有馬記念2016~ サトノダイヤモンド『無人島で札束に囲まれても、幸せを感じる事はできない』



◆有馬記念2016


【サトノダイヤモンド】

○Satono Diamond
○牡3
○父 ディープインパクト
○馬名の由来⇒ 額のダイヤモンド形の流星より

==========



◆無人島で札束に囲まれても、幸せを感じる事はできない



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「さあ!いよいよ今年の競馬もオーラス!今週は、すべてのレースの中でもダントツの売上を誇る、有馬記念だね!シゲさん!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ」



オウケンブルースリ
「オレも引退レースは、2012年の有馬記念でさー、感動のラストランを劇的な勝利で飾ったものだよー。うんうん 目閉」


焼き鳥屋 店主シゲ
「14着な 汗」



オウケンブルースリ
「今週の注目は、なんと言っても、人気・実力ともに現役最強のキタサンブラック!北島三郎氏の最高傑作!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「手作り肉団子の塩鍋おまち」



オウケンブルースリ
「ここを勝てば、年度代表馬も見えてくる。2016年のラストは『まつり』で決まりか!楽しみだね!はっはっは 喜」



  ガラガラッ



焼き鳥屋 店主シゲ
「へい!らっしゃい!」


サトノダイヤモンド
「・・・・」


オウケンブルースリ
「ん?誰だ?デケー奴だな」



焼き鳥屋 店主シゲ
「お一人様ですかい?」


サトノダイヤモンド
「・・そうです」



焼き鳥屋 店主シゲ
「オウケンさんの隣でいいかい?」


サトノダイヤモンド
「・・ハイ。構いません」



オウケンブルースリ
「おう。座れよ。兄ちゃん、今週のレースに出るのか?」


サトノダイヤモンド
「・・・・ 額星」



オウケンブルースリ
「・・額に、ダイヤモンドの流星・・?」


サトノダイヤモンド
「・・・・ 額星」



オウケンブルースリ
「もしかして 汗」


サトノダイヤモンド
「・・ハイ。自分、サトノダイヤモンドと言います」



オウケンブルースリ
「マ、マジ? 汗」


サトノダイヤモンド
「はじめまして 頭下」



オウケンブルースリ
「礼儀正しいな 汗」


サトノダイヤモンド
「ハイ。真の王者は、心・技・体すべてが完璧。私にスキはありません」



オウケンブルースリ
「・・2億4000万の超良血。スーパーイケメン。競走能力は言わずもがな。気性面も完璧。・・確かに隙がないな 汗」


サトノダイヤモンド
「池江先生からは、『競馬界の出来杉くん』と呼ばれています」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



■池江泰寿 調教師
『厩舎の先輩オルフェーヴルは、120点か0点か、というむちゃくちゃな悪ガキだったが、サトノダイヤモンドはいつもピッタシ90点よ。出来杉くんみてーだな。はっはっは 笑』



