札幌記念2016~ ヌーヴォレコルト『下に見られたくないという安いプライドが不幸を招く』



◆札幌記念2016


【ヌーヴォレコルト】

○Nuovo Record
○牝5
○父 ハーツクライ
○馬名意味⇒ 新記録

==========



◆下に見られたくないという安いプライドが不幸を招く



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「お盆休みも、あっという間に終わりだね。シゲさん」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ」



オウケンブルースリ
「まあ、競馬に関わる我々には、お盆休みなんざ存在しないけどね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「つらいところですねえ。トマトときゅうりのナムルおまち」



オウケンブルースリ
「おし。今週は夏の大一番、札幌記念か。モーリス1強オッズになりそうだが、このメンツなら軸不動だろうなぁ・・ ブツブツ」



  ガラガラッ



焼き鳥屋 店主シゲ
「へい!らっしゃい!」


ヌーヴォレコルト
「・・ちょっと待っヌー!」


オウケンブルースリ
「は?」



ヌーヴォレコルト
「・・モーリヌで軸不動?そんな守りの予想でいいヌですか。オウケヌさん」


オウケンブルースリ
「む。」



ヌーヴォレコルト
「ワタシの名は、ヌーヴォレコルト。ご存知の通り、現役最強牝馬!」


オウケンブルースリ
「いや、おまえ最近全然ダメだろ」



ヌーヴォレコルト
「ヌー! 怒」


オウケンブルースリ
「まあ怒るなって。ビールでいいか?」



ヌーヴォレコルト
「・・ヌー酎のおヌわヌ」


オウケンブルースリ
「は? 汗」



ヌーヴォレコルト
「ヌー酎のおヌわヌ」


オウケンブルースリ
「な、なんて言ってるか、さっぱりわかんねえわっ 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「焼酎のお湯割りな。あいよっ」


