毎日王冠2016~ アンビシャス『目標をなくした男は、他者を気にしてばかりいる』



◆毎日王冠2016


【アンビシャス】

○Ambitious
○牡4
○父ディープインパクト
○馬名 意味⇒ 大望のある

==========



◆目標をなくした男は、他者を気にしてばかりいる



≪喫茶店にて≫



ショウナンマイティ
「オレたちは、チーム殿一気(しんがりいっき)」


ウインバリアシオン
「おう。『チーム殿一気』は、あえて確率的に一番不利な、”追い込み”で勝負する」



ショウナンマイティ
「先行策なんざ、力なき者の小細工にすぎない」


ウインバリアシオン
「おうよ。あえて困難な道をゆくのが男の美学」



ショウナンマイティ
「ウサイン・ボルトは、距離が 100mしかなくても追い込む」


ウインバリアシオン
「おう。奴もまた、男の中の男」



ショウナンマイティ
「男は黙ってシンガリ一気」


ウインバリアシオン
「そう。俺たちは!」


二人
『チーム殿一気!!』



ショウナンマイティ
「・・『チーム殿一気』は、極悪愚連隊」


ウインバリアシオン
「おうよ。泣く子も黙り、吠えるドーベルマンも、おなかを見せる愚連隊」



ショウナンマイティ
「男の中の男。それが『チーム殿一気』」


ウインバリアシオン
「おうよ。男らしさだけが、チームのアイデンティティ」



ショウナンマイティ
「・・チーム殿一気は、喫茶店で禁煙席しか空いていなかったとき、あったりまえのように、禁煙席でタバコを吸う。フゥー 煙」


ウインバリアシオン
「おうよ。傍若無人は勇気のしるし。フゥ~ 煙」



ウェイトレス翔子
「・・あ、あの・・申し訳ございませんが・・禁煙席でのおタバコは、ご遠慮いただいておりまして・・ 震」


ウインバリアシオン
「あぁっ?! 睨」


ウェイトレス翔子
「ひぃっ!! 汗」



ウインバリアシオン
「・・ねぇちゃんよぉ・・」


ウェイトレス翔子
「は、はい・・ 震」



ウインバリアシオン
「・・・・ 睨」


ウェイトレス翔子
「・・・・ 震」



ウインバリアシオン
「・・スマン。タバコは消す ギュギュ 火消」


ウェイトレス翔子
「え?」



ウインバリアシオン
「そして、今、迷惑をかけた周りのお客への謝罪の気持ちとして、俺はこれから1ヶ月、タバコは吸わねえ」


ウェイトレス翔子
「い、いえ、あの・・ 汗」



ショウナンマイティ
「チーム殿一気は、男の中の男。・・男は、自分が間違っていると気づいたら潔く謝り、新しい価値観を受け入れる」


ウインバリアシオン
「おう。安いプライドにしがみつき、自分の考えに固執するのは小物の証」



ショウナンマイティ
「そう。俺たちは!」


二人
『チーム殿一気!!』


ウェイトレス翔子
「・・・素敵・・ 惚」



ウインバリアシオン
「おう。マイティ。俺のマイルドセブンライト、捨てといてくれ。お前のマイルドセブンスーパーライトも捨てろ。1ヶ月禁煙だからな」


ショウナンマイティ
「そう。チーム殿一気は、男の中の男。・・男は、メビウスではなく、マイルドセブンと言い続ける。それが男の心意気」



ウインバリアシオン
「おう。ねぇちゃん。熱々の激辛あんかけチャーハンは、まだか?ハバネロたっぷりのやつよ」


ウェイトレス翔子
「あ、はい。お持ちしました。こちら熱々の『激辛あんかけチャーハン』になります。あんが沸騰しておりますので、フーフーしてお召し上がりください 熱熱」



