マイルCS2016~ ロードクエスト『失敗を人のせいにすれば、男は終わりだ』



◆マイルチャンピオンシップ2016


【ロードクエスト】

○Lord Quest
○牡3
○父 マツリダゴッホ
○馬名の由来⇒ 冠名+探求

==========



◆失敗を人のせいにすれば、男は終わりだ



≪喫茶店にて≫



ショウナンマイティ
「オレたちは、チーム殿一気(しんがりいっき)」


ウインバリアシオン
「おう。『チーム殿一気』は、あえて確率的に一番不利な、”追い込み”で勝負する」



ショウナンマイティ
「先行策なんざ、力なき者の小細工にすぎない」


ウインバリアシオン
「おうよ。あえて困難な道をゆくのが男の美学」



ショウナンマイティ
「ウサイン・ボルトは、距離が 100mしかなくても追い込む」


ウインバリアシオン
「おう。奴もまた、男の中の男」



ショウナンマイティ
「男は黙ってシンガリ一気」


ウインバリアシオン
「そう。俺たちは!」


二人
『チーム殿一気!!』



ショウナンマイティ
「・・『チーム殿一気』は、極悪愚連隊」


ウインバリアシオン
「おうよ。泣く子も黙り、吠えるドーベルマンも、おなかを見せる愚連隊」



ショウナンマイティ
「男の中の男。それが『チーム殿一気』」


ウインバリアシオン
「おうよ。男らしさだけが、チームのアイデンティティ」



ショウナンマイティ
「・・・チーム殿一気は、喫茶店の室温が少し暑かった時、自分ちのように暖房を切る ピッ」


ウインバリアシオン
「おうよ。傍若無人は勇気のしるし」



ウェイトレス翔子
「・・あ、あの・・申し訳ございませんが・・他のお客様が寒いとおっしゃられているので・・ 震」


ウインバリアシオン
「あぁっ?! 睨」


ウェイトレス翔子
「ひぃっ!! 汗」



ウインバリアシオン
「・・ねぇちゃんよぉ・・」


ウェイトレス翔子
「は、はい・・ 震」



ウインバリアシオン
「・・・・ 睨」


ウェイトレス翔子
「・・・・ 震」



ウインバリアシオン
「・・スマン。室温は元に戻す ピッ」


ウェイトレス翔子
「え?」



ショウナンマイティ
「チーム殿一気は、男の中の男。・・男は、自分が間違っていると気づいたら潔く謝り、新しい価値観を受け入れる」


ウインバリアシオン
「おう。安いプライドにしがみつき、自分の考えに固執するのは小物の証」



ショウナンマイティ
「そう。俺たちは!」


二人
『チーム殿一気!!』


ウェイトレス翔子
「・・・素敵・・ 惚」



ウインバリアシオン
「おう。ねぇちゃん。熱々の激辛カレーうどんは、まだか?」


ウェイトレス翔子
「あ、はい。お持ちしました。こちら熱々の『激辛カレーうどん』になります。カレーが沸騰しておりますので、フーフーしてお召し上がりください 熱熱」



ウインバリアシオン
「フン。チーム殿一気は、男の中の男。フーフーなんざ、女子供のやること」


ショウナンマイティ
「そう。どんなに熱くても、熱いとか言わないのが男の花道。間違っても言うなよ?熱いとか。絶対言うなよ?」



ウインバリアシオン
「あたりめえだ。誰にモノ言ってんだコノヤロウ。・・バクッ・・・。あぁっーちゃちゃちゃちゃーー!!辛れぇーー!!熱汗汗」


ショウナンマイティ
「フッ。ダチョウ倶楽部ばりのフリが、男のお約束」


ウインバリアシオン
「おう。笑いのためなら、体の苦痛もなんのその。それが男の生きる道」



ショウナンマイティ
「そう。俺たちは!」


二人
『チーム殿一気!!』


ウェイトレス翔子
「・・・・汗」



ショウナンマイティ
「例えば、チーム殿一気が、車のガソリンを入れるとき」


ウインバリアシオン
「おう。そんな時、チーム殿一気は、あえて周辺で最もガソリン価格が高いスタンドをチョイスする」



ショウナンマイティ
「そう。一番高いスタンドでガソリンを入れた方が、世の中に循環する貨幣量が増加し、少しは景気が良くなるだろうとか、スケールのでかいことを考えるのが、男の花道」


