中京記念2016~ ダッシングブレイズ『目標達成に無関係な時間を捨てなければ、何も手に入らない』



◆中京記念2016


【ダッシングブレイズ】

○Dashing Blaze
○牡4
○父 Kitten’s Joy
○馬名の由来⇒ 威勢の良い炎

==========



◆目標達成に無関係な時間を捨てなければ、何も手に入らない



≪キャバクラにて≫



  カランコロ~ン



オウケンブルースリ
「うわ~い!レナたん~。来たよ~! 走」


No.1キャバ嬢レナ
「うふ♪オウケンたん♪いらっしゃいませ♪」



オウケンブルースリ
「あれ。レナたん、なんか髪伸びた?」


No.1キャバ嬢レナ
「エクステだよ♪」



オウケンブルースリ
「へー。よくわからんけど、カワユス 喜」


No.1キャバ嬢レナ
「ありがと♪」


ダッシングブレイズ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「あ、こいつは、今週の中京記念に出走する、ダッシングブレイズだ」


ダッシングブレイズ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「うふ♪よろしくねっ。ダッたん♪」


ダッシングブレイズ
「ダッタンそば みたいに言うな 睨」



オウケンブルースリ
「おい、ダッたんよ。レナたんカワイイだろー?ふっふっふ 喜」


ダッシングブレイズ
「・・いや、俺はこういう、男の欲望を煽って金儲けしようとする女は嫌いなんですよ 睨」


No.1キャバ嬢レナ
「うー・・。ごみん 落」



オウケンブルースリ
「はっはっは。まあよ、お前もレナたんと少し話せば、心を奪われるかもしれないぜ?」


ダッシングブレイズ
「100% あり得ません。いや、500%ないです。こういう女は嫌いなんで」


オウケンブルースリ
「ふーん」



ダッシングブレイズ
「まぁ、それはそうと競馬の話です。中京記念はチャンス到来。ここで初重賞制覇を飾りたいと思っているんですよ」


オウケンブルースリ
「ふむ。メンバー的にも手薄だし、左回りのマイルは、お前の得意条件だな」



ダッシングブレイズ
「・・・今年の2月。3連勝で迎えた東京新聞杯。1番人気に支持されながらも、最後の直線で、内ラチをぶっ壊して競争中止。・・浜中俊さんにも怪我をさせてしまいました・・」


オウケンブルースリ
「ああ。最内強襲が裏目に出たレースだったな」



ダッシングブレイズ
「前走の京王杯スプリングカップは、上がり32.9で追い込んだんですが4着。距離も1ハロン短かったし、高速馬場の大外枠で、仕方のない敗戦だったと思っています」


オウケンブルースリ
「うん」



ダッシングブレイズ
「今回は、ルメールさんに乗り替わってガチ勝負。なんとか重賞ウイナーになってきたいと思います 燃」


オウケンブルースリ
「だな」



ダッシングブレイズ
「もし負けたら、ブチ切れて、中京競馬場の内ラチも破壊してきます 燃」


オウケンブルースリ
「それはいかん 汗」



ダッシングブレイズ
「じゃあ負けたら、カラオケでも行って、発散してきますよ」


オウケンブルースリ
「ああ。それならいいんじゃね?」



ダッシングブレイズ
「あと、フットサルにもハマってて、今、色々と勉強してるところです」


オウケンブルースリ
「ふーん。フットサルって、猿の仲間か?・・・脚猿?」


ダッシングブレイズ
「なんで脚だけ英語なんすか 汗 サルは室内って意味です」



オウケンブルースリ
「ふーん。まぁよくわからんけど、多彩な趣味があって楽しそうだな。あ、レナたん。オレちょっとトイレね」



   バタン



No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


ダッシングブレイズ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・ダッたん、水割りおかわりする?」


ダッシングブレイズ
「・・ああ。もらうか」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 氷入」


ダッシングブレイズ
「・・・・ 横向」



No.1キャバ嬢レナ
「・・趣味がいっぱいあるんだね」


ダッシングブレイズ
「ああ。人生楽しまないとな」



No.1キャバ嬢レナ
「カラオケにフットサル。あとは?」


ダッシングブレイズ
「そうだな・・。映画も毎日見るし、マンガ喫茶には週5で行くし、ラーメンの食べ歩きとか、スマホゲーム&プレステ&任天堂系も好きだし、車とバイクいじりに、SNSで友達と交流とか、草野球に・・」



No.1キャバ嬢レナ
「す、すごいね 汗」


ダッシングブレイズ
「まあな 喜」



No.1キャバ嬢レナ
「レナは、あんまり趣味がないから、うらやましいな」


ダッシングブレイズ
「ふっ。人生楽しまないと、もったいないぜい 喜」



No.1キャバ嬢レナ
「そうだよね」


ダッシングブレイズ
「ふっふっふ 喜」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


ダッシングブレイズ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・重賞初制覇・・したいんだよね?」


ダッシングブレイズ
「ああ。そりゃそうだろ。サラブレッドの夢だ」



No.1キャバ嬢レナ
「・・たくさんの趣味と、どっちが大切?」


ダッシングブレイズ
「そりゃー重賞制覇だろ。アスリートなんだから。最大目標だ」



No.1キャバ嬢レナ
「そう」


ダッシングブレイズ
「ああ」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


ダッシングブレイズ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・レナもね、この道を行くと決めた時から、No.1でいたいっていうのは、一番大切な目標なんだ」


