秋華賞2016~ ジュエラー『成功する者は、まず自分で失敗してみてデータを集める』



◆秋華賞2016


【ジュエラー】

○Jeweler
○牝3
○父 ヴィクトワールピサ
○馬名意味⇒ 宝石職人

==========



◆成功する者は、まず自分で失敗してみてデータを集める



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「今週は、牝馬クラシックのラスト1冠、秋華賞だね。シゲさん」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ」



オウケンブルースリ
「シンハライトが勝って終わりだと思ったけど、まさかの戦線離脱…。大混戦だな ブツブツ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「韓国風プルコギおまち」



オウケンブルースリ
「そうなってくるとやっぱ、紫苑ステークスを大外18番枠で楽勝した、ビッシュちゃんか。小柄でかわゆす 喜」


焼き鳥屋 店主シゲ
「400キロそこそこなんですねえ」



オウケンブルースリ
「うーむ。やはり小柄でちっちゃい女の子は、男ウケするよね。抱きしめたい! 喜」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「てことで、秋華賞の馬券は、ちっちゃくてかわいいビッシュちゃんから、相手は・・」



  ガラガラッ



焼き鳥屋 店主シゲ
「へい!らっしゃい!」


ジュエラー
「・・・待ちな」


オウケンブルースリ
「ん?」



ジュエラー
「ちっちゃくてかわいい?守ってあげたい?あ?」


オウケンブルースリ
「ああ。ビッシュちゃんな」



ジュエラー
「フン。秋華賞は合コンじゃないんだ。狭い京都の内回りを、肉弾戦で蹴散らさなきゃいけないレースだ」


オウケンブルースリ
「むう」



ジュエラー
「そこで必要になるのは、やはり強靭な肉体!秋華賞は過去10年、480キロ以上の馬が、6勝! 燃」


オウケンブルースリ
「ほう」


ジュエラー
「さらに、こんなデータも!」



■秋華賞 過去10年
480キロ以上で
1~3番人気


6-0-1-0
単回収 288%
複回収 145%



ジュエラー
「・・・勝ったな! 喜」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



ジュエラー
「私は前走504キロ!ちっちゃくてかわいいビッシュとは、100キロくらいの差がある!相撲対決なら楽勝! 燃」


オウケンブルースリ
「相撲じゃねえし 汗」



ジュエラー
「レース中、ビッシュの後ろに回り込んで、ジャーマンスープレックスホールド! 燃」


オウケンブルースリ
「ホールドしてたら、お前も負けるだろ 汗」



ジュエラー
「そしてこの宝石! 光光」


オウケンブルースリ
「な、なにそれ 汗」



ジュエラー
「私はジュエラー。ダイナマイトボディに、輝く宝石。・・小柄な女?ノンノン!女はド派手が命よ! 燃」


オウケンブルースリ
「む、むう。確かに、ダイナマイトボディだな。・・む、胸の谷間が・・ 喜」



ジュエラー
「・・・・ 胸」


オウケンブルースリ
「・・・・(チラ見)」



ジュエラー
「・・・・ 谷間」


オウケンブルースリ
「・・・・(凝視)」



ジュエラー
「・・どこ見てんのよぉぉーー!!バチーン! 平手」


オウケンブルースリ
「ぐはぁぁーー!!鼻血」



ジュエラー
「とにかく、私はジュエラー。イントネーションはフラットに。ジュエラー」


オウケンブルースリ
「アムラーみたいな感じか?」


ジュエラー
「古いわよ」



オウケンブルースリ
「シノラーみたいな?」


ジュエラー
「それも古いわよ。若い読者はわかんないでしょ」


オウケンブルースリ
「むう」



ジュエラー
「とりあえず、秋華賞当日は、全身に宝石をまとって走りたいと思う」


オウケンブルースリ
「絶対走りにくいだろ 汗」



ジュエラー
「・・でも・・」


オウケンブルースリ
「ん?」



ジュエラー
「骨折明けの前走。ローズステークスは、まったく体が動かず惨敗…。身につけていた宝石が重かったというのもある」


オウケンブルースリ
「外せや 汗」



ジュエラー
「ワタシ、前走の馬体重は、+10キロだったんだけど、これはすべて宝石分よ」


オウケンブルースリ
「成長分みたいに言うな 汗」



ジュエラー
「そして秋華賞は、追い込み馬には不利な、京都の内回り」



■秋華賞 過去10年
上がり最速馬


1-2-0-9
単回収 30%
複回収 74%



ジュエラー
「末脚勝負のワタシには厳しいレースよ・・ 落」


オウケンブルースリ
「ふむ」



ジュエラー
「はぁー・・ 吐息」


オウケンブルースリ
「MUGO・ん…色っぽい 喜」



ジュエラー
「なんなのそれ」


オウケンブルースリ
「え?工藤静香、知らないのか?」


ジュエラー
「知らない」



オウケンブルースリ
「じゃあ、吐息でネット」


ジュエラー
「まったくわかんない」


オウケンブルースリ
「ひょえー 汗 ジェネレーションギャップ 汗」



ジュエラー
「人が落ち込んでる時に、ふざけないで・・ 落」


オウケンブルースリ
「ご、ごみん 汗」



ジュエラー
「・・ああ、また前走みたいに、惨敗したらどうしよう・・。やだやだ。はぁー・・ 吐息」


オウケンブルースリ
「うーん」



ジュエラー
「失敗しないように生きるためには、どうしたらいいんだろう・・ 落」


オウケンブルースリ
「まあなー」



ジュエラー
「私、何をやるにしても失敗したくないから、最初に正解を教えてほしいタイプなの」


オウケンブルースリ
「へー」



ジュエラー
「すでにできている人からコツを教えてもらって、自分だけは失敗しないように、最短距離で進みたい人なの」


オウケンブルースリ
「ふーん」



ジュエラー
「だってほら、失敗は他人にしてもらって、自分はそれを見て、おいしいところだけ持っていく方が、人生スマートでしょ?」


オウケンブルースリ
「まあなー」



ジュエラー
「この情報化社会。自分で失敗する奴なんてアホ。情報を集めて、失敗は人にさせて、自分は失敗せずに生きていきたい!」


オウケンブルースリ
「へー」



ジュエラー
「これが情報化社会の処世術よ!要領よく生きていくのが目標よ!」


オウケンブルースリ
「ふーん」



ジュエラー
