キーンランドカップ2016~ レッツゴードンキ『急にテンションを上げて張り切る者は、急に燃え尽きて不幸になる』



◆キーンランドカップ2016


【レッツゴードンキ】

○Let’s Go Donki
○牝4
○父 キングカメハメハ
○馬名 意味⇒ さあ進もう「ドンキホーテ」のように

==========



◆急にテンションを上げて張り切る者は、急に燃え尽きて不幸になる



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「もう8月も最後の1週だね。シゲさん」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ」



オウケンブルースリ
「今週は、古馬スプリントのキーンランドカップか。頭数は手頃になりそうだけど、むずかしいメンバーだなあ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「トマトと豚肉の冷やしうどん おまち」



オウケンブルースリ
「やっぱ前走、古馬相手の函館スプリントステークスで、ハナ差の2着だった シュウジが人気になりそうだな。しかも絶不調の岩田康誠から乗り替わりで、雷神モレイラか。よし!軸はコイツに決定だな!!」



  ゴキンッ!(鈍器)



オウケンブルースリ
「ごぉうはぁぁーー!!泣」


レッツゴードンキ
「・・鞍上がモレイラだから軸?フン。しょうもない発想だわ 怒」



オウケンブルースリ
「う・・うぐ・・。その声は・・」


レッツゴードンキ
「そう。アタイの名前はレッツゴードンキ。ドンキーコングのメスみたいでしょ?いや、誰がドンキーコングのメスだ! 怒」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



レッツゴードンキ
「モレイラだって、すべての馬を勝たせるわけじゃないでしょうがぁぁーー!!怒」


オウケンブルースリ
「キレすぎだろ 汗」



レッツゴードンキ
「子供がまだ食ってる途中でしょうがぁぁーー!!怒」


オウケンブルースリ
「田中邦衛 汗」



レッツゴードンキ
「ホトァルーー!!泣」


オウケンブルースリ
「それはゴッホさんだろ 汗」



レッツゴードンキ
「モレイラがなんぼのもんじゃぁぁーー!!怒」


オウケンブルースリ
「・・ちなみにさ、おまえの騎手は誰よ?」



レッツゴードンキ
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



レッツゴードンキ
「・・モレイラに、シュウジを略奪された、絶不調の岩田康誠・・」


オウケンブルースリ
「ププー! 吹笑」



  ゴキンッ!(鈍器)



オウケンブルースリ
「ごぉうはぁぁーー!!泣」


レッツゴードンキ
「絶不調とか言うなぁー!岩田はまだまだ、ここ一番の勝負強さは健在なんじゃぁー!この、おたんこナース! 怒」



オウケンブルースリ
「ぜ、絶不調は、おまえが言ったんだろ 頭痛」


レッツゴードンキ
「ウキー! 怒」



オウケンブルースリ
「・・そんなことより、さっきからオマエ、オレの後頭部を殴ってねえか? 頭痛」


レッツゴードンキ
「殴った」


オウケンブルースリ
「な、なんで殴った? 汗」



レッツゴードンキ
「・・ドンキのようなもので殴りました」


オウケンブルースリ
「い、いや、そうじゃなくて、どうして殴ったのだ? 汗」



レッツゴードンキ
「だって!!キーンランドカップは、シュウジ&モレイラが軸とか言うんだもん!ウキー!ブンブン 鈍器」


オウケンブルースリ
「う、うわっ!汗 危ない!鈍器のようなものを振り回すな! 汗逃」



レッツゴードンキ
「はぁー疲れた。シゲさん。鈍器のようなものをひとつ。・・・じゃなくて、ビールをひとつ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ 汗」