ウインバリアシオン
「フン。チーム殿一気は、男の中の男。フーフーなんざ、女子供のやること」


ショウナンマイティ
「そう。どんなに熱くても、熱いとか言わないのが男の花道。間違っても言うなよ?熱いとか。絶対言うなよ?」



ウインバリアシオン
「あたりめえだ。誰にモノ言ってんだコノヤロウ。・・バクッ・・・。あぁっーちゃちゃちゃちゃーー!!辛れぇーー!!熱汗汗」


ショウナンマイティ
「フッ。ダチョウ倶楽部ばりのフリが、男のお約束」


ウインバリアシオン
「おう。笑いのためなら、体の苦痛もなんのその。それが男の生きる道」



ショウナンマイティ
「そう。俺たちは!」


二人
『チーム殿一気!!』


ウェイトレス翔子
「・・・・汗」



ショウナンマイティ
「例えば、チーム殿一気が、スーパーで牛乳を買うとき。・・なんと手前の牛乳の賞味期限が切れている。でも奥の牛乳はまだ新しい」


ウインバリアシオン
「おう。そんな時、チーム殿一気は、あえて、賞味期限切れの牛乳をチョイスする」



ショウナンマイティ
「そう。・・『目が悪いおばあちゃんが、知らずに古い牛乳を買ってしまったら大変だ!』と言って、自らが犠牲となるのが、男の花道」


ウインバリアシオン
「おう。そして家に帰って牛乳を一気飲みし、お腹が痛くなった時、『おばあちゃん!大丈夫だ!俺が守ってやるからな! 腹痛』・・と、叫ぶのが男の思いやり」



