ラジオNIKKEI賞2016~ アーバンキッド『焦れば焦るほど、成功確率は下がっていく』



◆ラジオNIKKEI賞2016


【アーバンキッド】

○Urban Kid
○牡3
○父ハーツクライ
○馬名 意味⇒ 都会っ子

==========



◆焦れば焦るほど、成功確率は下がっていく



≪キャバクラにて≫



  カランコロ~ン



オウケンブルースリ
「うわ~い!レナたん~。久しぶり~。会いたかったよ~! 泣」


No.1キャバ嬢レナ
「うふ♪お・ひ・さ♪オウケンたん♪」



オウケンブルースリ
「いやー、今年の新年から、半年も会えてなかったから、ボクたん、寂しかったでちゅ… 落」


No.1キャバ嬢レナ
「うふ♪じゃあ今日は、ゆっくりしていってね♪ 膝手」



オウケンブルースリ
「・・・・ 見」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 瞳濡」



オウケンブルースリ
「・・・ハ、ハァハァ!やっぱりレナたん最高!かわいいよ!チューしていい?ねえねえ!んー! 唇尖」


No.1キャバ嬢レナ
「ダーメ♪当店は、チュー禁止だじょ♪うふ♪ 指止」



オウケンブルースリ
「ちぇー。じゃあさ、フルーツ盛り合わせを、口移しで食べさせてー。あーん 口開」


No.1キャバ嬢レナ
「ム、ムリムリ~汗 口移しも禁止だじょー 汗」



オウケンブルースリ
「えー。じゃあさー、オレの太ももに挟んだバナナを、レナたんが食べ・・」


No.1キャバ嬢レナ
「マジムリ 真顔」


オウケンブルースリ
「ブッ! 吹」



黒服のグラサン男
「・・お客様。ゲスいセクハラは強制退場となりますので 睨」


オウケンブルースリ
「す、すんまそん 汗」



No.1キャバ嬢レナ
「ねえ、オウケンたん。春競馬の総決算、宝塚記念も終わって、今週から夏競馬なんでしょう?」


オウケンブルースリ
「ああ。今週は、3歳のハンデ重賞、ラジオNIKKEI賞だな」



No.1キャバ嬢レナ
「へー。今年の注目は、どのお馬さんなのぉ?」


オウケンブルースリ
「今年はやっぱり、デビューから全て4着以内の安定感 ブラックスピネルだな。調教もいいし、トップハンデの57キロさえ克服できれば、有力だよ」


No.1キャバ嬢レナ
「ふーん。じゃあレナ、スピネルたんの応援馬券、買おうかなっ♪」



   ガチャ



アーバンキッド
「まてーい!」


オウケンブルースリ
「ん?」



アーバンキッド
「オウケンさん、話は聞かせてもらいました 座」


オウケンブルースリ
「勝手に座るな 汗」



アーバンキッド
「・・スピネルたんの応援馬券を買うだぁ?」


No.1キャバ嬢レナ
「う、うん 汗」



アーバンキッド
「・・・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



アーバンキッド
「・・・アー!バンッ! 叩机」


オウケンブルースリ
「う、うわっ!汗 急にテーブルを叩くなっ 汗」



アーバンキッド
「みんなブラックスピネルばっかり!ボクの馬券も買ってよねっ!・・アー!バンバンッ! 叩机」


オウケンブルースリ
「アーバンッって言いたいだけだろ 汗」



アーバンキッド
「・・だいたいね、ボクはこういう、男の欲望を煽って金儲けしようとする女は嫌いなんですよ」


No.1キャバ嬢レナ
「うー・・。ごみん 落」



オウケンブルースリ
「はっはっは。まあよ、お前もレナたんと少し話せば、心を奪われるかもしれないぜ?」


アーバンキッド
「100% あり得ません。いや、500%ないです」


オウケンブルースリ
「ふーん」



アーバンキッド
「さぁ、そんなことより競馬の話です!ボクの前走は、NHKマイルカップ!」


オウケンブルースリ
「ああ。メジャーエンブレムが鬼のような逃げで、GIを制したレースな」



アーバンキッド
「そう。あのレース。ボクは先行してメジャーエンブレムをがっつりマーク!苦しめてやりましたよ! 燃」


オウケンブルースリ
「ほう」



アーバンキッド
「その結果、メジャーエンブレムは苦しくなり、最後は、あわやというシーンも!」


オウケンブルースリ
「ゴッホさんの息子の、ロードクエストが惜しいところまで行ったからな」



アーバンキッド
「はっはっはー!ボクが、メジャーエンブレムにプレッシャーをかけて、苦しめましたからね! 喜」


オウケンブルースリ
「ふむ。で、お前は何着よ?」



アーバンキッド
「・・・・」


オウケンブルースリ
「・・・・」



アーバンキッド
「16着です」


オウケンブルースリ
「あ。レナたん、水割りおかわりね」


No.1キャバ嬢レナ
「はーい♪」


アーバンキッド
「聞けーい! 汗」



オウケンブルースリ
「何が、プレッシャーをかけただ。返り討ちにされてんじゃねえか」


アーバンキッド
「くっ・・」



オウケンブルースリ
「ということで、軸はブラックスピネルに決定で・・」


アーバンキッド
「まてーい! 汗」


オウケンブルースリ
「なんだよ。うるせえなあ」



アーバンキッド
「前走、白百合S組より、NHKマイル組の方が、回収率的には良いのですっ! 汗」


オウケンブルースリ
「あっそ」


アーバンキッド
