新潟記念2016~ ベルーフ『大きな目標でも、言い続ければ近づいていく』



◆新潟記念2016


【ベルーフ】

○Beruf
○牡4
○父ハービンジャー
○馬名 意味由来⇒ 使命

==========



◆大きな目標でも、言い続ければ近づいていく



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「今週で、夏競馬も終わりだねー。シゲさん」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ」



オウケンブルースリ
「来週からの、秋競馬に向けて勢いをつけるためにも、夏競馬のラスト、新潟記念はバシッと当てとくかー」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ささみカツおまち」



オウケンブルースリ
「えーと、有力なのはやっぱ、サマー2000シリーズ王者の座を狙う、アルバートドック&ダコールの58キロ組か。ならコイツらを軸にして・・」



  ガラガラッ



焼き鳥屋 店主シゲ
「へい!らっしゃい!」


ベルーフ
「どーも。おひさしブリーフ! 手手」


オウケンブルースリ
「む」



ベルーフ
「8月度、2度目の登場! 喜」


オウケンブルースリ
「出すぎだろ 汗」



ベルーフ
「でも、秋競馬が始まったら、スゲー馬がたくさん出てくるから、たぶんボクにもう登場のチャンスはない 泣」


オウケンブルースリ
「切ないな 汗」



ベルーフ
「ここしかないっ!さあ行こう! 燃」


オウケンブルースリ
「お、おう 汗」



ベルーフ
「ボクの名は、ベルーフ!」


オウケンブルースリ
「・・パンツの?」


ベルーフ
「それはブリーフ」



オウケンブルースリ
「藤沢厩舎の元大物の?」


ベルーフ
「それはペルーサ」



オウケンブルースリ
「中田英寿がいたサッカーチームの?」


ベルーフ
「それはペルージャ」



オウケンブルースリ
「生まれたばかりの犬?」


ベルーフ
「それはコイーヌ」



オウケンブルースリ
「いかりや長介が率いた伝説の?」


ベルーフ
「それはドリーフ」



オウケンブルースリ
「部屋が汚れてきたら?」


ベルーフ
「それはオソージ」



オウケンブルースリ
「はぁー。今月も赤字だわ…」


ベルーフ
「それはカケーボ」



オウケンブルースリ
「アメリカの最先端ナノテクノロジーで注目されている?」


ベルーフ
「それはわからない」



オウケンブルースリ
「あ、シゲさん。ソースある?ささみカツにかけるやつ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あるぜ」



ベルーフ
「えー!もうちょっとやろうよー 汗」


オウケンブルースリ
「結構つき合っただろ 汗」



ベルーフ
「ブー。・・あ、すいません。ちょっと脱いでいいですか?暑いんで」


オウケンブルースリ
「ああ。いいぞ」



ベルーフ
「じゃあちょっと失礼します。・・・ヌギヌギ」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ベルーフ
「・・・・ 上脱」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ベルーフ
「・・・・ 下脱」


オウケンブルースリ
「・・・・ 汗」



ベルーフ
「・・はい!お待たせしました! 白1」


オウケンブルースリ
「な、なんでパンツ一丁になるまで脱ぐのよ 汗」



ベルーフ
「安心してください!はいてますよ! 指」


オウケンブルースリ
「安村 汗」



ベルーフ
「ベルーフだけに、ブリーフ! 指」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



ベルーフ
「改めて自己紹介しましょう。僕の名前はブリーフ。・・じゃなくて、ベルーフ!」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