ショウナンマイティ
「そう。誰からも感謝されず、水面下で地球を救うのが、男の中の男。そもそも、架空のおばあちゃんなどいないし」


ウインバリアシオン
「おうよ。あえて困難な道を行くのが、男の心意気」



ショウナンマイティ
「そう。俺たちは!」


二人
『チーム殿一気!!』


ウェイトレス翔子
「・・・・汗」



ウインバリアシオン
「さあ。今日も、迷える子羊が現れたようだぜ」


ショウナンマイティ
「ああ。そのようだな」



≪隅っこの席にて≫



アンビシャス
「はぁー。前走の宝塚記念は、多くのファンに期待してもらったのに 16着…。なにやってんだ僕は… 落」


ウインバリアシオン
「おう。兄ちゃん ドカッ 座」


ショウナンマイティ
「悩み事か? ドカッ 座」



アンビシャス
「な、なんですか、あなたたち 汗 カツアゲ?お金なら持ってません! 汗震」


ショウナンマイティ
「フン。チーム殿一気は、男の中の男。カツアゲなど卑怯者のやること」



ウインバリアシオン
「おうよ。むしろ俺達が、お前のエビフライ代も払ってやる。伝票よこせ」


アンビシャス
「マ、マジすか 汗」



ウインバリアシオン
「・・お前の事は、調査済みだ」


ショウナンマイティ
「・・アンビシャス。スローペースでも、最後方から追い込む、男の中の男スタイル」


アンビシャス
「は、はぁ・・」



ウインバリアシオン
「2月の中山記念。あのドゥラメンテに、クビ差まで迫った追い込み。見事だった」


アンビシャス
「で、でもあの時は、斤量55キロで恵まれていたので…」



ウインバリアシオン
「いや、3着のリアルスティールも55キロだったからな。お前の追い込みは、一級品だ」


アンビシャス
「は、はぁ 汗」



ウインバリアシオン
「もちろん今回も、殿一気だよな?」


アンビシャス
「い、いやー、ここ2走は、ノリさんの先行策が板についてきたので、今回はルメールさんですが、展開次第では、なるべく前に行きたいんです」



ウインバリアシオン
「ダメだ」


アンビシャス
「え? 汗」



ウインバリアシオン
「どんな展開であっても、4角最後方で回ってこい」


アンビシャス
「そ、そんな無茶な 汗」



ウインバリアシオン
「ウサイン・ボルトは、100m走でも追い込む」


アンビシャス
「ボルトじゃないですもん 汗」



ウインバリアシオン
「ラスト1ハロン(200m)で、9秒台前半を出せれば差し切れる計算だ」


アンビシャス
「その計算おかしいでしょ 汗」



ウインバリアシオン
「ボルトと同じ9秒台を出せばいいんだ」


アンビシャス
「ボルトは100mでしょ 汗」


ウインバリアシオン
「細かい事は気にするな」



アンビシャス
「・・今回、人気が予想されるルージュバックちゃんは、中団から32秒台の脚を使う、キレキレ娘・・。殿一気では、切れ負けします・・ 落」


ウインバリアシオン
「大丈夫だ。毎日王冠は過去10年、牝馬は3頭出てすべて2着まで。お前の方がデータ的に有利だ」


アンビシャス
「れ、連対率100%なんですけど 汗 つーか、僕に有利なデータがないでしょ 汗」



ウインバリアシオン
「成せば成る」


アンビシャス
「成りませんよ 汗」


ウインバリアシオン
「なんでよ」



アンビシャス
「・・・・」


ウインバリアシオン
「・・・・」



アンビシャス
「・・だって、ルージュバックちゃんは、前走のエプソムカップ、上がり32.8で他馬を置き去りですよ?」


ウインバリアシオン
「・・・・」



アンビシャス
「リアルスティールだって、中山記念では負かしたけど、その後、ドバイターフを勝ってGIホース。格ではあいつの方がずっと上です」


ウインバリアシオン
「・・・・」



アンビシャス
「ロゴタイプさんは、安田記念であのモーリスを破る大金星。あんな風に、スッと前に行ける脚は、僕にはない・・」


ウインバリアシオン
「・・・・」



アンビシャス
「あ、そういえば、ルージュバックちゃんは美人だけど、気が強くてあまり男にはモテないみたいです。プw」


ウインバリアシオン
「・・・・」



アンビシャス
「まぁそうですよね。デビュー3連勝で怪物とか言われちゃうと、男は引いちゃいますよねw」


ウインバリアシオン
「・・・・」



アンビシャス
「いくら豪脚でも、男っ気がなくて、いつも一人で家で缶チューハイ飲んでたら、ウケるw」


ウインバリアシオン
「・・・・」



アンビシャス
「その点ほら、僕はそこそこ恋愛も楽しみつつ、バランスの良い人生ですからね。ルージュバックちゃんより、賢いでしょ?」


ウインバリアシオン
「・・・・」



アンビシャス
「リアルスティールだって、よく考えたら、ドバイターフはライアン・ムーアのアビリティ『神騎乗』が発動しただけ。現に安田記念は惨敗してるしぃーw」


ウインバリアシオン
「・・・・」



アンビシャス
「あ、そうそう。知ってます?リアルスティールって、普段はあんなカッコつけてますけど、マザコン入ってるって噂ですよ。ウケるw」


ウインバリアシオン
「・・・・」



アンビシャス
「あ、それからね?こんなウケる話もあ・・」



  バキッ! 拳



アンビシャス
「ぐはぁぁー!! 鼻血」


ウインバリアシオン
「・・・・ 拳」



アンビシャス
「な、何するんですか!泣 警察呼びますよ! 鼻血」


ウインバリアシオン
「・・呼べや」


アンビシャス
「え? 汗」



ウインバリアシオン
「・・警察でもなんでも、呼びたきゃ呼べや。俺たちは、逃げも隠れもしねえぜ」


アンビシャス
「・・・・」



ショウナンマイティ
「おい。やめとけシオン。暴力はマズイな」


ウインバリアシオン
「うるせえ。黙っとけ」


ショウナンマイティ
「フー。熱いね 苦笑」



ウインバリアシオン
「・・・ウケる話だと?」


アンビシャス
「・・・・」



ウインバリアシオン
「お前はいつもそうやって、一段高い場所から、偉そうに他人を眺め、優越感を得ているのか?」


アンビシャス
「・・・・」



ウインバリアシオン
「人のウワサ話をして冷笑していれば、自分のダメさ加減を忘れられるのか?」


アンビシャス
「・・・・」



ウインバリアシオン
「・・女が1人で缶チューハイ飲んでたら笑えるか?ライバルがマザコンだったら、お前の価値は上がるのか?」


アンビシャス
「・・・・」



ウインバリアシオン
「上がりはしねえ。上がったように感じるのは、お前が自分自身の心を捻じ曲げているからだ」


アンビシャス
「・・・・」



ウインバリアシオン
「いいか。目標を持って戦う男は、他人を見て笑わない」


アンビシャス
「・・・・」



ウインバリアシオン
「それは、自分の毎日を必死に戦わなければならないからだ。他人の噂話や悪口を言っている暇がないからだ」


アンビシャス
「・・・・」



ウインバリアシオン
「それと、命を削って日々を戦い続ける男は、努力することの偉大さを知っている。だから自分自身も、そしてライバルもリスペクトする。悪口など言わない」


