」


ナイスヘイロー
「うん♪お姉ちゃん、あったかくて優しくて、ママみたい! 喜 スリスリ」



レッドディザイア
「あら 照 ヘイロー君もかわいいね~♪」


オウケンブルースリ
「・・・・」



レッドディザイア
「あ。ヘイロー君。ちょっとお姉ちゃん、お手洗いに行ってくるから、ここでオジサンと待っててね」


ナイスヘイロー
「うん!早く帰ってきてね!」


レッドディザイア
「はいはい 微笑 じゃあね♪」



オウケンブルースリ
「・・・・」


ナイスヘイロー
「・・・・」



オウケンブルースリ
「ふー。こんなガキと二人っきりにされてもなあ・・・落」


ナイスヘイロー
「・・・・」



オウケンブルースリ
「どうすりゃいいんだよ 落」


ナイスヘイロー
「・・・まったくだぜ」



オウケンブルースリ
「え? 汗」


ナイスヘイロー
「こんなとこで男ふたりで会話してても、しょうがねえっつってんだよ」


オウケンブルースリ
「・・・ナ、ナイス君? 汗汗」



ナイスヘイロー
「フン。何がナイス君だ。おまえバカ?プッ 笑」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



ナイスヘイロー
「それにしてもあの女・・・いい体だったぜ。もっと触っとくんだったな。ぐへへ」


オウケンブルースリ
「キ、キミはナイス君だよね・・・汗」



ナイスヘイロー
「あのナイスバディを、テメーだけのモンにしとくのは、もったいねえな」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



ナイスヘイロー
「子供モードで警戒心を薄めて、ドサクサ紛れに持ち込むか・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



ナイスヘイロー
「悪いなオウケン」


オウケンブルースリ
「・・・い、いや 汗 それよりナイス君は、二重人格なのかな? 汗汗」



ナイスヘイロー
「フン。子供のうちは、子供ぶっといた方が有利だろうが」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ナイスヘイロー
「利用できる環境は、すべて利用する。ウソもまた方便。だろ?オウケンさんよ」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ナイスヘイロー
「ウソついて人生が有利に進むなら、ウソついて生きた方が賢いだろがよ」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ナイスヘイロー
「フン。まさかアンタまで、ウソはダメだとか言うつもりじゃねえだろうな。オウケンさんよ」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ナイスヘイロー
「あ?」


オウケンブルースリ
「・・・オレは偉そうに語れるキャラじゃねえからな・・・」


ナイスヘイロー
「フン。根性ねえな」



オウケンブルースリ
「・・・ただ・・・」


ナイスヘイロー
「・・・・」



オウケンブルースリ
「ひとつのウソを壊さないためには、次々にウソを重ねなければならない」


ナイスヘイロー
「・・・・」



オウケンブルースリ
「ウソにウソを重ねていくうちに、一体、本当の自分はどれだったのか、わからなくなる・・・」


ナイスヘイロー
「・・・・」



オウケンブルースリ
「その状態は極めて心に負担がかかる状態だ」


ナイスヘイロー
「・・・・」



オウケンブルースリ
「そうやって心を壊してしまった人の話は、過去の多くの文献からも散見することができる」


ナイスヘイロー
「・・・・」



オウケンブルースリ
「短絡的に、ウソはダメだ!とか言うつもりはねえよ」


ナイスヘイロー
「・・・・」



オウケンブルースリ
「オレだってウソはつくしな」


ナイスヘイロー
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・・実は昨日もパチンコで完敗したんだが、レッドにはウソをついている。・・・まあそんな話はどうでもいいんだが」


ナイスヘイロー
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「・・・まあオレが思うに・・・」


ナイスヘイロー
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・・ウソは無い方がいい。アリなのは優しいウソだけだ」


ナイスヘイロー
「・・・・」



オウケンブルースリ
「自己に有利にコトを進めるためのウソは、トータルではデメリットの方が多いだろうぜ」


ナイスヘイロー
「・・・・」



オウケンブルースリ
「・・・まあこんなこと言っても、オオカミ少年のオマエの心には、届きはしねえだろうがな」


ナイスヘイロー
「・・・・」



オウケンブルースリ
「ケッ」


ナイスヘイロー
「・・・いや・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ナイスヘイロー
「・・まだ子供だから、すべては理解できないけど・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ナイスヘイロー
「・・・でも・・・少しだけわかった気がするよ・・・」


オウケンブルースリ
「フッ。そうか」


ナイスヘイロー
「うん・・・」




トコトコ



レッドディザイア
「お待たせ~♪ナイス君♪」


ナイスヘイロー
「あ!お姉ちゃん!おかえり~!!喜」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



レッドディザイア
「ナイス君、オジサンと仲良くしてた?」


ナイスヘイロー
「うん!オジサン、おもしろい話、いっぱいしてくれたの! 喜」


レッドディザイア
「へぇー。よかったねえ♪」



ナイスヘイロー
「うん!オジサンね、昨日パチンコで完敗したんだって! 喜」


オウケンブルースリ
「なっ!!汗汗」


レッドディザイア
「・・・ほう・・・」



ナイスヘイロー
「それからね!レッドのごはんはマズイとか、レッドは脚がくさいとか、言ってたよ! 喜」


オウケンブルースリ
「そ、それは言ってねえしっ!!汗汗」


レッドディザイア
「・・・・怒怒」



オウケンブルースリ
「お、落ち着け!レッド!汗 な? 汗」


レッドディザイア
「・・・さあ・・・では帰ってお仕置きタイムといこうか・・・怒怒」



オウケンブルースリ
「た、たぁすけてぇーー!!泣」


ナイスヘイロー
「・・・(ニヤリ)」



– つづく –

サブコンテンツ