スプリンターズS2016~ ビッグアーサー『順調な時こそ、本当に自分は正しいか?と自問すべし』



◆スプリンターズステークス2016


【ビッグアーサー】

○Big Arthur
○牡5
○父サクラバクシンオー
○馬名 意味⇒ 大きな+人名

==========



◆順調な時こそ、本当に自分は正しいか?と自問すべし



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「いよいよ日曜日は、マカヒキの凱旋門賞だねー。シゲさん」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ」



オウケンブルースリ
「今年から、凱旋門賞の馬券が買えるってことで、例年以上に盛り上がってるなー(※PAT投票のみ)」


焼き鳥屋 店主シゲ
「とびっこと魚介のサラダおまち」



オウケンブルースリ
「能力的には、ドゥラメンテを子供扱いした ポストポンドだろうけど、凱旋門賞は3歳馬が有利なレース。斤量差を活かせば、マカヒキにもチャンスはあるよね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「頑張ってほしいですねえ」



オウケンブルースリ
「問題は、馬券のオッズが日本独自ということで、マカヒキが過剰人気になる可能性があるってことだな・・ブツブツ」



  ガラガラッ



焼き鳥屋 店主シゲ
「へい!らっしゃい!」


ビッグアーサー
「まてーい! 叫」


オウケンブルースリ
「ん?」



ビッグアーサー
「ちょっと待てーいっ!」


オウケンブルースリ
「ああ。お前か」



ビッグアーサー
「アアオマエカ・・。じゃないでしょっ!なに凱旋門賞の話ばっかりしてるんですか!」


オウケンブルースリ
「いや、海外の馬券が購入できるようになる、記念すべきレースだし」



ビッグアーサー
「知らん!」


オウケンブルースリ
「知れ 汗」



ビッグアーサー
「あのね!今週は、秋のGI開幕戦!スプリンターズステークスでしょうがぁー! 怒」


オウケンブルースリ
「そうだっけ」



ビッグアーサー
「ソウダッケ・・。じゃなーい! 怒」


オウケンブルースリ
「だってよお、スプリンターズステークスは、お前が来ちゃいそうだろー」



ビッグアーサー
「いいじゃないですか別に 汗」


オウケンブルースリ
「お前が来たら、固くてつまらんしー」



ビッグアーサー
「春秋連覇の最強スプリンターの誕生と、凱旋門賞と、どっちが大事なのっ?!」


オウケンブルースリ
「凱旋門賞」


ビッグアーサー
「ブッ! 吹」



オウケンブルースリ
「う、うわっ 汗 ヨダレがっ 汗」


ビッグアーサー
「失礼。 フキフキ」



オウケンブルースリ
「まあよ。とりあえず飲め。ほら、ビール」


ビッグアーサー
「ああ、すんません グビグビ飲」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ビッグアーサー
「フー・・ 酔」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ビッグアーサー
「・・・で、なんでしたっけ?」


オウケンブルースリ
「いや、お前が、スプリンターズステークスと凱旋門賞、どっちが大事とかなんとか言ってただろ」



ビッグアーサー
「そうだった!で、どうなのよ!アタシとマカヒキ、どっちが大事なのよっ!怒 ええっ? グビグビ飲」


オウケンブルースリ
「マカヒキ」



ビッグアーサー
「ブフゥゥーーっ!! 吹麦」


オウケンブルースリ
「ぐおぁぁーー!!目にビールがぁっ! 目痛」



ビッグアーサー
「もういいわ。アタシたち、終わりにしましょう・・」


オウケンブルースリ
「うぐ・・。なんでオカマなんだ・・ 目痛」



ビッグアーサー
「シゲさんっ!めっちゃ強いお酒ちょうだいっ! 怒」


焼き鳥屋 店主シゲ
「おう。アルコール度数 120度の、灼熱ウォッカおまち」


ビッグアーサー
「こ、これはすごい 汗 今にも燃え上がりそうだわよ 汗」



オウケンブルースリ
「おい、アーサー。とりあえず、調子のほうはどうよ?」


ビッグアーサー
「ええ。最終追い切りは、平凡なタイムでしたが、僕の能力をもってすれば、普通の仕上がりで十分です」



オウケンブルースリ
「ふーん。過去10年で、前走セントウルステークス1着馬は、勝ててねえけど?」


ビッグアーサー
「ふっふっふ。僕クラスになると、そんなクソデータ、関係ないねっ。タカっ 拳銃」


オウケンブルースリ
「柴田恭兵 汗」



ビッグアーサー
「前走は、初めての逃げ切り!・・逃げ差し自在!展開不問!まさに盤石の王者! グビグビ 飲」


オウケンブルースリ
「お、お前それ・・。灼熱ウォッカ・・ 汗」



ビッグアーサー
「ブフゥゥーーっ!! 吹炎」


オウケンブルースリ
「あーーちゃちゃちゃちゃーー!!!炎が顔にーー!!顔燃」


ビッグアーサー
「ぎょえーー!!ノドが焼けるーー!!喉燃」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」


