京成杯AH2016~ ロードクエスト『人生は必ず上がったり下がったりする。一喜一憂せず歩み続けるべし』



◆京成杯オータムハンデ2016


【ロードクエスト】

○Lord Quest
○牡3
○父 マツリダゴッホ
○馬名の由来⇒ 冠名+探求

==========



◆人生は必ず上がったり下がったりする。一喜一憂せず歩み続けるべし



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「さあ、いよいよ今週から、秋競馬の開幕だね。シゲさん」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ」



オウケンブルースリ
「セントウルステークスでは、春のスプリント王、ビッグアーサー登場か。大注目だな」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ネギ塩レモンの牛タンおまち」



オウケンブルースリ
「えーと、関東の京成杯オータムハンデは、ハンデ戦だし、GIにはあまりつながらないレースだから、どうでもいいか」



  ガラガラッ



焼き鳥屋 店主シゲ
「へい!らっしゃい!」


マツリダゴッホ
「・・どうでもよくないだろマツリダ」



オウケンブルースリ
「ん?・・おー。ゴッホさん。久しぶりだな」


マツリダゴッホ
「秋競馬の開幕週は、マツリダ祭りだマツリダ」


オウケンブルースリ
「は?」



マツリダゴッホ
「1個目のマツリダはマツリダゴッホ。2個目の祭りだはフェスティバル。3個目のマツリダは語尾のマツリダだマツリダ」


オウケンブルースリ
「丁寧に解説しても、わからん 汗」



マツリダゴッホ
「京成杯オータムハンデには、我が息子 ロードクエスト君が登場!春の3歳マイル王! 喜」


オウケンブルースリ
「春の3歳マイル王は、メジャーエンブレムだ!盛ってんじゃねえっ! 汗」



マツリダゴッホ
「クエストくーーん!!叫」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



マツリダゴッホ
「さては今、我が息子 ロードクエスト君の話してただろマツリダ?むっほっほ 喜」


オウケンブルースリ
「してないけど」


マツリダゴッホ
「ブッ! 吹梅」



オウケンブルースリ
「う、うわっ!汗 梅干しの種を吹き出すな! 汗」


マツリダゴッホ
「うむ。さっき食べてた カリカリ梅の種が。失礼。フキフキ」



オウケンブルースリ
「・・京成杯オータムハンデを使うか。クエストは」


マツリダゴッホ
「うむ。池添謙一が、『一度、右回りのマイルを使ってみてほしいッス。その結果で秋の目標を決めるッス。チョリーッス!』・・と、助言したようだなマツリダ」


オウケンブルースリ
「そんなしゃべり方ではない 汗」



マツリダゴッホ
「古馬初対戦で、親としては心配だがなマツリダ」


オウケンブルースリ
「親心だな」



■京成杯AH
3歳馬の成績

2-1-5-13
単勝回収率 113%
複勝回収率 137%



マツリダゴッホ
「3歳は、高期待値マツリダ」


オウケンブルースリ
「ふむ」



■京成杯AH
1番人気の成績

0-0-1-9
単勝回収率 0%
複勝回収率 23%



マツリダゴッホ
「ただ、1番人気の成績がひどいぞマツリダ」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



マツリダゴッホ
「まぁワシも、クエスト君に多くは望まん。秋は、天皇賞秋とマイルCSだけ勝ってくれれば良いマツリダ」


オウケンブルースリ
「望み過ぎ 汗」



マツリダゴッホ
「まあしかし、クエスト君もダービーの惨敗はショックだったようだマツリダ」


オウケンブルースリ
「だろうな」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・そういえば先日、クエストさんが、一人で来てたぜ」