ダッシングブレイズ
「フン」



No.1キャバ嬢レナ
「でも、レナは特別に輝く才能があるわけじゃないの」


ダッシングブレイズ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「だから、私がNo.1でいるためには、捨てなければならないものが、たくさんあった」


ダッシングブレイズ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「どんなジャンルでも、突出した才能を持つ人は、ごくわずか」


ダッシングブレイズ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「サラブレッドの世界でも、ディープインパクトやオルフェーヴルのような、突出した才能は、稀有のものでしょう?」


ダッシングブレイズ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「私みたいな凡人が、才能のある女の子たちの中に混じって活躍するためには、時間配分を変えるしかなかったの」


ダッシングブレイズ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「目標だけに時間を集中させる。やりたいことや好きなことに費やす時間を捨てて、自分が目指すものに、持ち得る時間をすべてつぎ込む」


ダッシングブレイズ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「平凡な人間が勝つためには、目標に関係のない時間を、どんどん減らしていくしかない」


ダッシングブレイズ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「好きな事はやりたい。楽しいことがしたい。でも、目標も達成したい。何も捨てたくない。・・・これでは結局、ひとつも手に入らないと思うんだ」


ダッシングブレイズ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「もちろん、すべての時間をつぎ込んでも、叶わない夢がある」


ダッシングブレイズ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「その時に、『つぎ込んだ時間は無駄だった!遊んだほうがよかった!』・・と、思う人もいるかもしれないけど、レナはそうは思わない」


ダッシングブレイズ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「どんな目標でも、そこに向かってすべての時間を注ぎ込み、遊びたい気持ちを捨てて、必死に取り組んだ日々は、結果はどうあれ、必ずその人の魅力となる」


ダッシングブレイズ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・最近は、『必死にがんばること』を、斜めから見て冷笑したり、小バカにして優越感を得ようとする人も多いけど、私はいつも、笑われる側でありたい」


ダッシングブレイズ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「他者を冷笑してるだけの人より、汗だくで必死に頑張ってる人の方が、輝いている」


ダッシングブレイズ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「だからもし、ダッたんの最大目標が重賞初制覇なら、そこに時間を集中させていくことも、大切だと思うんだ」


ダッシングブレイズ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「趣味がたくさんあると楽しいと思う。でも、自分の目標に向かって、他のことは捨てて努力し続けることも、すごく楽しいって、レナは思うんだ」


ダッシングブレイズ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「ね? 首傾」


ダッシングブレイズ
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・なんかごめん・・。私バカだから、うまく言えなくて・・ 落」


ダッシングブレイズ
「・・・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 落」



ダッシングブレイズ
「・・フー 息」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 落」



ダッシングブレイズ
「・・アンタに趣味が少ないのは、No.1であり続けるために、楽しい時間を捨てなければならなかったからか・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ダッシングブレイズ
「ふっ。参った参った。アンタはスゲー女だな」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ダッシングブレイズ
「確かにアンタの言う通りだ。俺は、目標を達成したいと願いながら、趣味の時間を捨てる覚悟すら、できていなかったんだな」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ダッシングブレイズ
「・・この手につかみたい夢があるなら、今、持っているものを捨てる必要もあるのかもしれないな」


No.1キャバ嬢レナ
「うん」



ダッシングブレイズ
「・・・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ダッシングブレイズ
「・・No.1・・か」


No.1キャバ嬢レナ
「ん?」



ダッシングブレイズ
「いや・・どんな世界でも、No.1になる奴ってのは、やっぱスゲーな 苦笑」


No.1キャバ嬢レナ
「なあに? 首傾」



ダッシングブレイズ
「いや、こっちの話だ」


No.1キャバ嬢レナ
「ふーん」



ダッシングブレイズ
「・・それより、アンタにひとつ謝らなきゃいけないことがある」


No.1キャバ嬢レナ
「ん?」



ダッシングブレイズ
「・・男の欲望を煽って金儲けしようとする女は嫌いだ、と・・」


No.1キャバ嬢レナ
「うん 苦笑」



ダッシングブレイズ
「ヒドイことを言って、すまなかった」


No.1キャバ嬢レナ
「ううん 首振」



ダッシングブレイズ
「・・許してくれるか?」


No.1キャバ嬢レナ
「もちろん 微笑」



ダッシングブレイズ
「・・・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ダッシングブレイズ
「・・じゃあ・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ダッシングブレイズ
「・・好きになってもいいか? 照」


No.1キャバ嬢レナ
「・・ダメだよ」



ダッシングブレイズ
「もう止まらない」


No.1キャバ嬢レナ
「だーめ 微笑」



ダッシングブレイズ
「抱きしめてもいいか?」


No.1キャバ嬢レナ
「だめ。当店は、抱きしめるのは禁止だじょ♪ 微笑」



ダッシングブレイズ
「だったら・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



ダッシングブレイズ
「・・また会いにきてもいいか?」


No.1キャバ嬢レナ
「うん。また会いたいよ…」



ダッシングブレイズ
「今週のレースで、いい走りができたら、必ず来る」


No.1キャバ嬢レナ
「いい走りができなかったら、慰めてあげる♪だから来て 微笑」



ダッシングブレイズ
「はっは。さすが No.1だな」


No.1キャバ嬢レナ
「えへ♪」


ダッシングブレイズ
「フッ」



遠くから見てたオウケン
「・・・ふむ。やはり落ちたか、ダッたんよ。さすがレナたん、恐るべし」



  - つづく –



※この物語はフィクションであり、登場する団体・人物などの名称はすべて架空のものです。

サブコンテンツ