オウケンブルースリ
「・・でもよお。おまえは、前走から1キロ増の55キロだぜ?他の有力3歳牝馬が、51~52キロってことを考えると、厳しくもあるぞ」


レッツゴードンキ
「前走の函館スプリントは、吉田隼人の位置取りがちょっと後ろ過ぎただけ!力負けではない!ウホッ! 猿」


オウケンブルースリ
「ふーん」



レッツゴードンキ
「しかも、キーンランドカップの3歳馬の成績は、【1-0-1-17】で不振!4~5歳馬の方が、データ的には優勢なんじゃい! 怒」


オウケンブルースリ
「ふーん」



レッツゴードンキ
「ついでに言うと、このレースは過去10年で、牝馬が7勝!シュウジは男の子!残念っ!サヨウナラ! 笑」


オウケンブルースリ
「天誅だな 汗」



レッツゴードンキ
「アタイはまだ、1200mでは底を見せていない!鞍上の岩田康誠と共に、復活の狼煙を上げるんじゃいっ!ウホホーイ! 猿」


オウケンブルースリ
「あ、シゲさん、大根おろしもらえる?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ」



レッツゴードンキ
「ちょっとー!聞きなさいよーー!!ウキー!ブンブン 鈍器」


オウケンブルースリ
「う、うわっ!危ないからっ!鈍器のようなものを振り回すな! 逃汗」



レッツゴードンキ
「ウホッ!ウホホーーイッ!ドンドンドン! 胸叩」


オウケンブルースリ
「か、完全にメスゴリラだな 汗」



レッツゴードンキ
「・・ときにオウケンよ」


オウケンブルースリ
「なんだよ。呼び捨てにすんな」



レッツゴードンキ
「・・他の女の子がゲストの時みたいに、アタイのこの豊満なバストを揉みたいとか思ってんじゃないの?フケツ!」


オウケンブルースリ
「いや、オレはメスゴリラには興味がな・・」



  ゴキンッ!(鈍器)



オウケンブルースリ
「いぃはぁぁーー!!泣」


レッツゴードンキ
「はぁー。男なんて、バカばっかりだわ・・ 落」


オウケンブルースリ
「・・・・ 倒」



レッツゴードンキ
「やっぱり今の時代、男に頼らず、アタイは自分の力で生きていくしかない! 燃」


オウケンブルースリ
「・・い、痛い・・ 頭痛」



レッツゴードンキ
「テンション上げていくんじゃいっ!女の力を見せてやるっ! 燃」


オウケンブルースリ
「ま、まあ頑張れよ 汗」



レッツゴードンキ
「テンション低いぞ!オウケン!大きな声でしゃべれ!声を張れ! 燃」


オウケンブルースリ
「い、いや、オレはいいわ 汗」



レッツゴードンキ
「アタイは強い!誰にも負けない!イエス!アイドゥー! 燃」


オウケンブルースリ
「お、おう 汗」



レッツゴードンキ
「さあ!やる気が湧いてきたぞ!ほらね!こうやってテンションを上げれば、情熱の炎が燃えて、パワーが湧いてくるのよっ! 燃燃」


オウケンブルースリ
「へー 汗」



レッツゴードンキ
「桜花賞を勝って以来、ずっと惨敗続きだった日々の、悔しい思いを忘れるなー! 燃」


オウケンブルースリ
「う、うむ 汗」



レッツゴードンキ
「気合いだ!根性だ!怒りの炎だ!今を生きろ!ガッツだ!瞬間的なパワーを引き出せーー!!燃」


オウケンブルースリ
「オ、オー 汗」



レッツゴードンキ
「よし!エネルギーが体に充満してきたぞ!これでキーンランドカップもいただきじゃいっ! 燃」


オウケンブルースリ
「が、頑張れよ 汗」



レッツゴードンキ
「さあ!シゲさんも、テンション上げていこう!暗いよ!シゲさんっ! 燃」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


レッツゴードンキ
「・・・・ 燃」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・鈍器さんな」


レッツゴードンキ
「はい! 燃」


オウケンブルースリ
「鈍器さんて 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・瞬間的にテンションを上げる者は、すぐ冷めて、むしろ以前よりやる気がなくなる」


