アルゼンチン共和国杯2016~ アルバート『三日坊主地獄から抜け出すには習慣化するしかない』



◆アルゼンチン共和国杯2016


【アルバート】

○Albert
○牡5
○父 アドマイヤドン
○馬名由来⇒ 人名より

==========



◆三日坊主地獄から抜け出すには習慣化するしかない



≪喫茶JIROにて≫



オウケンブルースリ
「むう。『焼き鳥シゲ』は臨時休業か…。シゲさんの野郎ー、G1の谷間だからってサボりやがってー。しょうがない。ここに入るか…。入りたくねえけど」



  カランコロ~ン



喫茶店マスター 二郎
「いらっしゃいませ? 美声」


オウケンブルースリ
「おう二郎。相変わらず、声だけはいいな。ホテルマンかと思ったぞ。いやー焼き鳥シゲが臨時休業でよぉ。仕方ないから来てやったぞ。来たくなかったけどな」



喫茶店マスター 二郎
「・・・ふっ」


オウケンブルースリ
「な、なんだよ 汗」



喫茶店マスター 二郎
「・・ホントはアタクシに会いたかったくせにぃ~!このこのぉ~!ツンツン 指」


オウケンブルースリ
「ツンツンすんな 汗」



喫茶店マスター 二郎
「お飲み物のほうは、煮え湯でよろしかったですか?」


オウケンブルースリ
「よろしくねえな 汗」



喫茶店マスター 二郎
「では、マイスモーヒーでよろしかったですか?」


オウケンブルースリ
「な、なに? 汗」



喫茶店マスター 二郎
「マイスモーヒー」


オウケンブルースリ
「ア、アイスコーヒー? 汗」


喫茶店マスター 二郎
「はい 笑顔」



オウケンブルースリ
「ああ。じゃあ、アイスコーヒーでいいや」


喫茶店マスター 二郎
「ございません 真顔」


オウケンブルースリ
「ね、ねえのかよっ!汗 お前から推してきたんだろ! 汗」



喫茶店マスター 二郎
「アイスヒーハーならございます。プッw」


オウケンブルースリ
「・・ああ・・。やっぱりこの腐れ喫茶店には来るんじゃなかった・・。シゲさんの野郎ー。サボりやがってー ブツブツ」



  カランコロ~ン



オウケンブルースリ
「お。珍しく客だぞ。二郎」


アルバート
「あ。どーも。営業してますか?なんか薄暗いけど」



喫茶店マスター 二郎
「いらっしゃいませ。お客様・・『今時、流行らないスタミナタイプのステイヤーおやじ1名様』で、よろしかったですか?」


アルバート
「くっ・・」


オウケンブルースリ
「・・二郎おまえ、接客の基本から勉強し直した方がいいぞ 汗」



喫茶店マスター 二郎
「お客様。お飲み物のほうは、苦汁を飲まされる感じでよろしかったですか?」


アルバート
「ど、どんな飲み物なんですか縁起でもない 汗 ボク今週、大事なレースがあるのに 汗」



オウケンブルースリ
「む。お前よく見たら、今週のアルゼンチン共和国杯に出る、アルバートか?」


アルバート
「あ!あなたはもしや、あの有名なオウケンさんでは?」



オウケンブルースリ
「おう。やっぱオレ、有名人か? 喜」


アルバート
「・・はい。『しゃべ馬 ゲス野郎ランキング』で、ゴールドシップ君と、熾烈な首位争いをしている、と」


オウケンブルースリ
「な、なんなんだ!そのランキングは! 汗」



アルバート
「あ、オウケンさん。とりあえず、ここ相席いいですか?」


オウケンブルースリ
「ああ。オレも一人だったから、別にい・・」



喫茶店マスター 二郎
「ダメです」


アルバート
「ブッ! 吹」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



アルバート
「な、なんなんスか!オウケンさん!このホテルマンみたいな、ちょっとええ声のオッサンは!さっきから腹立つ! 汗」


オウケンブルースリ
「・・相手にするな。コイツに関わると、ストレスで胃を破壊されるぞ」


アルバート
「くっ・・ 汗」



喫茶店マスター 二郎
「ほっほっほ!・・我こそは、ストマックデストロイヤーー!!叫」


オウケンブルースリ
「やかましいわコラァー!!ガスガス 蹴蹴」


喫茶店マスター 二郎
「ぐ、ぐほおんー汗 蹴るでない! 汗」



アルバート
「オウケンさん。そんなことより、今週のレースは自分にとって、大切な一戦なのです」


オウケンブルースリ
「ああ。骨膜炎からの復帰戦だもんな」



アルバート
「ええ。しかも今年のアル共杯には、ダブル大魔神が双璧となって立ち塞がりますからね」


オウケンブルースリ
「大魔神佐々木オーナーの馬、2頭だな」



アルバート
「ダブル大魔神。・・それはヴォルシェーブと、シュラバラバンバです」


オウケンブルースリ
「シュヴァルグランだっ!汗 シュラバ☆ラ☆バンバ・女子浮遊~♪じゃねえわっ! 汗」



アルバート
「とにかく、先週の天皇賞秋で、ボクと同期のモーリスを勝たせた堀宣行先生の仕上げに、戸崎圭太さんの騎乗。一流コンビの期待に、ボクは応えたい!」


オウケンブルースリ
「だな」