マツリダゴッホ
「む」



■■~ 回想シーン。数週間前。焼き鳥シゲにて ~



ロードクエスト
「はぁー。生涯一度の日本ダービー・・。大きく負けてしまった・・。期待してくれたみんなに申し訳なかったな・・ 落」


隣の客A
「・・ん?あの~、もしかして、ロードクエストさんですかぁ? 酔」



ロードクエスト
「あ、はい 汗」


隣の客A
「やっぱりぃ~!僕らね、ダービーでおたくの馬券買ってたんすよぉ~ 酔」


ロードクエスト
「あ、ども 汗」



隣の客B
「・・いや、ども、じゃなくて」


ロードクエスト
「え? 汗」



隣の客B
「わかってんの?迷惑こうむったんですよ。おたくが凡走しやがるからさぁ~」


ロードクエスト
「あ、すみません 落」



隣の客A
「すいませんじゃねえよ。謝って済むかよ。金返せよ 睨」


ロードクエスト
「い、いや、あの・・」



隣の客A
「あーあ。新潟2歳ステークスを、馬なりでぶっちぎった時は、ダービーも勝てるかと思ってさあ。期待してたんだよ?俺ら」


ロードクエスト
「あ、はい・・」



隣の客A
「結局、あの圧勝はフロックかよ。はんっ。ダセーww」


ロードクエスト
「・・・・ 落」



隣の客A
「マツリダゴッホ産駒は早熟~~ww」


ロードクエスト
「・・・・ 落」



隣の客B
「・・だまってんじゃねえよ。顔上げろよバーカ」


ロードクエスト
「す、すいません 汗」



隣の客A
「俺らの期待を裏切っといて、すいませんで済むと思ってんのかよ?ああ?コラ 怒」


ロードクエスト
「す、すいません 汗」



隣の客A
「俺さあ、NHKマイルのあと、ダチに『ロードクエストはダービー勝つぜ!』って言っちゃったんだよ。オメーのせいで、恥かいただろうが!コラ! 怒」


ロードクエスト
「は、はい 落」



隣の客A
「はい、じゃねえよ。バカ。ペチペチ 頬手」


ロードクエスト
「す、すいません 汗」



隣の客B
「一丁前にビールなんか飲んでんじゃねえよ。ケッ。ジョッキに醤油いれてやんよ。・・ドボドボ・・」


ロードクエスト
「ああ・・ 汗」



隣の客A
「・・なんか、だんだん腹立ってきたな・・。お前さ、ちょっと来いよ 睨」


ロードクエスト
「い、いや・・あの・・」



隣の客A
「来いっつってんだよ! 腕掴」


ロードクエスト
「い、痛い・・」


隣の客A
「オラ!来い! 腕引」



   ザクッ。



隣の客A
「い、いぎゃー!泣 焼き鳥の串が、おでこにっ! 血」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・おう。俺はな、ダーツの世界大会で優勝したことがあるんだぜ 串」



隣の客A
「・・こ、このヒゲ野郎・・。殺されてえのかコラ! 睨」


焼き鳥屋 店主シゲ
「いや。もう少し生きていたいぜ」



隣の客A
「・・もう遅せえよ・・。オモテ出ろや 怒」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ロードクエスト
「シ、シゲさんっ 汗」


隣の客A
「・・来いや 怒」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



隣の客B
「・・シゲだと・・?」


隣の客A
「オラ!来い! 怒」



隣の客B
「ま、待て 汗」


隣の客A
「なんだよ! 怒」



隣の客B
「・・こいつ、シゲだ・・」


隣の客A
「あ?」



隣の客B
「佐伯の兄貴がいつも言ってた・・。オウケンとシゲには関わるな、と」


隣の客A
「あ・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



隣の客B
「か、帰るぞ 汗」


隣の客A
「くっ・・。いつまでもデカイ面してられると思うなよ・・ 睨」



   バタン!



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・別に、デカイ面してねえんだがな」


ロードクエスト
「す、すみません、シゲさん・・。僕のせいで、お客さんを減らしてしまって・・ 落」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・いや。客は店を選ぶ権利があるが、店にもまた、客を選ぶ権利があるんだぜ」


ロードクエスト
「シゲさん・・ 泣」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・気分悪くさせちまってすまねえな。今日はお代はいいから、レース前に、お母さんに顔でも見せてやりなせえ」


ロードクエスト
「はい・・。ありがとうございます・・。失礼します」



■■~ ロードクエスト実家にて ~



ロードクエスト
「・・た、ただいま。母さん」


マツリダワルツ
「あら。おかえり。クエスト。少し痩せた?ちゃんと食べてる? 微笑」


ロードクエスト
「・・・・」



マツリダワルツ
「ん?どうしたの?クエスト 微笑」


ロードクエスト
「・・・・ 涙」


マツリダワルツ
「・・クエスト・・」



ロードクエスト
「・・な、なんでもないんだ!汗 あはっ!なんかお腹すいたな!このバナナ食べていい? 涙」


マツリダワルツ
「・・・・」



ロードクエスト
「・・モグモグ。うん!おいしい 涙」


マツリダワルツ
「・・・・」



ロードクエスト
「・・・モグモグ 涙」


マツリダワルツ
「・・・・」



ロードクエスト
「・・・モグモグ 涙」


マツリダワルツ
「・・・苦しい気持ちは胸に隠して、か。 微笑」


ロードクエスト
「・・・・ 涙」



マツリダワルツ
「男らしくなったね。クエスト 微笑」


ロードクエスト
「・・・・ 涙」



マツリダワルツ
「でも、久しぶりに会ったんだから、少しくらい話してよ 微笑」


ロードクエスト
「・・・・ 涙」


マツリダワルツ
「・・・・ 微笑」



ロードクエスト
「・・実は(・・かくかくしかじか・・)」


マツリダワルツ
「・・・・」


ロードクエスト
「・・・・」



マツリダワルツ
「・・そう」


ロードクエスト
「・・うん」



マツリダワルツ
「・・・・」


ロードクエスト
「・・母さん。ボクはデビューしてから、自分にできることを全力でやり続けてきたつもりだけど、それでも人生は、なかなかうまくいかないものだね・・ 落」