サトノダイヤモンド
「・・と言ってました」


オウケンブルースリ
「デフォルメしてるけどな 汗」



サトノダイヤモンド
「・・調教も言われた通り完璧にこなす。情緒も安定しているので、馬体重の変動もない。勝つために最善の行動を選び、無駄な行動は一切排除する・・」


オウケンブルースリ
「ストイックだ 汗」



サトノダイヤモンド
「厩舎の先輩オルフェーヴルさんと、ドリームジャーニーさんは、ステゴ×マックの黄金配合で驚異的な爆発力の兄弟でしたが、情緒にムラがありすぎた」


オウケンブルースリ
「確かに 汗 ジャーニーさんなんか急にキレるしな 汗」



サトノダイヤモンド
「感情は邪魔です。余計な感情が、成功への道を険しいものにしてしまう」


オウケンブルースリ
「ふむ」



サトノダイヤモンド
「自分はそれを反面教師とし、情緒を一定にして、常に安定的なパフォーマンスを発揮できるように努力してきた」


オウケンブルースリ
「ほう」



サトノダイヤモンド
「人生を成功に近づけるための、最強の裏技、知ってますか?」


オウケンブルースリ
「そんなのあるのか?」



サトノダイヤモンド
「あるんです」


オウケンブルースリ
「なによ?」



サトノダイヤモンド
「・・・『先人の言葉をメモして、それを何度も読み返すこと』です」


オウケンブルースリ
「地味~ 苦笑」



サトノダイヤモンド
「・・そう。地味です。だから誰もやらない」


オウケンブルースリ
「だろうな」



サトノダイヤモンド
「人生を変えたければ、潜在意識を変えるしかない。潜在意識を変えずして、行動を変えることはできないからです」


オウケンブルースリ
「ふむ」



サトノダイヤモンド
「そして、潜在意識を変えるためには、『感銘を受けた先人の言葉』を、何度も脳に刷り込むしかない」


オウケンブルースリ
「ほう」



サトノダイヤモンド
「ほとんどの人は、本でも映画でも、一度見ただけで満足し、反復刷り込みをしません」


オウケンブルースリ
「しないなー」



サトノダイヤモンド
「ぶっちゃけ、反復しないなら、学習効果としてはほとんどゼロに近い。エビングハウスの忘却曲線から考えても、人間は1ヶ月で80%忘れるのです」


オウケンブルースリ
「ふーん」



サトノダイヤモンド
「人間(馬)は、繰り返し見たものしか身に付かない。どんな名言も、『すごいなー。感動したー!』・・で、終わってしまえば、明日からの人生は何も変わらない」


オウケンブルースリ
「ふむ」



サトノダイヤモンド
「だから、『先人の言葉をメモして、何度も何度も何度も読み返す』・・これこそが最強の人生必勝法であり、これ以外で人生を変えるのは、ほぼ無理と言っても過言ではない」


オウケンブルースリ
「ほほう」



サトノダイヤモンド
「これは誰にでもできることであり、同時に、誰もやらないことでもある」


オウケンブルースリ
「だな」



サトノダイヤモンド
「誰もやらない事だからこそ、期待値が高い。馬券と同じです」


オウケンブルースリ
「なるほどな」



サトノダイヤモンド
「自分は毎日、今までストックした先人の言葉を、反復して刷り込み続けています。1日も欠かさずです」


オウケンブルースリ
「それが安定してパフォーマンスを発揮できる秘訣か」



サトノダイヤモンド
「・・才能に任せて生きれば、加齢とともに尻すぼみになる。でも、先人の力を借りれば、いくつになってもベストパフォーマンスに近いものを発揮できる」


オウケンブルースリ
「ふむ」



サトノダイヤモンド
「人生は短い。無駄なことをやっている暇はない」


オウケンブルースリ
「へー」



サトノダイヤモンド
「・・このコミュニケーションも無駄」


オウケンブルースリ
「悪かったな 汗」



サトノダイヤモンド
「人間(馬)は、誰にも頼らず、自分一人で考えて行動するときに、最高のパフォーマンスを発揮できる」


オウケンブルースリ
「ふーん」



サトノダイヤモンド
「余計な人間関係は、足かせになる」


オウケンブルースリ
「へー」



サトノダイヤモンド
「・・自分はそう考えて生きてきたし、これからもそうやって生きていくつもりです」


オウケンブルースリ
「ふーん」



サトノダイヤモンド
「自分が困った時は、自力で解決する。誰の力も借りない」


オウケンブルースリ
「はっは。まあよ、そんな力まなくても、なんか困ったら俺が助けてやるよ」



サトノダイヤモンド
「困難は自分で解決します。余計なお世話です」


オウケンブルースリ
「うぬぬー・・ 汗」



サトノダイヤモンド
「・・限りある時間を最大限に濃密に凝縮し、最高の効果を・・」



  ガラガラッ



ガラの悪い男A
「ヒョー!さみーぜー!おい!ヒゲのオヤジ!熱燗くれ!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ」



