クイーンS2016~ チェッキーノ『短期的にがんばっても、習慣化しなければ結果は出ない』



◆クイーンステークス2016


【チェッキーノ】

○Cecchino
○牝3
○父キングカメハメハ
○馬名の由来⇒ 射撃の達人(本田圭佑)

==========



◆短期的にがんばっても、習慣化しなければ結果は出ない



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「な、なんかジメジメしてるよぉ~!シゲさぁ~ん!エアコンか除湿機の導入を~! 汗汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・湿度が高いこと自体には、そこに悪はねえ。湿気を不快なものにしているのは、オウケンさん自身の心だぜ」



オウケンブルースリ
「わけわからんよぉ~! 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「熱々の小籠包おまち パカッ 湯気」



オウケンブルースリ
「あ、熱いっ!汗 蒸し料理はやめてー! 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「心頭滅却すれば火もまた涼し」



オウケンブルースリ
「滅却のしかたを教えてください 汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・こう、半眼で精神集中だ 半目」


オウケンブルースリ
「できるか 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・ 目閉」


オウケンブルースリ
「寝てんじゃん 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「ところで、今週の重賞レースは、なんですかい?」


オウケンブルースリ
「うん。今週は、夏の女王決定戦、クイーンステークスだね。ここまで夏の重賞レースは荒れ模様だから、ここも人気薄を狙うか ブツブツ」



  ガラガラッ



チェッキーノ
「・・人気薄?ふっふっふ。残念でした。今週は1番人気でOK!チェケラ! 指」


オウケンブルースリ
「あ、シゲさん、小籠包おかわりね」


焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。蒸し料理にハマったな」


チェッキーノ
「き、聞けやぁぁーー!!怒」



オウケンブルースリ
「なんだよ、うるせえなあ。誰だお前は」


チェッキーノ
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



チェッキーノ
「・・チェッキーノッ!!胸寄」


オウケンブルースリ
「だっちゅーのみたいに言うな 汗」



チェッキーノ
「ふっふっふ。オークス以来の登場だわよ。チェケラ!(Check it out!) 喜」


オウケンブルースリ
「そうだっけ」



チェッキーノ
「アタシの名はチェッキーノ。本田圭佑の愛称で、射撃の達人って意味よ!」


オウケンブルースリ
「へー」



チェッキーノ
「つーか、女の子なのに、なんで本田圭佑やねん!」


オウケンブルースリ
「なんで関西弁やねん 汗」



チェッキーノ
「・・クイーンステークスはね、個の力をね、見せていきたいとね、・・思っていますねぇっ! 本田」


オウケンブルースリ
「似てねえしっ 汗 しかもそれは、本田圭佑じゃなくて、じゅんいちダビッドソンな 汗」



チェッキーノ
「個の力をねぇっ! 黒眼鏡」


オウケンブルースリ
「レースなんだから、そりゃー、個の力だろ 汗 グラサンをするな 汗」



チェッキーノ
「ちなみに兄さんの『コディーノ』は、ロベルト・バッジョの愛称だったのよ。馬の尻尾のような髪型ってことで。」


オウケンブルースリ
「そうだったな」



チェッキーノ
「とにかく!アタシは、チーム藤沢の集大成とも言える血統なの!わかってる?チェケラッチョ!(check it out yo!) 指指」


オウケンブルースリ
「ふむ・・・。母ハッピーパス。全兄コディーノ。伯母シンコウラブリイ。まさに、チーム藤沢血統だな」



チェッキーノ
「そう。名門藤沢厩舎も、シンボリクリスエス・ゼンノロブロイの時代がすぎた後は、過剰人気になりやすい厩舎の特性もあり、2007年からの重賞レースの成績は・・」



■藤沢和雄 厩舎
2007年からの重賞(305頭)


