函館スプリントS2016~ レッツゴードンキ『感情が揺れている時に言葉を発する者は不幸になる』



◆函館スプリントステークス2016


【レッツゴードンキ】

○Let’s Go Donki
○牝4
○父 キングカメハメハ
○馬名 意味⇒ さあ進もう「ドンキホーテ」のように

==========



◆感情が揺れている時に言葉を発する者は不幸になる



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「今週から函館競馬が開幕だね、シゲさん」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですねえ」



オウケンブルースリ
「開幕週は、函館スプリントステークスか。洋芝適正がポイントになりそうだな・・ ブツブツ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「マグロのお造り おまち」



オウケンブルースリ
「やっぱここは洋芝適正を考えても、昨年の覇者であり、チーム殿一気所属の ティーハーフが有力だな。うん。軸決定!」



  ゴキンッ!(鈍器)



オウケンブルースリ
「ごぉうはぁぁーー!!泣」


レッツゴードンキ
「・・昨年の覇者だから軸?フン。しょうもない発想だわ 怒」



オウケンブルースリ
「う・・うぐ・・。その声は・・」


レッツゴードンキ
「そう。アタイの名前はレッツゴードンキ。ドンキーコングのメスみたいでしょ?いや、誰がドンキーコングのメスだ! 怒」


オウケンブルースリ
「・・・・汗」



レッツゴードンキ
「昨年の函館スプリントステークスは、先行馬壊滅の、差し馬天国だったでしょうがぁぁーー!!怒」


オウケンブルースリ
「キレすぎだろ 汗」



レッツゴードンキ
「子供がまだ食ってる途中でしょうがぁぁーー!!怒」


オウケンブルースリ
「田中邦衛 汗」



レッツゴードンキ
「ホトァルーー!!泣」


オウケンブルースリ
「それはゴッホさんだろ 汗」



レッツゴードンキ
「今年の函館スプリントステークスは、函館1200mの鬼 アクティブミノルと、暴走特急 ローレルベローチェの逃げ合いで、またしてもハイペースでしょうがぁぁーー!!怒」


オウケンブルースリ
「じゃあ追い込みのティーハーフ軸で、いいじゃんか 汗」



  ゴキンッ!(鈍器)



オウケンブルースリ
「ごぉうはぁぁーー!!泣」


レッツゴードンキ
「・・殿一気が、そうそう何度も決まるか!この、おたんこナース! 怒」



オウケンブルースリ
「・・む、むう・・。そんなことより、さっきから、オレの後頭部を殴ってねえか? 頭痛」


レッツゴードンキ
「殴った」


オウケンブルースリ
「な、なんで殴った? 汗」



レッツゴードンキ
「・・ドンキのようなもので殴りました」


オウケンブルースリ
「い、いや、そうじゃなくて、どうして殴ったのだ? 汗」



レッツゴードンキ
「だって!!函館スプリントステークスは、ティーハーフが洋芝得意だから軸とか言うんだもん!ウキー!ブンブン 鈍器」


オウケンブルースリ
「う、うわっ!汗 危ない!鈍器のようなものを振り回すな! 汗逃」



レッツゴードンキ
「はぁー疲れた。シゲさん。鈍器のようなものをひとつ。・・・じゃなくて、ビールをひとつ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ 汗」



