安田記念2016~ リアルスティール『一部の人にだけ熱烈に支持される者が成功する』



◆安田記念2016


【リアルスティール】

○Real Steel
○牡4
○父ディープインパクト
○馬名 意味⇒ アメリカのSFアクション映画

==========



◆一部の人にだけ熱烈に支持される者が成功する



≪焼き鳥シゲにて≫



オウケンブルースリ
「・・・・ 飲」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・オウケンさん。レッドディザイアちゃんのことは・・」



オウケンブルースリ
「・・・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



オウケンブルースリ
「シゲさん」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ん?」



オウケンブルースリ
「・・・やっぱ今日は帰るわ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうですかい」


オウケンブルースリ
「うん。ごめん。じゃ」



   バタン



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・フー 紫煙」



  ガラガラッ



焼き鳥屋 店主シゲ
「へい!らっしゃ・・」


ゴールドシップ
「ギャオーーッス!!吠」



焼き鳥屋 店主シゲ
「お、おう 汗 久しぶりだな。シップさん」


ゴールドシップ
「・・シゲ氏。なんかそこでオウケンが、土偶みたいな顔して歩いてたギャスよ?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ああ。ちょっとな」



ゴールドシップ
「土偶オウケン。ウケるw ギャオーーッスッハッハ! 吠笑」


焼き鳥屋 店主シゲ
「吠えながら笑うな 汗」



  ガラガラッ



焼き鳥屋 店主シゲ
「へい!らっしゃい!」


リアルスティール
「こんちわー」



焼き鳥屋 店主シゲ
「おう。リアステさん。座んな」


リアルスティール
「あ、はい。・・あのーなんかそこで、オウケンさんが土偶みたいな顔して歩いてましたけど」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ああ。ちょっといろいろあってな」



ゴールドシップ
「ギャオーーッスッハッハ!吠笑 人はそれを、土偶オウケンと呼ぶギャスよー! 笑」


リアルスティール
「・・・・汗」



ゴールドシップ
「つーか、お前は誰ギャスか?」


リアルスティール
「あ、シップさん。はじめまして。リアルスティールと申します。そこそこ有名なんですが」



ゴールドシップ
「知らんギャス」


リアルスティール
「ブッ! 吹」



ゴールドシップ
「ぬおっ!汗 キサマ!ヨダレを飛ばしやがったギャスな! 怒」


リアルスティール
「す、すいません 汗 フキフキ」



ゴールドシップ
「ギャオーーッス!!吠怒」


リアルスティール
「こ、こわっ! 汗」



ゴールドシップ
「フン。今回だけは許してやるギャス」


リアルスティール
「あ、ありがとうございます 汗」



ゴールドシップ
「で?お前は、今週のレースに出るギャスか?」


リアルスティール
「はい。安田記念に」



ゴールドシップ
「む。安田記念には、なんと7連勝中のアイツが出るんじゃなかったギャスか?」


リアルスティール
「ええ。本格化した怪物の・・」



ゴールドシップ
「モームスが。」


リアルスティール
「モーリスです」



ゴールドシップ
「ギャオーーッス!!吠怒」


リアルスティール
「な、なんでキレてんすか!汗 アンタが言い間違えたんでしょうが! 汗」



ゴールドシップ
「ケッ。あんな化け物には、どーせ勝てないから、やめとけギャス」


リアルスティール
「いえ、ボクは半周だけ回る、ワンターンのコースは、得意なんですよ」



ゴールドシップ
「ほう。ワンタンメンか」


リアルスティール
「いや、ワンタンメンではなく、ワンターンです。麺なしでお願いします」



ゴールドシップ
「ギャオーーッス!!吠怒」


リアルスティール
「は、話が進まねえー!汗 オウケンさん!カムバック! 汗」



ゴールドシップ
「ところでお前、鞍上は誰ギャスか?」


リアルスティール
「はい。今回は、福永祐一さんに戻ります」



ゴールドシップ
「ギャオーーッスッハッハ!吠笑 3着前後王w」


リアルスティール
「誰か、レッドカードでこの男を退場させてー 汗」



焼き鳥屋 店主シゲ
「タライで行くかい?」


リアルスティール
「お願いします」



ゴールドシップ
「ん?タライってなんギャ・・」



  ゴンッ!(タライ)