アルバート
「前走、春の天皇賞は、前残りの展開に泣かされながらも、キタサンブラックまで 0.5秒差の6着。G1制覇は、遠い夢物語ではないと思っているんです」


オウケンブルースリ
「ああ」



喫茶店マスター 二郎
「・・・自分では夢まであと少しと思っていても、実は、全然近くなかったりするのが現実でごじゃりますね。プw」


アルバート
「・・オウケンさん。こいつ、ブン殴っていいスか 怒」


オウケンブルースリ
「お、落ち着け 汗」



アルバート
「・・まぁでも・・」


オウケンブルースリ
「ん?」



アルバート
「・・そこのホテルマンの言うことも一理ある。夢に近づいたと思っているのは自分だけで、そんな主観的な判断には、自分に都合の良いバイアスがかかっていたりしますもんね」


オウケンブルースリ
「まあな」


喫茶店マスター 二郎
「・・・・」



アルバート
「そもそもボク、こう見えて三日坊主だったりするんですよ 苦笑」


オウケンブルースリ
「ほう」



アルバート
「例えばね、ジムで体を鍛えようとか、糖質制限してダイエットしようとか、読書して新しい価値観を見つけようとか、いろいろ思うんですけど、三日坊主で飽きちゃうんですよー」


オウケンブルースリ
「ふむ」



アルバート
「競馬でも、4連勝でステイヤーズステークスを制したら、なんか満足しちゃって、その後、3連敗ですし 苦笑」


オウケンブルースリ
「ふーん」



アルバート
「僕にとって競馬は仕事ですから、ライバルの分析などもしようと思うんですけど、やってるうちに飽きてきちゃうんですよねー」


オウケンブルースリ
「ふーむ」



アルバート
「趣味である馬券のデータ分析も、やらなきゃとは思うんですけどぉー、3ヶ月くらいデータを取ってもなかなか結果が出ないと、イヤになってしまい、ついつい『確実に当たる競馬情報!今なら大特価10万円!』・・みたいな悪徳系に手を出してしまったりぃー」


オウケンブルースリ
「病んでるな 汗」



アルバート
「ゲームのRPGとか始めても、レベル上げがかったるくて、クリアできたためしがありませんしー」


オウケンブルースリ
「向いてねえな 汗」



アルバート
「まぁ、僕ってこういう性格ですからね。長続きしないんです。性格だから仕方ない。生まれつきだもん。親が悪い」


オウケンブルースリ
「ふーん」



アルバート
「あーあ。僕も、粘り強く、コツコツと続けられる性格に生まれたかったなぁー」


オウケンブルースリ
「まあな」



アルバート
「いいよなぁー。根気がある性格に生まれついた人は」


オウケンブルースリ
「うーん」



アルバート
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「・・・性格のせいにして、逃げてるだけでしょうが ボソッ」


アルバート
「は?」



喫茶店マスター 二郎
「・・長続きしないことを、生まれつきの才能のせいにして、逃げてるだけでしょうがぁぁーー!!怒」


アルバート
「え? 汗」


オウケンブルースリ
「キレすぎだろ 汗」



喫茶店マスター 二郎
「子供が、まだ食ってる途中でしょうがぁぁーー!!怒」


アルバート
「こ、子供? 汗」


オウケンブルースリ
「邦衛 汗」



喫茶店マスター 二郎
「・・ギルバートさま」


アルバート
「はい」


オウケンブルースリ
「アルバートな 汗 お前も返事すんな 汗」



喫茶店マスター 二郎
「生まれつき、根気があって我慢強い人間(馬)などいません」


アルバート
「え?」



喫茶店マスター 二郎
「・・人(馬)は、誰だって飽きっぽいし、同じ事を長く続けたくない、怠け者な生き物なのです」


アルバート
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「ではなぜ、長く続けられる人と、三日坊主の人に分かれるのか?」


アルバート
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「それは、『習慣化できているかどうか』なのです」


アルバート
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「人間は弱い。怠け者です。本能的には、仕事したり自分を高めたりといった、苦しい行動を繰り返したくはない」


アルバート
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「できれば、1日中ゴロゴロしていたい。そして努力なんかせず、いい女に囲まれて、酒池肉林の放蕩生活をしていたい。・・本能に従えば、すべて人間はそんなもんです」


アルバート
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「しかし人間は、そのような堕落に逃げる者と、逆に、自分を苦しい状況に追い込める者に分かれる。これはなぜか?」