ウインバリアシオン
「おう。そんなことしても変わらない景気のために、あえて損の道を行くのが、男の中の男」



ショウナンマイティ
「そう。価格が高いガソリンスタンドを探すためにガソリンを使う、というカオスな状況に立ち向かうのが、男の生きざま」


ウインバリアシオン
「おうよ。あえて困難な道を行くのが、男の心意気」



ショウナンマイティ
「そう。俺たちは!」


二人
『チーム殿一気!!』


ウェイトレス翔子
「・・・・汗」



ウインバリアシオン
「さあ。今日も、迷える子羊が現れたようだぜ」


ショウナンマイティ
「ああ。そのようだな」



≪隅っこの席にて≫



ロードクエスト
「はぁー。前走の富士ステークスは、多くのファンに期待してもらったのに、殿一気不発…。なにやってんだ僕は… 落」


ウインバリアシオン
「おう。兄ちゃん ドカッ 座」


ショウナンマイティ
「悩み事か? ドカッ 座」



ロードクエスト
「な、なんですか、あなたたち 汗 カツアゲ?お金なら持ってません! 汗震」


ショウナンマイティ
「フン。チーム殿一気は、男の中の男。カツアゲなど卑怯者のやること」



ウインバリアシオン
「おうよ。むしろ俺達が、お前のドライカレー代も払ってやる。伝票よこせ」


ロードクエスト
「マ、マジすか 汗」



ウインバリアシオン
「・・お前の事は、調査済みだ」


ショウナンマイティ
「・・ロードクエスト。スローペースでも、最後方から追い込む、男の中の男スタイル」


ロードクエスト
「は、はぁ・・」



ウインバリアシオン
「去年の新潟2歳ステークス。シンガリ追走からの、持ったまま殿一気。見事だった」


ロードクエスト
「ど、どうも 汗」



ウインバリアシオン
「もちろん今回も、殿一気だよな?」


ロードクエスト
「い、いやー、マイルCSは、直線平坦な京都なので、展開次第では、なるべく前に行きたいんです」



ウインバリアシオン
「ダメだ」


ロードクエスト
「え? 汗」



ウインバリアシオン
「どんな展開であっても、4角最後方で回ってこい」


ロードクエスト
「そ、そんな無茶な 汗」



ウインバリアシオン
「ウサイン・ボルトは、100m走でも追い込む」


ロードクエスト
「ボルトじゃないですもん 汗」



ウインバリアシオン
「ラスト1ハロン(200m)で、9秒台前半を出せれば差し切れる計算だ」


ロードクエスト
「その計算おかしいでしょ 汗」



ウインバリアシオン
「ボルトと同じ9秒台を出せばいいんだ」


ロードクエスト
「ボルトは100mでしょ 汗」


ウインバリアシオン
「細かい事は気にするな」



ロードクエスト
「・・今年のマイルチャンピオンシップは、春の安田記念の1~2着馬が不在。メンバー的にはGI制覇のチャンスなんです」


ウインバリアシオン
「ふむ」



ロードクエスト
「せっかくチャンスなのに、殿一気なんて好走確率の低い作戦を、わざわざチョイスする必要はないと思うし」


ウインバリアシオン
「む」



ロードクエスト
「ただでさえ、マイルチャンピオンシップの3歳馬は、データ的に不利なんです。過去10年で36頭出て、3着が1回だけですよ?」


ウインバリアシオン
「ほう」



ロードクエスト
「だから、富士ステークスみたいに、シンガリから一か八か!みたいな戦術より、他馬の動向を見ながら、中団でチャンスを伺った方が、勝てる確率は高いでしょ?」