オウケンブルースリ
「わかんのかいっ 汗」



ヌーヴォレコルト
「・・今週ヌ、札幌記念は夏競馬最大のレースなヌだわよ」


オウケンブルースリ
「お、おう 汗 それはいいんだけど、さっきから、ちょいちょい読みにくいんだけど 汗」



ヌーヴォレコルト
「なヌで?」


オウケンブルースリ
「はいそれ! 指」



ヌーヴォレコルト
「ワタシには、なヌのことだか、さっぱヌわかヌませヌーわよ。ヌッホッホ 笑」


オウケンブルースリ
「俺には、なんて言ってるのかさっぱりわからんわ 汗」



ヌーヴォレコルト
「久しぶりヌ登場なヌで、なヌとか爪痕を残すためヌ、今日もキャラ設定を攻めていくヌだわよ」


オウケンブルースリ
「い、生き残りに必死だな 汗」



ヌーヴォレコルト
「でも、筆者Tも、書くヌが大変で、イラついていヌわよ」


オウケンブルースリ
「それは知らん 汗」



筆者T
「・・はぁー。しんどい。やっぱりモーリスにすればよかった・・ 落」


ヌーヴォレコルト
「ヌー! 怒」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



ヌーヴォレコルト
「ワタシ、怒っていヌわよ! 怒」


オウケンブルースリ
「だから怒るなって 汗」



ヌーヴォレコルト
「・・『いヌわよ』は、『いるわよ』であって、『犬はよぉ~』ではないわよ?」


オウケンブルースリ
「それはわかる 汗」



ヌーヴォレコルト
「じゃあ、そろそろ帰ヌわよ」


オウケンブルースリ
「はええな 汗」



ヌーヴォレコルト
「あ。競馬ヌ話を全然してなかったわ。さっきも言ったけど、今週ヌ札幌記念は、夏競馬最大のイベヌトだわよ」


オウケンブルースリ
「ああ。最強マイラー、モーリスがピカピカの存在で、それ以外はなんかなぁー」



ヌーヴォレコルト
「ヌー!」


オウケンブルースリ
「そ、それは、『NO!』って言ってるのか? 汗」



ヌーヴォレコルト
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



ヌーヴォレコルト
「・・ちょっと、なヌ言ってるかわかヌない 苦笑」


オウケンブルースリ
「テ、テメーに言われたくねえわぁーー!!グリグリ!!頭押」


ヌーヴォレコルト
「キャー!汗 こめかみをグリグリー!汗 痛いー! 汗」



オウケンブルースリ
「・・(モミモミ 胸)」



  バキッ!!拳鼻



オウケンブルースリ
「ぐはぁぁーー!!鼻血」


ヌーヴォレコルト
「オメー!なに人の胸、もみくさってんだぁー!コラァー!ガスガス!!蹴蹴」


オウケンブルースリ
「ぐ、ぐわぁー!汗 ち、違うんだっ!たまたま手が当たっただけだって! 汗」



ヌーヴォレコルト
「ケッ。ドスケベ。しねっ。ボケっ! 怒」


オウケンブルースリ
「こ、こわー 汗」



ヌーヴォレコルト
「・・フン。札幌記念は過去10年で、関西馬が実に9勝。関東馬のモーリスに死角あり! 燃」


オウケンブルースリ
「いや、おまえも関東馬な 汗」



ヌーヴォレコルト
「札幌記念は、牝馬が活躍していヌ!」


オウケンブルースリ
「ふむ」



■札幌記念 牝馬(過去10年)

単勝回収率 123%

複勝回収率 101%



ヌーヴォレコルト
「そしてなんと!ワタシの鞍上は、ミスター札幌記念、武豊! 喜」


オウケンブルースリ
「いや、武豊は騎乗停止で、吉田隼人(32)に乗り替わりな ボソッ」



ヌーヴォレコルト
「ヌー!ホワイ!ジャパヌーズピープヌ! 汗」


オウケンブルースリ
「いや、ホワイって言われても、騎乗停止なんだって 汗」



ヌーヴォレコルト
「ヌー。しかし、吉田隼人も札幌記念に3回乗って、2回も馬券圏内に持ってきていヌ!」


オウケンブルースリ
「ふむ」



ヌーヴォレコルト
「ところで、ワタシの主戦のヌワタヤスヌリは、どこ行ったヌ?」


オウケンブルースリ
「イワタヤスナリな 汗 まあそこには触れないでおこう 汗」



ヌーヴォレコルト
「まぁとヌかく、ワタシのコンディショヌさえ整っていヌば、このメヌバーなら勝ち負けになヌと思ヌけど、最近ちょっと太ってきちゃってヌ…。前走も過去最高の462キヌー 汗」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



ヌーヴォレコルト
「お腹のお肉が出てヌの。ホラ。プニプニ」


オウケンブルースリ
「絞れや 汗」



ヌーヴォレコルト
「・・ヌー・・ 吐息」


オウケンブルースリ
「それは、ため息か? 汗」



ヌーヴォレコルト
「なんか最近はさ、『ヌーヴォレコルトは終わった』みたいな雰囲気なヌだよね…」


オウケンブルースリ
「ふむ」



ヌーヴォレコルト
「それがとっても悔しい!ヌーはまだ終わってない!ヌーはすごいんだって、みんなに認めさせたいヌ!」


オウケンブルースリ
「まあなあ」



ヌーヴォレコルト
「オークスでは、あのハープスターにも勝ったし、中山記念では、安田でモーリスの連勝を止めたロゴタイプにも勝ってるもん!」


オウケンブルースリ
「うん」



ヌーヴォレコルト
「ワタシはまだ終わってない!ヌーちゃんすごいねって、言われたいもん! 泣」


オウケンブルースリ
「わかるけどな」



ヌーヴォレコルト
「学生時代の友達より、自分の方が出世してるって、思われたい!」


オウケンブルースリ
「ふーん」



ヌーヴォレコルト
「今までの賞金をコツコツ貯めて、貯金もたくさんあるって、通帳をみんなに見せて自慢したい!」


オウケンブルースリ
「それはやめとけ 汗」



ヌーヴォレコルト
「ワタシは、ナイスバディじゃないし、そんなに美人でもないけど、ちょうど手ごろな感じで、男ウケしてモテるってことを、みんなに自慢したい!」


オウケンブルースリ
「うむ。さっき揉んだ感じ、バストサイズも手ごろだったな」



  バキッ!!拳鼻



オウケンブルースリ
「ぐはぁぁーー!!鼻血」


ヌーヴォレコルト
「とにかく!『ヌーちゃんは、誰よりも幸せそうー。うらやましいなー。すごーい。尊敬するー』・・って、みんなに思われたいの!下に見られたくないの!」


オウケンブルースリ
「・・・・ 倒」



ヌーヴォレコルト
「ねえ、シゲさん!友達や親戚や知り合いに、下に見られないように、自分のすごいところをもっとアピールした方がいいですよね!?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


