ジャパンカップ2016~ リアルスティール『真にすごい人は努力している自覚がない』



◆ジャパンカップ2016


【リアルスティール】

○Real Steel
○牡4
○父ディープインパクト
○馬名 意味⇒ アメリカのSFアクション映画

==========



◆真にすごい人は努力している自覚がない



≪キャバクラにて≫



  カランコロ~ン



オウケンブルースリ
「うわ~い!レナたん~。久しぶり~。会いたかったよ~! 泣」


No.1キャバ嬢レナ
「うふ♪いらっしゃいませ♪オウケンたん♪」



オウケンブルースリ
「しばらく会えてなかったから、ボクたん、寂しかったでちゅ… 落」


No.1キャバ嬢レナ
「うふ♪じゃあ今日は、ゆっくりしていってね♪ 膝手」



オウケンブルースリ
「・・・・ 見」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 瞳濡」



オウケンブルースリ
「・・・ハ、ハァハァ!やっぱりレナたん最高!かわいいよ!チューしていい?ねえねえ!んー! 唇尖」


No.1キャバ嬢レナ
「ダーメ♪当店は、チュー禁止だじょ♪うふ♪ 指止」



オウケンブルースリ
「ちぇー。じゃあさ、フルーツ盛り合わせを、口移しで食べさせてー。あーん 口開」


No.1キャバ嬢レナ
「ム、ムリムリ~汗 口移しも禁止だじょー 汗」



オウケンブルースリ
「えー。じゃあさー、オレの太ももに挟んだバナナを、レナたんが食べ・・」


No.1キャバ嬢レナ
「マジムリ 真顔」


オウケンブルースリ
「ブッ! 吹」



黒服のグラサン男
「・・お客様。ゲスいセクハラは強制退場となりますので 睨」


オウケンブルースリ
「す、すんまそん 汗」



No.1キャバ嬢レナ
「ねえ、オウケンたん。今週は、ジャパンカップなんでしょう?」


オウケンブルースリ
「ああ。優勝賞金3億円のビッグレースだな」



No.1キャバ嬢レナ
「すごーい♪今年の注目は、どのお馬さんなのぉ?」


オウケンブルースリ
「今年はやっぱり、菊花賞と天皇賞春を制し、現役最強の呼び声も高い、キタサンブラックだな。馬主は北島三郎」


No.1キャバ嬢レナ
「ふーん。じゃあレナ、サブちゃんの応援馬券、買おうかなっ♪」



   ガチャ



リアルスティール
「ちょっと待ったー!」


オウケンブルースリ
「ん?」



リアルスティール
「オウケンさん、話は聞かせてもらいました 座」


オウケンブルースリ
「勝手に座るな 汗」



リアルスティール
「・・サブちゃんの応援馬券を買うだぁ?」


No.1キャバ嬢レナ
「う、うん 汗」



リアルスティール
「・・キタサンブラックは、GIの武豊&北島三郎という、過剰人気要素満載コンビ。リアルに期待値が高いとは言い難い」


No.1キャバ嬢レナ
「で、でも、当たれば嬉しいしー 汗」



リアルスティール
「さらに、キタサンブラックが唯一、3着を外した(14着)のが、ジャパンカップと同じ舞台の東京2400ダービーなのさ。リアルガチで」


No.1キャバ嬢レナ
「出川 汗」



オウケンブルースリ
「でもよお、お前も3着を外したのは2回だけで、そのうちの1回が、ジャパンカップと同じ舞台の東京2400ダービーだろw」


リアルスティール
「くっ・・」



オウケンブルースリ
「まあよ、お前も今後、レナたんに応援してもらえるように、頑張れよw」


リアルスティール
「・・いや。僕はこういう、男の欲望を煽って金儲けしようとする女性はニガテなんですよ 苦笑」


No.1キャバ嬢レナ
「うー・・。ごみん 落」



オウケンブルースリ
「はっはっは。まあよ、お前もレナたんと少し話せば、心を奪われるかもしれないぜ?」


リアルスティール
「100% あり得ません。いや、500%ないです。こういう女性はニガテなんで」


オウケンブルースリ
「ふーん」



リアルスティール
「まぁそんな事はどうでもいいとして、ジャパンカップは、ガチで狙っていきますよ」


オウケンブルースリ
「他のメンバーも強いぜ?」



リアルスティール
「ふっ。今回、僕の鞍上は、アビリティ『神騎乗』を持つ、世界のライアン・ムーアなのですっ! 燃」


オウケンブルースリ