ガラの悪い男A
「なんだこの店。若い女が1人もいねえよ。クッソみてえな店だなww」


ガラの悪い男B
「アニキー、この後はキャバクラ行きましょうぜー。こんなクソ焼き鳥屋じゃ、やってらんねえっすよww」



オウケンブルースリ
「・・・ふぁ~あ(あくび)」


サトノダイヤモンド
「・・・・(チラ見)」



ガラの悪い男A
「・・ん?なあに見てんだぁ?コラ 怒」


オウケンブルースリ
「・・・・」


サトノダイヤモンド
「・・・見ていません」



ガラの悪い男A
「あぁっ!怒 今見てただろがぁぁーー!!大声」


サトノダイヤモンド
「・・だとしたら、すみません」



ガラの悪い男A
「・・あ?ナメてんのか?コラ 睨」


サトノダイヤモンド
「そのような意図はありません」



ガラの悪い男A
「ナメやがって。オメーちょっとこっちこいよ 怒」


サトノダイヤモンド
「いえ、まだ食事中なので・・」



  ゴキッ 拳



サトノダイヤモンド
「うぐっ・・」


ガラの悪い男A
「ぎゃーはははww 『うぐっ』・・だってよw コイツ弱え~ww」



ガラの悪い男B
「イケメンさんよお。世の中なあ、正しい論理だけで回ってるわけじゃねーんだよww」


サトノダイヤモンド
「・・アスリートは手を出せない・・チッ」



ガラの悪い男A
「あ?なに舌打ちしちゃってんのオマエ。なあ? ゴンゴン 拳」


サトノダイヤモンド
「うぐっ・・」



  ジャバジャバ



サトノダイヤモンド
「熱いっ・・」


ガラの悪い男A
「ぎゃーっははははww 熱燗かけちゃったよーんww 『熱いっ』・・だってよーw バーカww」



サトノダイヤモンド心中
(・・どうする?瞬殺して逃げるか?いや週刊誌に撮られたら選手生命が絶たれる・・)


ガラの悪い男A
「なにビビってんだよコラ。下向いちゃったよw・・・ ゴンッ! 鈍器」


サトノダイヤモンド
「ぐはっ・・」



ガラの悪い男A
「ぎゃーっはははは!ww こんなところに鈍器のようなものがあったから、殴っちゃったよww」


サトノダイヤモンド心中
(・・このままでは有馬記念にダメージが残る・・だが、この状況を打破する選択肢がない・・どうすればい・・)



  ドゴンッ!!拳大



ガラの悪い男A
「ぐはぁぁーー!!泣飛」


ガラの悪い男B
「ア、アニキっ!!汗」



ガラの悪い男A
「・・・・ 白目」


サトノダイヤモンド
「・・え?」


オウケンブルースリ
「あ・・ 汗拳」



ガラの悪い男B
「・・な、なんだテメーわ!汗 アニキにこんな事して、ただで済むと思ってんのかっ? 汗」


オウケンブルースリ
「めんごめんご 汗」



ガラの悪い男B
「くそっ!・・・ピッポッパ(電話)・・おい!緊急事態だ!アニキがやられた!今すぐ連合の仲間を集めろ!中通りの焼き鳥屋だ!武器の使用も許可する!急げ!」


オウケンブルースリ
「・・うーむ。これはまずいな 汗」



サトノダイヤモンド
「オウケンさん。これは自分の問題です。あなたに迷惑をかけるわけには・・」


オウケンブルースリ
「バカ。お前は大切な有馬記念の直前だろが。シゲさんの近くにいろ。あの人のそばにいれば安心だから」


サトノダイヤモンド
「オウケンさん・・」



  ガラガラッ



ガラの悪い軍団
「・・・おうおう。うちのアニキをやったってのは、オメーか? 睨」


オウケンブルースリ
「し、知らないけど? 汗」



ガラの悪い男B
「嘘つくんじゃねえ!怒 さっきアニキをブン殴っただろうがっ! 怒」


オウケンブルースリ
「記憶にございません。なんつって」



ガラの悪い男B
「・・ナメやがって。コラ。ペチペチ 頬叩」


オウケンブルースリ
「・・・・」



サトノダイヤモンド
「シ、シゲさん 汗 オウケンさんが 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