オウケンブルースリ
「・・でもよお。おまえは、桜花賞を圧勝したところまでは良かったが、その後、7戦連続で馬券にもなってないだろ?」


レッツゴードンキ
「前走のヴィクトリアマイルでは挟まれる不利!前々走の高松宮記念は進路を塞がれた!力負けではない!ウホッ! 猿」


オウケンブルースリ
「ふーん」



レッツゴードンキ
「洋芝は札幌で実績あり!そして今回は、絶不調の極悪モンキー(42)から、吉田隼人(32)に乗り替わり!」


オウケンブルースリ
「極悪のくだり、イエローカードな 汗」



レッツゴードンキ
「アタイは今回、サマースプリントシリーズは転戦しない!ここ1本に一球入魂!ウホホーイ! 猿」


オウケンブルースリ
「あ、シゲさん、チーズちくわを」


焼き鳥屋 店主シゲ
「あいよ」



レッツゴードンキ
「ちょっとー!聞きなさいよーー!!ウキー!ブンブン 鈍器」


オウケンブルースリ
「う、うわっ!危ないからっ!鈍器のようなものを振り回すな! 逃汗」



レッツゴードンキ
「ウホッ!ウホホーーイッ!ドンドンドン! 胸叩」


オウケンブルースリ
「か、完全にメスゴリラだな 汗」



レッツゴードンキ
「あぁー!もうっ!イライラするわぁー! 怒」


オウケンブルースリ
「お、落ち着けって 汗」



レッツゴードンキ
「・・確かに桜花賞は、超スローペースの恩恵で勝った部分はある。でもさあ、その後の7レースは、敗因がちゃんとあるんだもんっ!」


オウケンブルースリ
「うん。わかったから」



レッツゴードンキ
「何がわかったのっ?!ウキー!ブンブン 鈍器」


オウケンブルースリ
「うわわっ 汗 頭下」



レッツゴードンキ
「マジムカつくんですけど!アタイのこと、弱いと思ってるんでしょ! 怒」


オウケンブルースリ
「そ、そんなことないって 汗」



レッツゴードンキ
「ムカつくー!ちょっと今夜は、とことん話を聞いてもらうわよ!」


オウケンブルースリ
「い、いや、ボクはもう帰ろうかと 汗」



レッツゴードンキ
「逃がさないわよ!このムカつく心をどうにかしなさいよ!不快なの! 怒」


オウケンブルースリ
「し、知らんがな 汗」



レッツゴードンキ
「ああー爆発しそう!頭にカツーン!とキテルわ!ねえ!オウケン!アンタよく見たら、ムカつく顔してるわね! 怒」


オウケンブルースリ
「す、すいません 汗」



レッツゴードンキ
「ねえ、シゲさん!こんな腹立たしい感情を放置しておいちゃダメでしょうっ?!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



レッツゴードンキ
「頭にきたときは、そのムカつく心をしっかりと相手にぶつけて、徹底的に議論することが大切よねっ?!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


レッツゴードンキ
「・・・・ 怒」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・鈍器さんな」


レッツゴードンキ
「はい」


オウケンブルースリ
「鈍器さんて 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・感情が揺れているときは、言葉を発しない方がいい」


レッツゴードンキ
「・・え?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・今、自分は頭にきている。自分は感情が揺れている。冷静さを欠いている。・・そう感じた時は、できる限り、言葉を発しないことだ」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「怒りの感情に支配されているときに発した言葉は、自分の意図しない、ネガティブな意味合いを相手に与えてしまう」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「本当はそこまで思っていなかったのに、怒りの感情にまかせて発した言葉は、ネガティブにデフォルメされて口から出てしまう」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「言葉を発するときは、今、自分の感情がフラットであるかを、自分自身で客観的に判断することが重要だ」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「自分が怒っているときには、誰かと会話しない方がいい。まずは一人になって怒りの原因を分析し、怒りの感情を消してから、会話した方がいい」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「これは会話だけでなく、メールだろうが、ラインだろうが、チャットだろうが、電話だろうが同じだ。人とコミュニケーションするときには、怒りの感情を排除しなければならない」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・まあ、こうやって言うのは簡単だが、実際に頭に血が上っているときには、このような冷静な判断ができる者は少ない」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「なぜなら、怒りという感情そのものが、『快感』であると、脳は錯覚しているからだ」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だからよ、日ごろから、感情をコントロールするトレーニングをしなければならねえ」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「怒りの快感にまかせて、『怒りでコーティングされた言葉』を他者にぶつける者は、他者からの信頼を失うだけでなく、ノルアドレナリンの毒性によって、自分自身の健康をも、損なうだろうぜ」


レッツゴードンキ
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。偉そうに言っちまって」


レッツゴードンキ
「・・いえ・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



レッツゴードンキ
「・・心に響きました・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうかい」



レッツゴードンキ
「・・確かに、アタイは、頭に血が上って、怒りの快感に支配されていたのかもしれない・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



レッツゴードンキ
「・・ありがとうございます、シゲさん。心が軽くなりました。函館スプリントステークス、全力で頑張ってきます!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「おう。応援馬券、買っとくぜ」


レッツゴードンキ
「はい!」



オウケンブルースリ
「はっはっは。一件落着だな。まあよ、感情を自制することが円滑なコミュニケーションにつながり、幸福な人生にもつながっていくのかもしれないな」


レッツゴードンキ
「はい!」


オウケンブルースリ
「じゃあ俺は帰るぜ。レース頑張れよ」



   カタン



レッツゴードンキ
「ん?何か落としましたよ、オウケンさん。・・DVD?」


オウケンブルースリ
「ああ。拾ってもらっちゃってスマンな。・・はうっ!!汗汗」



 ⇒『【大人のDVD】黒髪の女王様シリーズ~ ほら。自制心も羞恥心も脱ぎ捨てて、すべての感情を発露する先に、めくるめく快感があるのよ・・このブタ野郎!!』



レッツゴードンキ
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだ!汗 こ、これには深いワケがっ! 汗汗」


レッツゴードンキ
「・・シゲさん。函館スプリントがんばってきます。応援しててくださいね。シゲさん『だけが』応援しててくださいね。じゃ。さいなら」


焼き鳥屋 店主シゲ
「お、おう 汗」



オウケンブルースリ
「ち、違うんだぁぁーー!!汗汗」



  - つづく –



※この物語はフィクションであり、登場する団体・人物などの名称はすべて架空のものです。

サブコンテンツ