チャンピオンズカップ2016~ ノンコノユメ『悪い出来事の裏側には、必ずメリットが隠されている』



◆チャンピオンズカップ2016


【ノンコノユメ】

○Nonkono Yume
○セ4
○父 トワイニング
○馬名の由来⇒ 母ノンコより

==========



◆悪い出来事の裏側には、必ずメリットが隠されている



≪喫茶店にて≫



ショウナンマイティ
「オレたちは、チーム殿一気(しんがりいっき)」


ウインバリアシオン
「おう。『チーム殿一気』は、あえて確率的に一番不利な、”追い込み”で勝負する」



ショウナンマイティ
「先行策なんざ、力なき者の小細工にすぎない」


ウインバリアシオン
「おうよ。あえて困難な道をゆくのが男の美学」



ショウナンマイティ
「ウサイン・ボルトは、距離が 100mしかなくても追い込む」


ウインバリアシオン
「おう。奴もまた、男の中の男」



ショウナンマイティ
「男は黙ってシンガリ一気」


ウインバリアシオン
「そう。俺たちは!」


二人
『チーム殿一気!!』



ショウナンマイティ
「・・『チーム殿一気』は、極悪愚連隊」


ウインバリアシオン
「おうよ。泣く子も黙り、吠えるドーベルマンも、おなかを見せる愚連隊」



ショウナンマイティ
「男の中の男。それが『チーム殿一気』」


ウインバリアシオン
「おうよ。男らしさだけが、チームのアイデンティティ」



ショウナンマイティ
「・・・チーム殿一気は、喫茶店でスポーツ新聞の競馬欄を見たかったのに、隣のおっさんが先に読んでいたら、10年来の友のように、隣に座って肩を組み、一緒にスポーツ新聞を読む ドカッ 座」


隣のオッサン
「ひいっ 汗」


ウインバリアシオン
「おうよ。傍若無人は勇気のしるし ドカッ 座」



ウェイトレス翔子
「・・あ、あの・・申し訳ございませんが・・お客様が怖がられているので・・ 震」


ウインバリアシオン
「あぁっ?! 睨」


ウェイトレス翔子
「ひぃっ!! 汗」



ウインバリアシオン
「・・ねぇちゃんよぉ・・」


ウェイトレス翔子
「は、はい・・ 震」



ウインバリアシオン
「・・・・ 睨」


ウェイトレス翔子
「・・・・ 震」



ウインバリアシオン
「・・スマン。自分の席に戻る。オッサンにも謝る。スマンなオッサン」


隣のオッサン
「あ、いえ 汗」


ウェイトレス翔子
「え・・?」



ショウナンマイティ
「チーム殿一気は、男の中の男。・・男は、自分が間違っていると気づいたら潔く謝り、新しい価値観を受け入れる」


ウインバリアシオン
「おう。安いプライドにしがみつき、自分の考えに固執するのは小物の証」



ショウナンマイティ
「・・たとえ謝罪することで、こちらの立場が不利になるとしても、自分が悪いと思ったら、敢然と謝る」


ウインバリアシオン
「それが男の中の男」



ショウナンマイティ
「そう。俺たちは!」


二人
『チーム殿一気!!』


ウェイトレス翔子
「・・・素敵・・ 惚」



ウインバリアシオン
「おう。ねぇちゃん。熱々の激辛あんかけ焼きそばは、まだか?」


ウェイトレス翔子
「あ、はい。お持ちしました。こちら熱々の『激辛あんかけ焼きそば』になります。あんが沸騰しておりますので、フーフーしてお召し上がりください 熱熱」



ウインバリアシオン
「フン。チーム殿一気は、男の中の男。フーフーなんざ、女子供のやること」


ショウナンマイティ
「そう。どんなに熱くても、熱いとか言わないのが男の花道。間違っても言うなよ?熱いとか。絶対言うなよ?」



ウインバリアシオン
「あたりめえだ。誰にモノ言ってんだコノヤロウ。・・バクッ・・・。あぁっーちゃちゃちゃちゃーー!!辛れぇーー!!熱汗汗」


ショウナンマイティ
「フッ。ダチョウ倶楽部ばりのフリが、男のお約束」


ウインバリアシオン
「おう。笑いのためなら、体の苦痛もなんのその。それが男の生きる道」



ショウナンマイティ
「そう。俺たちは!」


二人
『チーム殿一気!!』


ウェイトレス翔子
「・・・・汗」



ショウナンマイティ
「例えば、チーム殿一気が、コンビニでエビドリアを温めるとき。多忙で今すぐ食事しなければならない。温めてもらわなければならない。だが、自分の後ろには、他のお客の行列が。」