サトノダイヤモンド
「オウケンさん・・。なんで手を出したんだ。先に手を出せば不利になるのは明白なのに・・なんで・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


サトノダイヤモンド
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・友を侮辱されたからだ」


サトノダイヤモンド
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・自分の大切な友を侮辱されて、黙って見てるような奴は男じゃねえ。オウケンさんにとっちゃあ、一度でも一緒に酒を飲んだ奴は友だからな」


サトノダイヤモンド
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「確かにアンタの言う通り、この場でのセオリーは手出し厳禁。どう考えても不利になる。しかも相手はあんな連中だしな」


サトノダイヤモンド
「・・・・」



ガラの悪い男B
「コラ!!怒 黙ってんじゃねえよ! ゴン! 頬殴」


オウケンブルースリ
「ま、待て待て 汗 話し合いをしよう 汗」


ガラの悪い男B
「オメーが先にブン殴ってきたんだろうがー!!怒 ゴン! 頬殴」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・アンタはさっき、人生の必勝法は、他人との余計なコミュニケーションを遮断して、先人の名言や思考エッセンスを、反復して潜在意識に刷り込むことだと言った」


サトノダイヤモンド
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「まさにその通りだ。それが最短で目標を達成する方法だろう。人生を大きく変えるにはそれしかないかもしれねえ」


サトノダイヤモンド
「・・・・」



ガラの悪い男C
「っしゃーー!スキありっ!グサッ! 指尻」


オウケンブルースリ
「おおぅふっ 汗汗」


ガラの悪い男B
「ぎゃーはははは!ww カンチョー!ww」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・だがよ、そうやって成功をつかんだとき、自分の周りに誰もいなかったらどうだろうか?」


サトノダイヤモンド
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・自分のために体張ってくれる奴。自分のために時間使ってくれる奴。自分のために金使ってくれる奴。何も言わずただそばにいてくれる奴。・・・こんな非効率な奴らがいてくれるから、生きててよかったと思える」


サトノダイヤモンド
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「どんなに効率化して成功を掴んでも、その成功を分かち合える家族や友がいなければ、人生は無意味だ」


サトノダイヤモンド
「・・・・」



オウケンブルースリ
「こ、この野郎っ!カンチョーしやがったな!お返しだ!!ズブリ 指尻」


ガラの悪い男C
「おふぅぅーー!!泣汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・成功と幸福感の間に、因果関係はない」


サトノダイヤモンド
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「人は、社会的な成功さえすれば幸せになれると思いがちだが、そうじゃねえ」


サトノダイヤモンド
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「幸福感ってやつは、家族や友と、意味もなく笑い合う瞬間に感じるものだ」


サトノダイヤモンド
「・・・・」



オウケンブルースリ
「こうなったら、テメーも酒飲め!この野郎! 酒口」


ガラの悪い男B
「ぐむむむー! 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・成功を求めるのはいい。男だからな。だが、自分のために体張ってくれる奴を、無下に捨て置くな」


サトノダイヤモンド
「・・・・」



ガラの悪い男B
「クソがぁぁーー!!バリカン攻撃だ!ブンブン 振刃」


オウケンブルースリ
「あ、危ないっ 汗 やめろバカ 汗」



ガラの悪い男B
「ほりゃぁぁーー!! ジョリリッ」


オウケンブルースリ
「ああっ 汗 俺のモミアゲがっ 汗汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・どんなに成功しても、金を手にしても、自分のために体張ってくれる奴の1人もいないような人生なら、生きててよかったとは思えねえ」