「ちょっとー! 汗」



オウケンブルースリ
「16着じゃあなあ…」


アーバンキッド
「16着と言っても、タイム差はわずか 0.9!・・実質5着くらいなのですっ 汗」


オウケンブルースリ
「実質ってなによ 汗」



アーバンキッド
「か、開幕週の福島1800mなら、ボクの先行力が武器となるハズ! 汗」


オウケンブルースリ
「まぁ、そうかもな」



アーバンキッド
「ボク、デビュー戦以来、勝ち星がないんです!そろそろ結果を出さないと!急がないと!」


オウケンブルースリ
「まあなあ」



アーバンキッド
「ブラックスピネルだけじゃなく、ボクだって、サンデーレーシングの看板しょってますからね!焦りますよ!」


オウケンブルースリ
「うーん」



アーバンキッド
「同期は、すでにバンバン重賞レースやオープン特別を勝っているのに、ボクは2着ばかり!同期会でも、屈辱なんですよ!」


オウケンブルースリ
「ふーん」



アーバンキッド
「だから早く結果を出さないと!・・なんか裏技ねぇかな!クッソー 汗」


オウケンブルースリ
「裏技はない 汗」



アーバンキッド
「走り方が、どこか間違ってるのか!?うおー!もう、何もわからん! 汗汗」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



アーバンキッド
「とにかく!今週のラジニケは、危機感を持って福島まで、ドサ回りしてきますよ!」


オウケンブルースリ
「はっはっは。まあ頑張れよ。あ、レナたん。オレちょっとトイレね」



   バタン



No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」


アーバンキッド
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・アーバンたん、水割りおかわりする?」


アーバンキッド
「・・ああ。もらうか」



No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 氷入」


アーバンキッド
「・・・・ 横向」



No.1キャバ嬢レナ
「・・焦っちゃうよね」


アーバンキッド
「あ?」



No.1キャバ嬢レナ
「・・なかなか結果が出ない時ってさ、精神的にも苦しいから、早く何とかしなきゃって、焦っちゃうよね 酒入」


アーバンキッド
「うるせえ。黙れ、キャバ女が。」



No.1キャバ嬢レナ
「レナもね、このお仕事を始めた頃、全然、結果が出せなくて、すごく焦ったんだ」


アーバンキッド
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・他の女の子は、すごく楽しそうにおしゃべりして、お客さんを幸せにして、売り上げもたくさんあるのに、レナだけが置いて行かれてる・・って」


アーバンキッド
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・『自分だけ何か間違っているんじゃないか?』『簡単に結果を出す裏技はないかな?』『早くしなきゃ。急いで結果を出さなきゃ』・・・こんなことばかり考えながら、接客してた。いつも焦ってた・・」


アーバンキッド
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「でもね、ある日、思ったの。『・・こんな、心ここにあらずの女の子が隣にいても、お客さんは楽しいはずがない』・・って」


アーバンキッド
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「私は、焦って結果を出そうとするあまり、当たり前の基本を忘れて、近道を探していた」


アーバンキッド
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「でもさ、人生において『近道』に見える道は、実は、ものすごく遠回りの道だったりするんだよね」


アーバンキッド
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「どんなジャンルでも、人生で何か結果を出そうとするときに、焦って短期間でやろうとすると、成功確率がどんどん下がっちゃうんだよね」


アーバンキッド
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「逆に、『じっくり腰を据えて、長期的に少しずつ目標に近づけていこう』って、考えることができると、結局、その方が早かったりする。成功確率も高くなる」


アーバンキッド
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「なんでもそうだけどさ、例えば、カレーを作ろうとしたときに、『5分でカレーを作らなきゃ!』と『5時間くらいかけて、のんびりカレーを作ろう』・・・この場合、どっちが成功確率が上がるかな?」


アーバンキッド
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「例えば、好きな女の子がいたとき。『今すぐ落としたい!』と『4~5年かけてゆっくり仲良くなっていこう』・・・どっちが成功確率は高いかな?」