「そうなの?」


リアルスティール
「リアルガチです」


オウケンブルースリ
「リアルガチって言いたいだけだろ 汗」



リアルスティール
「ムーアが乗ったら、ヤバイヨヤバイヨ~! 汗」


オウケンブルースリ
「完全に出川だろ 汗」



リアルスティール
「とにかく頑張りましょう!デヴィ夫人! 燃」


オウケンブルースリ
「はっはっは。デヴィ夫人ってなによ。まあ頑張れよ。あ、レナたん。オレちょっとトイレね」



   バタン



No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


リアルスティール
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・ガチたん、水割りおかわりする?」


リアルスティール
「・・ああ。もらうかな」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 氷入」


リアルスティール
「・・・・ 横向」



No.1キャバ嬢レナ
「・・プレッシャーだよね」


リアルスティール
「あ?」



No.1キャバ嬢レナ
「・・世界一とも言われる騎手が乗って負けたら、ガチたんの能力が疑われちゃうから」


リアルスティール
「ふっ。あなたのような素人には、わからないでしょう 苦笑」



No.1キャバ嬢レナ
「リアルガチで挑まなきゃね」


リアルスティール
「素人に言われなくても、そのつもりだよ」


No.1キャバ嬢レナ
「そっか」



リアルスティール
「・・僕はいつだってリアルガチさ。良血にあぐらをかくことなく、これまでずっと努力してきた」


No.1キャバ嬢レナ
「うん」



リアルスティール
「誰よりも努力した。雨の日も風の日も。勤労感謝の日も。」


No.1キャバ嬢レナ
「それは今日だね 汗」



リアルスティール
「ちなみに、『勤労感謝の日なのに、なんで執筆仕事してんだ!なんて日だっ!泣』って、筆者Tが泣いてます」


No.1キャバ嬢レナ
「うん。バカはほっとこう」


筆者T
「おーい 汗」



リアルスティール
「で、僕は誰よりも努力してきたんだ。この努力量は、誰にも負ける気がしない!」


No.1キャバ嬢レナ
「・・うん」



リアルスティール
「僕の、陰での努力量を見れば、みんなビビるだろう!」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



リアルスティール
「この『がんばった感!』サイコー! 僕って、ストイックでスゲー!って思える瞬間! 喜」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



リアルスティール
「ふっ。まあ、あなたのように、美女である事を武器にして、楽に金儲けしようとしてる人には、この努力の充実感はわかるまい! 喜」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


リアルスティール
「・・・・ 喜」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・すごいと思う」


リアルスティール
「当たり前ですっ! 喜」



No.1キャバ嬢レナ
「・・すごいと思うけど、普通にすごい。って感じ」


リアルスティール
「ん?」



No.1キャバ嬢レナ
「普通にすごいと思うけど、リアルガチにすごいとは思わない」


リアルスティール
「はぁ?」



No.1キャバ嬢レナ
「あのね。レナが思うに、普通にすごい人は、すごく努力して頑張ってる。本人もそれを自覚して、充実感を感じている」


リアルスティール
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「一方、リアルガチにすごい人は、周りから見たらものすごい努力をしてるのに、本人は努力してると思っていない」


リアルスティール
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「リアルガチにすごい人は、努力の基準が違う。普通の人が努力だと思っていることを、歯磨きのように淡々とこなす」