「ねえ、シゲさん。そんな感じで、自分だけは失敗しないように生きていくには、どうすればいいかしら?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


ジュエラー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・試行錯誤こそが、成功への最短ルートだ」


ジュエラー
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・確かに、人の失敗を見て、反面教師とする事も大切だ」


ジュエラー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だが、自分自身が何かの道で成功したいと思うなら、他人の動向ばかり見ているより、まず自分自身でやってみる方が、成功までの時間は、はるかに短くなる」


ジュエラー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「もちろん自分から動いていけば、失敗もたくさんすることになる。傷ついてボロボロになることもある」


ジュエラー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だが、それは失敗ではない」


ジュエラー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「それは言ってみれば『データ収集』だ」


ジュエラー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「とりあえず、やってみる。すると、失敗したり成功したりする。だが、そんな目先の結果はどっちでもいい」


ジュエラー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「大切な事は、失敗や成功の長期的なデータを、自分なりの経験の中で蓄積していくことだ」


ジュエラー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「自分の経験データが集まってくれば、あとはそれを分析し、最適化していくことで、どんどん成功に近づいていく。失敗というのは、そのためのデータ収集にすぎねえ」


ジュエラー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「他人の経験というのは、あくまでも他人の考えの下で行われた行動の結果であり、それはやはり、自分の経験とは違う」


ジュエラー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「食べログで低評価の店でも、自分には最高の味だったりする。自分にとって最高の店は、自分で食べてみないとわからない」


ジュエラー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・人生に近道はない。人が切り拓いた道を、後からついて行っても、それは自分の道ではない。その先に成功はない」


ジュエラー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「ジュエラーさんな」


ジュエラー
「・・はい」


オウケンブルースリ
「・・ちゃんと『アムラー』のイントネーションで言ってるな 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・失敗を恐れて、自分だけは傷つかないようにと、ビクビクしながら他人の動向をうかがっている者に、輝かしい明日が訪れることはない」


ジュエラー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「成功した者たちや、幸福な者たちは、みんな自分で傷つきながら前進してきた。仕事でも恋愛でも馬券でもな」


ジュエラー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だから傷つくことを恐れるな。失敗を恐れれば恐れるほど、成功も遠ざかっていくだろうぜ」


ジュエラー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「な。」


ジュエラー
「・・はい・・ 泣」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。偉そうに言っちまって」


ジュエラー
「いえ・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ジュエラー
「心に響きました・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうかい」



ジュエラー
「・・私、ずるいこと考えてた。自分の代わりに他人に失敗させて、自分だけは安全な道で成功しようとしてた・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ジュエラー
「ありがとうシゲさん。心がスッキリしました。これからは、傷つきながら前に進み、いつの日かきっと夢を掴みたいと思います!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ああ。がんばんなせえ」


ジュエラー
「はい!」



オウケンブルースリ
「はっはっは。一件落着だな。まあよ、『こうやったらどうなるか?』っていう、自分なりの経験データが集まってくれば、それが自分だけの武器になっていくのかもしれないな」


ジュエラー
「はい!」



オウケンブルースリ
「じゃあ俺は帰るぜ。レース頑張れよ」



   カタン



ジュエラー
「ん?何か落としましたよ、オウケンさん。・・DVD?」


オウケンブルースリ
「ああ。拾ってもらっちゃってスマンな。・・はうっ!!汗汗」



 ⇒『【大人のDVD】黒髪の女王様シリーズ~ ほら。ここをこうされたら…どうなるのかしら?・・感じてんじゃないよ!このブタ野郎!!』



ジュエラー
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだ!汗 こ、これには深いワケがっ! 汗汗」


ジュエラー
「・・シゲさん。秋華賞がんばってきます。応援しててくださいね。シゲさん『だけが』応援しててくださいね。じゃ。さいなら」


焼き鳥屋 店主シゲ
「お、おう 汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだぁぁーー!!汗汗」



  - つづく –



※この物語はフィクションであり、登場する団体・人物などの名称はすべて架空のものです。

サブコンテンツ