ベルーフ
「『ハービンジャー産駒の最高傑作』の称号を与えられています! 喜」


オウケンブルースリ
「聞いたことねぇけど 汗」



ベルーフ
「今週の新潟記念は、一丁やってやりますよ。パンツ一丁だけに」


オウケンブルースリ
「お、おう 汗」



ベルーフ
「人気が予想される2頭、アルシンドピッカーとワコールは、58キロ!これは重いぞ! 喜」


オウケンブルースリ
「アルバートドックとダコールな 汗」



ベルーフ
「さてさて、新潟記念の過去10年のデータを見ると!」


■58キロ 0-0-1-8

■56~57キロ 6-5-3-31



ベルーフ
「ふっふっふ。どうですかお客さーん!ボクは 57キロですよー 喜」


オウケンブルースリ
「ふーん」



ベルーフ
「じゃあ、データをもう一つ!」


■前走 小倉記念 5-3-4-29



ベルーフ
「安心してください!ボクは前走 小倉記念ですよー 喜」


オウケンブルースリ
「あくまでも過去10年程度のデータだろ」



ベルーフ
「ここを勝てば、マツリダ予想の次期アシスタントは、このブリーフ・・じゃなくて、ベルーフになるハズ! 喜」


オウケンブルースリ
「ならん 汗」



ベルーフ
「さあ、オウケンさんも、ブリーフにしましょう!」


オウケンブルースリ
「オレはトランクス派なんだよ」



ベルーフ
「なぜですか?ブリーフの方がいいですよ?」


オウケンブルースリ
「なんでよ?」



ベルーフ
「やっぱホラ、座った時に、キン●タマがはみ出すリスクを回避できるし」


オウケンブルースリ
「伏せ字おかしい 汗」



ベルーフ
「まぁとにかく、今週の新潟記念は、ハービンジャー産駒のボクが、先頭でゴールするでしょう! 喜」


オウケンブルースリ
「ふーん」



ベルーフ
「ゴール前で実況は、こう叫ぶはず!」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ベルーフ
「・・『ジャーはジャーでも、ハービンジャー!!叫』」


オウケンブルースリ
「な、なんだそれ 汗」



ベルーフ
「だからぁ、『ベガはベガでもホクトベガ!』って、あったでしょ?」


オウケンブルースリ
「ああ。『ラーはラーでも、トーセンラー』ってのもあったな」


ベルーフ
「それは、筆者Tの造語です 汗」



オウケンブルースリ
「つーか、『ジャーはジャーでも』って、もう1頭のジャーはどこにいんのよ?」


ベルーフ
「・・ちょっと待ってくださいね。小倉記念の出走馬を確認してみます ガサゴソ」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ベルーフ
「・・いた!!」


オウケンブルースリ
「む。」



ベルーフ
「・・もう1頭のジャーは・・・『ルミナスウォリジャー!』」


オウケンブルースリ
「ゴレンジャーみたいに言うな 汗 ルミナスウォリアーな」



ベルーフ
「はぁー。ボクこんな、おちゃらけたこと言ってるけど、調教は、なんかイマイチでしたよ…」


オウケンブルースリ
「ふーん」



■スポーツ紙の記事
『~新潟記念 水曜追い~ ベルーフまさかの併走遅れ。2歳馬に差される。ブリーフのゴムがユルユルだ』



ベルーフ
「・・と、書かれたし…」


オウケンブルースリ
「後半おかしい 汗」



ベルーフ
「じゃあ、負けそうになったら、ブリーフを頭にかぶって変身するってのはどうすか?」


オウケンブルースリ
「変態仮面 汗」



ベルーフ
「いや、変態仮面はパンティーをかぶるでしょ?ボクは自分のブリーフを自分でかぶるんです」


オウケンブルースリ
「ド変態仮面じゃねえか 汗」



ベルーフ
「じゃあ、負けたらキレて暴れます」


オウケンブルースリ
「おまえは前科があるからな 汗↓」



■⇒『2016中山金杯 ベルーフ放馬。表彰台など破壊し、競走除外に』



ベルーフ
「・・そう。報道では、『ベルーフは、中山金杯の馬場入場時に、ブリーフが脱げてパニックになり、返し馬を撮影するカメラマンの集団に突進。表彰台、カメラ機材を破壊した』と、されています」


オウケンブルースリ
「・・『ブリーフが脱げて⇒ 馬具が外れて』・・な 汗」



ベルーフ
「はぁー・・ 落」


オウケンブルースリ
「ん?どした?」



ベルーフ
「・・こうやって、オウケンさんと楽しくトークができるのも、夏競馬の今だけなんだろうな・・ 落」


オウケンブルースリ
「なんでよ」



ベルーフ
「だって、来週から秋競馬になったら、GIホースがたくさん登場して、ボクの出番はなくなるから・・ 落」


オウケンブルースリ
「そんなことないって」



ベルーフ
「あるもん」


オウケンブルースリ
「大丈夫だって」



ベルーフ
「無理だもん」


オウケンブルースリ
「無理じゃないって」



ベルーフ
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ベルーフ
「・・ホ、ホント?」


オウケンブルースリ
「いや、知らないけど」


ベルーフ
「ブッ! 吹」


オウケンブルースリ
「う、うわっ 汗 ヨダレがっ 汗」



ベルーフ
「はぁー・・。ボクも3歳時は、皐月賞や菊花賞で、ドゥラメンテやらキタサンブラックと、しのぎを削ってたんだけどなあ・・ 落」


オウケンブルースリ
「そうだったな」



ベルーフ
「GIの舞台が懐かしいなあ・・ 落」


オウケンブルースリ
「また出ればいいじゃんか」



ベルーフ
「無理だもん」


オウケンブルースリ
「なんでよ」



ベルーフ
「だってボクなんか・・。自分の身のほどは、わかっているつもりです・・ 落」


オウケンブルースリ
「むう」



ベルーフ
「ボクみたいなのが、『GI目指すぜ!』・・とか言ってたら、痛い子でしょ?」


オウケンブルースリ
「うーん」



ベルーフ
「そんな大きな目標を口にして、みんなに聞かれてしまったら、超恥ずかしいし」


オウケンブルースリ
「ふーん」



ベルーフ
「口だけで結果が伴っていなかったら、ホラ吹き野郎って言われるし」


オウケンブルースリ
「むー」



ベルーフ
「だからボクは、できるだけ現実的なことしか言わないようにしてるんです。達成できなさそうな事は、決して言わないことにしたのです」


オウケンブルースリ
「へー」



ベルーフ
「ねえ、シゲさん。できそうもない目標は、言葉にしないほうがいいですよね?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