アーバンキッド
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「人間は弱いから、放っておくと、『今すぐ結果が欲しい!』って、子供みたいなことを思っちゃうんだよね」


アーバンキッド
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「その気持ちは、レナもわかる。欲しいものは、今すぐ欲しい」


アーバンキッド
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「でも人生では、本能のままに生きていても成功できないから、メンタルコントロールする必要がある」


アーバンキッド
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「ひとつのコツとして、レナのオススメは、『複数の目標を持つこと』・・かな」


アーバンキッド
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「好きな女の子が1人だと、『4~5年も待てるか!』ってなっちゃうけど、目標が何人かいれば、4~5年でも待てる。その結果、副作用的にモテるようにもなる」


アーバンキッド
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「『カレーに5時間もかけてられるか!』と思うときは、マルチタスクで、同時にできる事をやる。掃除でもメールでも」


アーバンキッド
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「マルチタスクは、やりすぎると疲れちゃうけど、これはあくまでも一例。・・大切な事は、焦って視野を狭くしないこと。今すぐ結果を出そうとしないこと。時間を味方につけて、長期的な戦略を立てること」


アーバンキッド
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「焦ると、フォームが崩れてしまう。本来の自分を見失う。何が何だか分からなくなる」


アーバンキッド
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「焦れば焦るほど、成功確率は下がっていく」


アーバンキッド
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「アーバンたん」


アーバンキッド
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「・・ゆっくりでいいんだよ」


アーバンキッド
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「今すぐ結果を出そうとすると失敗しちゃうから、『そのうち結果が出ればいいな♪』くらいで行こう」


アーバンキッド
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「そのほうが楽しいよ」


アーバンキッド
「・・・・」



No.1キャバ嬢レナ
「ね? 首傾」


アーバンキッド
「・・・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・ 見直」



アーバンキッド
「・・フー」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



アーバンキッド
「・・アー!バンッ! 叩机」


No.1キャバ嬢レナ
「うわわっ 汗」



アーバンキッド
「参った参った。アンタはスゲー女だな」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



アーバンキッド
「・・ゆっくりでいい・・か」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



アーバンキッド
「確かにその通りだ。ボクは、自分の欲望をコントロールできず、今すぐ欲しがる子供のようになっていたんだな」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



アーバンキッド
「・・わかった。これからは、焦って結果を出そうとせずに、長期目線で、自分にできることをコツコツとやり続けていくよ」


No.1キャバ嬢レナ
「うん 微笑」



アーバンキッド
「・・・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



アーバンキッド
「・・No.1・・か」


No.1キャバ嬢レナ
「ん?」



アーバンキッド
「いや・・どんな世界でも、No.1になる奴ってのは、やっぱスゲーな 苦笑」


No.1キャバ嬢レナ
「なあに? 首傾」



アーバンキッド
「いや、こっちの話だ」


No.1キャバ嬢レナ
「ふーん」



アーバンキッド
「・・それより、アンタにひとつ謝らなきゃいけないことがある」


No.1キャバ嬢レナ
「ん?」



アーバンキッド
「・・男の欲望を煽って金儲けしようとする女は嫌いだ、と・・」


No.1キャバ嬢レナ
「うん 苦笑」



アーバンキッド
「ヒドイことを言って、すまなかった」


No.1キャバ嬢レナ
「ううん 首振」



アーバンキッド
「・・許してくれるか?」


No.1キャバ嬢レナ
「もちろん 微笑」



アーバンキッド
「・・・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



アーバンキッド
「・・じゃあ・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



アーバンキッド
「・・好きになってもいいか? 照」


No.1キャバ嬢レナ
「・・ダメ」



アーバンキッド
「ムリだ」


No.1キャバ嬢レナ
「だーめ 微笑」



アーバンキッド
「抱きしめてもいいか?」


No.1キャバ嬢レナ
「だめ。当店は、抱きしめるのは禁止だじょ♪ 微笑」



アーバンキッド
「だったら・・」


No.1キャバ嬢レナ
「・・・・」



アーバンキッド
「・・また会いにきてもいいか?」


No.1キャバ嬢レナ
「うん。また会いたいよ…」



アーバンキッド
「今週のレースで、いい走りができたら、必ず来る」


No.1キャバ嬢レナ
「いい走りができなかったら、慰めてあげる♪だから来て 微笑」



アーバンキッド
「はっは。さすが No.1だな」


No.1キャバ嬢レナ
「えへ♪」


アーバンキッド
「フッ」



遠くから見てたオウケン
「・・・ふむ。やはり落ちたかアーバンよ。さすがレナたん、恐るべし」



  - つづく –



※この物語はフィクションであり、登場する団体・人物などの名称はすべて架空のものです。

サブコンテンツ