リアルスティール
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「レナもさ。キャバ嬢なんて簡単に稼げると思うかもしれないけど、めちゃくちゃ大変なんだ。努力しなきゃ相手にされない世界」


リアルスティール
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「でさ。レナも『今自分、頑張ってるなー♪』って、ついつい思っちゃうことがあるんだよね」


リアルスティール
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「でも多分、『自分は頑張ってる!』って思ってるうちは、まだまだなんじゃないかな」


リアルスティール
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「本当に凄い人は、努力とか頑張ってるとか、そんなアピールなんかしないで、毎日の決まり事のように、必要な行動を積み重ねている」


リアルスティール
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「そう考えると、ガチたんも、レナも、まだまだなのかもしれないね 苦笑」


リアルスティール
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「ね? 首傾」


リアルスティール
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「ハッ!また余計なことを言ってしまった 汗 ごみん 汗」


リアルスティール
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・ごめん・・。もうちょっと気の利いたこと言えたらいいんだけど、私バカだから、うまく言えなくて・・ 落」


リアルスティール
「・・・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 落」



リアルスティール
「・・ふー」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



リアルスティール
「参った参った。アンタはスゲー女だな 苦笑」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



リアルスティール
「・・リアルガチにすごい人は、努力を努力と思っていない・・か」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



リアルスティール
「確かにその通りだ。僕は、目先の充実感に心を奪われ、頑張っている自分そのものに満足してしまっていたのかもしれない…」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



リアルスティール
「・・わかった。これからは、努力や頑張りをアピールするのではなく、必要な行動を習慣化して、歯磨きのように淡々と続けていきたいと思う」


No.1キャバ嬢レナ
「うん 微笑」



リアルスティール
「・・・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



リアルスティール
「・・No.1・・か」


No.1キャバ嬢レナ
「ん?」



リアルスティール
「いや・・どんな世界でも、No.1になる奴ってのは、やっぱスゲーんだな… ボソッ」


No.1キャバ嬢レナ
「なあに? 首傾」



リアルスティール
「いや、こっちの話だ」


No.1キャバ嬢レナ
「ふーん」



リアルスティール
「・・それより、アンタにひとつ謝らなきゃいけないことがある」


No.1キャバ嬢レナ
「ん?」



リアルスティール
「・・男の欲望を煽って金儲けしようとする女は嫌いだ、と・・」


No.1キャバ嬢レナ
「うん 苦笑」



リアルスティール
「ヒドイことを言って、悪かったと…」


No.1キャバ嬢レナ
「ううん 首振」



リアルスティール
「・・許してくれますか?」


No.1キャバ嬢レナ
「もちろん 微笑」



リアルスティール
「・・・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



リアルスティール
「・・じゃあ・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



リアルスティール
「・・好きになってもいいですか? 照」


No.1キャバ嬢レナ
「・・ダメ」



リアルスティール
「もう止まらない」


No.1キャバ嬢レナ
「だーめ 微笑」



リアルスティール
「抱きしめてもいい?」


No.1キャバ嬢レナ
「だめ。当店は、抱きしめるのは禁止だじょ♪ 微笑」



リアルスティール
「だったら・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



リアルスティール
「・・また会いにきてもいいかな?」


No.1キャバ嬢レナ
「うん。また会いたいよ…」



リアルスティール
「今週のレースで、いい走りができたら、必ず来る」


No.1キャバ嬢レナ
「いい走りができなかったら、慰めてあげる♪だから来て 微笑」



リアルスティール
「はっは。さすが No.1だ」


No.1キャバ嬢レナ
「えへ♪」


リアルスティール
「フッ」



遠くから見てたオウケン
「・・・ふむ。やはり落ちたか、ガチたんよ。さすがレナたん、恐るべし。つーかガチたんって何よ 汗」



  - つづく –



※この物語はフィクションであり、登場する団体・人物などの名称はすべて架空のものです。

サブコンテンツ