マツリダワルツ
「・・・・」



ロードクエスト
「うまくいったと思ったら、次はうまくいかなくなる。頑張っても頑張っても、『これでもう安心』という所には、たどり着けない・・」


マツリダワルツ
「・・・・」



ロードクエスト
「努力は裏切らないって言うけど、努力しても、人生は右肩上がりになっていかない・・」


マツリダワルツ
「・・・・」



ロードクエスト
「・・ボクは・・もう自信が・・ 落」


マツリダワルツ
「クエスト。」


ロードクエスト
「・・・・ 落」



マツリダワルツ
「・・・どんなに努力しても、人生が直線的な右肩上がりになることはあり得ない」


ロードクエスト
「え・・」



マツリダワルツ
「毎日毎日、ストイックに努力を積み重ねても、人生は時期によって、必ず上がったり下がったりするの」


ロードクエスト
「・・・・」



マツリダワルツ
「そこを理解せずに、『努力は裏切らない!努力すればするほど、人生は右肩上がりに良くなるハズ!』・・とか思っていると、うまくいかなかった時期に、心が折れてしまう」


ロードクエスト
「・・・・」



マツリダワルツ
「人生は、直線的な右肩上がりにはならない。でも、毎日の努力を積み重ねれば、上がったり下がったりしながら、長期的には、なだらかな右肩上がりとなる」


ロードクエスト
「・・・・」



マツリダワルツ
「だから努力は淡々と続けること。目先の結果に一喜一憂せず、長期的な視点で行動を積み重ね続けること」


ロードクエスト
「・・・・」



マツリダワルツ
「レースでも、仕事でも、恋愛でも、人間関係でも、客観的な視野を失えば、うまくいかなくなる」


ロードクエスト
「・・・・」



マツリダワルツ
「そして、人生において、やってはならないことは、『ちょっとうまくいったからって、慢心して自分を見失ってはならない』のと、『努力しても結果が出ない時期に、自暴自棄になって、今までの努力を放棄してはならない』・・この2つよ」


ロードクエスト
「・・・・」



マツリダワルツ
「馬券も同じでしょ?」


ロードクエスト
「・・・・」



マツリダワルツ
「人生と馬券は、本質が似ている。競馬から人生の教訓がたくさん見えてくるね」


ロードクエスト
「・・・・」



マツリダワルツ
「クエスト。」


ロードクエスト
「・・・・」



マツリダワルツ
「人の評価や、目先の結果に心を奪われてはなりません。見るべきは、『今、自分がやっている行動は正しいか?』・・それだけよ」


ロードクエスト
「・・・・」



マツリダワルツ
「人生は、他者との戦いではない」


ロードクエスト
「・・・・」



マツリダワルツ
「人生は常に、自分との戦いよ。クエスト」


ロードクエスト
「・・・・」



マツリダワルツ
「わかった? 微笑」


ロードクエスト
「・・うん」



マツリダワルツ
「そっか。・・お腹すいたでしょ。食べかけのバナナ、ちょっと黒くなってきちゃったね 汗」


ロードクエスト
「・・うん・・ 笑涙」



マツリダワルツ
「じゃあ、カレーがあるから、一緒に食べよう 微笑」


ロードクエスト
「・・うん。いただきます! 涙」


マツリダワルツ
「どうぞ♪ 微笑」



■■~ 回想シーン終わり ~



マツリダゴッホ
「・・・・ 涙」


オウケンブルースリ
「なんでアンタが泣いてんだ 汗」


マツリダゴッホ
「なんていい女なんだ・・ワルツ・・ 涙」



オウケンブルースリ
「はっはっは。まあよ。人生ってやつは、上がったり下がったりを繰り返しながら、形作られていくものなのかもしれないな」


マツリダゴッホ
「うむ。そうだなマツリダ」



オウケンブルースリ
「じゃあ俺は帰るぜ。京成杯AHがんばれって、クエストに言っといてくれ」



   カタン



マツリダゴッホ
「ん?何か落としたぞ、オウケン氏。・・DVD?」


オウケンブルースリ
「ああ。拾ってもらっちゃってスマンな。・・はうっ!!汗汗」



 ⇒『【大人のDVD】黒髪の女王様シリーズ~ ほら。言葉責めで、上がったり下がったりしながら、気持ちよくなっちゃってるのかい?・・このブタ野郎!!』



マツリダゴッホ
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだ!汗 こ、これには深いワケがっ! 汗汗」


マツリダゴッホ
「・・シゲ氏。どうか我が息子、クエスト君を応援してやってくだマツリダ。シゲ氏『だけが』応援してくだマツリダ。じゃ。さいならマツリダ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「お、おう 汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだぁぁーー!!汗汗」



  - つづく –



※この物語はフィクションであり、登場する団体・人物などの名称はすべて架空のものです。

サブコンテンツ