レッツゴードンキ
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・確かに、ハイテンションというのは、何かをやるにあたって、強力なエネルギーになる」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だが、そのエネルギーを作り出すためには、燃料が必要だ」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「そして、過度なハイテンションを生み出すために必要な燃料とは、それまで心に蓄積してきた、穏やかな時間や、ポジティブな考え方だったりする」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だから無理にテンションを上げ続けると、心の中が荒んでくる」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「ハイテンションの燃料は、無限ではない。無駄遣いすれば必ず枯渇する」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「激しく喜ぶ者は、激しく落ち込む。躁と鬱は、互いにバランスをとって存在している」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「どんな世界でも、成功を収めるために最も重要な事は、『試行錯誤しながら、やり続ける』ということだ」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「どんなに才能があっても、途中で冷めて、やめてしまったら、絶対に結果は出ない」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「そして、やり続けるためには、情熱の炎を燃やし続けるためには、『心の燃料』を無駄遣いしないことが重要だ」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「何かの道で偉大な結果を残している人物は、その対象への向き合い方が、意外と淡々としているものだ」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「どんなジャンルでも、超一流の人物が、『テンション上げて行くぜ!ウォー! 燃』・・という取り組み方をしているケースは少ない」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「なぜなら、無駄にテンションを上げると、心の燃料を無駄遣いしてしまい、長く長く続けていくためのモチベーションを失うからだ」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「生まれつきテンションが高い人間(馬)はそれでもいい。そこに無理がないからな」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だが、普通の人間は、無理に自分の心を偽って、強制的にテンションを上げてしまうと、心が疲れ果て、必ず燃え尽きる日が来る」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だからよ。何かの道で、ずっと長く続けて、自分なりに良い結果を残したいと思うなら、不必要にテンションは上げるな」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「成功するために必要なのは、不自然なハイテンションではなく、淡々とこなす日々の行動だ」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・元気なのはいいけどな。燃え尽きちまったら、心を立て直すのは大変だからよ」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「な。」


レッツゴードンキ
「・・はい・・ 涙」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。偉そうに言っちまって」


レッツゴードンキ
「・・いえ・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



レッツゴードンキ
「・・心に響きました・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうかい」



レッツゴードンキ
「・・確かに、アタイは、不自然にハイテンションなパワーで、自分を偽っていたのかもしれない・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



レッツゴードンキ
「・・あのままだったら、シゲさんの言う通り、いつか疲れてしまって、急にやる気がなくなっていたかもしれません・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



レッツゴードンキ
「・・ありがとうございます、シゲさん。心が軽くなりました。キーンランドカップ、全力で頑張ってきます!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「おう。応援馬券、買っとくぜ」


レッツゴードンキ
「はい!」



オウケンブルースリ
「はっはっは。一件落着だな。まあよ、あまり自分の心を激しく揺さぶることは、長い目で見ると良い結果にはならないのかもしれないな」


レッツゴードンキ
「はい!」


オウケンブルースリ
「じゃあ俺は帰るぜ。レース頑張れよ」



   カタン



レッツゴードンキ
「ん?何か落としましたよ、オウケンさん。・・DVD?」


オウケンブルースリ
「ああ。拾ってもらっちゃってスマンな。・・はうっ!!汗汗」



 ⇒『【大人のDVD】黒髪の女王様シリーズ~ ほら。もっと激しく揺さぶってほしいのかい?・・感じてんじゃないよ!このブタ野郎!!』



レッツゴードンキ
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだ!汗 こ、これには深いワケがっ! 汗汗」


レッツゴードンキ
「・・シゲさん。キーンランドカップがんばってきます。応援しててくださいね。シゲさん『だけが』応援しててくださいね。じゃ。さいなら」


焼き鳥屋 店主シゲ
「お、おう 汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだぁぁーー!!汗汗」



  - つづく –



※この物語はフィクションであり、登場する団体・人物などの名称はすべて架空のものです。

サブコンテンツ