ウインバリアシオン
「おう。そんな時、チーム殿一気は、あえて『お弁当温めますか?⇒ いや温めるんじゃねえ!怒』・・とキレる」



ショウナンマイティ
「そう。自分が冷たいエビドリアを泣きながら食うことで、後ろの人々の待ち時間を少しでも減らすことができるなら、チーム殿一気は、敢然と冷たいまま食おう」


ウインバリアシオン
「おう。そんなことしても、誰にも感謝されないのは百も承知で、あえて損の道を行くのが、男の中の男」



ショウナンマイティ
「そう。俺たちは!」


二人
『チーム殿一気!!』


ウェイトレス翔子
「・・・・汗」



ウインバリアシオン
「さあ。今日も、迷える子羊が現れたようだぜ」


ショウナンマイティ
「ああ。そのようだな」



≪隅っこの席にて≫



ノンコノユメ
「はぁー。とうとう去勢されて、オカマになっちゃったわ…アタシ… 落」


ウインバリアシオン
「おう。兄ちゃん ドカッ 座」


ショウナンマイティ
「悩み事か? ドカッ 座」



ノンコノユメ
「い、いやんっ 汗 なんですか、あなたたち 汗 カツアゲ?お金なら持ってないわ! 汗震」


ショウナンマイティ
「フン。チーム殿一気は、男の中の男。カツアゲなど卑怯者のやること」



ウインバリアシオン
「おうよ。むしろ俺達が、お前の野菜サンド代も払ってやる。伝票よこせ」


ノンコノユメ
「あらやだ。嬉しい 喜」



ウインバリアシオン
「・・お前の事は、調査済みだ」


ショウナンマイティ
「・・ノンコノユメ。追い込みが不利なダートでも、最後方から追い込む、男の中の男スタイル」


ノンコノユメ
「は、はぁ・・」



ウインバリアシオン
「去年のチャンピオンズカップ。砂をかぶりながらも怯まず、イン強襲の殿一気。見事だった」


ノンコノユメ
「ど、どうも 汗 惜しくも2着でしたが」



ウインバリアシオン
「もちろん今回も、殿一気だよな?」


ノンコノユメ
「い、いやー、殿一気ではいつまでたっても勝ちきれないから、展開次第では、なるべく前に行きたいのよ~」



ウインバリアシオン
「ダメだ」


ノンコノユメ
「え? 汗」



ウインバリアシオン
「どんな展開であっても、4角最後方で回ってこい」


ノンコノユメ
「そ、そんな無茶な~ 汗 どんだけ~ 汗」



ウインバリアシオン
「ウサイン・ボルトは、100m走でも追い込む」


ノンコノユメ
「やだ~。ボルトじゃないわよ~ 汗」



ウインバリアシオン
「ラスト1ハロン(200m)で、9秒台前半を出せれば、余裕で差し切れる計算だ」


ノンコノユメ
「無理に決まってるでしょ 汗」



ウインバリアシオン
「ボルトと同じ9秒台を出せばいいんだ」


ノンコノユメ
「ボルトは100mでしょ 汗 ダートじゃないし 汗」


ウインバリアシオン
「細かい事は気にするな」



ノンコノユメ
「やだ~。も~。アタシはレディだから、細かい事も気にするの~。いやんっ 照」


ウインバリアシオン
「・・・・」


ショウナンマイティ
「・・・・」



ウインバリアシオン
「・・・ところでお前、なんでさっきからオカマ口調なんだ?」


ノンコノユメ
「・・なんで・・ですって?」


ウインバリアシオン
「ああ」



ノンコノユメ
「・・・・」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ノンコノユメ
「・・・無理やり、オカマにされたのよぉぉぉーーー!!!どんだけ~~!!キーキー!! 怒泣」


ウインバリアシオン
「お、おい 汗」



ノンコノユメ
「アタシの素行が悪いからって!タマタマ取れば少しは大人しくなるだろうって!うわ~ん! 泣」


ウインバリアシオン
「・・・・汗」



ノンコノユメ
「そうよアタシは、さそり座の女!お気のすむまで笑うがいいわっ! 泣」


ウインバリアシオン
「・・・・汗」



ノンコノユメ
「・・・最近ね。アタシ、よく見る夢があるの」


ウインバリアシオン
「ほう」



ノンコノユメ
「どんな夢か聞きたい?」


ウインバリアシオン
「ああ」



ノンコノユメ
「それはね・・」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ノンコノユメ
「・・チ●コノユメよっ! 泣」