ウインバリアシオン
「フン」



ロードクエスト
「・・あーあ。だいたいさぁ、僕って父さんがマツリダゴッホなのに、なんで追い込み馬?父さんは、がっつり先行してたのにさー」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ロードクエスト
「僕に惨敗が多いのだって、父さんがちゃんと走り方を教えてくれなかったからだと思うんですよー」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ロードクエスト
「つーか、ダービーに関しては、明らかに距離が長いでしょ。NHKマイルで2着に好走したんだから、マイル路線でいいでしょ。使い方が悪いわぁー」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ロードクエスト
「前走の富士ステークスだって、前が止まらない流れで殿一気なんて、無謀ですよ。鞍上の作戦ミスであって、僕のせいじゃないですよ」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ロードクエスト
「そういえば、富士ステークスでは、僕が断然人気だったのに、父さんはマツリダ予想で◎にしてくれなかった。これも敗因だな。きっと」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ロードクエスト
「そう考えるとね?僕の人生って、周りの人がちゃんとしてくれれば、ほとんど避けられた失敗ばっかりなんですよねー」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ロードクエスト
「まったくさぁ。使えない奴が周りにいると、いくら自分に能力があったって、失敗ばかりしてしま・・」



  バキッ! 拳



ロードクエスト
「ぐはぁぁー!! 鼻血」


ウインバリアシオン
「・・・・ 拳」



ロードクエスト
「な、何するんですか!泣 警察呼びますよ! 鼻血」


ウインバリアシオン
「・・呼べや」


ロードクエスト
「え? 汗」



ウインバリアシオン
「・・警察でもなんでも、呼びたきゃ呼べや。俺たちは、逃げも隠れもしねえぜ」


ロードクエスト
「・・・・」



ショウナンマイティ
「おい。やめとけシオン。暴力はマズイな」


ウインバリアシオン
「うるせえ。黙っとけ」


ショウナンマイティ
「フー。熱いね 苦笑」



ウインバリアシオン
「・・・周りの奴が使えないから、失敗しただと?」


ロードクエスト
「・・・・」



ウインバリアシオン
「お前はいつもそうやって、自分の失敗を人のせいにして、苦しみから逃げているのか?」


ロードクエスト
「・・・・」



ウインバリアシオン
「・・人間(馬)が何かにチャレンジしようとすれば、最初は失敗することばかりだ」


ロードクエスト
「・・・・」



ウインバリアシオン
「だがそれでいい。最初の失敗は失敗ではなく、ただのデータ取りだからだ」


ロードクエスト
「・・・・」



ウインバリアシオン
「だから最初のうちは、結果が成功でも失敗でも関係ねえ。データさえ取れれば、そこから改善していくだけで、成功に近づいていくからな」


ロードクエスト
「・・・・」



ウインバリアシオン
「だがな、せっかく貴重な失敗データを手にしているのに、それを人のせいにしてブン投げてしまえば、すべては水の泡だ」


ロードクエスト
「・・・・」



ウインバリアシオン
「失敗を人のせいにした瞬間、それは『改善不可能』なことだと、自分の潜在意識に刷り込まれるからだ」


ロードクエスト
「・・・・」



ウインバリアシオン
「失敗が自分の責任なら、自分の行動次第でいくらでも改善できる。だが、失敗が人のせいなら、他者次第なので自力では改善できねえ」


ロードクエスト
「・・・・」



ウインバリアシオン
「まあ、そんな打算的な計算をするまでもなく、自分の失敗の原因を他人に求めるなんてダセーこと、男のやることじゃねえ」


ロードクエスト
「・・・・」



ウインバリアシオン
「・・成功は自分の才能のおかげ。失敗は他人のせい、ってか?」


ロードクエスト
「・・・・」



ウインバリアシオン
「そのパターンは、才能のある奴が先細りになっていく典型例だ。進化・改善できないからな」


ロードクエスト
「・・・・」



ウインバリアシオン
「失敗した原因を自己に求め、向き合うことは苦しい。だが、その苦しみから逃げて、失敗を人のせいにし続けるなら、お前は未来を失うだろう」


ロードクエスト