アンビシャス
「・・・・」



ウインバリアシオン
「逆に、お前のように目標と闘争心をなくした男は、意識が他人にばかり向くようになる。他人を気にしてばかりいるようになる」


アンビシャス
「・・・・」



ウインバリアシオン
「自分と戦うことを諦めた者は、他人の揚げ足をとり、他人の足を引っ張ることしかできなくなる」


アンビシャス
「・・・・」



ウインバリアシオン
「下がり続ける自分の価値を維持するためには、相対的に、他人の価値を下げるしかないからだ」


アンビシャス
「・・・・」



ウインバリアシオン
「だがそれは、偽りの優越感に過ぎない」


アンビシャス
「・・・・」



ウインバリアシオン
「他人を小馬鹿にして、冷笑して得た優越感と引き換えに、お前は未来を失うだろう」


アンビシャス
「・・・・」



ウインバリアシオン
「小僧よ」


アンビシャス
「・・・・」



ウインバリアシオン
「自分と戦う事は、他人と戦うよりはるかに苦しい。何度も心が折れそうになる。運の悪い自分を嘆きたくなる。前進する足が止まりそうになる」


アンビシャス
「・・・・」



ウインバリアシオン
「だが、俺たちは戦い続ける。どんなに不運でも、どんなに暗闇が続いても、チーム殿一気は、泣き言は言わねえ」


アンビシャス
「・・・・」



ウインバリアシオン
「それが男の心意気だからだ」


アンビシャス
「・・・・」



ウインバリアシオン
「・・最近は、女が強くなったとか、草食系男子だとか言われているが、男には、男だけが持つ爆発的なパワーがあると、俺は確信している」


アンビシャス
「・・・・」



ウインバリアシオン
「チーム殿一気の旅路は、男の意地を見せる旅でもあるんだ」


アンビシャス
「・・・・」



ウインバリアシオン
「お前は、一生そうやって、自分自身から目をそむけ、上から目線で他人を冷笑し、偽りの脳内麻薬と戯れていればいいさ」


アンビシャス
「・・・・」



ウインバリアシオン
「・・フン。お前は見所がある奴だと思ったんだがな。オレの勘違いだったようだ」


ショウナンマイティ
「あんまり言ってやるな、シオン。かわいそうだろ」


アンビシャス
「・・・・」



ウインバリアシオン
「・・チーム殿一気は、自分の夢や目標の達成に必要な行動を、毎日積み重ねる。たとえ誰が笑ってもだ」


アンビシャス
「・・・・」



ウインバリアシオン
「・・フン。まあこれは、あくまでオレたちの思想。押しつけるつもりはない。邪魔したな。エビフライ代は払っておいてやる。じゃあな」


ショウナンマイティ
「じゃあな」



アンビシャス
「あ・・。あの・・」


ウインバリアシオン
「なんだ」



アンビシャス
「・・・・」


ウインバリアシオン
「・・・・」



アンビシャス
「・・ありがとうございました・・」


ウインバリアシオン
「・・・・」



アンビシャス
「・・他人を冷笑して、偽りの優越感を得ている・・か。」


ウインバリアシオン
「・・・・」



アンビシャス
「・・本当にその通りだ。僕は、前走の大敗で闘争心をなくし、意識が他人にばかり向いていたのかもしれない・・」


ウインバリアシオン
「・・・・」



アンビシャス
「ありがとう!チーム殿一気!大切なことに気づかせてくれて!」


ウインバリアシオン
「フン。別にお前のために言ったわけじゃねえ。オレが言いたかっただけだ。礼を言われる筋合いはない」



アンビシャス
「あの・・」


ウインバリアシオン
「ん?」



アンビシャス
「・・まだボク・・チーム殿一気の一員ですか・・?」


ウインバリアシオン
「・・・・」


アンビシャス
「・・・・ 見」



ウインバリアシオン
「お前の自由だ。チーム殿一気は何も強制しない。お前自身が、お前の頭で考え、自分の生きる道を決めろ」


ショウナンマイティ
「そう。それが男の中の男」


アンビシャス
「はい!チーム殿一気、最高です! 泣」



ウインバリアシオン
「おう。俺たちの名は『チーム殿一気』。名乗るほどの者ではない」


ショウナンマイティ
「おうよ。名乗っちゃってるぜ」



ウインバリアシオン
「最近の世の中は、まっすぐに生きることより、打算的で、小手先的で、こざかしく生きる方が得だという風潮がある」


ショウナンマイティ
「俺たち『チーム殿一気』は、そんな世の中に警鐘を鳴らすべく組織された、男気軍団」



ウインバリアシオン
「あえて損の道を行く。それが、チーム殿一気」


ショウナンマイティ
「それが極悪愚連隊」


ウインバリアシオン
「それが男のアイデンティティ」



ショウナンマイティ
「風が、オレたちを呼んでいる」


ウインバリアシオン
「おうよ。歩み続けよう。誰に馬鹿にされようとも」



ショウナンマイティ
「それが男の生きる道」


ウインバリアシオン
「そう。俺たちは!」



二人
『チーム殿一気!!』



  - つづく –



※この物語はフィクションであり、登場する団体・人物などの名称はすべて架空のものです。

サブコンテンツ