ウインバリアシオン
「チ、チ●コの? 汗」



ノンコノユメ
「そう!泣 奪われたチ●コの夢ばかり見るのよっ!返して!アタシのチ●コ! 泣」


ウインバリアシオン
「・・・・汗」


ショウナンマイティ
「・・去勢しても、チ●コは残るだろ・・ ボソッ」



ノンコノユメ
「・・はぁ~。前走のJBCクラシックは、去勢されたショックで、馬体重マイナス15キロ・・。あんな精神状態では、負けて当たり前よ・・ 落」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ノンコノユメ
「タマを失ったアタシには、もう何も残っていない… 落」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ノンコノユメ
「チーム殿一気?男の中の男?・・・ええ。なりたいわよ。アタシだって・・」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ノンコノユメ
「でも、もうなれないの!泣 アタシにはタマがないから!泣 オカマの中のオカマなのよっ! 泣」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ノンコノユメ
「・・ああ。思えばアタシの人生、失ってばかりだった・・」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ノンコノユメ
「中学生の頃は好きな女の子にフラれ、受験でも第一志望に落ち、財布はしょっちゅう落とすし、しまいにはタマキンまで失う始末・・ 落」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ノンコノユメ
「ははは 笑 考えたら笑けてくるわ。なんなのアタシの人生。生きるほど、次々に何かが失われていく・・」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ノンコノユメ
「あーあ。人生って不公平だわ。幸せそうに生きている人は、あんなになんでも持っているのに、アタシだけ失うばかり・・」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ノンコノユメ
「やっぱ人生は運よね。人の幸不幸なんて、生まれた時から決まっているんだわ、きっと」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ノンコノユメ
「アタシはもう、自分の子供を持つことさえできなくなった。だからせめて、生まれ変わったら、運が良くて努力しなくても何でも手に入る馬に、生まれ変わりたいな」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ノンコノユメ
「アタシみたいに、不運にばかり見舞われて、失い続けるだけの人生なんて、もうイヤだか・・」



  バキッ! 拳



ノンコノユメ
「ぐはぁぁー!! 鼻血」


ウインバリアシオン
「・・・・ 拳」



ノンコノユメ
「ち、ちょっと何すんのよっ!泣 警察呼ぶわよっ! 鼻血」


ウインバリアシオン
「・・呼べや」


ノンコノユメ
「え? 汗」



ウインバリアシオン
「・・警察でもなんでも、呼びたきゃ呼べや。俺たちは、逃げも隠れもしねえぜ」


ノンコノユメ
「・・・・」



ショウナンマイティ
「おい。やめとけシオン。暴力はマズイな 腕掴」


ウインバリアシオン
「うるせえ。黙っとけ」


ショウナンマイティ
「フー。熱いね 苦笑」



ウインバリアシオン
「・・・失い続けるだけの人生だと?」


ノンコノユメ
「・・・・」



ウインバリアシオン
「お前はいつもそうやって、物事のマイナス面しか見ようとせず、自己憐憫の快感に溺れているのか?」


ノンコノユメ
「・・・・」



ウインバリアシオン
「・・世の中は全て、表裏一体だ」


ノンコノユメ
「・・・・」



ウインバリアシオン
「1つの出来事には、表と裏がある。デメリットの裏には、メリットがある」


ノンコノユメ
「・・・・」



ウインバリアシオン
「・・好きな女にフラれたら、新しい出会いのチャンスを手にするし、自己成長のキッカケにもなる」


ノンコノユメ
「・・・・」



ウインバリアシオン
「受験に失敗したら、屈辱をバネにするパワーを得るし、挫折を知る優しさを手にする」


ノンコノユメ
「・・・・」



ウインバリアシオン
「・・お前がさっき言ったように、確かに世の中には、幸せな人間と不幸な人間が存在している」


ノンコノユメ
「・・・・」



ウインバリアシオン
「だがそれは、運で決まるわけではない」


ノンコノユメ
「・・・・」



ウインバリアシオン
「幸せな人間も不幸な人間も、『一見、不運に見える出来事』に見舞われるのは、どちらも同じだ」


ノンコノユメ
「・・・・」



ウインバリアシオン
「両者の違いは、出来事の捉え方であり、意味付けだ」


ノンコノユメ
「・・・・」



ウインバリアシオン
「幸せな人間は、『一見、不運に見える出来事』から、メリット部分も取り出し、余計な感情を挟まず、フラットに事実だけを見る」


ノンコノユメ
「・・・・」



ウインバリアシオン
「一方、お前のような不幸な人間は、『一見、不運に見える出来事』に、メリット部分があることを知ろうともせず、ただ表面的な不運だけを見て、自分はツイてない、などと自虐の快感にひたる」