「・・・・」



ウインバリアシオン
「小僧よ」


ロードクエスト
「・・・・」



ウインバリアシオン
「男は、自分の失敗を人のせいにしたら終わりだ」


ロードクエスト
「・・・・」



ウインバリアシオン
「確かに、うまくいかないストレスや、努力しても前に進んでいかない苦しみは、壮絶なものだ」


ロードクエスト
「・・・・」



ウインバリアシオン
「だが、俺たちは戦い続ける。どんなに不運でも、どんなに暗闇が続いても、チーム殿一気は、泣き言は言わねえ」


ロードクエスト
「・・・・」



ウインバリアシオン
「それが男の心意気だからだ」


ロードクエスト
「・・・・」



ウインバリアシオン
「・・最近は、女が強くなったとか、草食系男子だとか言われているが、男には、男だけが持つ爆発的なパワーがあると、俺は確信している」


ロードクエスト
「・・・・」



ウインバリアシオン
「チーム殿一気の旅路は、男の意地を見せる旅でもあるんだ」


ロードクエスト
「・・・・」



ウインバリアシオン
「お前は、一生そうやって、自分自身から目をそむけ、失敗の苦しみからコソコソ逃げて、男を下げていればいいさ」


ロードクエスト
「・・・・」



ウインバリアシオン
「・・フン。お前は見所がある奴だと思ったんだがな。オレの勘違いだったようだ」


ショウナンマイティ
「あんまり言ってやるな、シオン。かわいそうだろ」


ロードクエスト
「・・・・」



ウインバリアシオン
「・・チーム殿一気は、自分の夢や目標の達成に必要な行動を、毎日積み重ねる。たとえ誰が笑ってもだ」


ロードクエスト
「・・・・」



ウインバリアシオン
「・・フン。まあこれは、あくまでオレたちの思想。押しつけるつもりはない。邪魔したな。ドライカレー代は払っておいてやる。じゃあな」


ショウナンマイティ
「じゃあな」



ロードクエスト
「あ・・。あの・・」


ウインバリアシオン
「なんだ」



ロードクエスト
「・・・・」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ロードクエスト
「・・ありがとうございました・・」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ロードクエスト
「・・せっかくの貴重な失敗を、人のせいにして水の泡にしている・・か。」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ロードクエスト
「・・本当にその通りだ。僕は、失敗と向き合うのが怖いからって、全てを人のせいにすることで、目先の安楽を得ようとしていただけなのかもしれない・・」


ウインバリアシオン
「・・・・」



ロードクエスト
「ありがとう!チーム殿一気!大切なことに気づかせてくれて!」


ウインバリアシオン
「フン。別にお前のために言ったわけじゃねえ。オレが言いたかっただけだ。礼を言われる筋合いはない」



ロードクエスト
「あの・・」


ウインバリアシオン
「ん?」



ロードクエスト
「・・まだボク・・チーム殿一気の一員ですか・・?」


ウインバリアシオン
「・・・・」


ロードクエスト
「・・・・ 見」



ウインバリアシオン
「お前の自由だ。チーム殿一気は何も強制しない。お前自身が、お前の頭で考え、自分の生きる道を決めろ」


ショウナンマイティ
「そう。それが男の中の男」


ロードクエスト
「はい!チーム殿一気、最高です! 泣」



ウインバリアシオン
「おう。俺たちの名は『チーム殿一気』。名乗るほどの者ではない」


ショウナンマイティ
「おうよ。名乗っちゃってるぜ」



ウインバリアシオン
「最近の世の中は、まっすぐに生きることより、打算的で、小手先的で、こざかしく生きる方が得だという風潮がある」


ショウナンマイティ
「俺たち『チーム殿一気』は、そんな世の中に警鐘を鳴らすべく組織された、男気軍団」



ウインバリアシオン
「あえて損の道を行く。それが、チーム殿一気」


ショウナンマイティ
「それが極悪愚連隊」


ウインバリアシオン
「それが男のアイデンティティ」



ショウナンマイティ
「風が、オレたちを呼んでいる」


ウインバリアシオン
「おうよ。歩み続けよう。誰に馬鹿にされようとも」



ショウナンマイティ
「それが男の生きる道」


ウインバリアシオン
「そう。俺たちは!」



二人
『チーム殿一気!!』



  - つづく –



※この物語はフィクションであり、登場する団体・人物などの名称はすべて架空のものです。

サブコンテンツ