単勝回収率 48%

複勝回収率 52%



チェッキーノ
「・・なのよっ!チェケラッチョ! 泣」


オウケンブルースリ
「それは言わんでいい 汗」



チェッキーノ
「まあ聞け、ハゲラッチョ」


オウケンブルースリ
「だ、誰がハゲラッチョだぁー!コラァー!グリグリ!!頭押」



チェッキーノ
「キャー!汗 痛い!こめかみをグリグリしないでー! 泣」


オウケンブルースリ
「・・(モミモミ 胸)」



  バキッ!!拳鼻



オウケンブルースリ
「ぐはぁぁーー!!鼻血」


チェッキーノ
「オメー!なに人の胸、もみくさってんだぁー!コラァー!ガスガス!!蹴蹴」


オウケンブルースリ
「す、すいません! 汗汗」



チェッキーノ
「まあでも、今週のクイーンステークスは、52キロよ!チェケラ! 指」


オウケンブルースリ
「ほう」



チェッキーノ
「オークス2着のこのワタシが、52キロでいいなんて、亀が甲羅なしで泳ぐようなものよ!」


オウケンブルースリ
「その例えは、まったくわからん 汗」



チェッキーノ
「このレース、3歳馬が1番人気になった時は、『2-1-0-0』・・過去10年、パーフェクト連対!チェケラ! 指」


オウケンブルースリ
「じゃあそろそろ反動だな ボソッ」



チェッキーノ
「はぁ~~ 落」


オウケンブルースリ
「ん?深いため息だな」



チェッキーノ
「・・だってさあ、ワタシのような一流ホースが、なんでこのクソ暑い夏に、北海道まで行ってレースしなきゃいけないわけ? 落」


オウケンブルースリ
「チャンスだからだろ」



チェッキーノ
「休みたいもん! 怒」


オウケンブルースリ
「わかるけど 汗」



チェッキーノ
「あぁー!もう!怒 1年ぐらい休みたい!温泉でゆっくりしたい!」


オウケンブルースリ
「まあなあ」



チェッキーノ
「成功するためには、やるときは集中してやって、休むときは完全に休む、って方がいいんじゃないかなあ!」


オウケンブルースリ
「うーん」



チェッキーノ
「メリハリでしょうがっ!」


オウケンブルースリ
「うむー」



チェッキーノ
「ねえ、シゲさん!そう思うでしょ?!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


チェッキーノ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・能力は、毎日の習慣で作られる」


チェッキーノ
「え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・人間は、短期的に集中して頑張ると、『頑張った気』になる。だが、短期的な頑張りは、あまり能力の向上に貢献しなかったりする」


チェッキーノ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「各人の能力を作り上げているのは、短期的な努力ではなく、毎日繰り返す習慣だ」


チェッキーノ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「1か月がんばって1ヶ月休むより、毎日少しずつコツコツと習慣的に行動を繰り返す者の方が、長期的には、圧倒的に先へ行くことになる」


チェッキーノ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「習慣化のメリットは、『努力しなくてもいい』という点だ」


チェッキーノ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「習慣になってしまえば、ほとんど無意識に行動が繰り返されるので、周りから見たら努力しているように見えても、本人は比較的、苦しまずに行動を繰り返すことができる」


チェッキーノ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「ただ、これは『正しい習慣』だった場合で、逆に、『悪しき習慣』を繰り返してしまっている者は、長期的には、圧倒的に転落していくことになる」


チェッキーノ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「人間は本能的に変化を嫌うので、一度、習慣化してしまうと、その習慣を修正することは、かなりの困難を極める」


チェッキーノ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だから日ごろから、自分の目標を明確にして、『その目標に近づくような習慣』を設定しておく必要がある」


チェッキーノ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「そういう意味では、瞬間的に頑張って、その後はしばらく休む、というスタイルは、あまり効率が良くないのかもしれねえな」


チェッキーノ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。偉そうに言っちまって」


チェッキーノ
「・・いえ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



チェッキーノ
「・・心に響きました」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうかい」



チェッキーノ
「・・ワタシ、デビューしてから、長く休んだことがなかったから、ちょっとだけ心が疲れていたのかもしれません・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



チェッキーノ
「ありがとう、シゲさん。心がスッキリしました。習慣の力をしっかりと認識して、毎日の行動を大切にしたいと思います!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ああ。がんばんなせえ」


チェッキーノ
「はい!」



オウケンブルースリ
「はっはっは。一件落着だな。まあよ、クセになるのが良いケースと、悪いケースがあるなら、良いクセをつけていきたいもんだな」


チェッキーノ
「はい!」



オウケンブルースリ
「じゃあ俺は帰るぜ。レース頑張れよ」



   カタン



チェッキーノ
「ん?何か落としましたよ、オウケンさん。・・DVD?」


オウケンブルースリ
「ああ。拾ってもらっちゃってスマンな。・・はうっ!!汗汗」



 ⇒『【大人のDVD】黒髪の女王様シリーズ~ ほら。恥ずかしい格好を見られてクセになってるの?・・感じてんじゃないよ!このブタ野郎!!』



チェッキーノ
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだ!汗 こ、これには深いワケがっ! 汗汗」


チェッキーノ
「・・・シゲさん。チーム藤沢のプライドをかけて、クイーンステークスがんばってきます。応援しててくださいね。シゲさん『だけが』応援しててくださいね。じゃ。さいなら」


焼き鳥屋 店主シゲ
「お、おう 汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだぁぁーー!!汗汗」



  - つづく –



※この物語はフィクションであり、登場する団体・人物などの名称はすべて架空のものです。

サブコンテンツ