ノンコノユメ
「・・・・」



ウインバリアシオン
「両者の認識の差は、年月とともに絶望的に開き、幸福な人生と不幸な人生を、明白に分離させるだろう」


ノンコノユメ
「・・・・」



ウインバリアシオン
「小僧よ」


ノンコノユメ
「・・・・」



ウインバリアシオン
「男が『自分はツイてない』などと言い出したら終わりだ」


ノンコノユメ
「・・・・」



ウインバリアシオン
「確かに、『その時は不運にしか見えない出来事』が続く事はある。そんな時は、自虐の脳内麻薬と戯れたくなるのもわかる」


ノンコノユメ
「・・・・」



ウインバリアシオン
「だが、俺たちは戦い続ける。どんなに不運でも、どんなに暗闇が続いても、チーム殿一気は、泣き言は言わねえ」


ノンコノユメ
「・・・・」



ウインバリアシオン
「それが男の心意気だからだ」


ノンコノユメ
「・・・・」



ウインバリアシオン
「・・最近は、女が強くなったとか、草食系男子だとか言われている。確かに、総合力では男は女より劣る。だが男には、男だけが持つ爆発的なパワーがあると、俺は確信している」


ノンコノユメ
「・・・・」



ウインバリアシオン
「チーム殿一気の旅路は、男の意地を見せる旅でもあるんだ」


ノンコノユメ
「・・・・」



ウインバリアシオン
「お前は、一生そうやって、ツイてない自分を憐れみ、自嘲で自分を守りながら、男を下げていればいいさ」


ノンコノユメ
「・・・・」



ウインバリアシオン
「・・フン。お前は見所がある奴だと思ったんだがな。オレの勘違いだったようだ」


ショウナンマイティ
「あんまり言ってやるな、シオン。かわいそうだろ」


ノンコノユメ
「・・・・」



ウインバリアシオン
「・・チーム殿一気は、自分の夢や目標の達成に必要な行動を、毎日積み重ねる。たとえ誰が笑ってもだ」


ノンコノユメ
「・・・・」



ウインバリアシオン
「・・フン。まあこれは、あくまでオレたちの思想。押しつけるつもりはない。邪魔したな。野菜サンド代は払っておいてやる。じゃあな」


ショウナンマイティ
「じゃあな」



ノンコノユメ
「・・ちょっと待ちなさいよ・・」


ウインバリアシオン
「なんだ」



ノンコノユメ
「・・・・」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ノンコノユメ
「・・どうしてアタシのこと・・『男』って、言ってくれるの・・?」


ウインバリアシオン
「お前が男だからだ」



ノンコノユメ
「で、でも、アタシにはもうタマが・・」


ウインバリアシオン
「そんなもん関係あるか。タマがあろうがなかろうが、男のソウルは、いつだってここにあるぜ 指胸」



ノンコノユメ
「・・・・ 涙」


ウインバリアシオン
「男なら泣くな」



ノンコノユメ
「・・グスッ。・・うん・・ 涙」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ノンコノユメ
「ありがとう。チーム殿一気。大切なことに気づかせてくれて・・ 涙」


ウインバリアシオン
「フン。別にお前のために言ったわけじゃねえ。オレが言いたかっただけだ。礼を言われる筋合いはない」



ノンコノユメ
「あの・・」


ウインバリアシオン
「ん?」



ノンコノユメ
「・・まだアタシ・・チーム殿一気の一員なのかな・・?」


ウインバリアシオン
「・・・・」


ノンコノユメ
「・・・・ 見」



ウインバリアシオン
「お前の自由だ。チーム殿一気は何も強制しない。お前自身が、お前の頭で考え、自分の生きる道を決めろ」


ショウナンマイティ
「そう。それが男の中の男」


ノンコノユメ
「うん!チーム殿一気、最高よ! 泣」



ウインバリアシオン
「おう。俺たちの名は『チーム殿一気』。名乗るほどの者ではない」


ショウナンマイティ
「おうよ。名乗っちゃってるぜ」



ウインバリアシオン
「最近の世の中は、まっすぐに生きることより、打算的で、小手先的で、こざかしく生きる方が得だという風潮がある」


ショウナンマイティ
「俺たち『チーム殿一気』は、そんな世の中に警鐘を鳴らすべく組織された、男気軍団」



ウインバリアシオン
「あえて損の道を行く。それが、チーム殿一気」


ショウナンマイティ
「それが極悪愚連隊」


ウインバリアシオン
「それが男のアイデンティティ」



ショウナンマイティ
「風が、オレたちを呼んでいる」


ウインバリアシオン
「おうよ。歩み続けよう。誰に馬鹿にされようとも」



ショウナンマイティ
「それが男の生きる道」


ウインバリアシオン
「そう。俺たちは!」



二人
『チーム殿一気!!』



  - つづく –



※この物語はフィクションであり、登場する団体・人物などの名称はすべて架空のものです。

サブコンテンツ