サトノダイヤモンド
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・アンタの言う通り、人間関係は面倒だし、時間の無駄だし、トラブルの元凶にもなる。だがその一方で、人間は他者との関係性の中にしか、幸福感を感じることができないのも事実だ」


サトノダイヤモンド
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「無人島で、たった1人で札束に囲まれていても、幸せを感じることはできねえ」


サトノダイヤモンド
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「よく覚えておきなせえ」


サトノダイヤモンド
「・・はい・・ 涙」



オウケンブルースリ
「モミアゲのカタキだっ!お前は、モヒカンの刑に処する!ジョリジョリ~ 刈髪」


ガラの悪い男B
「や、やめてくれぇぇ~! 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・見てみろ。あんなに殺気立っていた連中が、ずいぶん変わってきたぜ」


サトノダイヤモンド
「え・・?」



ガラの悪い男B
「なんなんだテメーわっ!汗 モヒカンを越えて、ボウズになっちまったじゃねーか 汗」


オウケンブルースリ
「ぎゃーはははは!笑 ハライテー! 笑」


ガラの悪い男B
「コンチクショー! 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・暴力でもなく、警察でもなく、逃げるでもなく。オウケンさんは、どんな奴が相手でもしっかりと向き合い、気づけば仲間にしている」


サトノダイヤモンド
「・・・・」



オウケンブルースリ
「おい!アニキとやら!大丈夫か?ほら。これ飲め。熱燗だから」


ガラの悪い男A
「・・オ、オウ。グビグビ・・・ブフゥゥーー!! 吹黒」


オウケンブルースリ
「ぎゃーはははは!笑 醤油でしたー!笑 ウケる~!!笑」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・行動を効率化して最短で成功する者より、実はオウケンさんみたいな奴が、真の成功者と言えるのかも知れねえな」


サトノダイヤモンド
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。偉そうに言っちまって」


サトノダイヤモンド
「いえ・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



サトノダイヤモンド
「心に響きました・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうかい」



サトノダイヤモンド
「・・自分は、優等生であることにこだわりすぎていた。無駄を排除し、効率化を求めるがゆえに、大切なものを見失うところでした・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



サトノダイヤモンド
「ありがとうシゲさん。心がスッキリしました。これからは、自分にとって本当に大切なものは何なのか、しっかり考えながら行動していきたいと思います!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ああ。がんばんなせえ」



オウケンブルースリ
「おい!オマエラ!俺は金がないからな。今日はお前らのオゴリな」


ガラの悪い男D
「マジっすか~。勘弁してくださいよー 汗」



オウケンブルースリ
「じゃあなんかモノマネやれ。ビートたけしやれ」


ガラの悪い男D
「そんな無茶なー 汗 オウケンさんがやってくださいよー 汗」



サトノダイヤモンド
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



サトノダイヤモンド
「・・オウケンブルースリ・・か。同じ菊花賞馬として、誇りに思います」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ」



   ドサッ



サトノダイヤモンド
「あ。いけね。オウケンさんのカバン、落としちゃった。拾わなきゃ。よいしょ。ん?これはなんだ?・・DVD?」



■⇒『【大人のDVD】ナースのお仕事リターンズ~ 秘密のお注射して、あ・げ・る♪』



サトノダイヤモンド
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



サトノダイヤモンド
「・・シゲさん」


焼き鳥屋 店主シゲ
「お、おう 汗」



サトノダイヤモンド
「・・同じ菊花賞馬として恥ずかしいです・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「コマネチっ! 手手」



 - To Be Continued –




※この物語はフィクションであり、登場する団体・人物などの名称はすべて架空のものです。

⇒しゃべる馬予想(有料版)の詳細はここから空メール。24時間以内に折り返し詳細をメールでお届けします

(※上記リンクが開かない方はこちらから)

※注: 無料メルマガや、マツリダ予想詳細のメールが届かない場合は、別のメールアドレスでご登録頂くか、
「迷惑メールフォルダ(Bulk Mail)」と、「迷惑メールフィルターの設定」をご確認ください

サブコンテンツ