ヌーヴォレコルト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・自分の方が上だと他者にアピールしても、いい事は何もねえ」


ヌーヴォレコルト
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・確かに、自分の凄さを見せつければ、その瞬間は『すごい!うらやましい!』・・などと言われるだろう」


ヌーヴォレコルト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「その瞬間、アンタの自尊心は満たされ、脳は快感物質を分泌する。つまり、自慢することで気持ちよくなれる」


ヌーヴォレコルト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だが、自慢された側の人々は、アンタのことを心から尊敬し、そこに安定的な人間関係が作られるだろうか?」


ヌーヴォレコルト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「多くの場合、尊敬されるケースは少ない。むしろ、劣等感を刺激され、自分をダシに使われたと感じて、不快感を感じることの方が多いだろうぜ」


ヌーヴォレコルト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「同時に、自慢した方は、自分の凄さを他者が(表面的に)認めてくれたことで、チープなプライドがさらに安っぽく肥大する」


ヌーヴォレコルト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「その結果、慢心して努力しなくなったり、他者を見下すようになったりする」


ヌーヴォレコルト
「・・・・」



■自慢する⇒ すごーい!とか言われる⇒ 脳に快感物質発生⇒ 慢心して努力しなくなる⇒ 人を見下す⇒ 嫌われる⇒ 転落する



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・行き着く先は、このお約束パターンだ」


ヌーヴォレコルト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「歴史上、何度このパターンが繰り返されてきたか、わかるかい?」


ヌーヴォレコルト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「人間は集団の中でしか生きられない生物であるがゆえに、他者からの賞賛は、極めて強い快感となるように、脳が作られている」


ヌーヴォレコルト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だから、ついつい自慢したくなる。だがそれは、他者を踏みつけにして、自分だけが気持ちよくなっていることに他ならねえ」


ヌーヴォレコルト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「大切な人間関係を壊さないためにも、余計な自慢はしない方がいい」


ヌーヴォレコルト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「自分が優越感を得るために、他者に劣等感を与える・・。自慢するってのは、そういう一面もあるのかもしれねえな」


ヌーヴォレコルト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「まあよ、本当にすごい奴ってのは、自慢しなくても、潜在的なその凄みを隠しきれないもんだぜ」


ヌーヴォレコルト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「真に他者に認められたいなら、日々、自分自身をストイックに追い込んで、にじみ出るオーラで、自分の人生も、そして他者の人生にも、良い影響を与えられるような人間(馬)になっていくのがいいのかもしれねえな」


ヌーヴォレコルト
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。偉そうに言っちまって」


ヌーヴォレコルト
「いえ・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


ヌーヴォレコルト
「心に響きました・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうかい」



ヌーヴォレコルト
「・・ワタシ、自分への自信のなさを、自慢することで、ごまかそうとしていただけなのかもしれない・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



ヌーヴォレコルト
「ありがとう、シゲさん。心がスッキリしました。これからは周囲の評価に依存せず、自分のやるべきことをしっかりやって、周りの人も大切にしていきたいと思います!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ああ。がんばんなせえ」


ヌーヴォレコルト
「はい!」



オウケンブルースリ
「はっはっは。一件落着だな。まあよ、他者を踏みつけにして、自分だけが気持ちよくなっても、その後には虚しい気持ちが残るだけなのかもしれないな」


ヌーヴォレコルト
「気をつけます!」



オウケンブルースリ
「じゃあ俺は帰るぜ。レース頑張れよ」



   カタン



ヌーヴォレコルト
「ん?何か落としましたよ、オウケンさん。・・DVD?」


オウケンブルースリ
「ああ。拾ってもらっちゃってスマンな。・・はうっ!!汗汗」



 ⇒『【大人のDVD】黒髪の女王様シリーズ~ ほら。ハイヒールで踏みつけられて、自分だけ気持ちよくなってるのかい?・・このブタ野郎!!』



ヌーヴォレコルト
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだ!汗 こ、これには深いワケがっ! 汗汗」


ヌーヴォレコルト
「・・・シゲさん。札幌記念がんばってきます。応援しててくださいね。シゲさん『だけが』応援しててくださいね。じゃ。さいなら」


焼き鳥屋 店主シゲ
「お、おう 汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだぁぁーー!!汗汗」



  - つづく –



※この物語はフィクションであり、登場する団体・人物などの名称はすべて架空のものです。

サブコンテンツ