アルバート
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「それこそが、さっきも言った、習慣化です」


アルバート
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「習慣は、弱い人間に神様が与えた、最強の武器の1つです」


アルバート
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「『苦しい行動だけど、やった方がいい行動』が、人生にはたくさんある」


アルバート
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「このような行動は、なんとなくやろうと思っても絶対にできない。苦しいから、三日坊主で飽きてしまう」


アルバート
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「それをやり続けるための唯一の方法は、毎日の習慣にすること。ルーチンワークにしてしまうしかない」


アルバート
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「習慣化に成功すれば、その後は、やらない方がスッキリしないので、無理なくやり続けることが可能になります」


アルバート
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「アルフォートさま」


アルバート
「はい」


オウケンブルースリ
「アルバートな 汗 アルフォートはチョコクッキーだろ。オレは好きだけど」



喫茶店マスター 二郎
「・・ダイエットもジムも読書も、そして馬券のデータ取りも、まずは習慣化するまで、毎日3ヶ月やり続けてみてください」


アルバート
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「毎日3ヶ月はつらいです。ほとんどの人はできません。だからこそ、そこにチャンスがあるのです」


アルバート
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「誰にでも簡単にできることをやっていても、デスノートさまの価値は上がっていきません。やり続ける事は難しい。でもだからこそ、そこに希少性と優位性があるのです」


アルバート
「・・・・」


オウケンブルースリ
「アルバートな 汗」



喫茶店マスター 二郎
「・・私のような者が、偉そうにすみません。アルバート様ほどの名馬には、ぜひとも、アルゼンチン共和国杯制覇を成し遂げてほしかったものですから・・」


アルバート
「・・・・」



喫茶店マスター 二郎
「ホント、私のようなクッソみたいな者がすいません。ゴミ野郎の発言ですいません」


オウケンブルースリ
「ひ、卑屈だ 汗」



アルバート
「・・・・」


喫茶店マスター 二郎
「・・・・」



アルバート
「・・ありがとう・・」


喫茶店マスター 二郎
「・・・・」



アルバート
「ありがとう、二郎さん!なんだか迷いが吹っ切れた気がします!」


喫茶店マスター 二郎
「そうですか。だとしたら、それはあなた様がご自身でつかんだ「気づき」でございますね 微笑」



アルバート
「・・・僕は、苦しい行動を続けたくないからって、性格とか生まれつきとか言い訳して、逃げていたんですね。きっと」


喫茶店マスター 二郎
「ふふっ。そうかもしれませんね 微笑」



オウケンブルースリ
「はっはっは。一件落着だな」


喫茶店マスター 二郎
「・・いちけん・・おちつく・・?」



オウケンブルースリ
「いっけんらくちゃくだっ!!怒 漢字の勉強しろや! 怒」


アルバート
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「おし。じゃあ帰ろうぜ。ゴルバチョフ」


アルバート
「アルバートです 汗」



喫茶店マスター 二郎
「待ちたまえ 美声」


オウケンブルースリ
「何様だアンタ 汗」



喫茶店マスター 二郎
「・・・最後に私から、アルバート様へ、激励の『川柳』を贈りますです! 喜」


アルバート
「いや、いいです」


喫茶店マスター 二郎
「ブッ! 吹」



アルバート
「う、うわっ!汗 吹き出さないでください!ヨダレがっ! 汗」


喫茶店マスター 二郎
「激励の川柳を贈りますです。さあ遠慮なさらず」


アルバート
「うっ・・。聞かないと帰れないのか・・? 汗」



喫茶店マスター 二郎
「575でバシッと決めます。・・・行きますですよ!!」


アルバート
「・・・・」



『流行らない
ステイヤーなど
流行らない

種牡馬になっても
産駒イマイチ

時代はスピード最優先
それに抗うことできず

でもね皆さん聞いてよね
時代錯誤のスタミナ馬
そんな男もいいじゃない

昔ながらの古風な男
それを愛する人もいる

時代に合わせて変化する
それはもちろん大切だ

でもね皆さん聞いてよね
変わらぬ本質きっとある

自分の理念貫いて
今日も戦う古風な男

自分の芯を・・』



アルバート
「・・オ、オウケンさん。コレ、一生続くんですかね 汗」


オウケンブルースリ
「な、なにが575でバシッと決めますだ 汗 地獄のエンドレス川柳じゃねえか 汗」



アルバート
「・・奴は、気持ちよさそうに目を閉じて川柳を詠んでいます。今のうちに、こっそり帰りましょう。コソコソ 逃」


オウケンブルースリ
「・・そ、そうだな コソコソ 逃」



喫茶店マスター 二郎
「・・長期休養明けだけど、スタミナ誰にも負けないさ。左回りも大丈夫。関東の誇り忘れずに。ハンデ戦でも突き抜ける。長い道のりあきらめず、今日も・・ 目閉」



  - つづく –



※この物語はフィクションであり、登場する団体・人物などの名称はすべて架空のものです。

サブコンテンツ