ゴールドシップ
「イギャオーーッス! 泣涙」


焼き鳥屋 店主シゲ
「照準は、まずまずだな」


リアルスティール
「・・・・汗」


ゴールドシップ
「い、痛いギャス 涙」



リアルスティール
「・・まあとにかく、モーリスさんの前走は、鬼のように強かった。でも、香港で完璧に仕上がっていた分、今回は、調教の動きがまだ少し重いようです」


ゴールドシップ
「ほほう 頭痛」



リアルスティール
「ボク自身も、初めてのマイル戦がGIと、厳しい条件ですが、怪物マイラーになんとか一矢報いたいなと」


ゴールドシップ
「なるほどギャスな」



リアルスティール
「福永祐一さんも、東京コースでは、さらに安定して3着前後に持ってきますし」


ゴールドシップ
「3着前後じゃ、一矢報いてないギャスが 汗」



リアルスティール
「まあ今回は、モーリスさんのことは意識せず、自分のレースをして、相手が強かったら仕方ない、という気持ちで挑みたいと思っています」


ゴールドシップ
「ふむ。特に、ツッコミどころのない、オーソドックスな見解ギャスな」



リアルスティール
「ええ。ボクは孤立するのが嫌いなので、みんなに共感してもらえる考え方や、行動を選んでいるんです」


ゴールドシップ
「ふーん」



リアルスティール
「現代は、『空気を読む』のが、大事ですよ。シップさん」


ゴールドシップ
「へー」



リアルスティール
「みんなに共感してもらいつつ、敵を作らず、クセのない思考と行動で、成功を目指したいと思ってるんですよー」


ゴールドシップ
「はあ」



リアルスティール
「摩擦を最小限にして成功するのが、やっぱり、疲れなくていいんじゃないですかねー」


ゴールドシップ
「ほー」



リアルスティール
「『90%の人に好かれるタイプ』・・これがボクの理想なんですっ」


ゴールドシップ
「ひょー」



リアルスティール
「・・・・」


ゴールドシップ
「・・・・」



リアルスティール
「・・シップさん。さっきから、相づちがテキトーなんすけど」


ゴールドシップ
「にょ?」



リアルスティール
「はぁー。シップさんね。そんな独自のカラーを出していると、90%の人に好かれるどころか、90%の人に嫌われますよ?」


ゴールドシップ
「むむ」



リアルスティール
「ねえ、シゲさん。みんなが共感するような、摩擦力が小さい思考と行動が、成功するためには必要ですよね?」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」


リアルスティール
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・真逆かもしれねえな」


リアルスティール
「は?」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・仮に、90%の人が『まあ、いいんじゃない?』と思うようなものは、言い換えれば、平凡で凡庸であるということだ」


リアルスティール
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「そもそも、何かの世界で活躍したり、成功したり、抜きん出る、という事は、『少数派になる』ということだ。どんなジャンルであっても、成功者はごく一部だからな」


リアルスティール
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「自分の考え方や行動が、『少数派』でない限り、人より抜きん出て成功することはできねえ」


リアルスティール
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「そう考えると、自分の行動や思考を、90%の人が共感したとしたら、そのやり方で人より抜きん出て成功する確率は、極めて低いと言える」


リアルスティール
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「・・仕事でも、恋愛でも、絵画でも、文学でも、本当に優れた人や物は、最初のうちは、なかなか理解されなかったりする」


リアルスティール
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「真のオリジナリティとは、90%の人には見向きもされないが、10%の人には熱烈に支持される、そんなものなのかもな」


リアルスティール
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「だからもし、自分のアイデアを伝えたときに、ほとんどの人が『うん、いいんじゃないかな』と言ったなら、そのアイディアに、突出したオリジナリティは、ほぼ期待できないということになる」


リアルスティール
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「成功者は常にマイノリティであり、孤独な少数派になる勇気がないなら、成功を目指すべきではないのかもしれねえ」


リアルスティール
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「あんたの言う通り、人の輪の中で、摩擦なく楽しく過ごしていくことも、1つの成功だと思うからな」


リアルスティール
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「人生は自由だ。自分の好きな方を選ぶことができる。そこに絶対的な正解はない」


リアルスティール
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「社会的な成功だけが、成功ではない。自分の心が、一番充実する方を選べばいいんだぜ」


リアルスティール
「・・・・」



焼き鳥屋 店主シゲ
「な。」


リアルスティール
「・・はい・・ 涙」



焼き鳥屋 店主シゲ
「フッ。すまねえ。偉そうに言っちまって」


リアルスティール
「・・いえ」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



リアルスティール
「・・心に響きました」


焼き鳥屋 店主シゲ
「そうかい」



リアルスティール
「・・ボクは、孤独を恐れながらも、成功はしたいという、相反する欲望を心に抱いていたのかもしれない・・」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・」



リアルスティール
「ありがとう、シゲさん。心がスッキリしました。今週のレース、集中して挑めそうです!」


焼き鳥屋 店主シゲ
「ああ。がんばんなせえ」


リアルスティール
「はい!」



ゴールドシップ
「ギャオーーッスッハッハ! 一件落着ギャスな。まぁ、お前もこれからは、オイラのように、突出した個性を持ちたまえ。ギャッスッス 笑」


リアルスティール
「・・・いや、シップさんのようになったらヤベーだろ ボソッ」



ゴールドシップ
「・・・なんギャスと?」


リアルスティール
「え? 汗」



ゴールドシップ
「・・い・・今、なんて言ったギャスかーー!!怒燃」


リアルスティール
「す、すいません!何も言ってません! 汗汗」



ゴールドシップ
「ドギャオーーッス!! 炎吹」


リアルスティール
「ひ、火を吹かないでください!汗 シップさん!危ないから! 汗汗」



ゴールドシップ
「ドドドギャオーーッス!! 炎炎炎」


リアルスティール
「シ、シップさん!店にある、生の焼き鳥が、すべて焼けてしまってます!シップさん!汗汗」


焼き鳥屋 店主シゲ
「・・・・汗」



  - つづく –



※この物語はフィクションであり、登場する団体・人物などの名称はすべて架空のものです。

サブコンテンツ