オウケンブルースリ
「ハァハァ・・ 汗」


ビッグアーサー
「フゥフゥ・・ 汗」



オウケンブルースリ
「と、とりあえずな、春の高松宮記念のときも、お前は、しゃべ馬に登場して勝ったわけだから、まあ今回も頑張れよ 顔熱」


ビッグアーサー
「ふっふっふ。誰にモノ言ってるんですか、オウケンさん 喉熱」



オウケンブルースリ
「ほう。自信満々だな 顔痛」


ビッグアーサー
「当然です。何の迷いもありませんよ 喉痛」



オウケンブルースリ
「中山コースは、未経験だろ?」


ビッグアーサー
「ふっ。いろんな競馬場で結果を出してきた僕にとっては、中山だろうが、ゴン中山だろうが、中山美穂だろうが、全く不安要素はありませんよ」


オウケンブルースリ
「ほほう」



ビッグアーサー
「迷いがある者は弱い!自分を疑う者は弱い!そんなザコどもに、僕が負けるわけないでしょうが! 喜」


オウケンブルースリ
「へー」



ビッグアーサー
「僕のように、才能に満ち溢れた者は、自分を疑わない!迷わない!悩まないのですっ! 喜」


オウケンブルースリ
「ふーん」



ビッグアーサー
「自分自身を疑ってる時点で、三流なんですよーだ! 喜」


オウケンブルースリ
「へー」



ビッグアーサー
「ねえ、シゲさん!やっぱ、一寸の迷いもない者こそが、最強ですよね! 喜」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


ビッグアーサー
「・・・・ 喜」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・迷いの無さが、転落へと繋がることもある」


ビッグアーサー
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・確かに、一寸の迷いもなく、信念を持って突き進むことは重要だ」


ビッグアーサー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だが、迷いがないという事は、裏を返せば、周りが見えていない。客観視できていない。ということにも繋がりかねない」


ビッグアーサー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「真に強き者。盤石の王者というのは、意外にも常に、自分自身に自問自答していたりする」


ビッグアーサー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・『自分のこの行動は本当に正しいか?』『この方向で本当に良いのか?』『そもそもの前提条件は間違っていないか?』・・ってな」


ビッグアーサー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「勝ち続ける者は、うまくいっている時にこそ、自分自身への自問自答を忘れない」


ビッグアーサー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「例えば、周囲からどんなに褒められたとしても、『その称賛にバイアスはかかっていないか?』と考え、有頂天になることを自分自身で戒める」


ビッグアーサー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「シーサーさんな」


ビッグアーサー
「はい」


オウケンブルースリ
「シーサーさんて 汗 それは沖縄の守り神だろ 汗 お前も返事すんな」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・うまくいっている時こそ、自分を疑え。迷いなく進んでいるときこそ、時に立ち止まり、自分自身を俯瞰してみなせえ」


ビッグアーサー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「迷わずに、猪突猛進で突撃するのも重要だ。だが、盲目的な前進は、方向が間違っていると、大きな転落につながることもあるんだぜ」


ビッグアーサー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「盤石の王者に必要なのは、自問自答だ。目先の栄光に心奪われることなく、客観性を堅持しろ」


ビッグアーサー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「難しいことだが、アンタならできるぜ」


ビッグアーサー
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「な。」


ビッグアーサー
「・・はい 涙」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。偉そうに言っちまって」


ビッグアーサー
「いえ・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ビッグアーサー
「・・心に響きました」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうかい」



ビッグアーサー
「・・僕は、迷いなく進んでいるうちに、知らず知らず、慢心の芽を育ててしまっていたのかもしれない・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ビッグアーサー
「ありがとう、シゲさん。心がスッキリしました。これからは、自信は持ちながらも、同時に、自分への問いかけも忘れずに行っていきたいと思います!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ああ。がんばんなせえ」


ビッグアーサー
「はい!」



オウケンブルースリ
「はっはっは。一件落着だな。まあよ、慢心を防ぐために自問自答していく事は、勝ち続けるために必要なことなのかもしれないな」


ビッグアーサー
「はい!」



オウケンブルースリ
「じゃあ俺は帰るぜ。レース頑張れよ」



   カタン



ビッグアーサー
「ん?何か落としましたよ、オウケンさん。・・DVD?」


オウケンブルースリ
「ああ。拾ってもらっちゃってスマンな。・・はうっ!!汗汗」



 ⇒『【大人のDVD】黒髪の女王様シリーズ~ ほら。こんな屈辱的な事されて喜んでるのかい?自問自答してごらん?僕はクズなんだろうかって。・・感じてんじゃないよ!このブタ野郎!!』



ビッグアーサー
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだ!汗 こ、これには深いワケがっ! 汗汗」


ビッグアーサー
「・・・シゲさん。スプリンターズステークスがんばってきます。応援しててくださいね。シゲさん『だけが』応援しててくださいね。じゃ。さいなら」


焼き鳥屋 店主シゲ
「お、おう 汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだぁぁーー!!汗汗」



  - つづく –



※この物語はフィクションであり、登場する団体・人物などの名称はすべて架空のものです。

サブコンテンツ