ベルーフ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・ブリーフさんな」


ベルーフ
「はい」


オウケンブルースリ
「ブリーフさんて 汗 お前も返事すんな 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・それがポジティブな目標なら、言っちまってもいいんじゃねえかな」


ベルーフ
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「言葉の力はすさまじい。ネガティブな言葉・グチ・他者の悪口などを言い続ける者は、自らの言葉によって、自らの人生を破壊することになる」


ベルーフ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だから言葉は慎重に使わなければならねえ」


ベルーフ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だがその一方で、ポジティブな言葉・明るく前向きな言葉・周りの人を元気にする言葉・ユーモアのある言葉・・。これらは、自分の人生を向上させるだけでなく、周りの人の人生も明るくする」


ベルーフ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「言葉にはすごいパワーがあるからな。良くも悪くも、何かを言い続ければ、その方向に自分自身が引っ張られていく」


ベルーフ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・『自分はGIになんか、もう出られないよ・・』と言い続ける者と、『必ずGIを3勝して、種牡馬になる!』と言い続ける者。能力が同じなら、どちらがより良い結果を出していけると思うか?」


ベルーフ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「GIを3勝して種牡馬になるのは、とんでもなく難しいことだ。それを達成できる馬は、ほとんどいねえ。無謀な挑戦だ」


ベルーフ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だが、しっかりと自分の目標を掲げて、それを達成するために必要な行動をリストアップし、毎日毎日それを積み重ねる者は、たとえ当初の目標は達成できなくても、その目標の方向に引っ張られていく」


ベルーフ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「対して、最初から身の程をわきまえて、恥ずかしい目標は立てず、『自分には無理だよ。ははは・・』と、力無く笑う者は、自分を引き上げてくれるパワーがないから、少しずつ、下に落ちていくだろう」


ベルーフ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だからな。俺は、ポジティブな言葉なら、積極的に使っていってもいいと思うんだぜ」


ベルーフ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「しゃべるだけじゃなく、『紙に書いて貼る』というのも、かなりの効果がある。ノートに書くだけでもいい」


ベルーフ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「ずっと昔にノートに書いた目標が、10年後に見たら、だいたい達成できていたってのは、よくある話なんだぜ」


ベルーフ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「言葉にしたり、紙に書いたりすることで、その目標が潜在意識に刷り込まれ、無意識に自然に努力を重ねていくことができるようになる」


ベルーフ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「俺はそう思うんだぜ」


ベルーフ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「な。」


ベルーフ
「・・はい 涙」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。偉そうに言っちまって」


ベルーフ
「いえ・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ベルーフ
「・・心に響きました」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうかい」



ベルーフ
「・・ボクは、目標が達成できなかったら恥ずかしいからって、無意識に予防線を張って、逃げ道を作っていたのかもしれない・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ベルーフ
「ありがとう、シゲさん。心がスッキリしました。これからは、ネガティブな事は言わず、ポジティブで明るい言葉を意識して使っていこうと思います!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ああ。がんばんなせえ」


ベルーフ
「はい!」



オウケンブルースリ
「はっはっは。一件落着だな。まあよ、明るくポジティブな言葉なら、どんどん口に出していった方が、人生は良くなっていくのかもしれないな」


ベルーフ
「はい!」



オウケンブルースリ
「じゃあ俺は帰るぜ。レース頑張れよ」



   カタン



ベルーフ
「ん?何か落としましたよ、オウケンさん。・・DVD?」


オウケンブルースリ
「ああ。拾ってもらっちゃってスマンな。・・はうっ!!汗汗」



 ⇒『【大人のDVD】黒髪の女王様シリーズ~ ほら。口に出してイ(ピ~~)のかい?言ってごらん?もっと(ピ~~)してくださいって。・・感じてんじゃないよ!このブタ野郎!!』



ベルーフ
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだ!汗 こ、これには深いワケがっ! 汗汗」


ベルーフ
「・・・シゲさん。新潟記念がんばってきます。応援しててくださいね。シゲさん『だけが』応援しててくださいね。じゃ。さいなら」


焼き鳥屋 店主シゲ
「お、おう 汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだぁぁーー!!汗汗」



  - つづく –



※この物語はフィクションであり、登場する団体・人物などの名称はすべて架空のものです。

サブコンテンツ